ここから本文です
VXQの無線活動
JA1VXQのブログです。QRPにて移動運用しています!

書庫全体表示

記事検索
検索

全145ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

入間基地航空祭


2018/11/03

ブルーインパルスを見に、近くのビル屋上まで行ってきました。

前日の予行を自宅ベランダから見て、近くを飛ぶのを撮影するチャンスは2回だけ。

1回目はフレームに全く入らず撮影失敗。
2回目がこれ。
イメージ 1

イメージ 2

ほぼ真上を通過したのですが、近すぎてうまく撮れませんでした。
でも、音の迫力と周囲のどよめきなど、十分に楽しめました。
bin,

この記事に

開くトラックバック(0)

紅葉見物


2018/10/31
月末なのに暇だったので紅葉を見に行ってきました。

途中、数年前にローカル各局と移動運用したときに泊まったホテルの脇を通って到着。

あいにくの曇り空でしたが、頂上は見えるのでロープウエイで上がってみました。


このあたりが一番きれい。
イメージ 1

山頂はすでに落葉した後。やっぱり寒い!
イメージ 2


時々晴れ間があると、斜面の紅葉に陽が当たり、明るくきれいな景色でした。


下りのロープウエイでは、雪混じりの雨。
イメージ 3

イメージ 4

その後、みなかみ町で少しCQをだしてみたのですが、残念ながら空振り。早々にあきらめて帰路につきました。

−・・・−

下界は一日晴れだったようで、風が強かったですね。
家の近くの圏央道走行中に頭上を通過していくジェット機が・・・。
7機編隊のブルーインパルスでした。
bin,

この記事に

開くトラックバック(0)

PK13-20

2018/10/29
毎年この時期恒例の近場めぐり。いつも通り上空で飛行機が旋回したりしていました。11月3日が近いですからね。

途中でついでにプチ運用でもしようかと事前に下調べ。過去には湯けむりアワード対象地を選んでいたのですが、今回は公園アワードにすることに。
まずはPK130の航空公園でと思ったのですが、ちょっとやめておいたほうがいいかなという雰囲気で、少し離れたこちらにしました。

所沢カルチャーパーク(PK20)
イメージ 1

イメージ 2

周りは静かな環境で、のんびりと運用できそう。ところがワッチを始めてみると近くに電気設備でもあるようなノイズ。駐車場内を少し移動してみようかと思ったのですが、木陰で涼しい場所を選んでいたので、そのまま運用開始。

7MHz,CW,5W,2.3m長ホイップ。
CQ開始早々、2局からお呼びいただきまして幸先良さそう。ところがそれからは芳しくなく、5分後くらいにまた2局。その後はまったく呼ばれずでノイズも相変わらず。そろそろやめようかと思ったときに、突然ノイズが消滅。シーンとしたバンド内でかすかに他局の交信が聞こえます。
気をとりなおしてCQ続行となりましたが、結局そのまま空振りで終了。
まあ、4局交信できたので、足跡残しはOK。
QSO各局、ありがとうございました。

−・・・−

その後は近場巡りを続行し、次の飯能市に立ち寄り。こちらはいつも運用している市ですので、そのまま帰宅となりました。
JA1VXQ,bin

この記事に

開くトラックバック(0)


昨日、JARLからQSLカードが届きました。今回は31枚。前回来なかったので少しづつ頑張って運用しています。

今日は、出かけたついでにまたプチ運用。
2018/10/23
青梅市(JCC1006)。
いつもの場所ですが、3年ぶりです。
イメージ 1

7メガをワッチするも何も聞こえず。
CQ開始して数分後に呼んでもらえましたが、その後は全くダメ。しばらくすると同じ周波数でかすかにCQらしきものが聞こえ始めたので、少し下に移動。
ここでもやっぱり呼ばれず、数百Hz離れたところでまた別の電波が聞こえてきたので、あきらめて終了としました。
5Wにホイップアンテナは、さすがに厳しかったのかもです。
まあ、1局できましたので良かったということで、QRP同士の交信ありがとうございました。

アンテナ撤収後、曇り空からポツリポツリと雨。濡れなくてよかった。
JA1VXQ,bin

この記事に

開くトラックバック(0)

AF PSN(その2)[変更あり]


昨日から拝見している、こちらのTj LabサイトにてFBな教材を提供していただいてますので、忘れないうちに続きを試してみました。

SSB用のフィルタ特性は、以下の通り。
イメージ 1

右側の帯域特性くらいしか、見方が良くわかりませんが・・・。


これを実際に測定してみますと、300Hz〜3,000HzのB.P.Fということで、
イメージ 2

縦軸を広げてみると、
イメージ 4

90°シフトした出力は、
イメージ 3

きれいな特性です。リップルなどによる0°/90°でのレベル差が少ないと思われますので、SSBの逆サイドの減衰が充分とれそうな感じです。
後で試してみましょう。

−・・・−

ここで、当局のメインであるCWでの活用ということで、
フィルタの帯域を狭くして、350Hz〜750Hz(400Hz幅)の帯域としてみました。
イメージ 5

イメージ 6


ついでに、450Hz〜750Hz(300Hz幅)も、
イメージ 7

イメージ 8

素晴らしい特性なんじゃないでしょうか。
自分的には帯域外の信号が少し漏れて聞こえたほうが安心感があるんですけどね!

さて、この辺でそろそろ仕事モードに移行します。
bin,

追記:18/10/12
実測データのグラフで横軸が対数目盛で見にくかったので、リニアスケールで測定し直したものに差し替え。
CW用フィルタの修正と追加。
また、0°/90°出力の比較のため、両方の実測データを掲載しました。

この記事に

開くトラックバック(0)

全145ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事