ここから本文です
シェフとマダムの雑記
うたうソムリエ?のマダムが綴るあれやこれ♪

書庫自家畑・自家野菜のこと

記事検索
検索

天気予報がよろしくなく山には行けないけれど、いわきの天気は何とかOK・・・
という休日は、二人で畑に向かいます。モウ、ノウカンキハオワッタカラネ〜
4/17(月)と24(月)もまさにそんな訳で畑へ ア、24ニチハ、フツカヨイニツキ・・・デシタカ



       4月17日(月)
イメージ 1
さてさて、一週前の4/10にみんなで種まき三昧したポットたちです♪
この中に、何の種が蒔かれているかというと。。。。


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14
なかなか面白いネーミングもあるでしょ



イメージ 15
そしてこの日の種まきは、路地に直播(ジカマキ)。
今シェフがまいているのは、ミニ大根、小カブ、ラディッシュの3種。



イメージ 16
お後は二人で人参の種まき。隣の畝に種まきラインを引いて、
この線の溝に、とても小さい人参の種を蒔いていきま〜す


イメージ 17
コレ、これ
あまり大きくしないで丸ごと付け合わせに使いますあ、葉っぱもね


イメージ 18
うーん、こうなっちゃうと、どこに何を蒔いたかわからなくなるワタシ

そして4月24日(月)



イメージ 19
1週間で、しっかり発芽してくれている子もいましたよ〜
サラダカボチャ、つまりコリンキー君(^^♪


イメージ 20
つるなしいんげん君♪


イメージ 21
「さつきみどり」はかつての熟女女優さんじゃなくてきゅうりさん
「ブラックトスカ」は濃い緑色のズッキーニ君
こんなに大きくなっていたのはこれくらいですが
とっっても小さな芽は沢山出ていましたよ〜ハウスの中は暑いからね〜


イメージ 22
この後、新たにネギの種も撒きました



イメージ 23
それから、新しい畑の方に、買ってきた鶏糞をまきます。ケイフンオモカッタ〜
(先週、1/5くらいには牛糞をまいておいたのでした)



イメージ 24
すぐ隣の畑では、畑主さんが枯れた雑草を燃やしていて
そのおじさんとしばらく立ち話♪
なんてことない立ち話の中に、「へぇ〜」「ほぉ〜」がたくさんで面白い♪
話している間にどんどん勝手に燃えて行って、自然と消えました。スゴイ


畑仕事はこれにて終了としましたが、この日はもうひとつやりたいことが
それは、毎年初日の出を眺めに行く、すぐ近くの山・おな石に登る事。
元日の朝ここに行くたび、周りにまだ若い桜の木々を見ては
「桜の節に桜を見に来ようね」と言っていたのになかなか実行できずにいたのです。
「もう桜は終わってるから行かない」と言い張るシェフを脅して・・・いや説得して
行ってきました〜




                <おな石編>
イメージ 25
おな石への登り口に車を停めると、きれいな紫色の花がたくさん♪
調べたけどわからないデス


イメージ 26
少し進むとスミレちゃん♪(詳細な名前はこれまた知らない)


イメージ 27
ロープを握りしめての急登が終わると、山頂が見えてきた〜


イメージ 28
予想通り、桜の花びらが足元に散って新緑になりつつありました。
それでも、先日の強風にも耐えたいくつかの花たちがお出迎え


イメージ 29
桜の木の下にはヤマツツジかな?



イメージ 30
この山の名の由来の、石になったおばあちゃんがたたずむ山頂に。



イメージ 31
いつも初日が登る海が見えました  シェフは・・・山菜探してます



イメージ 32
海にZoom♪


イメージ 33
さらにZoom
右1/4くらいの位置に岩山が見えますが、その向こうが沼の内漁港。
震災前は、シェフが競りに毎朝通っていた漁港です。
早く、以前のように漁と競りが行われるようにならないかなぁ〜。


イメージ 34
来年は、もっと桜花が盛りの頃に来るからね〜



イメージ 35
もいちど海を眺めて下ります。


イメージ 36
登りでは気づかなかった別のスミレが



イメージ 37
ピョーンと伸びて、もう花は終わってしまったらしいショウジョウバカマ。


イメージ 38
シェフが発見 チゴユリ かわいいね〜



10分ほどで登れる山ですが、海からの初日の出は見られるし
山ならではのお花たちにも会えるしの、なかなか楽しいMyスポットです


おわり。


畑仕事は種まき三昧♪


今日は広い範囲でどっぷり雨だったみたいですね。
当地いわき市も、肌寒く暗い雨の一日でした。

でも! ありがたいことに昨日の月曜日は暖かくい〜いお天気
今年初のフルメンバーの畑お助け隊の皆さんの協力の元、
たっぷりの畑仕事ができました〜

この日のメインのお仕事はとにかく種まき。
種を撒かなきゃ、野菜はできないものね〜

Iおじさんは、春の陽気で伸びてきた雑草の刈り払い。
N子さん、R子さん、Nちゃん、私の女子連は種まきのための土づくりとポットづくり。
そしてシェフが種まき〜という、素晴らしい分業体制です


イメージ 1
まずは種を蒔くための土を作ります。
種まき用土というものも売っているのですが、なかなかお高い
なので自前で作ります。
畑の土と、もみ殻燻炭、自家製腐葉土の細かい部分を混ぜ合わせたものです。


イメージ 2
それをみんなで黒いポットに詰め込んで、種蒔きポットの出来上がり〜♪
いったいいくつ作ったんだろ??!
あまりに単純作業にはまりすぎて、刈払いや種まくシェフや
ズラ〜っと並んだ種を蒔いたポットたちを撮るのを忘れました
シェフのメモによると、インゲン、ズッキーニ(緑・黄)、コリンキー、かぼちゃ、
きゅうり、トマト、ミニトマト(赤・黄)、ナス、ピーマン、カラーピーマン、
伏見甘長唐辛子、ボワロー(葱)・・・・・を蒔いたそうです
楽しみですね〜



イメージ 3
あとは、もうすっかり菜の花が咲いてしまった
小松菜と水菜を撤収してほぼ終了

皆さん、お疲れ様でした〜〜 
種たち、みんな元気に芽を出してくれますように


おわり。


寒の戻りはあるものの、春らしい日も多くなってきましたね。
冷え切っていた高久のウチの畑も、色々な花が咲き乱れています ザッソウデスケドネ

予定では3/27(月)店休日にじゃがいもの種芋植え付けをする予定でしたがどっぷり雨
人手も欲しい仕事なので、急きょ30日にやることにしました。
畑お助け隊の青年部(??)、R子さん、Nちゃん、
さらにNちゃんのご主人のAさんの特別参加で晴天の下、取り組みました〜



イメージ 1
畑に着いて迎えてくれるのは上記の通り、雑草の花たちです
オオイヌノフグリに。。。。



イメージ 2
ホトケノザ


イメージ 3
すごくきれいなのですが名前は???



イメージ 4
すっかり菜の花になった小松菜♪



イメージ 5
冬が終わって始動したばかりなので、なんとなく寂しい畑ですが・・・




イメージ 6
只今活躍中の「かき菜」とか。。。



イメージ 7
静か〜に生育中のニンニクや。。。


イメージ 8
同じく静か〜に生育中の玉ねぎなんかがしっかり育っております




イメージ 9
さてさて、私が撮影にフラフラしている間に、シェフは種芋の準備です。
半分に切って、出ている芽は取って。



イメージ 10
草木灰をまぶします(特に切断面に)。病原菌の感染や腐敗を防ぐためだそう。



イメージ 11
Nちゃんと、本日の強力な助っ人・ご主人のAさん。新婚さんだよ〜



イメージ 12
みんなで畝に置いていきます。これは赤い皮のアンデスというじゃがいも。
ウチのアンデス君は、お客様も絶賛のウマ旨イモなんですの〜オホホホ〜



イメージ 13
ここでシェフが土かけの作業をAさんにレクチャー。よろしく〜



イメージ 14
で、次に植える「いわき昔野菜」の「おくいも」の準備。
コチラも先ほどと全く同じことを繰り返します♪



イメージ 15
Aさんは黙々もくもくと土かけ、土かけ。
「あんまり一生懸命やると越し痛めるから休み休みね〜」「大丈夫で〜す
うーん、若いって素晴らしい



イメージ 16
こうして芋植え隊が芋を植え付ける傍ら、
シェフは種を撒いて育てた、スナップエンドウの苗の定植の準備。



イメージ 17
そして定植です♪ Aさんもなんだか畑に馴染んでるなぁ〜


イメージ 18
続きまして女性陣は、隣の畑の方から頂いた玉ねぎを定植します。



イメージ 19
春の畑仕事の風景。なんかほのぼの〜な感じです



イメージ 20
でも、ほのぼのしすぎて、植え付けのラインがこんなに曲がっちゃいました
ハイ、犯人は私です


強力な助っ人のサポートもあって、予定したすべての仕事がとても早くできました。
皆さんに感謝、感謝です
この後は、いつもよりたっぷり時間をかけて畑ランチ♪
とり釜飯にカレーうどん完食。さらにおしゃべりしながらコーヒーでお菓子完食
おかげ様の有意義な一日でした〜♪
畑お助け隊の皆さん、ほんとお疲れ様でした!!
美味しいジャガイモが、たくさんとれるといいね


おわり。









春の畑、始動かな♪


一昨日6日の月曜定休日、今年2度目のみんなで畑仕事
(一回目は2/6、若者?4人で、張り残しのビニルハウスのビニル張りと種まきでした)

まだまだ寒さも残るけど、ずいぶん温かくなってきた畑は花もたくさん


イメージ 1
寒いうちから真っ先に咲きだすオオイヌノフグリちゃん



イメージ 2
コチラも結構早いうちから咲いてくるホトケノザ ピンクイロノウサギミタイ



イメージ 4
食べられる、野菜の花としては水菜の菜の花



イメージ 5
小松菜の菜の花


イメージ 6
赤カブの菜の花



イメージ 3
ビニルハウスの中の、ルッコラの花も咲いてきました
可愛い花だけど、花が咲いて来たらルッコラもそろそろ終わりの合図
アブラムシも付いてくる季節になった証拠です。
なのでこのルッコラたちも、本日撤収です。



この日のお仕事の大半は、女子3人が終わった野菜の撤収、
そしてシェフは女子部が撤収した畑の耕運。
完全に終わったものもあるけれど、白菜は最後の3個、
キャベツは最後の4個を収穫して、そして撤収。

イメージ 7
そうそう、以前のブログで、きれいに中をほじくり食べられた大根の写真を
アップしましたが、白菜も丸々ひとつが食べつくされてました。こんな風に
「これはカラスじゃないかなぁ?」とシェフの推測。




イメージ 8
昨年新たにお借りして、うちの畑になり、大根と丸大根を植えた畑。
どうやらここは大根には向かなかったようで、イマイチ成長が悪くこれにて撤収。
まずは収穫しないとね。



イメージ 9
でもねぇ〜、結構あるよ、コレ
まずは大根のボディーと葉を分離。それから大根と丸大根に種分け。



イメージ 10
こんなことになったのでみんなで分けてお持ち帰り。
食べられるのは量にしたら半分、白い部分だけだけど、
やっぱり最後まで食べてあげたいものね がんばろう〜



イメージ 11
その後は、大根畑の隣の、夏にオクラや枝豆や調理用トマトなんかを作っていた畑に
シェフがモミを撒き撒き


イメージ 12
女子部3人で牛糞を撒き撒き   そしてシェフが耕運機かけかけ
こうして時間をかけて土を作っていくのが大事なのよね〜 ガンバロウ


イメージ 13
そして、畑ランチを挟んで、
ハウスの中、左手の、白い花がたくさん咲いているルッコラを撤収
長い間美味しくいただきましたよ〜 アリガトね〜



ということで、風もほとんどなく、少し汗ばむくらいの天気に助けられて
たくさんお仕事がはかどりました。
R子さん&Nちゃんに感謝デス。 結構疲れたよネ〜 お疲れ様でした
また、よろしくね








やっと落ち葉拾い♪


ずいぶん暖かな冬が続きましたが、
遅れを取り戻そうと言わんばかりに寒い日が続きますね。

さて、ウチの畑の通例では「晩秋の最後の畑のお仕事」である「落ち葉拾い」が
昨年中にできていませんでした。
いつまでも暖かい為に、木々の葉がなかなか落ちていなくて、
例年実施の頃には落ち葉不足だったのです。(ちなみに昨シーズンは12/14でした)

というわけで1/23(月)、畑お助け隊の皆さんとこの寒〜い中、
落ち葉拾い&腐葉土の仕込み実施〜


Jean-François Millet (II) 002.jpg
おっとマチガイ これはミレーさんの「落ち穂」の方でした。。



イメージ 1
ウチの畑から4、5分山に入ったいつもの拾い場。
ルーキーのNちゃんも初拾い(^^♪



イメージ 2
「こうしてね、それで少したまったら押してね・・・」とR子さんがNちゃんに手ほどき♪



イメージ 3
落ち葉がぎっしり詰まった6-7袋を、一度シェフが畑へ運びます。
戻ってきてもう一度車をいっぱいにしたら終了。
みんなで畑に戻り、腐葉土にするための仕込みにかかります。



イメージ 4
腐葉土作りに使うのは、落ち葉、鶏糞、ぬか、そして水。
通常ビニルハウスの中にある、井戸からの水を引くホースを外に引き出し、
水が出て来るのにスタンバイするR子さん
が、ここの所ず〜っと、地下水を吸い上げるエンジンが調子悪くかからない。
結局この日も奮闘むなしくかからず、
バスタブに貯め置きしてある水を使用



イメージ 5
今回は奥の腐葉土置き場で仕込みます♪
車から降ろした落ち葉たちをここで解放しますよ〜



イメージ 6
落ち葉、ぬか、鶏糞・・・・と重ねていきます。 これは鶏糞。



イメージ 7
そして、ぬか♪


イメージ 8
水を撒き&まき〜


イメージ 9
そして踏み踏み〜・・・・を繰り返し。。。。。



イメージ 10
仕込み、終了〜〜 稲わらで覆って、竹を重しにしました



イメージ 11
手前は、前年に仕込んで現在使用中の腐葉土♪



イメージ 12
なかなか良い腐葉土になってくれています♪
この日拾い集めた落ち葉にも、すでに放線菌が結構ついていたので
良い腐葉土になって来ることを期待しましょう


この後、家から途中まで仕込んできたあったか煮込みどんと
なんちゃって松茸ご飯風炊き込みご飯でランチタイム
ビニルハウスの中は、まだ一部ビニルが欠落しているものの、十分暖かでした



イメージ 13
大根と白菜をみんなの手土産に収穫して終わりにしよう〜、と新しい大根畑へ。
粘土質が強くて全く大きく育たないことはわかったのですが
大根を作り始めて初めて見る出来事が起こっていました。



イメージ 14
大根が・・・大根が・・・何モノかにやられてる〜〜〜〜〜


イメージ 15
今までこんなの見た事ないよ〜〜〜〜
そうでなくてもいつもの半分以下の大きさなのに〜



イメージ 16
まるで鳥がここを巣にしようと思って削ったの というくらいお見事
どなたかこれは誰の仕業なのか教えて下され〜〜

それでもみんなで、無傷な大根と、今年はとても立派に育った白菜を抱いて
帰路につきました。

皆さん、寒い中、お疲れ様でした〜








本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事