全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

                               『かくれんぼ』


5.高校2年生 その2



「ねえ、澄香。あんたさあ、最近やけにかがちゃんと仲良くない? あっ、別に嫉妬してるとかそんなんじゃないよ」

「えっ? そ、そんなことないよ。ただ、選択科目の英語が同じだから……ね? そ、それと……前にも言ったじゃん。同じ中学だったって」

「それはそうだけど。なんか怪しい……」

 澄香の親友であるマキこと花倉真紀は、持ち前の鼻の良さで、最近の澄香の変化にそれとなく気付き始めていたのだ。

 確かにあの忘れ物の日以来澄香は、秀彦と顔を合わすたび、しゃべるようにはなったのだが。

 でも会話といっても、澄香にとっては触れて欲しくないあの一件のことばかり。

「俺は、加賀屋秀彦。覚えてくれた?」だの

「あっ、俺、加賀屋。かがちゃんと呼んでくれ」だの

「忘れてないよね、俺の事。加賀屋だよーーん」だの……。

 さすがにこう何回も繰り返されると、たとえ相手が澄香の想い人であるにしても、からかいのネタにされているようで気持ちが荒(すさ)んでくる。

 でも、好きになってしまったから、どうしようもない。

 話し掛けてくる時の秀彦の笑顔が、たまらないのだ。

「ねえ、澄香。あんた、かがちゃんのこと好きでしょ? 違うとは言わせないわよ」

 マキは、いつも物事を真正面から突いてくる。

 澄香は、到底かわす方法が見つけられるはずもなく、ついに白状させられる始末。

「う、うん。そうかも……しれない。あっ、でもお願い。誰にも言わないで。特に彼には知られたくない。今くらいの関係がちょうどいいの」

「そう言うと思った。わかってるって。でもね、本当に好きなら態度で示さないと、あの手の男は女が黙ってないよ。誰かに取られてからじゃ手遅れだからね。それじゃあ、あたしがまず手始めに……」

「ま、マキちゃん! それだけは辞めて! お願い」

「ばーか! そんなことするわけないでしょ。あたしね、次のターゲット、水泳部の先輩に変えたから。だから安心しな、すみかちゃん!」

 マキの企(たくら)みはついに実ることはなかったが、彼女の不吉な予感が的中するのにそんなに時間はかからなかった。


 澄香は、生まれて初めてのこの感情に、自分自身どうしていいのかわからなくなっていた。

 部活をして、友人とおしゃべりを楽しみ、テストで赤点ぎりぎりのラインをすり抜け、楽しく過ごせればよしとしていた高校生活に、新たに加わった秀彦への想い。

 授業であてられて、英語のテキストをネイティブな発音で読む秀彦のその声色に、そして、何度も向けられた笑顔に、澄香の心はみるみる奪われていくのだった。

 告白したわけでもない。されたわけでもない。

 秀彦との関係が進展するはずもなく、ただのクラスメイトのまま1日、また1日と過ぎていく。


 そんな時に限って、めったにない一大事が続けて起こる物である。

 ゴールデンウィークを前にした金曜日の放課後、学食の裏手のベンチに澄香とマキが座っていた。

「どうすんの? あんたがはっきりしないと流されちゃうよ。これは絶対告られる!」

「そ、そうかな? でもそんなのわかんないよ? ただ話があるだけかもしれないじゃん」

「ほんと、澄香ったらド天然だから困っちゃうよ。あんな真面目な奴が、ただ話があるだけで呼び出すわけないでしょ。木戸は真剣だよ」

 木戸翔紀。野球部で秀彦とバッテリーを組んでいて、次期キャプテンとの噂も高い人望のあるこの人物は、皮肉な事に、秀彦の親友でもあるのだ。

 澄香は、1年のとき同じクラスだった木戸のことは、全く知らないわけではないが、特別仲が良かったということもない。

 ただのクラスメイトだった木戸から呼び出しを受け、不安になった澄香は、マキにギリギリまですがり付いていたという情けないありさま。

「さあ、時間だよ。行っておいで。あたしはここまでだから」

 マキに背中を押された澄香は、指定された自動販売機の横のベンチに重い足取りで向かった。


「あっ、池坂! こっち!」

 先にそこにいた木戸は、少し頬を赤らめながら、澄香を手招きする。

 手には、缶ジュースが2種類握られ、澄香の前に差し出された。

「どっちにする?」

「あ、ありがと。じゃ、じゃあ、レモンで」

 無言のまま、ジュースを飲む2人。

 この先何をしたいのかその動向を探るように、時折盗み見るように横の人物に視線を送るが、その男は、ただおいしそうにオレンジジュースをごくごく飲むばかり。

 澄香は2口ほど飲んだところで、この状況に耐えられなくなり、思わず自分から口を開いていた。

「木戸君、何の用かな?」

 はっとしたように澄香を見た木戸は、頭を掻きながら恥ずかしそうに話し始めた。

「急に呼び出したりしてゴメン。俺、1年の時から池坂のこと気になってて、それで……」

「え? ああ……。な、何?」

 澄香にまで木戸の緊張感が移ったのだろうか。しどろもどろになってしまう。

「それで、付き合って欲しいんだ。俺と」

「は? 付き合うの? 誰が?」

 完全に舞い上がっておかしくなってしまった澄香は、木戸の言っていることが理解できなくなっていた。

「誰がって、池坂が。俺が付き合いたいのは君なんだけど」

「そ、そうなの。ってことは、あたしがどうすればいいの?」

「えっ? だから、俺と付き合ってくれればいいんだけど。だめ?」

 生まれて初めての状況にパニック状態になった澄香は、この先自分がどんな返事をしたのかなど、何も覚えていなかった。

 気がつけば休日の1日は、木戸とデートの約束までしてしまっていたのだから。


 その日の夜、電話でマキに散々叱られた澄香は、とりあえず1回だけ木戸とデートをして、はっきり付き合えないと言うことに決めた。

 澄香が好きなのは秀彦。気持ちを押し殺してまで、誰かと付き合おうとは思ってなかった。

 本当なら、呼び出されたその時に、はっきりと意思表示をするべきだったのだ。

 秀彦に心を奪われ浮き足立っていた澄香に、するするといつの間にかにじり寄ってきた別の男。

 この男の存在が、後の澄香を苦しめることになるとは、この時、誰も気付いていなかった。




   

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

三角関係は、恋の基本だあ(?)
でも、書くの難しいです。どうやったら、まゆりさんみたいにうまく書けるんだろう?

2008/2/6(水) 午後 4:07 Mu 返信する

顔アイコン

いやあ、他の展開の仕方を知らないだけです。
なんか書いてるうちに、こんぺいとうとこんがらがっちゃって。
これでほんとに辻褄が合ってるのか? とか結構本気で心配しています。

2008/2/7(木) 午前 9:49 まゆり 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事