コルサの「毎日がヒルクライム」

ご訪問、(コメント)いただきありがとうございます。 皆さんのブログを拝見しても、なかなかコメントを残せず、ごめんなさい。

トヨタ博物館、5台の2000GT

トヨタ博物館でバックヤード収蔵車展
「トヨタ2000GT 50周年記念 スポーツカー特集」
が行われているという。(2017年6月25日まで)

そのイベント名が示すように普段展示されていない2000GT、
4台も展示されているというので早速、見に行ってきました。


トヨタ博物館では計5台の2000GTを所蔵しているとのことですが・・・
普段展示されているのは1台のみなので、このチャンスを
逃すわけにはいきません。
それに、収蔵車について、いろいろ確認したいことがあったのです・・・

イメージ 1

右奥が.椒鵐疋ー、左奥が▲肇薀ぅ▲襯ー(レプリカ)・・・

この2台は有名ですが他の2台は?
右手前は8經型そして左手前はち梓型。
左手前の前期型は左ハンドル車ということで実は期待していたことが
あったのですが、やはり探していた車とは違うようです。
(その点については後日)

(更に奥の方にも気になるクルマがありますが今回は触れません)

イメージ 2

2000GT、4台を後方から見たところ。

イメージ 3

イメージ 4

こちらは常設展示の2000GT。前期型(右ハンドル)でした。

整理すると・・・トヨタ博物館が所蔵している2000GTは以下の
5台でした。

ボンドカー
トライアルカー(レプリカ)
後期型、右ハンドル
前期型、左ハンドル(輸出仕様)
前期型、右ハンドル(常設展示車両)

トヨタ2000GTは1967年5月から1969年7月まで製造された
前期型が228台、1969年8月〜1970年10月までに製造された
後期型が109台、前期後期合計337台が製造販売されたと聞いています。

今回、5台の2000GTを見たので・・・

「337台分の5台を確認したんだね」

と思われる方がいるかもしれませんが実はそれは間違いなのです。

そのあたりについてと337台に含まれないのに2000GTと呼ばれる
数台の車について、今後、考えてみたいと思います。

P.S.
実は私がもう一度、見てみたいと思っていた2000GTは、この5台の
中にはありませんでした。
そこで、トヨタ博物館のコンパニオン?さん
(トヨタ博物館での正式な呼び方は不明)
に訪ねてみると・・・

すぐに、いろいろ調べてくださって、その車そのものが普段は東京にあること
そして5月28日のトヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルに、
たまたま出展される、ことを教えてくださいました。
そちらの模様も、いずれ。

その他の最新記事

すべて表示

主力、練習用タイヤをグラベルキングから グランボア コルデマドレーヌ700−23Cに変更しました。 (グラベルキングはサイクリング車に戻しました) 余談ながらグランボアのタイヤはどれも、お洒落な名前がついていて 自分には、なかなか覚 ...すべて表示すべて表示

朝バンク、骨折後初の50キロ超

2017/5/21(日) 午後 3:42

今日も朝バンク練習に行ってきました。 画像は周回練習の後、団体追い抜き競争の練習をする若い衆たち。 一人がバンクの高いところを走っているのは先頭交代の為。 団抜きでは先頭の選手がコーナーの入り口でそのまま前進するような ...すべて表示すべて表示

グラベルキング 1000キロ超

2017/5/16(火) 午後 5:01

練習用タイヤを変更。 4月20日の記事で練習タイヤをサイクリング用に買ったパナレーサーの グラベルキングに変えたと書きました。 その時、「とりあえず1,000キロほど使う」と書いたのですが、先日、 通算1,000キロ(通算1, ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事