瀬田 葉月の「南の島の静謐な日々」

あけましておめでとうございます。ブログ再開しました!

Flotsam&Jetsam

すべて表示

ここまで来ました。来ましたが。。。

イメージ 1

なかなか再開できずにおりましたが、ここへきて皆様のお力をお借りしなくてはならない状況になり、戻ってまいりました。

写真は学部の卒業証書、それから成績優秀者の表彰状です。成績優秀者は台湾学生も一緒の順位で3位以内に出されるものでかなり難しいです。最終学年にとれたことはとてもよかったです。
それから突出して優秀な修士学生に出される奨学金の証書です。
現在は修士認定をうけて博士課程に在籍中の博士課程学生です。

ここまで来ました。でも、私の奨学金は学費と生活費を賄えばそれで終わり程度の額なのです。
研究費はいくらか指導教授から出ますが、採集のための旅費は自分で賄わなくてはなりません。
現在は学業の他に翻訳、通訳の仕事をしてそれをなんとか賄っています。

日本で学位をとるなら、テーマは指導教授の提示したものをやればいいし、方法論も教えてもらえますし、旅費も出ます。
ただ、私は自分でやりたいテーマが決まっていたので日本のシステムを飛び出したわけです。
ここで私は自分で選んだテーマの研究をしていますが、指導教授は直接方法論を教えることはできないのです。だって先生の専門とはまた違うものだから。
しかも旅費は自分で賄わなくてはなりません。

爪に火をともすような暮らしをしながら、それでも何か所かには採集に行き、ある程度の知見も得られました。
もともとワニグチモダマに関してはこのブログでもずいぶん前から情報を出してきました。

私がここまでくるのに時間がかかっている間に、海流散布植物は結構な人気テーマになってしまいました。
すでにワニグチモダマに触手を伸ばしている日本人研究者いるのです。
豊富な資金をバックに来られては私ひとりではとても太刀打ちできません。

そこで、私が自身で得た知見はここで先に公開していこうと思います。
豊富な資金がバックにあるチームに私はたった一人で立ち向かわなけれなならないのですから。
ワニグチモダマに興味を持ってくださったみなさま、面白いと思ったらぜひ、どんどんトラックバック、引用して広めてください。
瀬田葉月という天涯孤独な女がたった一人で異国で頑張っているよ、って。

今書いている小さな論文は漂着種子の情報満載のものになります。写真もいっぱいです。
書き終えて発表できたら、その後は頒布できるように、または本にできるように今動いているところです。

あと2年半で博士がとれます。
これからの道のりは険しくはないですが、変わらず貧乏との戦いになります。
海流散布種子について情報があればどうぞ助けてください。
私はプロ研究者ではなく、アマチュア出身ですから決して皆様の情報を盗んだりしません。
使わせていただく時は許可を得て、お名前も明記いたしますので。

寝る間も惜しい生活ですが、こちらの更新もまたしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


.


みんなの更新記事