世の中色々あるもんだ

yahooニュースから適当に記事を拾ってみます

Google 順位に応答速度を加味

 米Googleは4月9日(現地時間)、同社が取り組むWeb高速化の一環として、検索結果の表示順位を決定するアルゴリズムにサイトの応答速度を取り入れると発表した。

 Googleの検索アルゴリズムは、検索語との関連性や被リンク数など、さまざまな要素に基づいてランキングを決定している。Googleはサイトの応答速度がユーザーにとって非常に重要と考えることから、この要素をアルゴリズムに加味することにしたという。同社は多くのソースを利用して、サイトの相対的な応答速度を判断する。サイト速度は、現時点では英語版のGoogle.comでの英語での検索結果にのみ反映され、その反映度は1%以下としている。

 Googleは、サイトの高速化はユーザー体験の向上だけでなく、サイトの運営コストの削減にもつながると主張する。同社はWeb運営者に対し、「Site Performance」や「Page Speed」ほか、幾つかのサイト性能向上支援ツールを紹介し、サイト高速化に努めるよう促している。


ブログに多いですが、サイドバーにブログパーツや広告をズラッと並べていて、表示速度が異常に遅いのがあります。
サイドバーだけでは飽き足らず、テンプレートのHTMLにも広告をドッサリ埋め込んでいたりする。
ブログパーツによってはなかなか読み込みが出来ずフリーズ状態になってしまいます。
ブラウザの操作もきかなくなり、結局強制終了させるという経験も少なくありません。
ああいうのはほとんどスパムだと言って良いと思います。
検索エンジンはスパムサイトを上位表示させてはいけません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事