ここから本文です
私のYahoo!ブログは本年12月15日をもちまして引っ越します。

私のYahooブログからの引越し先は・・・

アメブロ

楽天ブログ

ネットの百科辞典Wikipedia

動画のYouTube


趣味の絵画は、アートメーターToshiJapon

DAM★とも


となります。よろしくお願いします。

恐ろしい国になったものです。
美しい国へなんて冗談を言っている場合ではありません。


この記事に

開くトラックバック(0)

Yahooブログからの引越し先は・・・

アメブロ

楽天ブログ

ネットの百科辞典Wikipedia

動画のYouTube


趣味の絵画は、アートメーターToshiJapon

DAM★とも
イメージ 1


となります。よろしくお願いします。

恐ろしい国になったものである。
美しい国へなんて冗談を言っている場合ではない。

この記事に

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)

サ ル コ ペ ニ ア は 加齢に 伴 う筋 肉量の 減少 と定義 され てい る  。 
50 歳 以 降,筋 肉量 は 1 年 で 1 〜2%減少 ,60歳 を過 ぎる と,筋力 は 1年で 3%減 少 す る と報告 され て い る  。 
また ,サ ル コ ペ ニ ア は ,加齢に伴 い 割合 は増 加 し,人種や 性別 に よっ て も異 なる こ とが 報告 され て い る 。サ ルコ ペ ニ ァ に な る と,筋力低 下 ,モ ビ リテ ィ 障害,能力 障害,QOL の 低下が起 こ る。 
また サ ル コ ペ ニ ア は 単独 で 転 倒 に 影響 を与 える こ とが報 告 され て い る 。
この よ うに サ ル コ ベ ニ ア は 身体に様 々 な影響 を もた らす。しか し,現 在 に お い て 日本 で はサ ル コ ペ ニ ア に 関す る デ ータが ほ と ん ど存在 しな い 。日本 人 で は 欧州 人 な ど と比較 し,骨格筋 肉量が 少 な い た め.サ ル コ ペ ニ ア の 割合も多 くな る と考え られ て い る が,実 際の デ ータ と しては,地 域 在住健 常高齢者 を対象 と し た研究や 歩行 が可 能 な虚 弱高齢者 を対象 と した研究が 多 く ,要支援 ・要介護高齢者 に お い て サ ル コ ペ ニ ア と身体機 能や 栄養状態 , 日常生 活 活動 との 関連 は報 告 され て い な い 。

要 支援 ・要介護高齢者 に お い て ,サ ル コ ペ ニ ア に 関 する デ ータが 少 な い 原 因 と して ,筋 肉量 の 測定方法 が影響 して いる と考 え られ る。要 介護 高齢者 は立 位 が 困難で あ る 場合や,浮腫 な どが 存在 して い る方 も多い た め ,生体 電 気イン ピ ーダ ン ス 法 に よ る筋 肉量 の 測定 が で きない こ と も多い 。ま た,地 域 在住要 介護 高齢者が 通 う通所 サ ービス の施 設 に は CT や MRI な どの 測 定機器 が あ る 施設 は ほ とん どな い 。 そ の た め 地域在住要介 護高齢 者を対 象 と した サ ル コ ペ ニ ア の デ ータが少 な い と考え られ る 。 
日常生活 に 介助 を要 す る か 否 か の もっ と も重 要な位 置に 存在する地 域在住 要支援 ・要介護 高齢者 の サル コ ペ ニ ア と身体機 能,日常生 活活動 の 関連 を把握す る 必要がある 。
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

野菜だけ食べれば、健康にいいわけではない。
「野菜が身体にいい」とバカの1つ覚えみたいな健康法で、プロテインやビタミンBを摂取しないような食生活で筋肉量が保持できるわけではない。

サバ缶シンドロームではないが、サバ缶だけを食べれば、健康だというわけではない。

運動をせずに血管の弾力性を保つのは厳しい。
かといって、運動だけで、食生活が貧弱では筋力は落ちる。

野菜を食べても腸内細菌がタンパク質を作るアフリカの部族ではないから、筋肉質の身体に簡単になれるわけではないし、サルコペニアが短時間で治るものでもない。

しかし、考えを改善して、生活習慣を見直し時間をかければ治る。

イメージ 1

筋肉がつきやすい筋トレ手順

ウォーキングやジョギングなどの運動は有酸素運動といわれるもの。有酸素運動とは、酸素を取り込みながら持続的に行う運動のことで、様々な健康効果があります。

あまり運動習慣がなかったという人が、肥満やメタボの解消に運動を始めようというときは、ウォーキングや水泳、サイクリング、エアロビクスといった有酸素運動から始めるのが良いでしょう。

有酸素運動も健康維持に重要ですが、それだけでは筋肉を維持、増量できるわけではありません。年々減っていく筋肉を増やすためには筋力トレーニングが重要となります。運動をするなら有酸素運動に加えて筋トレも。

「強い負荷」にこそ
筋トレの意味がある

同じメニューの軽い筋トレを毎日行っている場合、本人は頑張っているつもりでも、実際に効果が上がっていない可能性が高い。筋肉が増える仕組みは筋肉の「破壊」と「修復」にあります。筋肉に強い力がかかると、力に耐えかねて筋繊維が傷つきます(破壊)。筋肉の傷は24〜48時間かけて修復されますが、その過程で筋繊維はより強く大きくなる。

つまりある程度、負荷の強いトレーニングを行って筋肉を破壊するくらいでないと、筋肉は増えないと。

効果的に筋トレをするのであれば、「10回以上は自力でできない」というくらいに負荷の高い筋トレを限界の10回3セット。

また筋トレの後は、十分な修復のためにしっかり筋肉を休ませることが大切です。週に2回ほど同じ部位を鍛えれば問題ありません。やりすぎは筋肉量の増量には結びつかず、むしろ逆効果。 

この記事に

開くトラックバック(0)

SNSシンドローム

「つながり依存症」 「きずな依存」「SNS依存」とか、様々なネーミングがされているみたいだが、ゲーム依存症、ネット依存症、スマホ依存症・・・似たようなものか

イメージ 1

日本の中央、国道19号

この記事に

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)

タジキスタン ドゥシャンベ
ドゥシャンベは、タジキスタン共和国の首都。2008年の人口は679,400人。1961年までは、「スターリンの町」を意味するスターリナバードという市名であった。
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

頭蓋骨骨折の恐怖と戦うスケートボーダー

子どもは人生経験が少ないので恐怖心はわりと少なく、重心が低いのでボードも安定しやすいので何事も挑戦しやすい。
高齢者は骨折したら、治療のためにベッドに臥している時間が長くなり、ロコモーティブシンドロームになったり、サルコペニアになって、筋肉量が減少し、筋力や身体機能が低下してしまう恐怖とも戦わなければ、スケボーなんて出来ない。
転倒・骨折、寝たきりなどの原因にもなりかねないからだ。
一方、体力維持・筋力増加のための運動により、サルコペニアを予防することも重要。
 

★嚥下機能の低下にも注意!
手足の筋肉だけでなく、飲み込みに必要な筋肉も低下する可能性がある。

脂肪が多く筋肉が少ない状態の「サルコペニア肥満」も要注意。
食っちゃ寝だけでもいけないということだ。

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事