コルサの「毎日がヒルクライム」

ご訪問、(コメント)いただきありがとうございます。 皆さんのブログを拝見しても、なかなかコメントを残せず、ごめんなさい。

イノシシとも出会った高倉峠

イメージ 1

朝一で冠山峠(1060m)を登り林道を戻って分岐から
高倉峠(こうくら とうげ)へ向かいます。
冠山峠に比べ高倉峠はわずかに標高は低くアプローチの距離は倍近く。
傾斜は緩やかに登っていくようです。

イメージ 2

ここもガードレールはありませんが、今までの峠に比べ谷は
それほど深くないので緊張感はやや薄れました。

イメージ 3

あれ、思ったよりずいぶん早く峠が見えてきました・・・
実は前方のいかにも峠らしい部分は「だまし峠」でした。

イメージ 4

実際の峠はまだまだ先で先ほどのだまし峠部分の右手、ずっと
高い所を峠に続く道が登っていたのでした。

イメージ 5

そして峠へ・・・
と思ったのですが地形的に一番高いと思われるところには何もなく
福井県側にわずかに下ったところに
高倉峠(974m)石碑がありました。
この石碑には福井県知事の名が。
石碑の場所は福井県側なのでしょう。

イメージ 6

石碑の部分から見た福井県側の様子。

イメージ 7

石碑の前は、やたらに?広くなっており峠周辺は熊笹に
覆われていました。
さきほどのクマとの遭遇を思い出して少しビビりながら自分以外
誰もいない、あたりを見回す(笑)

イメージ 8

強風が吹いている峠は寒く、写真を撮ったら早々に引き上げることに。
途中、下り方面を見たところ。
奥にずっとこれから下る山道が見えています。
最後なので更に気を引き締めて下ることにしましょう。


途中、長い下りの先に黒い物体が・・・
「落石か?」
と思ったらイノシシの群れが道路に出ていました。
このイノシシたちも残念ながら写真を撮り損ねてしまいました(笑)
ちなみにサイクリング中にイノシシにあったのは初めてです。
クマには3回あっていますからクマよりレアだという
ことになります?(笑)
イノシシは夜行性で数は多いもののなかなか日中、見かける
可能性は少ないようです。
ちなみにカーサイクリングで滋賀県山中の村で車中泊していたこと
があるのですが夜、車外に出たところ数匹のイノシシが車の
そばにいたことがありました。
こちらも驚きましたがイノシシも驚いて逃げていきました。
(夜中でしたが路肩に街灯がともっており、猪がはっきり見えました)

更に余談ですが初日の温見峠、猫峠では・・・
猫は見かけませんでしたがサルの群れには3回出会いました。
最後にあった群れは道路横断中で自転車が静かに近づいてくるのに
直前まで気が付かなかったようですり抜ける時、ボス猿なのでしょう、
もの凄い勢いで威嚇されました。

イメージ 9

この辺りが高倉峠への道で一番荒れているところでしょうか?
他にも常時、水が流れていると思われるところ、砂利などが流出している
ところなどありましたが気を付ければロードでもクリアできると思われます。

イメージ 10

国道470号線まで下れば、今回のカーサイクリングも終わり。
最後に徳山ダムに立ち寄りました。

イメージ 11

徳山ダムは岩を積み上げて作られたロックフィルダム。
堤の高さは400m以上あるのだそうだ。

イメージ 12

まるで砦のような・・・

イメージ 13

小雨に煙る?徳山湖。
細長く、かつての支流に枝分かれが多数あるのでダムからは
全貌は想像出来ない?

さて、後は車で愛知県を目指すのみ。

その他の最新記事

すべて表示

温見峠から猫峠(猫峠林道)へ

2017/9/15(金) 午前 6:06

温見峠から「落ちたら死ぬ!」の看板で有名な酷道(国道)157号線を 下る途中、「猫峠林道」の入口を「見つけて」?しまいました(笑) この林道はプランニングの際、地形図で気が付いていたのですが・・・ 見つけ損なえば仕方なかったので ...すべて表示すべて表示

中部地方の酷道(国道)マニア、峠ファンで知らぬものはない? 国道157号線、温見峠に行ってきました。 (知らぬものはないと言いながら自分は、どちらかというと信州の峠を  メインに活動して きたので、ここは今回が初めてなのです) ...すべて表示すべて表示

7月3日から走行を始めたクレメン ストラーダLGG(700×25C) タイヤが約2か月で通算走行距離1,500キロを超えました。 当初の予定では1,500キロを超えたところで本来使う予定だった スポルティフに組み替える予定でした ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事