渓流

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

岩魚釣り 2014

休暇で日本にいるのでとりあえず渓流釣りへ。
竿とベストなど引っ張り出して確認する。
かなり心もとないが、ここは行くしかない。
とりあえずドライで通すぞなどと考えてみる。
朝の気温は10℃。寒い。老眼で鉤の穴に糸を通すのが辛い。釣れない。
唯一残っていたマーカーをつけてしまう。的確な判断のおかげで2匹釣って午前は終了。
本当はマーカーが木に引っかかり強制終了。
午後はドライしかない。物が減ると迷わなくていいね。とりあえず温泉、ご飯、昼寝。
夕方はそこそこドライに出てくれた。やっぱドライじゃないと。
楽しい釣りでした。
イメージ 1


U川にて

イメージ 1

先週、最近ロッドとリールを買った後輩が、渓流に連れて行ってくれといってきたのでOKした。

天竜川も気になるが、少し休んでのんびりしようと言うことで、U川に行くことにした。

入渓してしばらくは流し方など教えながら竿を出さずについていく。

そのうちそろそろやろうかと思ってフライを投げ込んでいくと、すぐにアマゴが釣れた。

その後は、後ろにまわってついていく。トラブルばかりで釣りにくそうだ。

覚えることはまだ多い。早めに昼ごはんを済ませて、川に入ろうとすると、見慣れたハイブリット車が

やってきた。なんとssyamameさん奇遇。

下で結構釣ってきたそうだ。ずうずうしく当たりフライをもらい後輩に渡しまたついていく。

結局後輩は3つばらしてひとつも取れなかったが、デビュー戦としてはいいんじゃないの。

まずはなれないとね。

さて明日からはまた天竜川!

雨の後

イメージ 1

天竜川本流はにごっていたが、ここはいつもの通り。

家からたったの40分。

普段あまり使わない、ショートロッドと最近気に入っているマーカーとフライで釣り上がる。

このセットはよく釣れる。

1匹でいいと思っていたが、小さい魚も含めるとツ抜けしていた。

ただしサイズは7寸どまりだが。

ここは地元の有志が魚を大切にしているらしい。

遊んでくれた魚は、触らずにきっちりリリースしてきた。

三度寒狭へ

3月2日はライズさんのお誘いがありどこかに出かけることにな

っている。

しかし川が決まらない。

土曜日が仕事だったので、3月1日はどこにもいけなかった。

気になっていた気田川に入っているmasaさんに電話をすると、

いい返事ではない。

ということで寒狭に行くことに。

当日、ねねこさんも交えての釣りとなった。お二人のシステムをそのまま使わせてもらって

前回、前々回ともそこそこ釣れたので、そういうイメージで釣りを始めると、

大間違いだった。なかなかあたらないし乗らない。一つ目にむちゃくちゃ時間が掛かって

しまった。しかもそれだけ。

しばらくして、ボウゾレの堰堤に移動。

ここではあっけなく釣れたが、次が続かない・・・。

昼ごはんの後、偶然ssyamameさんに会って、スペイ談義。

昼からは下の曲がり角の流れ込みでスタートした。

ライズがあるが、あまり流れのないところのは狙わずや少しラフな水面のライズめがけてフライをを流す

と出てくれた。

ここでもそれだけ。仕方がないんで広見ヤナまで戻ってライズを釣る。

なかなか出てくれない。どうも取れそうな気がしない。

そんなこんなで、夕暮れとなりもうひとつと思い、沈めて釣ると2匹連続で、掛かってく

れなくてもいい魚が釣れた。

これが普通なんだな。

こんなものさ。

ライズさん、ねねこさんお疲れ様でした。

今度はどこかの川でも釣りあがりましょう。

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事