ここから本文です
VXQの無線活動
JA1VXQのブログです。QRPにて移動運用しています!

書庫全体表示

記事検索
検索

全137ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

勉強再開


毎日暑いので、あまりはかどりませんが、また最初から勉強中です。

たまたま良さそうなサイトをみつけまして、そこにあるTutorialをいくつか実行。
なにかと確認しやすいかなと、LCD付きのボードをメインにして試しています。

初歩の"LEDチカ"から始めて、
とりあえずLCDに表示できるのを確認。
イメージ 1

LCD画面に表示されているサイト。急にアクセスができなくなってしまい、ちょっと困ってますが、そのうち元に戻るんじゃないかなと・・・。

相変わらず道は遠そうなんですけど、これからまた少しずつ進めていきます。
bin,

この記事に

開くトラックバック(0)


久々に、メモリーキーヤーの記事です。

メモリーキーヤーIIのケース入れ画像をご紹介いただきましたので、
ここに掲載させていただきました。

ケース材質がABS樹脂で加工しやすそうですし、価格も手ごろです。
寸法上はピッタリサイズですので、コネクタ部分がうまく収まるかどうか、当局も購入して試してみようと思います。
bin,

この記事に

開くトラックバック(0)

遊んでます(その4)


前回の、実行するとエラーがでるBASICプログラム。
原因がわかりました。

困ったときは原点に戻りましょう、ということで、
プログラムが掲載されているサイトへ。

ドイツ語ではチンプンカンプンなので、英文に翻訳。

ちゃんと読むと、最初の数行に書いてありました。

・ソースリストが提供されているのはBASICのLightバーション。
これは、全部の命令に対応していない。
・HEXファイルで供給されているFull Set のほうなら、OK.

これ、実は最初に読んだときにわかっていたんですけど、マニュアルを読んだりしているうちに、すっかり忘れてしまっていたような・・・?

ということで、Light バージョンに代えてFull SetをCPUボードに書き込み。

動作しました。
イメージ 1

もうひとつ、これも。
イメージ 2


これで、一応OKとなったのですが、
問題はソースリストが無いこと。
つまり、キーボートの変更ができないので、QWERTZ配列のまま。

定義部分なので、変えようと思えばできそうですが、
そこまですることもないかな、ということで、
QWERTYとQWERTZ配列の対応表を用意して使用することになりそうです。

以上、いろいろ楽しめたBASICについては完了として、
ほかのプログラムも試してみることにします。
bin,

この記事に

開くトラックバック(0)

QSLカード到着


各局のブログで拝見してますが、こちらにも昨日JARLから届きました。
ホントに今回は早かったですね。

届いたカードの厚みは18mm。100枚くらいありそう。
前々回のようにゼロ枚では寂しいので、今年は少し移動運用をしています。

このところ、さぼって出かけてませんので、次回はまた少なくなってしまいそうです。
頑張らなくては・・・!
bin

この記事に

開くトラックバック(0)

遊んでます(その3)


前回からの続きです。

ドイツ語のマニュアル(PDF)についてはGoogle翻訳ですんなりと解決。英文にしました。

マニュアルを見ながら、
SDカードのコネクタを取り付け。
カードは古い8MBのものを使用。
イメージ 1


デフォルトはflashメモリー。
マニュアルに従い、device 2と入力すると、
SD-CARDに切り替わりました。
イメージ 2

あらかじめ、SDカードにサンプルプログラムをいれておいたので、
dirで、ズラッとでてきました。
イメージ 3


この後、loadとsaveコマンドではまってしまい、前に進めず。
basicの初歩を勉強することに・・・。

−・・・−

勉強の甲斐あって?、
やっとプログラムをloadできました。
イメージ 4

これは実行できたのですが、


こちらはエラーがでてしまいます。
イメージ 5

さて、どうしましょう・・・?

長くなってしまうので続きは次回へ・・・。
bin,

この記事に

開くトラックバック(0)

全137ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事