全体表示

[ リスト ]

会社辞めちゃったから、今年は誘ってもらえないかなぁ…なんて思ったりもしたけど、誘ってもらえたニセコツアー!
去年のこれの2011版ですね。
「警報クラスの豪雪」と言われるくらいの大雪のタイミングでニセコひらふに行ってきました。
当初はビレッジ側も候補に入っていたんだけど、「ひらふがいい!」と熱望したら叶った!
@tahosook氏ありがとう!

そしてメンバーは…
イメージ 1


総勢18名!
今年も、写真は顔がわからないように小さくした状態でアップしますw


以下、備忘録かねていろいろ書いておきまーす。

※一緒に滑っていない人の名前はあまり出てきません。すいません。
女性の名前はイニシャルにします。男性はなんかもう面倒なのでTwitterのIDで。困る人は言ってね。

費用

私の場合、退職してITS割引が使えないので、47000円(くらいだったと思う)。
こればっかりはしょうがないね。
2泊で交通費、宿代、朝食、1回分のナイター券が込み。

事前準備

◆連絡手段
社外の人間がいるからか、時代のなりゆきなのか、facebookイベントでやりとり。
(去年だったら社内メールとメッセだったのにね!)
何かと便利でした。

◆荷物
今年は荷物を発送せずに、持っていくことに。
と言っても、羽田までは電車じゃなくて車で。
羽田空港の駐車場が3日で4500円。JALなのでP2を使いました。
首都高が行き帰りでそれぞれ560円と700円。
荷物の構成上(※)「2点」になるのが確実で、それだったらこっちの方が安いかなって思って。
距離にして片道40km、1時間もかからずにあっというまにつきました。
ちなみに、駐車場の4Fは空港の3Fと繋がっています。
予約すれば4Fを確実にゲットできるんですが、調べたら、Y!知恵袋さんが「平日早朝は意外とすいてる」と教えてくれたので予約しませんでした。
で、たまたま4Fが空いていたので、いい場所に止めることができました。ラッキー。

ボードケースを使えばたぶん1つで済んだと思うんだけど、帰りに「どんだけ拭いてもかならず水分が残った状態の板と荷物」をボードケースにいれて持ち帰ると絶対にサビるからそれがイヤで、今シーズンは、「スーツケース+板はソールカバー」という2点構成なのです。

◆ML
モーニングコール&現地での連絡手段として、幹事がYahoo!グループでMLを作ってくれました。
もちろん@tahosook氏にモーニングコールも依頼済み。

◆ハッシュタグ
私が勝手に"#no_more_kossetsu2011"と命名。
理由:MLの命名規約にのっとっただけ


29日

4時起き…のつもりが、目が覚めたのは4時半。
iPodはガンガン鳴ってたのに、全然気づかなかった。
そして@tahosook氏からのモーニングコールは来ない。
まぁ一人で起きれたし、と5時過ぎに家を出る。
MLやTLで続々と「家を出た」「起きた」というのがわかる。ワクワクする。

がしかし、いくら待っても@tahosook氏の起床情報が得られない。
おなじく不安な人がいたようで、連絡取ってくれた様子。
二度寝したとのこと。まぁでも間に合う時間に起きてくれてよかった。

6時に空港到着。
私が着いたらすでに@tasuku_kajiwara氏がいた。早い。早過ぎるwww
みんな続々とやってくる。
一緒にやってくる二人も。 ※特に意味はありません

待ち時間に暇だったので、新しい板に南郷のステッカーを貼ったり。
※公開して差し支えない画像は大きめに表示させます

7:25の便で新千歳へ。しゅっぱーつ


9:30には着いてたかな。
10:15まで時間があるので、みんなでお茶(ビール)しよー!と3Fへ向かうも、
@akirauchihara氏が「俺、コーヒー飲みたいんで」とどこかに消えてしまう。

みんなの声:ここでも飲めるのにー!

※この話を同僚にしたら「サムライだなぁ」と。

というわけで、朝から乾杯。ウマー(・∀・)

バスに乗り、キノコ王国できのこ汁といくらご飯とキノコの天ぷらを食す。


バス停から徒歩1分の距離なんだけど、なんてったって雪道なので、5分くらいかかった(気がする)。

チェックインし、着替えよう…とその時に…

財布がない!

リュックの「ここかここ」だと思っていたポケットを探しても見つからず、コートのポケットやスーツケースをひっくり返しても見当たらない。ヤバい。。。
慌てて@tahosook氏の部屋に行き、ツアーの主催会社の番号をゲットし、電話。
その間、@tasuku_kajiwara氏が「俺、バスがまだいるかもしれないんで見てきます!」と超薄着で外に出ようと…したら、@hisaya氏と@hirasano氏に「ちょっと待て!ウェア着たほうが!」と止められw ウェアを来て外にダッシュしてくれた。
主催会社のお姉さんに事情を説明し、「いったんバスに連絡取りますので、電話を切らせていただき、のちほどお電話をさせていただきます。念のため、お手荷物を再度ご確認くださいますようお願いいたします」ということで、自分の部屋に戻り、改めて荷物を探したら…

あった…

皆さん、、、、本当に本当に申し訳ございません。

気をとりなおしてウェアに着替え、外に…
がしかし…

グローブのインナーがない!

これは確実に、自宅の居間のテーブル上に置きっぱなしの記憶があるので、諦めて買いに行った。

そしてゲレンデへ!
どーん!

うーん、これ、いいんだか悪いんだかわかりませんよね。

この日は、花園のパイプでKISSMARK CUPを開催中。
@tasuku_kajiwaraと、チラッとだけ見てきました。

しかし、花園のリフトは16:20には動かなくなってしまうので、慌ててひらふ側に戻る。

@tasuku_kajiwaraと@sae_esaとナイターも堪能。

夜はニセコの街へ。

sencho(?)という居酒屋。

ほっけのしゃぶしゃぶを食べたり…

ワインで乾杯したり…

@shushinbだったか@kentanakが「俺、鮭いくら丼が食べたい!」と注文したものをみんなで食べてあっというまになくなったり…

他にも、日本酒飲んだり、石狩鍋食べたり、とにかくたくさん飲み、食べた。
おかげで相当酔っ払った…

@tesugiya氏のペタ伝説は健在だった。
これに関する自分のツイートを後で見直したら、若干恥ずかしくなったw

そして、宿に戻り、部屋でまた飲んだ。
日本代表戦があって、それを見てたんだけど、、、途中で寝たorz
延長線に突入して、違う意味で泣きそうになった。
李忠成のゴールは、みんなの「うぉー!」で気づいた…orz

とにかく酔っ払った。明日起きれるのか?
とりあえず、部屋に戻ったのはAM2:30頃。おやすみなさーい。

30日

奇跡的に7時からの朝ご飯に間に合う。
別行動の@yhashと@hisayaを見送り、残るメンバーとゲレンデにGo!するも、たまたま二人と遭遇。
花園に向かう二人に、金魚のフンのようにくっついて向かう@tasuku_kajiwaraと私。テヘ。
ストロベリーゲートや裏ミハなど、いろんなところに案内してもらえました。
そんなさなか、@kentanakが負傷し、病院に向かったとの情報が。しかも、つきそいは@kentanakと初対面のはずのKさん。
うわーうわーうわー
いろんな意味で申し訳ないと思いつつ、そのままパウダーを楽しむ。

ロープトゥ脇のコースで、胸クラスのパウダーに埋まった。雪の怖さを思い知った。

お昼は、ガイドさんの案内で望洋荘。
鮭いくら丼。これで1000円でお釣りが来た。ニセコって高いイメージあったんだけど、店を選べばそうでもないのね。


とにかくパフパフだったなー。ここは裏みは。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、写真中央、埋まってる人が約一名w
(誰とは言わない)

15時頃、超吹雪いてきたのもありいったん宿に戻る。
そしたら…なんと、@kentanakと付き添いのKさんが帰還。
骨折の疑いがあった@kentanak氏だけど、どうやら骨折ではない模様。
今回「no_more_kossetsu2011」がテーマだったし、骨折じゃなくてほんとよかった。
いや、打撲も怪我なんだけどね…

そして17時頃。再度ゲレンデへ。
@kentanakの付き添いで全然滑っていないKさんと、@yhash、@hisaya、@tasuku_kajiwaraと計5名でゴンドラ下の新雪を攻める。
無駄にそりで遊んだりw

動画も撮ったり。
※再生した瞬間の音声にビビると思うので、皆さんお気をつけてください。

20時までゲレンデでパウダーを楽しみ、(ナイターなのにパウダー!)、
帰り道にパラザイルをやり(ここにも動画貼っちゃうもんね)、

そしてナイター組で阿武茶へ。カンパーイ!

店員さんおすすめのホッケ。超大きかった。


「あの人ホスピタリティ高いよね」とウワサしていた店員さんが、友だちの友だちであることが発覚し、さっそくマイミク申請。
4月には地元に戻るとのこと。ぜひ一緒に雪山行こうねと約束。
ゲレンデでこういう出会いがあるのもいいね。感動。

帰り道。

ナイター組。

宿に戻ったのが23:30頃。そこから部屋飲みに合流。
撮った動画を@tasuku_kajiwaraのPC(なんと15インチのMBP持参)からアップしたり、

隣の部屋から「うるさい」と苦情もらって、泣く泣く壁際の別室に移動したり、
というカンジであっという間にAM2時。就寝。

31日

@hisaya、@tasuku_kajiwara、Kさん、私で朝イチのストロベリーに向かう。
さっそくストロベリーゲートを攻めるも…

Kさん:(スキー)板が片方外れました…

ぎょえー!

このコース、パトロールが来てくれないエリア(ニセコは「パトロールが来ないけど滑走OK」というところがある)だから、ヤバい…

この時点で、私と男性2名はだいぶ下にいたのもあり、登って板を探すのはワリと困難。
男性2名に「降りて、またもどってきて!私はここでKさんと待ってる」と伝え、待機。

ちょっと黄昏ながら写真撮ったり…

がしかし、じーっとしてると寒くて死にそう。
Kさんの元にハイクしようか…でも遠い…(真ん中に写ってるシルエットがKさん)

でも寒いのもイヤなので、筋トレがてら腰パウをハイクwwwwww

そうこうしているウチに男性2名が再登場。
なんとか板を見つけてもらった。
「とったどー!」の瞬間。

そして板の贈呈式。「受け取るのじゃー」「ははー」

その後、@tesugiya、@hirasano、@shusinb、@yhashと遭遇。
猛吹雪で、顔の左半身だけが白い@shushinb。
ウェアの文字とグローブの水色のコーディネートが、悔しいけどなかなかいいカンジ。


そして8人で滑ることに。
やっと「みんなとスノボ来たな」と実感www
(結局滑りを見てない人も何人かいるが…)

せっかくなので、花園からひらふに戻る途中にあるロープトウを撮影。
申し訳ないけど、途中「ぷぎゃー」な人が何人かいて、楽しいw

そしてこの後、ゴンドラに乗って滑って終わり…のはずが…

@tesugiya氏が新雪に埋まったまま、出てこない

この時点で@yhashとKさん、@shushinbは別行動だったので、
残るは@hisaya、@hirasano、@tasuku_kajiwaraと私。

「どうしよう…」

※1記事あたりの文字数制限のため、続きはのちほど

閉じる コメント(2)

顔アイコン

女性はイニシャルとあるのに、私はIDなのは男子よりの女子カウントなのでしょうかw
いや、気のせいですよね(笑)

とっても楽しかったですねー!
思い出し笑いしそうでしたー☆

2011/2/2(水) 午前 10:14 [ さえ ] 返信する

伝説は受け継がれるんですよ!

2011/2/2(水) 午前 10:53 [ Suni ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事