天日楯

不思議な人物、天日楯(天日矛)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全607ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 ホムンクルス問題というのがありました。私達の脳の中にはホムンクルスすなわち小人が住んでいるそうです。この問題があるそうなのです。面白いですね。この小人って霊人体かもしれませんね。




 ホムンクルス(小人)がなぜ必要なのか。それは、シャンペングラスの像が脳のスクリーンに表示されると考えるからである。ではそのように考えることは誤りなのか。網膜には、左右逆転倒立像が映っているが、この情報(網膜の視細胞の刺激)が電気信号となって脳の視覚野に伝達される。だとすると小人は網膜の像をみていない。では視覚野にスクリーンがあり、そこに映し出される像をみているのか。…眼が見ているのではなく、脳が見ている。でも視覚野には信号が走り回っているだけではないのか。「見る」とはどういうことなのか。誰がシャンペングラスを見ているのか。何がなんだか分からない。





 やっぱりこの問題いまだ解かれてないみたいです。霊人体と思うのですが。私の閃きはこれしかないかなと思います。もっと良い閃きがあるのであれば良いです。

 きっと私の脳の中に小さい小人が居て、それが霊的五感で感じているものかもしれませんね。映像を見ているのも、五感で感じているのも、この小人が見たり、決定したり、感じたりしているようです。

 この小人の正体は!

 私の脳の中に入っているのは実は私の霊人体でした? このような記事になってくると誰もついてこれないでしょうね。誰も考えたりしないので、ピンと来ないかも知れません。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 人間にどうして思考があるのか? 生活の中で色々と私達は考えていますが、この私達の考え、思い、思考など、色々な思いがありますが、これらがどうして存在するのかと言うことに関して考えていました。
 
 人間の脳は神経細胞の神経網からできています。私達が生まれてから色々な家庭環境、色々な生活環境、色々な体験、経験をして、色々学びます。色々と記憶もしますね。
 
 そして様々な環境の中で私達の脳は形成されていきます。それはDNAが関係していて、初めは神が全て与えられた設計図がすでにDNAに記録されていて、全てがDNAの中に与えられているということなのです。
 
 これを私達は神の責任分担95パーセントと認識しています。私達と言うのは私とお話した方を含めて言う言葉です。同じ意見で一致しています。
 
 人間の5パーセントと言うのは私の責任で形成して行くものであり、DNAに記録されていきます。人間の思考とDNAのスイッチの関係は深い関係があります。DNAベースにして私の責任で自己創造していきます。それがDNAに記録されていきます。そしてDNAですからそれが子孫に遺伝されるのは当然です。親に子供は似るというのはDNAから考えれば当然ですね。これが人間の5パーセントと言う意見で一致しています。
 
 
 
 さてここからは私の仮説になります。思考について考えました。霊人体と関連しています。私達がコンピューターを開発して来ました。そして人工知能を作っています。さらには光子コンピューターとか量子コンピューターを開発していますが、このような概念が一体何処から来たのでしょうね。
 
 ないところから現れません。すでにあるから私達人間はこのように考えることができるのです。神にその様な世界があるので私達は開発できます。全ては神にあり、存在しているので可能なのですね。
 
 このようにして考えると、コンピューターの仕組み、理論はすでにあったわけです。それが展開されているわけです。
 
 このことを発展させて、霊人体の記録と言うことを考えたのです。どのようにして記録されているのか考えたのです。
 
 これがエネルギーによる演算回路です。人間界ではコンピューターは0と1の二進法によって処理されます。量子コンピューターはさらに、複雑化しています。そしてさらに機能は増大しています。それを、時空を超越した世界でなされているものと考えるのです。
 
 時空を超越した世界では大きさも、限界もありません。だらか、私達が地上で見てきた、体験した来た、見てきた映像も全て記録することは不可能ではないのです。十分に可能だという判断がつきます。
 
 これが私が今考えているエネルギーと言いますか、量子のような存在、不確定な存在、素粒子と言う粒子ではなく、エネルギーの集合体です。それによって作られた、肉身の脳を基にして造られた演算回路が存在しているという仮説なのです。こんな仮説誰もしていないですね。またお目にかかったことがありません。
 
 これが私達の言う霊人体だと思われます。エネルギー演算回路の集合体が一人一人の霊人体であるという仮説なのです。
 
 皆さんどう思いますか?ちょっとこんなこと考えるのは的外れですかね。
 
 例えば電子が人間の観測とい行為で姿を変える性質があります。不思議な性質ですが、この観測と言う思いはある面存在しているといえます。エネルギーと考えられます。
 
 量子のゆらぎの状態から量子のもつれ状態になりますと、一つが分かれば、対になっているもう一つの状態がどんなに遠くにあろうと、確認できるということなのです。この知る、確認する、観測するというのはただの言葉ですが、存在していて、変化をもたらし、エネルギーなのか知りませんが、ミクロの世界では何かが関係していると考えられるのです。
 
 初めは量子のゆらぎの状態から量子のもつれの話を読んだときには「当たり前だろう、考えなくても一つが分かればもう一つが分かるのは当たり前だろう、考えなくても良いではないか。」と思ったのですが、でも、存在、変化を考えたら、何かがないとありえないかなと思ったのです。
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 人間を構造を考えるときに私はこの様な仮説を立てました。
 
 人間の肉身があるでしょう。これは動物の延長と考えるのです。
 
 動物にも動物心があると原理では教えられました。これをどのようにして考えるかの問題もあります。動物も人間と同じように思いを持っているのか、持っていないのかによっても考え方が変わってしまいます。持っているとすると私の仮説はもう一度ゼロからスタートになります。それは十分に承知の上で考えています。
 
 「動物には思いがない。動物の機能は全て神経細胞による神経回路によって制御されている。すでにそのプログラムは神から与えられている。それをDNAという。DNAという設計図によってその個体が形成されていく。動物の脳には環境に応じて学習機能を持っていて、様々な環境でも動物の生存と繁殖の目的を持って、原理にしたがって自動的に成長して行くようになっている。」
 
 この様な考えをもとにして人間の肉身に対しての仮説を立てています。
 
 動物のこれらの機能の次元を更にアップして造られたのが人間の肉身と考えます。人間の能力は動物とかなり違いますね。
 
 人間の持っている肉身の能力を動物と同じと考えるんです。この場合に人間の意識とか、思いとかは考えないで起きます。
 
 すべては電気的信号で制御されている肉身だと考えるのです。肉体の生命と繁殖を人間も持っていると考えるわけです。いわゆる動物の延長として考えます。
 
 お腹が空いたら何か食べるように脳が指示します。眠たくなったら脳が支持します。危険が来たら逃げるように指示します。肉身の生命を維持するように人間の脳が指示します。
 
 脳内物質はいろいろな信号を受けて造られていきます。
 
 人間の学習機能は動物とかなり違っています。桁違いであり、次元が違う肉身を持っていると考えるのです。
 
 時が来れば人間も交尾します。交尾という表現をしましたが、思春期を迎えると男性と女性はだんだんと近づいて、そして最終的に愛の行為をするという話です。これはすでに、肉身に備えられており神があらかじめ与えたものであると考えるわけです。
 
 今までの話は思いの世界とか人間が日常で感じている感覚からくる思いとかはすべて抜きで考えていますのでご了承ください。
 
 人間の肉身も神のロゴス内で動物を同じように自動的にロゴスに従って成長して行くのだと考えます。すべて電気的信号で制御されている人間と考えます。
 
 育った生活環境の中で人間の脳にはその記録、すなわち神経細胞で作られた神経回路網によって記録されて、そして制御のためのデーターベースに記録されていく添いう考えです。それは思いの世界ではありません。きわめて機械的なものです。
 
 わかりやすく言いますと、コンピューターのAI(人工知能)の学習能力というのも結局は0と1の振動で制御されているのです。それを同じと考えるのです。機械的制御と考えるのです。
 
 次の記事では人間の思い、精神、そしてそれが霊人体であり霊界になるといことを記事で書いてみたいと思います。今日はここまでにします。
 
 人間の創造がどうしてこのような創造の過程になったかを私は考えてしまいます。愛を動機として創造が始まったと教わりました。それは正しいとして理論を展開しているわけですが、人間をどうしてそのように造られたのかというのが非常に気になるわけです。
 
 肉身を土台にして霊人体が造られるというのが神の事情だと思うのですね。人間の肉身を作らないと霊人体を創ることができないというという神の事情がそこにあるのではないかと思ってしまうのです。
 
 それを前提にしながら次回は霊人体について記事を書いてみたいと思います。
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 長い間お休みしていました。お休みと言いますかもう一つのブログを書いていましたので、そのままになっておりました。新しく書いてみたい内容があります。それを特徴として記事を書いてみたいですね。

 それは何か?

 真理追究についてです。この現実を見て、この現実の中に隠されている部分の真理を発見してみたいものです。もう一つのブログと内容が重なる場合がありますが、ご了承ください。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 家庭連合のブログ村に別のアメブロで村人になりました。

 こちらです。

アメブロ名 costaのブログ

家庭連合のブログ村
https://philosophy.blogmura.com/uc/ranking.html?p_cid=01039110

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全607ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事