ラング趣味の日記

夏はキャンプ・バイク 冬はスキー年中遊びまくりのオッサンです。
幸せのてるてる坊主
東日本大震災の被災地を応援するために復興を願うシンボルとして、
発売されたてるてる坊主のヘルメットをかぶったバージョン
イメージ 1
イメージ 2


 このヘルメットが6色ありまして、レッド・グリーン・ブラック・ブルー・オレンジ・ピンク
これをバイクにつけて走る おやじライダー4人 私の頭はてる坊ではありませんよ
後3年は大丈夫と自分では思っています(2/4 はてる坊ですが・・・)

何のことはない何時ものメンバーですが、当別町までうどんを食べに行ってきました、

道の駅マオイの丘公園で休憩、この後国道337号に乗り当別町に向かいます
イメージ 3

目的地、当別町 かばと製麺所、並んでるー、店舗ちっちぇー、みんな外で食べてます、雨の日どうすんの???
イメージ 4

50分並んでやっと店内、中はカウンター席のようなのが5〜6人分ありますが長蛇の列で機能していません、私のオーダーしたのは、冷やし掛けうどん2玉、マイタケ・アスパラ・エビの天ぷら、
イメージ 5

レジでお金を払って、番号札をもらって外で待つこと15分やっと呼ばれて
取りに行って、驚き、思った以上にうどんの量が多い、おまけに舞茸の天ぷらも大きい、やっとの思いで食べきりました、うどんの味は、普通、天ぷらはマーマー、1時間以上並んで食べるほどでは無いかな・・・あくまで私の感想です、そんなこんなで うどんの写真は撮り忘れました。

この後、道の駅しんしのつに併設するタップの湯で温泉につかり帰路につきました。
イメージ 6

天候にも恵まれ、楽しいツーリングでした、残りシーズンも後2カ月
何回一緒に走れるかな?、キャンプツーは9月予定が合わず無理そうなので来年ですね。







この記事に

開く コメント(2)

一日目
26年ぶりのバイクキャンプツーリングに行ってきました、
5日11:30出発、もう少し早く出る予定でしたが、雨が降っていて中止にするか迷っているうちに雨が上がったのでこの時間にまりました、
国道234号を北上し安平町追分か―川端―新夕張―占冠―トマム―落合
で国道38号線乗り狩勝峠を超えます。

イメージ 2

ドライブインは営業していません
イメージ 1

展望台から新得方面
イメージ 3

こんなのが飛んでいました
イメージ 4

新得から鹿追に抜け然別湖に向かいます
扇ヶ原展望台 靄がかかって何も見えません、ザンネン、26年前カミさんと
ツーリングした時もここで写真を撮った記憶が有ります。

イメージ 5

然別湖は、晴れで湖もとてもきれいです、
今日の泊り地糠平温泉郷までは30分も掛からないでつきます、ところが問題発生、この先にあるキャンプ場に泊まっているライダーと話しているうちに
この先通行止めですよ、ナニー ここで一泊するにも買い出しもしていない
まともな店もない、と言う事でまだ15:00なので戻って上士幌経由で糠平温泉郷に向かうことに、
イメージ 6

糠平温泉郷16:00到着ここでまたまたトラブル、15年ほど前にキャンプに来たときはガソリンスタンドが有ったので途中で入れなかったのが間違いでした、あったはずのスタンドっがない・・・、住民に聞くと10年以上前に廃業したそうです、おまけにこの先上川町まで180km近くスタンドがない、  バイクの燃料は 1メモリ  走れるのは30〜40kmかな、
上士幌まで戻って燃料を入れ、ついでに夕食の買い出しもしてキャンプ場に戻ります、かなりさびれたように思います、シャッターのしまった店がちらほら
イメージ 10

ぬかびら野営場、野営場と言うだけあって、炊事棟、トイレ(簡易水洗)があるのみ
イメージ 7

15年前に来たときは結構利用者がいた記憶があるのですが、
今日はテントが5〜6張り、バイカーと登山者、ファミリーキャンパーはゼロ
イメージ 9

私のテントサイト テントはmont-bell ステラリッジ2(二人用)山岳テントです
イメージ 8

今晩のディナー 厚切りハムのステーキ・ふかひれスープ・ドライカレー
ハイボール
イメージ 18

二日目
6:00出発 糠平温泉から国道273号に乗り層雲峡に向かいます
途中三国峠の手前ある高くて・長ーい橋、おまけにカーブしているんですよ、
イメージ 11

三国峠天気はいいのですが、朝靄で見晴らしは今一つでした。
イメージ 14

層雲峡銀河の滝
イメージ 13
銀河の滝
イメージ 12

層雲峡から旭川向かいます
旭川と言ったら、有名な男山酒造
イメージ 15

もちろん、買いましたよ、酒蔵限定品を一本購入、試飲できないのがザンネン
イメージ 16

2階・3階は資料館になっています
イメージ 17

旭川から富良野周りで帰宅する方が走りやすいのですが、カミさんの命令で、滝川市に住む長男の様子を見に行くことに、12号線は混むので嫌いです、11:00頃に息子の所に到着、一緒に近くのラーメン屋で昼食を取り
12:00滝川を後にします、無事14:30自宅到着。

1日目
走行距離 : 324.9km
消費燃料 :  13.7ℓ

2日目
走行距離 : 296.5km
消費燃料 :  14.7ℓ

総走行距離 : 621.4km


この記事に

開く コメント(0)

久しぶりのキャンプ

先週土日、下の息子と彼女を連れてキャンプに行ってきました、
場所は、日高沙流川オートキャンプ場、スキー場の隣にあるキャンプ場です、けっこうな賑わいでした、犬同伴サイトに、ドックランが有るので、犬好きには良いですね。

我が家のサイトはこんな感じです
イメージ 1

今回のメインディシュはビア缶チキン我が家は初めての挑戦です、息子と彼女が下処理をしています、フォークを鶏に突き刺し味が染み込みやすくして、オリーブオイルをまんべんなく塗り、塩とコショーをします、その後クレイジーソルトを降り掛け1時間ほど寝かせます。
イメージ 2

常温にしておいたビールを1/3ほどにしてホルダーにセット、ホルダーがなくてもOKだそうです。
イメージ 9

鶏をセットして形を整えます、ユーモラスな姿ですね。
イメージ 3

BBQコンロにセット、実はアルミホイルを網の上にひいて鶏を乗せる予定でしたが、アルミホイルを忘れて急きょフライパンを使いました
イメージ 4

今回は燻製器をかぶせました、計ったようにフライパンとぴったり、
上にも木炭を乗せて、待つこと1時間
イメージ 5

いい感じで出来上がりました、ユーモラスな姿がたまりません
イメージ 6

さっそく切り分けて試食、初めてにしては味付けもOK、ウマい
欲を言うと、もう少し皮が、パリパリなら言う事なし、焼きあがって冷ます時に覆いを取って置いたほうが良かったかな???
イメージ 7

こちらは、燻製、ウズラの卵と、チーズ、手羽元を燻製してみました
チーズはウマい、手羽元は味付けをしてレンジで火を通してから燻製しましたがマーマーウマい、ウズラの卵 失敗、外側が硬くてだめ。
イメージ 8

夜は、たき火をしながら、家族だんらん、酒も進みました。
イメージ 10

二日目は先月行った、釣り堀イザワに昼食を兼ねて行ってまいりました
ザンネンなことに雨が降ってます、
最初に息子の彼女がニジマスの大物ゲット
イメージ 11

続いて息子
イメージ 12

後は、焼き魚用のヤマメを釣ります
イメージ 13

ニジマスは、一匹は刺身、もう一匹は三枚おろしで、お持ち帰り
三人で刺身食べきれませんでした、私は刺身食べられませんので
イメージ 14

ヤマメのから揚げ、骨までパリパリです、置いてあった、カレー塩を掛けて食べると、これがウマい
イメージ 15

塩焼き、美味しいですよ、
イメージ 16

楽しいキャンプでした、若い二人が楽しんでくれたので、大満足です、
今度は二泊でのんびりキャンプしたいですね。

この記事に

開く コメント(2)

室蘭岳登山


先週土曜日午後から室蘭岳(鷲別岳)登山に行ってきました、
土曜日午後から出発して、登山口にある公園の駐車場でBBQ
夕方で帰る車がほとんどだったので、駐車場でやっちゃいました、

イメージ 1

翌朝8:30出発
イメージ 2

10分ほど歩くと、白鳥ヒュッテに到着、ここが本当の登山口です
入山届に記入して夏道コースから登ります


イメージ 3

登り始めて間もなく鳥居が現れます 水神杜 
イメージ 4

中に入ってみると こんな祠が有り このすぐ下に白鳥ヒュッテの水源が有りました
イメージ 5

水神杜を過ぎたあたりから勾配が急になります
イメージ 6

この岩がガンバリ岩(たぶん) 文字が刻んであったのですが風化で読めませんでした
イメージ 7

ガンバリ岩を過ぎて急な登りが終わると ダケカンバの林の中を歩きますこれは気持ちいいですね
イメージ 8

てくてくと歩いているとこんな標識が 頂上まで1000m ちょっと勇気づけられます
イメージ 9

今度は石に 頂上まで500m かなり元気が戻ります
イメージ 10

ここまで来ると、ほとんど頂上です、ですが濃霧です
イメージ 11

頂上が見えました、
イメージ 12

頂上の立派な看板です、しかし回りは何も見えません、ザンネン
イメージ 13

何も見えないので、少し休憩して下山、帰りは、西尾根コースを下ります
イメージ 14

濃霧です、道ははっきりしているので迷うことはないです
イメージ 15

森林限界を過ぎると、こんな林の中に入ります、このころになると
カミさんはかなりお疲れのようです
イメージ 16

そうでもないか?、こんな事やって遊ぶゆとりが有るので???
イメージ 17

川を渡ります、ここまで来ると白鳥ヒュッテはもうすぐです、なんと日も差してきました・・・
イメージ 18

白鳥ヒュッテに到着、完全に晴れです、出発時刻を遅らせた方が良かったようです
イメージ 20
今年初の登山はてちょっと残念な天候でしたが、今年初登山楽しかったです、

イメージ 19

GPSトラックデーター
イメージ 21
今年初登山と言う事も有って可なりゆっくりのペースになりましたが、予定のコースは走破できたので良しとします。
山行記録 
  月      日   2017/07/02
  移 動 距 離   7.65km
  移 動 時 間   3:48:09
  山頂までの距離   2.68km
  山頂までの時間   1:30    
  標    高  差   489.63m

この記事に

開く コメント(0)

釣り堀飲み会


去年いけなかった スキー学校の釣り堀飲み会参加しました、
場所は日高町千栄(ひだかちょう、ちさか)去年の台風で甚大な被害を受けた地域ですが、奇跡的にこの釣り堀は被害を免れたようです、
つりぼり いざわ スキー学校のメンバーが経営する釣り堀です
イメージ 8

池は、ヤマメ2箇所 ニジマス中型1箇所  大型1箇所
千呂露川の水を使っているので大変きれいです
イメージ 1

ヤマメはこのサイズで丁度食べごろですね
イメージ 2

ニジマスの大きい方はこのサイズです、釣り堀の魚は
普通は尾びれが丸くなっているのですが、ここの魚は
ピンと張っていますそれだけいい引きをします、楽しー
イメージ 3

釣った魚は、釣り堀の御主人と奥さんがその場でさばいてくれます。
ヤマメの塩焼き 塩加減・焼き加減も最高です、
イメージ 4

ヤマメのから揚げこれがまた美味、頭も骨も食べれますよ
イメージ 5

ニジマスは、刺身でいただきました、私刺身が食べられないので
味見はしていませんが、みなさん美味しいと言ってました、
夏場はなかなか会うことがないメンバーですがこういう集まりは
楽しいですね、あっという間に夕方になっていました
イメージ 6

つりぼり いざわのご夫妻です、大変美味しい魚ごちそう様です
イメージ 7

私は、キャンカーでこの場所にお泊り、
イヤー静かな一夜でした(静かすぎて怖いくらい)


この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事