鹿児島通信

せごどん、いしゃどん、よかにせどん

全体表示

[ リスト ]

さよならを言う前に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

春はお別れの季節・・・。

我が家にも、とても寂しい別れがありました。
愛車アルファとのさよならでした。

危ないとか、そろそろ、とか言われながらも、それまで全く故障も支障もなかったのに、私たちの心が新しい車に移り始めた頃、急に前のドア二枚が閉まらなくなるトラブルが発生しました。アルファ156の特徴でもある突起した鍵穴部分が、劣化なのか何かの加減か、奥に引っ込んで戻らなくなったのです。

人格のある可愛い車。きっと「ボクの役目は終わった」と身を引いたんだと思います。私にとっては、実家の車もたまたま同じアルファ156だったため、思い入れも人一倍強く、“ナイトライダー”のキットのように気持ちが通じるような愛着がありました。

あるメジャーなモータージャーナリストがアルファロメオを称して「血の通ったオーガニックな車」と表現していましたが、本当にそんな気がします。

私たち一家が鹿児島に転勤になってからの半年間、東京の自宅の地下駐車場でハチ公のようにずっと待っていてくれたアルファ。秋になって鹿児島に呼び寄せた時には、どんなに嬉しくて頼もしかったか・・・。

こんなに身近にいたのに一枚の写真も撮っていなかったことに気がつき、手放す日が決まってからの数日間、時間を見つけては桜島をドライブしたり、景色の良いところで一緒に写真を撮ったりと、アルファとの時間を過ごしました。そのたびにもう私は涙が出そうでした。

独身のウォーリーも家族が増えてからも、私たち家族の歴史を全部見てきたアルファ。リッツが大好きで大好きで仕方ない“パパのアルファ”が、もういつもの場所から居なくなってしまいました。

その存在がまだまだ大きいので、新しい車のことは今は語れません。
あとほんの数日で産まれてくる娘にも、アルファを見せてあげたかったな・・・。

「ありがとう、アルファ!また逢いに来るからね!!」by Ritz

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

桜島を背にいい写真だねえ!うちも、みんなで乗れる車にする前、夫の大好きな車にさよならするとき寂しかったなー。二台持っていられたらうれしいんだけど、そうもいかないしね。またいつか!と思いながら。
もうすぐお腹から出てくるのね。女の子なんだ。楽しみだねえ。里帰りはしないんだよね?

2009/3/27(金) 午後 6:51 [ tit*ro*16 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事