全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全311ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

NHKマイルカップの予想

◎06レッドアリオン
父:アグネスタキオン
母:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
母母父:テスコボーイ
 
 
 
実績としては6戦5勝、そして重賞3勝のエーシントップが抜けている勢力図のNHKマイルカップ。
 
 
 
GⅠに昇格してからのNHKマイルカップにおいて、重賞2勝以上の実績を持って臨んだ馬の成績は【3,1,2,5】と好成績を残しており、3勝以上の場合は【2,0,1,1】。
 
 
 
唯一馬券圏外になったのはマイネルマックスですが、当時は5ヶ月振りという休み明けでの臨戦でしたので、その点をエーシントップと比較をすると複勝率100%の条件を満たす一頭として評価してもいいかもしれません。
 
 
 
配合もMr.Prospector3×5にBold Ruler5・6×5で形成されるパワー型スピード質を前面に主張した内容ながら、Princequilloを重ねるRound Table(=Monarchy)5×4の活用によりイメージ以上の粘り強さを秘めており、これまでの走りからもその特性を感じさせるものがあります。
 
 
 
そこに抗う精神で本命に推したいのが、前走のニュージーランドトロフィーでクビ差2着だった◎06レッドアリオン。
 
 
昨年は半兄クラレント(父ダンスインザダーク)が3着に食い込みましたが、それこそ全兄リディルは怪我による戦線離脱でこの時期の出走は果たせませんでしたので、その想いも背負っての大駆けに期待したいところ。
 
 
 
配合はNasrullah×Hyperionの活用により母母父テスコボーイの血を呼び込む形態に、母の父ダンシングブレーヴの活用など俊敏なスピードに良さが覗える配合形態に加え、3代母デプグリーフ(Vaguely Noble×Buckpasser)の骨太な良さが全兄リディルよりも感じられる走りでもあり、このあたりが勝ち上がりに時間を要した点と、一戦ごとに力をつけているような充実した内容に顕れているようにも思う部分があります。
 
 
これまでアグネスタキオン産駒はNHKマイルカップで【2,0,1,2】と好成績を残しており、最初に勝利したロジックも母方にテスコボーイの血を備えた共通性があります。ニュージーランドトロフィー3着をステップにしていたあたりも重なる部分があり、アグネスタキオンのラストクロップとしても応援したいと思います。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックをお願い致します。
↓      ↓     ↓     ↓     ↓

桜花賞の予想

トラコミュ
第73回 桜花賞
◎12トーセンソレイユ
〇14レッドオーヴァル
▲04サンブルエミューズ
△18メイショウマンボ
△15ナンシーシャイン
△05ウインプリメーラ
☆13クロフネサプライズ
 
 
8年の年月を経て、ウインドインハ―ヘアの奇跡は再び訪れるのか。
 
半兄にディープインパクトの名を刻むトーセンソレイユは、父にネオユニヴァースを据えることで構造としてはディープインパクトを形成するサンデーサイレンス×ウインドインハ―ヘアに、ネオユニヴァースの母ポインテッドパスを挿し込むものですが、このポインテッドパスが肝となる配合であり、小柄な馬体からは大物感が漲っています。
 
ウインドインハ―ヘアはAlzao×Bustedの組み合わせで、ディープインパクトの瞬発力はダンシングブレーヴに近い構造のAlzaoに備わるLyphard×Sir Ivor×Romanとサンデーサイレンスの呼応にあり、Gainsboroughの確固たる土台構築の上で強力な決め手を明確に再現してきました。
 
ネオユニヴァースはサンデーサイレンス産駒の中でもHyperion6・7×6・5を中核に据えるHyperion凝縮型配合の持ち主で、そこにBlenheimを介したBlandford系のスタミナ質を加えた重厚感が特徴となる配合の持ち主。
 
そのBlandford系の血が繋がるのがポインテッドパス×ウインドインハ―ヘアの真骨頂で、Crepello6×4の派生やWild Riskのアシストがその特性を強固にしています。
 
ウインドインハ―ヘアの活用手法としてはディープインパクトを凌ぐほどの完成度を示しており、こうした舞台では敬遠しがちなネオユニヴァース産牝馬でもありますが、そうした負のイメージを払拭する走りを見せてくれることに期待を寄せたいところ。
 
臨戦過程も、年明けの京都芝1800m戦でデビュー勝ちを果たし、連勝でエルフィンステークスをステップとしたキャリア3戦目で迎える桜花賞は、2009年にブエナビスタの2着と健闘したレッドディザイアと共通です。
 
今年はブエナビスタ級の確固たる主役が不在の混戦世代。
 
一気に抜け出して世代の主役に躍り出る新たな衝撃を見せてほしいものです。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックをお願い致します。
↓      ↓     ↓     ↓     ↓

高松宮記念の予想

 
◎11ロードカナロア
〇09サンカルロ
▲15サクラゴスペル
△12ドリームバレンチノ
△10フィフスペトル
☆03エピセアローム
 
 
 
本命は◎11ロードカナロア。
 
 
昨年3着に敗れた舞台で、国内最強スプリンターを証明する走りを見せてほしい願望も込めて。
 
 
ロードカナロアの血統構成は、キングカメハメハ×Storm Cat×Cormorantという配合で、祖母には米GⅠ2勝の実績を誇るサラトガデューの名を刻み、Northern Dancer5・5・7×4からその血をしっかりと呼び込む形態からも、一見はダート向きなパワー型の資質を感じさせるものがあります。


しかしながら母レディブラッサムはSecretariat(=Syrian Sea)3×4を派生させることから、イメージ以上の芝向きな一面を呼び込む上質なバランスの良い形態に加え、キングカメハメハとの間でGraustark(=His Majesty)6×4がしっかりと確立したことで、豊富な底力と成長力を秘めた奥深さを感じる血統構成を確立しています。



1200m戦は6戦6勝となる5連勝で臨んだ昨年の高松宮記念でしたが、それまではいずれも平坦コース+比較的緩やかなラップ構成のレースで驚異的な弾けっぷりを披露してきましたように、本質は先述の母レディブラッサムの持つしなやかさを備えたスピードを象徴するもので、坂+前傾ラップというこれまでとは傾向の異なるレース内容は経験値という観点からもロードカナロアが持ち合わせていないものを必要とするレースだったように思います。


それでも3着に粘り込んだのは地力の高さを感じさせるもので、その経験を糧にした部分はスプリンターズステークスでの走りが象徴的で、坂+前傾ラップの絶大なパワーを要求されるレースを外から捲り倒した走りは圧巻の一言でした。


そして香港スプリント勝利に続き、前哨戦の阪急杯でも初の58kgという斤量を背負い、1400mの距離も克服してのものですから、昨年と比較をして一枚も二枚も変化と成長を遂げたロードカナロアの走りを純粋に楽しみにしたいと考えております。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックをお願い致します
↓      ↓     ↓     ↓     ↓
 
◎15グランドシチー
○04バーディバーディ
▲08サイレントメロディ
△10グラッツィア
 
 
個人的に線引きをしたのがグランドシチーとジョヴァンニの2頭。
 
 
グランドシチーはキングカメハメハ×ブライアンズタイムは定番となるRoberto×Mr.Prospectorの相性の良さを刺激する組み合わせで、特にキングカメハメハの場合はKingmamboが肝となり、Graustark(=Ribot×Alibhai×Mahmoud)がガッチリ結合することでパワーと底力を強固にするのが特徴的。この組み合わせからはジャパンダートダービーを勝利しているハタノヴァンクールを輩出しています。
 
 
これに近い内容なのがフリオーソで、ブライアンズタイム×Mr.Prospector×Nureyev。Graustarkの結合はないものの、KingmamboがMr.Prospector×Nureyevですから、ダート向きのスピード発揮という観点では実績のある内容の持ち主とも言えます。
 
 
そうした意味では相手筆頭にした○04バーディバーディもブライアンズタイム×Seeking the Gold×Pleasant Colonyですから、Roberto×Mr.Prospectorの活用にRibotの底力という点では共通点が多く、グランドシチーを評価するならバーディバーディも買った方がいいんじゃないですか、という考えです。
 
 
この考えは前走の仁川ステークスの3着・4着で木っ端微塵にされてしまったわけですが、今回はその分を返してほしいという想いも込められていたりします。
 
 
一方、目下4連勝で重賞に殴り込むジョヴァンニですが、母オータムメロディがNureyev×Sadler's Wellsの活用にFall Aspen牝系という豪華な内容で、その特性をしっかりと生かした配合はエリザベス女王杯で3着と好走した半姉ピクシープリンセスと比較をしても遜色ない内容ですし、ダート向きのスピードという点では同馬の方が見所があるわけで、ここまで勝ち上がってきた4連勝も十分に頷けるものがあるわけです。



半姉ピクシープリンセスも1000万下勝ち上がりの身分でGⅠ3着に健闘したわけですから、そのあたりの勝負根性からジョヴァンニも好走して何ら不思議ではないと悩んだのですが、人気をし過ぎな感も否めず、後は中山がどうかですが、最終的には好走されたら仕方ないという判断をしました。
 
このジョヴァンニが備えるサンデーサイレンス×ノノアルコ+Fall Aspenという内容は同じく上がり馬のドラゴンフォルテも共通の要素を持ち合わせており、ここで『実績のRoberto×Mr.Prospectorと上がり馬のFall Aspen』という線引きをさせていただき、最終的には前者を選択した次第であります。
 
 
もちろん、片方が崩れ、間に入ったりという紛れと共に、結果が鮮明に線引きされるわけではありませんが、選択した傾向が結果とマッチした時の快感は格別です。
 
 
そんなわけで買い目はワイド3点。
 
 
▲08サイレントメロディはMr.Prospectorこそ備えていないものの、Raise a Nativeへ通ずるAffirmedの明確な米系血質がRobertoを刺激するのに効果的で、昨年とは斤量こそ異なりますが人気も落としているようなので馬券的妙味は十分あるものと判断しました。
 
 
買い目:ワイド
◎15グランドシチー
⇒○04バーディバーディ
⇒▲08サイレントメロディ
⇒△10グラッツィア
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックをお願い致します
↓      ↓     ↓     ↓     ↓

阪神大賞典の予想

圧倒的支持を集めるゴールドシップは、昨年まさかの逸走劇を見せたオルフェーヴルと同じステイゴールド×メジロマックイーンの組み合わせで、ダービーこそ5着に敗れながらも皐月賞と菊花賞の2冠を手にして、そして3歳暮れの有馬記念も勝利して『ステイゴールド×メジロマックイーン』を黄金配合と改めて言わしめた大きな存在感を放ちます。
 
 
 
オルフェーヴルはノーザンテースト4×3を中核に、母父メジロマックイーンを形成するHyperionの土台を強固に繋げ、父母が備える仏系を呼び起こすGainsboroughの土台を形成する配合特性を備えています。
 
 
 
これまで見せてきた強力な末脚は、母オリエンタルアートが備えるTetratemaをはじめとした決め手の土台となる血を先述の内容と共に覚醒させたあたりから読み取ることができます。
 
 
 
ゴールドシップにおいてはノーザンテーストのクロス派生こそありませんが、母母父Pluralismeの父The MinstrelがNorthern Dancer×Victoria Parkなのでノーザンテーストと相似の関係にあり、オルフェーヴルの備えるノーザンテースト4×3のクロス派生を彷彿とさせる血統構成の持ち主でもあります。



オルフェーヴルとの相違点にあたるのは、その母方Sicambre(=Senones)5×5がいわゆる重厚さを醸し出しており、底力という観点からはオルフェーヴルより見所があるのがポイントで、その分オルフェーヴルの備える瞬発力よりもズブさが目につく点もありますが、言い方を換えればこれまでゴールドシップが見せてきた長い末脚を支える要素に他なりません。


キレるオルフェーヴルに対して、長い末脚を決め手に変えてきたゴールドシップのこれまでの上がり3Fは【7,3,0,0】で、異なる質を持ち合わせながらも、オルフェーヴルと同じような過程をしっかりと再現してきました。
 
 
 
これまで休み明けでも実績を残してきているタイプだけに、ディープインパクト以降6連敗中でもある1人気のジンクスを覆すだけの資質は十分に備えていると考えています。
 
 
 
逆転を期待するとすれば、菊花賞では0.6差の4着に敗れたものの、今回は最後の直線で坂のある阪神に舞台の替わるベールドインパクトが楽しみな存在。
 
 
これまでの【3,3,1,5】の戦績の中で分類をすると、根幹距離【0,0,0,4】に対して非根幹距離【3,3,1,1】という明確な傾向を備えており、非根幹距離における唯一の馬券圏外がその菊花賞の4着で、その非根幹距離に最後の直線の坂を加えると【3,1,0,0】という安定感は、配合特性から読み取れる強力なパワー型血質の存在が浮上してきます。
 
 
ベールドインパクトはディープインパクト×ドクターデヴィアス×Mr.Prospectorという配合で、半姉にはGⅠ馬コイウタ(父フジキセキ)が名を残し、サンデーサイレンス×Mr.Prospector×ヒッティングアウェーという祖母ヴアインゴールドの血を呼び起こす質の高いパワーを備えたスピード再現は共通の要素。



また、スタミナの点でも母父ドクターデヴィアスに宿るTom Rolfeを通じたPocahontas(Roman×Princequillo)のクロス派生にHyrry Onが加わり、父方Alzaoの活用手法としては珍しい形態を示す配合ですが、これまでのベールドインパクトの特徴でもある捲り倒すような走りを支えるスタミナの土台とスピードの質を読み取ることができます。
 
 
デスぺラードはネオユニヴァース×トニービンという組み合わせは、双方が中核とするHyperionの血を強固に繋げる特性と同時に、Rockfella(=Rock Goddess)6×6にPrince Bio6×6という重厚感溢れる欧州系スタミナ血質が結合することが特徴的で、加えて祖母マイネキャロルがナリタブライアンと共通のブライアンズタイム×Northern DancerにRibotを繋げるHis Majestyが続くことでGraustark(=His Majesty)3×3が派生しますから、スタミナにスタミナを重ね合わせたような配合形態へとまとめれ、メンバーの中でもステイヤーとしての資質は随一のものを備えていますが、今回は休み明けと阪神の舞台に違和感が残るため評価をさげることにしました。
 
 
 
【阪神大賞典:予想】
◎07ゴールドシップ
〇08ベールドインパクト
▲06デスぺラード
△03フォゲッタブル
△09マカニビスティー
 
買い目:3連単
◎⇔○⇒▲△△ 6点
 
取りガミのないよう、◎⇒○の方を厚めに資金分配を行います。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックをお願い致します
↓      ↓     ↓     ↓     ↓

 

全311ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事