過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

「化物語」の直江津高校女子制服が、復活いたしました。

これは、何年か前に"オトナの事情"により自主的に廃止した衣装です。
取り下げる前、製作した10着のうち8着までが出したと同時に瞬殺で売れた衣装でもあります。

その後も、「化物語の制服は再販しないのですか?」というお問い合わせを何件かいただいていたものです。
「化物語」も、「終物語」でそろそろ原作もアニメも完結するっぽいですから、コスプレ衣装を製作するのならここが最後となるのでしょう。

前回の直江津高校制服は、原作イラストのカラーに準拠したことからスカートとネクタイがグレーでした。
他のコスプレ衣装ショップは、ほとんどがアニメカラーで出してきていたことから、その意味もあって珍しかったようで原作カラーのグレーのスカートが瞬殺で売れた、とも考えられます。

しかしながら、この原作カラーにした最大の理由は、スカートの紫色で納得できる既存カラーが無かったから、というのが本音でもあったのです。
ある意味、妥協でもあったのでした。

イメージ 2

今回も苦労したのは、カラーの部分です。
パターンは前回製作したものをトレースすれば、シルエットは綺麗に仕上がります。

「化物語」って、いろんな部分で規格外のところがあります。
衣装の構造、カラーもその一つです。

いくつかの既存生地で試作を試みましたが、どれもイメージとはしっくり来ません。
微妙に「何か違う」感が出まくっているのです。
初回に製作した衣装の方がまだ、アニメイメージに近いものがあります。

この色の問題を解消すべく、決断しました。
今回のこの直江津高校の制服は、コスプレ衣装ショップの開設以来で初経験でもある生地を専用に染め上げるところからやっています。

カラーチャートから、カラーの配合を細かくパーセンテージで指定、一番アニメイメージに近いカラーを選んでみました。
アノ会社と同じことをやっているわけです。

コストは上がりますが、既存生地でイメージからはズレる中間色でカラーを妥協しながら作るよりは、満足の出来る色で作った方が自分でも納得が出来ます。
その効果は絶大で、検索で出てくる直江津高校女子制服の色って、みんなオカシイでしょう。

イメージ 3

当然ながら、スカートにもきちんと裏地を付けてあります。
ジャケットの裏地もさすが日本製で、前の中国製と比べますとシワも無く綺麗に付いています。
見えない部分、普段は写真には写らない部分ではありますが、それでも制服としての重厚感や美しいシルエットを出すためには全く関係無くはないので、妥協せずにこだわる部分です。

胸ポケットも飾りでは無く、ちゃんとペンを入れられるようになっています。(コストは上がる)
ガハラさんのコスプレをする際には、必須項目でしょう。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事