conoconoさんの女仙な日常

コノフィツム属を主としたメセン類の栽培記録です。左欄の種名をクリックすると代表的な個体の写真と栽培記録が見られます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

4月21日以来のご無沙汰になってしまった・・・。
twitterではずっと書いていたんだけど、どうもブログを書く時間的心理的余裕が無くって。
前期の講義が全て終わったのでヤレヤレといったところ。お盆休みにもなったので経過の記録など。

今年は6月29日に記録的な早さで梅雨が明けてしまい、その後は35℃を超える酷暑の毎日。コノフィツムたちも猛暑に喘いでいる・・・のかどうか知らないが、とりあえず8月中旬時点では目立った脱落者はいない。コノフィツムはこんな高温多湿に耐える丈夫な植物であることが分かったのは収穫だ。ただ、もう記録更新へのチャレンジは勘弁してもらいたいところ。

ウィッテベルゲンセのRR714は暑さに弱いらしくて、これだけは毎年夏にお留守になる確率が高い。普及している唐草紋ウィッテや太枝紋ウィッテは越夏中に消えることはほとんど無いので、やはり耐暑性の遺伝子はあるのだろう。

さて、4月下旬から断水しているブルゲリとRラツムの状況だ。
既に断水期間4ヶ月弱だ。但し、月に1〜2回だけ、球体を濡らすだけの水(ミスト)がかかることがある。


左のトレーが断水区で、右がコントロール(潅水区)。苗は全て2015年秋に播種したもので、2016年秋に16株/ポットあるいは25株/ポットに移植し、翌年2017年の秋には植え替えしなかった。潅水区では4日に一回程度、表土が数センチ濡れる程度の量を与えている。おおよそ同じくらいの大きさに育った苗をブルゲリは4ポット、Rラツムでは2ポットをそれぞれの実験区に用いた。

やはり4ヶ月近い断水はいくら少雨地域に自生しているブルゲリには過酷なようで、コントロールに比べて球体が小さく縮んでいるのがわかる。コントロールでは逆に水を吸って大きくなっているということでもある。
イメージ 1

Rラツムの違いは顕著で、コントロールでは僅かな散水量にもかかわらずうまく吸水してかなり大きくなっている。与える水の量が多くて遮光率が高いと徒長して山型になってしまうのだけれど、遮光率を50%にすることで比較的フラットに育っていると思う。断水区では薄皮を被ったままじっとしている。


ブルゲリ・コントロール:総じてふっくらしている。
イメージ 3


ブルゲリ・断水区:梅干しのように潰れてシワが寄っていてヤバい感じがするのもあるね。
イメージ 4


Rラツム・コントロール
もうちょっと光量があるとピンクに色づいて良い感じになると思う。
イメージ 5


Rラツム・断水区:秋の潅水再開でコントロールに追いつけるのかどうかが問題。
イメージ 6


10月頃に比較して越夏条件について答えを出したいが、いつ断水区に水をやり始めるか迷っている。とりあえず8月末までは断水を続けようと思う。

*コントロールも断水区も実験開始後に枯れた株は無く、写真中の欠株部分は実験開始以前に既に枯れていたところ。


参考:断水区の4月21日の姿
イメージ 2

開く コメント(11)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事