ここから本文です
俺とサクラ
くーちゃんを偲んで、鉢植え桜と羊毛フェルトに挑戦してます!

書庫全体表示

桜 葉焼け

6/17

 ちょっと前から気になっていたんだけど、葉っぱのふちが茶色くなって枯れている;
 どうやら葉焼けというものらしい。
 水が足りなかったのかなー?

イメージ 1

イメージ 2

 上の方の葉っぱはわさわさと生い茂っているので、木が枯れているのではないと思うけど…
 心配なので調べてみました。


<葉焼けとは>

 典型的な「葉焼け」は、曇天などが続いて弱い光の下におかれていた植物が突然強い光にさらされた時、葉の一部の色が薄くなったり葉のふちが褐色となって部分的に枯れること。

 あー、そういえばずっと雨が続いて、急に天気良くなってたな…
 ここは北国だしあまり天気は良くないから、久しぶりに日光を浴びれて良かったなーって思ってたけど逆だったのかー…


<葉焼けのメカニズム>

  ゞい光の下におかれると光合成に利用される光エネルギーが過剰となり活性酸素が発生する。活性酸素は細胞に有害で、葉緑素を分解したり細胞内の遺伝子を変化させ、葉が部分的に変色したり枯れたりする。

 ◆〆挧Δ蝋發げ硬戮房紊耐えられる限界の温度をもっている。急に高温にさらされると葉の温度が急上昇し、限界温度を超えて「葉焼け」をおこす。

 なるほどー。
 強い日光で葉っぱの水分が蒸発して、文字通り「焼かれる」んだと思っていたけどちゃんと理由があったのね;;

 ちなみに、夏の暑い日に葉っぱに水をかけてはいけないらしい。
 葉の温度が高いところに急に水をかけられて温度が下がると、細胞は急に活性が低下し光合成もできなくなるのだそうな。
 その結果光エネルギーが余って活性酸素が発生し葉焼けすることに。
 暑いから冷やしてあげればいいというものじゃないってことね。
 覚えておかねば/メモメモ


<葉焼けの対処方法>

 葉焼けは元には戻らないのでΣ、葉焼けしないように予防することが大切。
 昼間直射日光が当たらないところに置いたり日よけをしたり、温度が上がり過ぎないよう風通しを良くする。
 コンクリートからの照り返しにも注意。
 夏場に水を切らさない。
 枯れた部分は元には戻らないので取り除き、新芽が出るのを待つ。

 ただでさえ日照量の低い地域なので、できるだけ日光に当てたくて、360°遮るものがないところにでーんと置いていたのですが、かえって負担かけてたのかしら?
 これから夏になるし、置き場所考えないとだ。

 ぐ… でも枯れたところは元に戻らないのか。
 葉っぱもぐのは可哀想だなー…(バラはぷちぷちもいでたけど;;)
 まだ緑のところも残っているしこのままにしとく><。

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)
 ↑
応援しようと思ってくださった方、ポチッとお願いしますm(_ _)m

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事