conoconoさんの女仙な日常

コノフィツム属を主としたメセン類の栽培記録です。左欄の種名をクリックすると代表的な個体の写真と栽培記録が見られます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

4月中旬の栽培管理

厳寒の冬だった反動か、今年は急速に暖かくなって例年よりも早くソメイヨシノが散ってしまった。コノフィツムたちも急速に休眠態勢となりつつある。4月になって25℃を超える日が既に2回、置き場所によってはもっと気温も高く、日数も多かったかもしれない。

潅水は毎週土曜日に鉢底まで水が届く程度に与えている。
ブルゲリの1歳半実生はタップリ鉢底から排水されるまで、2歳半のものは既にブヨブヨ感がある個体もあるので培養土の上半分までが湿る程度に、さらに大株は上方数センチが湿る程度に。
Rラツムやヘレアンタスの苗にはタップリ、親株は2週間に1回程度と水量を控えている。
既に休眠に入ってしまっているスマレオルム、サンギネウム、エクティプム、ステファニーあたりは上方数センチの気持ち。

昨年播種した実生は20%遮光。
他は夏日の予報があった日だけ50%遮光。

ブルゲリ2歳半
イメージ 1


同上(大きめの個体)
イメージ 2

同上(最も大きくなった個体たち)
イメージ 3



Rラツム2歳半
イメージ 4


Rラツム親株
イメージ 5




他の写真は後で掲載


開く コメント(7)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事