ラング趣味の日記

夏はキャンプ・バイク 冬はスキー年中遊びまくりのオッサンです。

新しい相棒

北海道胆振東部地震災害に当たり・皆様方に多大なるご支援を賜り、深く感謝したします。

震災から、1週間ほどたた日にバンテック北海道からTELが有り
9月下旬〜10月上旬に、納車が出来そうです、予定通り進めてよいでしょうか?、一瞬こんな時に、とは思いましたが、進めてくださいと返事しました。

10月6日納車、本来ならワクワクなのですが、車を取に行く暇をやっと作った状態です。
6日14:00バンテック北海道に到着7年間旅をした相棒とお別れです
イメージ 1

新しい相棒はこれ ジル520です
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

これから、いろいろ取付です、さし当り、カーナビ・テレビ・電子レンジ・ショック・アルミホール・タイヤ・ソーラパネルは用意してあるのですが、取り付ける暇が・・・

この記事に

開く コメント(2)

8月14日今日は礼文にわたるので、それまで港近くで釣りをします
港の外側は根掛りが多く、あたりが来ても釣り上げられなーい
イメージ 1

港の中に移ると、このサイズばかり
イメージ 2

投げ釣りでもこのサイズ
イメージ 3

定刻11:25礼文島に向けて出港
イメージ 4

12:05予定通り礼文島上陸
イメージ 5

港から一路 船泊に向かいます、礼文ラーメンで検索すると一番に出てくる 双葉食堂を目指して、途中久種湖のほとりを通り到着、なんとか席は確保できましたが混んでます、待つこと 一時間15分 私は醤油ラーメン・カミさんと息子は味噌ラーメンが届きました、案の定麺はのびぎみ、スープはマーマーかな?・味噌ラーメンは可なり不評でした、スープが味噌汁より薄いと言ってましたが???
気を取り直して向かったのは金田の岬、気負付けて運転していたのですが見落として通り過ぎました、道路わきに木柱が有るだけ、駐車場も見当たらない、車から降りもしないで、スコトン岬に向かいます、
ここは駐車場も、お土産屋さんも有りました
イメージ 6

イメージ 7

スコトン岬を後にして戻る途中にレブンゲ草群生地の看板が有ったので
寄り道、しかし駐車場からかなり斜面を歩かないと成らない様なのでパス
その先の澄海岬(スカイ)を見学ここも急傾斜を登ります、腰痛をこらえ
必死に登り到着
イメージ 8

香深港まで戻り買い出して時間を見ると4時を回っていたのでここから下の観光は、腰痛もきつくなってきたので取りやめ港近くにあった温泉につかります
イメージ 9

8月15日 8:45出港までの時間は釣りです、なんと、ここではこんなのが釣れました
イメージ 14

最初はホッケと思いましたが、調べるとアイナメですねいいサイズでした。
イメージ 15

8:45稚内に向けて出港

イメージ 10

定刻10:40分稚内港到着、宗谷岬に向かいます
イメージ 11

宗谷岬を後にして、あとは道の駅めぐりで帰宅予定まずは、道の駅、さるふつ公園のの後、クチャロ湖はまとんべつ温泉ウイングに入浴ここの泉質は道内屈指と言う事です、お肌ツルツル美人の湯だそうです、
国道275を音威子府に向かい、途中道の駅ピンネシリにより、パン・元祖鶏桃焼き・スモークドチキン、を購入これが、どれもうまい、ここはパンが有名だそうです
イメージ 16

道の駅音威子府に到着、買い出しをして時間的に早いので天塩温泉キャンプ場まで走ることに、キャンプ場について驚き、車中泊お断りの立札
テントも二張りほど、役場に確認したところ、原則だめですけど、エンジンを掛けたり、キャンパーの迷惑にならないのであればOKと了承いただきました

こちらの駐車場は我が家1台と言う事で軽くBBQ
イメージ 12

稚内で買ってきたホッケ美味かったー
イメージ 13

8月16日は消化試合のようなもの、道の駅びふか・道の駅もち米の里なよろ・道の駅絵本の里けんぶち・道の駅とうま・道の駅あさひかわ・によって帰宅、今回の旅は下の息子が一緒だったので運転がだいぶ楽でした、
利尻では、上の息子の案内で島を回れたのも良かったです、礼文島はもっとゆっくりと時間をかけて自然を楽しみたい島でした、利尻富士、一度は登りたいですね、冬のBCもしたーい。

この記事に

開く コメント(2)

利尻・礼文の旅、8月12日稚内港16:40発の利尻島行きに乗ります
イメージ 1
 1時間40分の船旅です、4月に乗った時は3mの波で大揺れでしたが
今回は穏やかな船旅です、天候は今一ですが、利尻島が見えます。
イメージ 2

利尻島鴛泊18:35着定刻より15分ほどの遅れです、出発が遅れた分ですね、利尻島にいる息子が札幌の帰りで同じ船に乗船していました。
イメージ 3

夜は息子の住む鬼脇の居酒屋で夕ご飯と言う事になり、鬼脇につ着いたのですが、なんと、休日、ほか探したのですが、休日、結局コンビニで食材を調達、息子の家で飲み会です、

8月13日朝は、風は強めですが晴れです、利尻富士の頂上が見えないのは
ちょっと残念です。
イメージ 4


鴛泊の町を通りキャンプ場・温泉・登山口のある森林公園を散策
この奥に甘露泉水なる湧水が有ります、何時もなら行くのですが、私の
腰が・・・・そんなわけで息子にカメラを持たせGO
イメージ 14

撮ってきた写真がこれ甘露泉水
イメージ 7イメージ 8









温泉にこんな看板が
イメージ 5

さっそく入りに行くと、なんとお湯がな〜いがっかり
イメージ 6

本泊り漁港に立ち寄り釣りをしましたが、小さいガヤが数匹釣れただけ
イメージ 15

釣りは諦め、今日のメイン、ラーメン味楽に向かいます、開店は11:30方ですが、混むだろうと10:30に到着ところが、到着した時は前に4組ほどの名前が書かれた順番表が有り我が家も記帳 息子を残して今夜の食事処を探して戻るとこの有様です、早く来て正解でした。
イメージ 9

頼んだのは、焼き醤油ラーメン(左)と辛味噌味噌ラーメン
本当に美味しかったです、スープもすべて飲み干してしましました。イメージ 10イメージ 11







午後からは、沓形から鬼脇までの観光名所めぐり 弁天宮・仙法志御崎公園・オタトマリ沼・利尻島郷土資料館などを見学、利尻島郷土資料館で利尻島一周完了、まだ時間に余裕が有ったので、鬼脇でパークゴルフをすることに、ここで蚊の襲撃に会いそこらじゅう刺されまくり一番はカミさん、数十か所やられていました。

弁天宮

イメージ 12
オタトマリ沼
イメージ 13

沼の土産物屋でウニの軍艦巻き1300円・ホタテの炭焼き600をカミさんと、息子が食べていましたが、私は、ウニもホタテも食べれません、
イメージ 16

こちらの売店ではミルピスなる、この島産の乳酸飲料が売っていました
牛乳瓶一本400円です、ちなみに缶ビールが300円で売っていました
飲んでみましたが???
イメージ 17

沓形に戻って利尻ふれあい温泉で汗を流し今夜の食事処を探します
数件の居酒屋があるようですが、予約客だけとか、満席などで、やっと見つけた居酒屋さんが、鍋ちゃん、ちょうど椅子席が4人分ありラッキー
ほっけの塩焼き、串もの、うに丼、等など大変美味しかったです、キャンカーに戻る途中息子が、ウニ丸と言うスナックを見つけ飲みに行きました
カミさんと私は車に戻ると、我が家より1日遅い便で利尻に渡ったスキー学校の仲間から連絡が、すぐ近くに来ているよー、合流して息子のいるスナックに、なんとここのママが室蘭出身でした、リーズナブルでいい店でした。
イメージ 18

明日は礼文です。















この記事に

開く コメント(2)

8月4日・5日のキャンプツーリングは何時もの てる坊メンバー4人で、忠類村の道の駅に隣接するキャンプ場に行ってきました、
12:00新ひだか町静内で待ち合わせ12:30出発
まずは、浦河町のラーメン八雲で昼食、さっぽろ純連が正式に暖簾分したお店だそうです、

場所が分かりずらい、ここの奥まったところに入り口が
イメージ 1

私が頼んだのは醤油ラーメンねぎたっぷりでスープが濃厚ですが、しつこくない、大変美味しゅうございました、味噌を頼んが人は超ウマいと言っていました、純連なら味噌が有名ですよね。
イメージ 2

天馬海道の野塚トンネル手前のパーキングで休憩していると雲行きが怪しくなってきたので、早々に出発
イメージ 3

途中大樹町で買い出しをして、虫類の道の駅に到着キャンプ場は道の駅の裏手にあり、無料と言う事も有り、予想以上に混雑していました、
何とか端の方の開いているところにテント4入り張ることができ一安心
イメージ 4


温泉で汗を流し、帰りにナウマンゾウのオブジェで記念撮影
イメージ 5

今日の晩餐は、BBQ
イメージ 6

仲間の奥さんが、下ごしらえしてくれたタッカルビ、これはマジ美味かった
イメージ 7

二日目は朝から雨、濡れたテントをたたみ、レインスーツを着込んで
9:00過ぎに道の駅をあとに、更別の道の駅に到着ここでレインスーツを脱ぎます
イメージ 8

ここから豊頃町の豊頃神社に到着
イメージ 9

この神社は別名おっぱい神社と言います
イメージ 10
イメージ 11

そしてスケベおやじは、こうなります
イメージ 12

この神社はライダーもたくさん立ち寄ります
イメージ 13

ここでお守りを購入

イメージ 15
イメージ 14
イメージ 16

この後豊頃道の駅のレストラン大和で昼食 ここでいただいたのは
豊頃スパカツ、ボリュウム満点です、ソースの下にカツが一枚乗ってます
イメージ 17

この後、晩成温泉につかり天馬海道を通って帰ってきました、仲間と行く
キャンプツーリング、楽しかったですね、今年もう一度行こうねと言う事で
解散帰宅しました。

この記事に

開く コメント(0)

祭りの手伝い

田舎の小さな祭りです、
今年で35回を迎える浜辺で開催する小さな祭り、
朝7時から会場設営等準備をして9時から開会式、天候が心配でしたが
開会式を行う頃には、日差しも見え始め、風邪は強めでしたがまずまずの天候でした。

沢山のお客さんが来てくれました
イメージ 2
イメージ 1

太古演奏・フラダンス・スイカわり・じゃんけん大会・ビーサン飛ばし
餅まき・ななどイベントも、お客さん参加型のお祭りとなっています
イメージ 3

そしてこのお祭りのメインイベント、ホッキ貝のつかみ取り
小学生の部300円 150人 ・ 一般の部500円 150人
小学生でも上手な子は10個ほど獲る子もいます、2個で元以上ですよ
イメージ 4

一般の部はは迫力満点です
イメージ 5

この祭り会場の浜は、道内屈指のサーフィンのできる海岸です
この日もたくさんのサーファーが来ていました。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事