全体表示

[ リスト ]

このブログでも8月6日に取り上げた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」展示中止問題。今日の『東京新聞』朝刊6面総合面に、「不快感で中止 許されない 表現の不自由展 日体大・清水教授に聞く」という私のインタビュー記事が掲載されました(写真付き)。

私が語っている主な内容は、自由に言論規制ができた戦前の反省から日本国憲法で表現の自由が保障された、ただ野放しの自由はなく他人の権利・自由との関係で制限される、今回のような不快感では制限できない、河村市長発言は憲法99条との関係でも問題、国益で表現規制するというのは2012年自民党改憲案と同じ、菅官房長官発言は検閲ではないが萎縮効果をもたらし不適切などです。

他に私が語って紙面化されていない内容は、お金を絡めた河村・菅発言の論理を認めたら国のお金が入っている大学の教員も自由に発言できなくなる、昔から菊タブーはあったが安倍政権による報道規制・忖度社会がこのような現象を助長している、これに対して名古屋から多様性を発信すべきだったなどで、最後に私が経験してきた表現規制・忖度被害の話もしました。

今回の展示中止が悪しき前例になってはいけません。この問題点を多くの人に伝えていただければと思います。

追記

デジタル版に掲載されました。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201908/CK2019080802000164.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事