全体表示

[ リスト ]

from Egypt

イメージ 1



現在エジプトの首都カイロへ、FIVB国際コーチコースを受講しに来ている。
初のアフリカ上陸。

コースは1日オフを挟んで13日間に渡って行われる。
1日のスケジュールは9時から12時、13時ー15時、16時ー19時、
理論、実技で修了まで合計88時間。



初日からロストバッゲージで、24時間経っても通知がなく、5日間行方不明。
最後は政治的ルートで発見し、引き取りに行った。

宿泊先がオリンピックセンターということでそれなりの施設だと思っていたのだが、不潔極まりなく、
エアコンも全館故障中。
シャワーも排水管が詰まって水が溢れかえる。汗まみれで就寝、蚊にも刺され放題。

中国で暮らした経験からすると余裕のはずだが、
ノルウェーでの快適な環境に慣れた今となっては順応するのが難しい。
衛生に対して身体もすぐに拒絶してしまったようだ。
3日目に食べ物に当たってしまった。

常備薬だけでなく、常用薬もスーツケースに入れるというミスをおかしてしまい、
体調の面から受講を諦めて帰ろうかということも考えた。

しかしアフリカに来てこのまま帰るのももったいない。
何とか病院もいかず持ちこたえて、現在復活。

他の外人は宿泊施設の不潔さ、金銭面での不手際の多さ、
英語でコミュニケートできる人の少なさに怒り心頭。
本当に帰国してしまった。コースレベル1・2同時開催で50人ほどいる受講生の中で唯一の外国人として、
エジプト人の中に混じって受けている。


食べ物に当たったというのも要するに食中毒。館内に猫が徘徊しまくりで、
厨房にも余裕でアクセスしている模様。
交通法規も乱れ、街にはゴミがたくさん放置されていて、
財布がなくなった人もいるというのを聞くと、
コーランの祈りが全て無駄に思えてくるという、
異文化を否定してしまいそうになる自分がいて困る。
携帯の着信音やアラームもそれに設定してあって、
祈りの時間に講義を離脱するというのがある。

イメージ 3


今日も朝からシャワーの水が溢れ、協会が派遣したドライバーに100アメリカドルを払えとつきまとわれ、
蚊に刺されたところが痒すぎて発狂寸前の中、どこにでもやっぱりいい人がいて、
救われた気持ちになる。
講義中、私語が多くて講師の声が聞き取れないことが多く、2度ほど、黙れ!と怒鳴ってしまった。
それでもみんな人懐っこく話しかけてくるし、実技も一緒にやろうと集まってくる。
全然悪びれず、女性も猛暑なのにブルカなどで実技をしている姿は何処と無く神秘的でもあるが、爆笑するし、ギャグも放つ。
ギャップに驚いた。みんな明るくて親切。

イメージ 2


インストラクターはドイツ人のカート・ラッデさん。
とても素晴らしい講師に出会えた。
ロストバッゲージも、食中毒も、猫も、金をぼられるのも全て帳消しにできるほど、ここに来た価値がある。


かつてドイツ男子ナショナルチームを率いたキャリアがあり、
コーチを引退した後にFIVBのインストラクターになったということで、
年齢的には老人である。

私も、体育大や日本でも上級コーチコースで色々な先生の授業を受けて来たが来たが、
ここまで共感出来る人は初めてだったかも知れない。
難しいことを、要点をまとめて簡潔に説明出来るという、教えるということに関して優れているだけでなく、
物事の受け止め方や観点、または正義感や状況に応じて変化出来る思考など、
人間的に魅力的でもある。


どこの国でも、この場合はで、あの場合には、と回答を聞いて安心したいのは同じようで、答えを求めて質問する。
カートさんは、幾つかの例を挙げながらも、臨機応変の重要さ、誰が、どこで、どんな状況でやるかで答えが変わることを説く。
受講生の合格率や、自分の権威や功績といったものにこだわらず、バレーボールの原理や原則、
真理についてを伝授しようという姿勢だ。


講義の内容はFIVBが定めたガイドラインの中で、内容は各インストラクターに任せられるといことで、
参加するコースや担当インストラクターによって内容も異なってくるということだ。練習方法の紹介も理論も、私にとっては面白過ぎる。ただ独自に作成したビデオや資料の2次配布、コピーはしないということで、聞き逃すと何も残らなくなるので、速記状態で発言全てをノートに書き留めている。

最初は英語からアラビア語に通訳が入るのがもどかしかったが、
今はノートに書く時間を確保できるという点でありがたいと考えるようになった。


ここまで6日間内容が濃すぎて、反芻する時間もないが、
2002年の世界選手権、2012年ロンドン・オリンピック、
男子バレーの10年の変遷などは、自分で比較するのとは別の側面が刺激的だった。


明日はオフでせっかくなのでピラミッドを見に行こうと思う。
無事に生還を果たして、27日まで、バレーボール漬けを楽しみたい。


残念ながらネット環境が整っておらず、ニュースも読めていないし、
メールのチェックもできていない。今日は明日がオフということでオリンピックセンター外の

カフェにやって来て更新を試みている。


誤字脱字があると思うが修正はまた別の機会に。

閉じる コメント(1)

すごい経験をされているのですね(*^^*)
すごいなぁ〜
なんか、自分がちっちゃく思えます^^;
小さな国の田舎町で、ジュニアと中学バレーの掛け持ち母ちゃん(^◇^;)それだけで目が回ってます(*_*)
世界は、おっきくいろんな出会いがあり いろんな経験ができるのですね(*^^*)
子供達には、勇気を出して いろんな経験をしてほしいな
いつも、色んなお話ありがとうございます(*^^*)

2014/6/5(木) 午前 11:46 さるの母 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事