ここから本文です
シェフとマダムの雑記
うたうソムリエ?のマダムが綴るあれやこれ♪

書庫自家畑・自家野菜のこと

記事検索
検索

全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

今日の収穫♪


花冷えでしょうか、今日は寒い一日ですね。

昼休みに、シェフが畑で収穫してきました♪
大根や白菜などの冬野菜が終わったので、今はやはりこれですネ


イメージ 1
上の大きなボウルふたつは「かき菜」の菜の花。
手前のはチンゲン菜の菜の花♪


イメージ 2



イメージ 3



どちらも、生のままでも柔らかくて、甘くて、香ばしく美味しいので
生ハムやチーズと合わせてアミューズグールに♪
さっと火を通して付け合せに・・・と活躍中♪

特に「かき菜」は
「成長中の植物の若芽を掻き取って食用とする事から名付いたもの(ウィキペディア)」
と言うことで、
ホントに採っても採っても若芽が出てきてくれるのはありがたい〜
収穫しながら食べちゃう美味しさです







一昨日の月曜日28日、
今シーズン初の、畑お助け隊の皆さんとの畑仕事をしてまいりました〜
昨年の12/17に、腐葉土を作るための落ち葉拾いをした時以来ですから
約3か月半ぶりの、皆での畑仕事♪
いよいよ今年の畑、本格始動です

初仕事は、じゃがいもの種芋の植え付け♪
植えつけたのは、当店大人気の赤皮のじゃがいも・「アンデス」と、
いわきの昔野菜の「おくいも」の種芋です。



イメージ 1
畑に着くと、すでにR子さんとシェフで「おくいも」の植え付けを始めていました。
切った種芋に灰をまぶして、一切れずつ畝に置いていき・・・・




イメージ 2
シェフはそれに土をかぶせる・・・・と♪



イメージ 3
私もすぐに加わり、180〜200個くらい植えたでしょうか♪
夏の収穫が楽しみです

ちなみに今現在当店でお出ししている芋たちは、
去年の夏に収穫し、ずっと冷蔵庫で保存したジャガイモたち♪
こ〜れがメチャ旨で、お客様も大絶賛 主役を食うようなお芋なのです
時間とともに芋のデンプンが糖に変わって甘〜くなるのだそう
ウチでは、この子達のために業務用冷蔵庫をひとつ買ったのでした



イメージ 4
話変わって、さて、これは何の花でしょう??
答・大根の花♪でした〜♪



イメージ 5
というワケで、ご覧のとおり、少しだけ残っていた大根と丸大根をすべて収穫&撤収!
シェフがもうすでに耕運機をかけています♪



イメージ 6
大根の菜の花も収穫♪



イメージ 7
それから、すべて菜の花が咲いてしまった小松菜も撤収
これは小松菜の菜の花で〜す


今季1回目のお仕事は、まずはこれまで!  ということでこの後はみんなで畑ランチ♪
そのランチスペースの一角に、あるものが出現





イメージ 8
ジャーン。 「ロケットストーブ」です
前日の日曜の午後、シェフと酒屋のH君と、肉屋のN君が
あーでもない、こーでもないと言いながら作ったみたい
えっ??  これで何するの?? って??
さあ、それはこれからのお楽しみとしましょう〜〜
続報をお楽しみに









昨日、シェフが畑から収穫してきました♪
「どうだ〜」と自慢げに差し出したので写真を撮ってあげました


イメージ 1


美味しそう〜
柔らかそう〜
甘そう〜・・・・でしょ
これは、路地(ハウスじゃなくてお外畑)のチンゲン菜の菜の花です♪
今は、アミューズグールや魚料理の付け合せに活躍中
菜の花が美味しい季節になりましたね〜



自家畑、プチ始動!!




なんだか、寒くなるべき時に寒くならず、暖かくなるべき時に暖かくならず・・・・
という感じの12月〜2月でしたね
山の方もかなり積雪が少ないようで、山遊び計画も悩ましい今日この頃。

とは言え、やはり畑仕事は「農閑期」。
冬野菜の収穫に出向くのと、ビニルハウスの中の冬野菜に時々水をあげるくらいの
関わり方になっていました。
でももう3月、明後日は暦はもう啓蟄、そろそろ畑も少しずつ動き始める季節です♪

と言うことで3/1、まずはシェフと二人で畑仕事始めをしてきました〜♪


イメージ 16
お天気はいいけど気温は低いし、風も強〜い!
まずはシェフの後ろの寒冷紗(白いメッシュ布)のかかった畝の撤収です。



イメージ 15
収穫や水やりに来ていたシェフから聞いてはいましたが
寒冷紗が、突っ張ったポールとポールの間に積もった雪の重みで
あちこちで破けていました 初めてだなぁ〜、こんなの。


イメージ 17
寒冷紗を外した春菊畑、柔らかそうな、痛んでいない部分を
悪あがきのように少し収穫 撤収するなら少しでも食べてあげたい


イメージ 18
3畝の寒冷紗を外したところ。



イメージ 19
終わった野菜たちを撤収した後、シェフが耕運機をかけました♪
冬枯れの畑から、春を待つ畑って感じになりましたね〜♪♪



イメージ 20
シェフが外の畑に取り組んでいる間の私の使命は、ビニルハウス。
左・ルッコラ、真ん中・水菜とチンゲン菜、右・ミニ大根や小カブなどの畝です。
これらすべてを撤収せよとのこと



イメージ 21
ルッコラの花がいくつかキレイに咲いてます
そして、ルッコラも青々として、まだまだ行ける感じでしょう〜



イメージ 22
ルッコラ、しっかりしていて柔らかくて、食べても美味しいのですが
ビニルハウスの中はもう暑いくらいなので、アブラムシがすごい
そしてナント、こんな風に赤くなっている葉も ハジメテミタ〜!!
アブラムシの少ない葉を選んで収穫し、まずは他の2畝の撤収!



イメージ 23
おっと、撤収前にチンゲン菜の菜の花の収穫もネ


イメージ 24
菜の花の収穫のタイミングを逸すると、お花が咲いてしまします〜



イメージ 25
そして、あとは土煙の中もくもくと撤収と草むしりをして。
ルッコラの畝は「もう少し食べられるから〜」と懇願して、とりあえず据え置き
全体に山ほどの水を撒きました♪ イドヲホッテヨカッタトオモウヒトトキデス


イメージ 1
さぁ、少しあちこちウロウロ撮影しましょう♪
こちら、最後のひとつとなったブロッコリーと・・・

イメージ 2
コチラも最後のひとつになった白菜クン♪



イメージ 3
こちらは、晩秋に稲わらやシノ竹で暴風林を作ってみたそら豆ときぬさや♪
防風林が効いてるかな?♪



イメージ 4
コチラは、やはり雪の被害で寒冷紗敗れた路地のチンゲン菜。

イメージ 8
キレイな子でしょう〜
いい感じで菜の花を作ってくれているので、この畝はしばらくこのままで♪




イメージ 5
チラリと穴から緑色がのぞく、玉ねぎ畑♪  うーん、ガンバレ〜


イメージ 6
大株に育てたかった路地の水菜。大株どころか、とってもちっちゃいの



イメージ 7
ねぎクンは、寿命の長い野菜だね〜♪


イメージ 9
そして、これはワタシのたってのお願いで作ったみつば
三和のおばちゃんから教わって「冬には消えちゃうけど春に勝手に出て来るから」と♪
ホント、出てきてくれた〜!!  元気に育ってね〜♪



イメージ 10
さて、隣の畑へ。ずいぶん引き抜いて使ったから、残り少なくなってきましたが、


イメージ 11
頑張ってますよ、大根くん 寒さが甘〜くしてくれるんだよね〜



イメージ 12
これはかき菜。これは、これから欠いて食するのかなぁ〜?   ヨクワカラン??



イメージ 13
最後は・・・ナニコレ??
穴あき黒マルチがかかってるみたいだけど、雑草に覆われてて何がナンだか??


イメージ 14
本日の最後の仕事として、二人で取り組みました〜
可愛いんだけどやっぱり雑草のホトケノザとオオイヌノフグリを除去
現れたのはラッキョウでした〜



もう少したったら、畑お助け隊の皆さんとの共同作業も始まり
種蒔きざんまい、草刈りざんまいの日々が始まるのかな
楽しみでもあり、大変そうでもあり♪
まぁ、花粉症持ちとしては戦々恐々でもアリ、ですな〜
(ちなみに、この日は今季初めてのヒドイ症状が出て、
帰宅後、薬をもらいに病院に駆け込んだのでした 
同胞の皆さま、共にあと2か月、乗り切りましょう!)










落ち葉拾いが最終回。


12/14(月)定休、畑お助け隊の皆さんとの、今年最後の畑作業。
毎年恒例の最後の仕事は、腐葉土を作るための落ち葉拾いです。

今回は残念ながらOおじさんは風邪で欠席。4人でのお仕事です。
My畑から4.5分車を走らせ、山の中へ。
いつもの場所で取り掛かります。



イメージ 1
まぁ、ほとんど誰も来ない山の中。木々のおかげで風がなく助かります。
シェフが寄せ集めて、女性陣が袋に詰める・・・という段取りですが・・・



イメージ 2
今年は落ち葉が湿っていて(昨日雨降ったっけ??)、チト重めで
袋にたっぷり詰め込むと、持ち上げるのが大変。




イメージ 3
市から委託を受けた業者さんにしか見えない??
土嚢袋に15.6袋集めて、半分ずつシェフが畑へピストンします♪




イメージ 4
今回は落ち葉の他に、山から篠竹を少し頂戴しました♪



イメージ 5
2度目は、落ち葉の土嚢袋と篠竹を無理くり車に詰め込んで



イメージ 6
畑に戻ったら、堆肥置き場に拾ってきた落ち葉と・・・・



イメージ 7
米ぬかを交互に敷き詰めます♪
そして、水を撒いて踏み踏み踏み踏み踏み踏み


イメージ 8
こんな感じにできました〜




イメージ 9
本当はムシロをかけておくのがいいのだそうですが、
ムシロがないので先ほどの篠竹の上の部分の葉が付いている所を
敷き詰めてみました ダイジョウブカナア〜?


イメージ 10
こちらは、野菜の支柱として使います♪
早速、スナップエンドウの脇に差しました♪
うーん、もうちょっと欲しいなぁ〜


この後、ビニルハウスの中でランチを食べて、畑のやり残しを片付けて終了
畑お助け隊の皆さんとの共同作業はこれにて終了。
あとは、畑で頑張っている野菜たちを収穫に来るくらいで
まとまった作業はない「農閑期」となります。

静かに北風と寒さに耐えて、甘さと旨みを増やしていく野菜たちに期待するのみ
ガンバレ〜〜

畑お助け隊の皆さん、お疲れ様&ありがとうございました〜
来春からまたお力をお借りしますね〜 よろしくお願いします




全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事