ここから本文です
フィンセント・ファン・ゴッホの作品
アートメーター(ART-Meter)では、 画家名ToshiJaponで発表しています。

開くトラックバック(0)

栗原文化会館 絵画展

栗原文化会館 絵画展

イメージ 1

この記事に

プアマンズ・ウインドサーフィン用ユニバーサルジョイント

使用荷重(kN):0.78 80kgほどに耐えられる

ステンレス製シャックルとの併用で、ユニバーサルに

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

平成元年の新型車

平成元年のニューモデル
定年は55才

イメージ 1

平成30年
定年は65才

イメージ 2
イメージ 3

この記事に

開くトラックバック(0)

北極圏ではキャベツ1個が1800円するので、ハウスの中で
LEDを照射して、キャベツを育てて売れば良い。
基本的に屋外で農業は寒くて不可能なので、屋内での水耕栽培か
土を使ってでもLED照射で(屋外は寒いから)野菜を育てる産業は成立するだろうか?
(儲かるか?、健康のお役に立つか?)

映画「エデンの東」では、冷凍野菜を大都会に運ぶ途中、列車がSTOPし、氷が融けて
野菜が傷んで、大失敗となった。

この記事に

開くトラックバック(0)

わずか20年前は55歳定年制

1950年に男58歳、女61.5歳だった日本人の平均寿命は、
1960年に男65.32歳、女70.19歳、
1970年に男69.31歳、女74.66歳、
1980年に男73.35歳、女78.76歳と伸びていた。
多くの企業において55歳が定年退職だった。
1986年の高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の改正で60歳定年が企業への努力義務に、1994年の改正で60歳未満定年制が禁止されたことで60歳が日本の定年になった(施行は1998年)。
2000年に企業に対して、65歳までの雇用確保措置を努力義務化された。2004年に企業に対して、65歳までの雇用確保措置の段階的義務化(2006年施行)、2012年には企業に対して、希望する労働者全員を65歳まで継続雇用することが義務化がされた(2013年施行)。


この記事に

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)


自作セイルでSUPを風上に(風が出た時もSUPを楽しむために、又は漕ぎ疲れた時のために)

微風時はパドリング、順風時はセイリング、遭難時は118番(防水携帯)

必要なもの
1、くくりつけワンタッチダガーボード
2、コンパクトに折り畳めるセイル(微風時に邪魔にならぬよう)
3、ワンタッチユニバーサルジョイント(バンド止め)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
セイルは三角形または四角形(弱い風用と中くらいの風用)

マストはアルミ伸縮帽2m 798円
ブームはダイソーの園芸用ビニール被覆鉄棒 108円
セイルはビニールシート 正方形 1.8m x 1.8m 3.24㎡ 弱い風用
 三角帆・・・中くらいの風用  
 帆なし・・・強風で遭難時

ラダーは取り付けず、セイルの作用点とダガーの反作用点のバランスで舵をとる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自作セイルで、スケボーを風上に
(スケボーでプッシュを省略するために)

必要なもの
ビニールシートのセイル 正方形 1.8m x 1.8m 3.24㎡ 弱い風用
直進キャスター2個 スケボー用ウィール 前後
ユニバーサルジョイント使用時はウインドサーフィン風、使用しない時は
 カイトサーフィン風







この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事