コスプレ衣装 -ここぷれこみゅ-

コスプレ衣装の製作裏話など、公開…

製作・入荷情報

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

『GUILTY GEAR』の「ディズィー」の衣装、こちらは旧タナトス製です。

すでに旧タナトスから引き継いだ在庫は完売しているのですが、コスプレとしても人気が高く多数のお問い合わせをいただいております。
旧タナトス製のコスプレ衣装は、シルエットが綺麗な物が多いです。

この「ディズィー」もそのうちの一つで、このまま廃止するのは惜しい衣装でもあります。
先日もこちらのBlogへ再販希望のコメントをいただいたばかり。
個別にいただいたMailにはご返答をしているのですが、ここで改めて告知しておきます。

「ディズィー」の衣装は、旧タナトス製をベースに大幅にリニューアルをして再販の予定です。

イメージ 2

・生地が薄く耐久性に欠ける
・ボリューム感に乏しい
・色移りする

といったようなこれまでの欠点を改修し、パワーアップをして再生産を予定しています。
その他、オトナの都合も解消できれば…と。

現在のところは、改修箇所を生産現場と打ち合わせ中です。
公開できる段階になりましたら、改めてこちらでお知らせをいたします。

開く コメント(2)

エア友達

イメージ 1

昨日、新型 MacBook Proの15.4インチRetinaディスプレイってどんなもんかなと、ちょっと量販店のデモを見に行った時のこと…

15.4インチのMacBook Proを操作しながらブツブツと言っている奇怪な人がいます。
こ、これは!

「噂の"僕は友達が少ない"、エアー友達"トモちゃん"か?」

誰かと大きな声で会話してるんだよね。
でも、周囲には誰もいなくて、一人でMacをいじっています。
端から見ると絶対に"危ない人"、"痛い人"にも見える。

理由は、iPhoneを取り出したのでスグに判った。
ハンズフリーで電話をしていたのでした。

Macをいじるか、電話をするかのどっちかにしないと、周囲からは絶対にブツブツ言う"危ない人"。
それも、新型が発表されたMacのコーナーには人だかりが出来ているのに、かなりの長時間をいじっています。
みんな同じように思っているのか、少し距離を取って遠くから眺めています。(笑)

Macコーナーを立ち去ったその後も、店内をウロウロしながらブツブツと会話している姿を目撃しましたので、まだ電話してるよ…って。

ケータイで電話する際には、どこかに立ち止まってソレに集中した方がいいですね。
特にハンズフリーで会話する際には、"危ない人"に見られないように注意を払う必要がありそうです。

『はがない』の聖クロニカ学園制服(アニメVer)、「三日月夜空」「柏崎星奈」「志熊理科」のいずれかで、コスプレモデルを募集中!

開く コメント(0)

ニャル子

イメージ 1

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

「いつもニコニコ、あなたの隣に這いよる混沌、ニャルラトホテプです。」

ニャル子とお呼びください♪


ニャル子のコスプレ、する人いませんか?
募集ちぅ!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

緋弾のアリア

イメージ 1

そろそろ、窓際展示の衣装をクリスマス向けに"赤"へと交換です。
ソレっぽくなるかなぁ…と。

『緋弾のアリア』の「東京武偵高校」女子制服と、『涼宮ハルヒの憂鬱』のサンタハルヒ。
ちょっと、赤い色はモニターによって随分と発色が違います。
現物のカラーは、結構イケてるとは思いますが。

過去に衣装の返品は3例しか無いのですが、そのうちの一つがガンダムSEEDの赤服です。
これも赤のカラーのイメージが違ったということで返品。
このあたりはモニターによるところが大きいため、赤い服を買う際には通販は要注意かと、、、

あと、カメラのCCDにも影響されます。
これもスマホのカメラで撮影した物ですが、PC上で見ますとちょっと実物よりもオレンジがかって見えます。

未だに、「アリア」と「シャナ」と「ルイズ」と「アスタロッテ」と「大河」の区別がつきません。(笑)
ついでに「三千院ナギ」も。
ってゆうか、全部一緒に聞こえるのですが。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

迷い猫、やってきた

イメージ 1

『迷い猫』がやってきました。

『迷い猫オーバーラン!』の「 私立梅ノ森学園の女子制服」、芹沢文乃のヘアリボン付きです。
数が少ないので…

さすがに日本製は原価コストは高いですけれども、取り扱いがすごく楽です。
しっかりと仕上げられているため、細かいところのチェックなどに気を遣わずに済みます。
中国製はノーチェックで出したらエライことになる、そんな怖いことはできません。(汗)

数が売れれば、日本製でも大量生産をすれば価格は落とせるのですけどもね。
そうすれば、中国製の上級レベルの衣装と価格を張り合うことができます。
手の込んだ中国製のドレスと、シンプルな日本製の制服とで、価格が逆転することもあり得ます。

手の込んだ造り込みを行っていきますと、最近は中国製でもかなりコストは上がってきます。
輸入のための関税と運賃、その後の手間を考えたら、、、

どうなんでしょうね。

たぶん近い将来、数年で中国製の価格優位は無くなります。
超円高で輸入品は価格が落ちなければならないのに、すでに微妙に価格が上がっているような気もしますけど。
中国との取引では、直接為替を交換できないためドルを介します。
ですからドル安は販売価格にも大きく影響するはずなのです。

コスプレ衣装の場合でも将来、中国製品の価格が上がった時に日本国内での生産拠点も持っていないと、生産で対応ができなくなるところも出てくるのではないでしょうか。
ユニクロなどは、すでに生産拠点を移す対応をしていますし。

中国人って、儲からないとなった場合には撤収も早いですから。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事