コスタリカ共和村 ◆テラスマイル・サナトリウム◆

平和の風。転載自由、情報拡散、歓迎 http://twilog.org/costarica0012

全体表示

[ リスト ]

new
速報、拡散!
「安倍軍事政権を信じるな!自分を信じて、現代進行形の歴史と向き合って下さい。この手紙を、あなたの隣人にも、伝えて下さい。 日本人と美しい故郷、日本を愛する、山下安音より」

速報、超大拡散願い! 平和の勢力の皆様へ ビックニュース
「板東俘虜収容所関係資料」ユネスコ記憶遺産プロジェクト この史実を知ってください。

ユネスコ世界記憶遺産を実現しよう! 
#板東の奇跡 #慈愛 #友愛 #博愛 #憲法9条 #第九
連載「第九永遠なり〜鳴門初演100年」 
第2章 捕虜たちの祖国<12>
奇跡の史実語り継ぐ

曽祖父は第1次大戦中、鳴門市の板東俘虜(ふりょ)収容所にいたドイツ兵捕虜、フランツさん(1892〜1955年)。当時、富田製薬の畜産部として収容所近くに建てられたドイツ牧舎(現在は船本家牧舎)の運営に参画し、酪農を指導するなど、約千人いた捕虜の中でも特筆すべき足跡を残した。
「曽祖父が日本で捕虜だったことは家族から聞いていたが、詳細については知らなかった。自分のルーツを探そうと見つけたサイトの内容に本当に驚いた」

曽祖父が働いていたドイツ牧舎では、酪農や牧畜、食肉加工の技術指導を通して、ドイツ兵と地域住民との温かな交流があった。さらに、彼が収容所に本格的な健康保険組合の導入をもたらした1人だったことも知った。


連載「第九永遠なり 鳴門初演100年」
聖地に集う<1>板東の奇跡に感銘

「戦争の理不尽さを嫌と言うほど味わった一人として、板東の史実は奇跡。70年前、私たちが過ごした収容所には音楽も自由もなかった」


速報、拡散!
慈愛 友愛 博愛 憲法9条 第九
9条を抱きしめて〜元米海兵隊員が語る戦争と平和〜
今度は、皆さんが第9条を守るために立ち上がらなければなりません。世界平和は、今、ここ、私たち一人一人から始まるのです。



「第九」初演の地・徳島に響く歓喜の歌(4K)

坂東の奇跡 ユネスコ世界記憶遺産登録、来年3月を必ず、成功させたい。 そして、憲法9条と第九の慈愛、博愛、友愛の精神が勝利しますように、日本人と日本国のために祈っています。
https://blogs.yahoo.co.jp/costarica0012
御神の愛をば(新聖歌22)この賛美歌を歌っていると、神様が、北朝鮮、韓国、日本に戦争を引き寄せることを許さないとの確信を抱きます。
https://www.youtube.com/watch?v=24SlJF5to_w

鳴門市ドイツ館
http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20100108/1262907054
「第九」初演の地・徳島に響く歓喜の歌(4K)

 徳島県知事記者会見で、板東俘虜収容所関係史料のユネスコ世界記憶遺産登録プロジェクトを知り、北朝鮮危機の状況において、希望の光を見いだした思いです。私は、平和学研究をライフワークとしています。

 皆様は、ご存じですか?アメリカが911後に、愛国者法によって、グアンタナモ収容所において、テロ容疑者から情報を引き出すために、どれほど極悪非道な取り調べを展開したかを。その後、この収容所で、人間の尊厳をずたずたにされた魂達が結託して誕生したのが、今、国際社会を苦しめている、あのイスラム国なのです。

 それと比較して、戦時下の板東収容所で、*「ハーグ条約」が遵守され、俘虜と地域住民との間に人間的な交流が展転し、ドイツの畜産や楽器づくりなどの技術が伝えられ、アジア初のベートーベン第9演奏。

 さて、テロ等準備罪の審議も大詰め。世界の皆様に、この二つの道の違いに思いを巡らせてもらいたい。間違っても、この先、テロ容疑者への取り調べが、アメリカの道に追随することがないようにと強く祈る。

 私は、憲法9条と第九の「慈愛」、「博愛」、「友愛」の精神こそが、今、日本がとるべき道だと信じているので、「板東の奇跡」を語り継ぐ者の一人になりたいと思った。


*「ハーグ条約」
俘虜の待遇に関する条約(ふりょのたいぐうにかんするじょうやく)は、1929年にジュネーヴで締結された条約であり、いわゆるジュネーヴ条約の4条約のうちのひとつ。1929年7月27日に作成された。英語での公式名称は"Convention relative to the Treatment of Prisoners of War, Geneva July 27, 1929."
「陸戦の法規慣例に関する条約」(ハーグ条約、1911年11月6日批准、1912年1月13日公布)を充実する形で作られ、日本は署名を行ったが軍部、枢密院の反対により批准しなかった。 
みかみのあいをば
1.
み神の愛をば
うとう我らの
胸は開きたり
花のごとくに
み顔の光に
迷いのきりも
うたがいの雲も 
消えてあとなし
2.
み使い聖徒ら 
歌えみいつを 
月 星 太陽
たたえよ神を
雪ふるたかねも
花咲く谷も
林も野原も
砂漠も海も
3.
み神は罪ある者をも愛し
み子なるイェスをば
つかわしませり
ゆるしのみ恵み
きよむる力
筆にも声にも
のべつくしえず
4.
み神は我らの父親なれば 
み子なるイェスをば、兄上と呼ばん
世人よ親しみ
互いに助け
みむねのなる日を
しのびまてかし


Joyful, Joyful, We Adore Thee

1.
Joyful, joyful, we adore thee, 
God of glory, Lord of love; 
hearts unfold like flowers before thee, 
opening to the sun above. 
Melt the clouds of sin and sadness; 
drive the dark of doubt away. 
Giver of immortal gladness, 
fill us with the light of day!
2.
All thy works with joy surround thee, 
earth and heaven reflect thy rays, 
stars and angels sing around thee, 
center of unbroken praise. 
Field and forest, vale and mountain, 
flowery meadow, flashing sea, 
chanting bird and flowing fountain, 
call us to rejoice in thee.
3.
Thou art giving and forgiving, 
ever blessing, ever blest, 
well-spring of the joy of living, 
ocean depth of happy rest! 
Thou our Father, Christ our brother, 
all who live in love are thine; 
teach us how to love each other, 
lift us to the joy divine.
4.
Mortals, join the mighty chorus 
which the morning stars began; 
love divine is reigning o'er us, 
binding all within its span. 
Ever singing, march we onward, 
victors in the midst of strife; 
joyful music leads us sunward, 
in the triumph song of life.
〜板東俘虜収容所 第一話〜
〜板東俘虜収容所 第二話〜
〜板東俘虜収容所 第三話〜
〜板東俘虜収容所 第四話〜
〜板東俘虜収容所 最終話〜前編
〜板東俘虜収容所 最終話〜後編
〜板東俘虜収容所 エピローグ〜その1
〜板東俘虜収容所 エピローグ〜その2
〜板東俘虜収容所 エピローグ〜その3
徳島県知事定例記者会見(平成29年5月29日
「板東俘虜収容所関係資料」ユネスコ記憶遺産プロジェクト
「世界的な緊張が高まっている今こそ、この日独の奇跡の友好交流の歴史」を発信したい。

徳島から「第九」を世界に(H280219)

バルトの楽園(予告編)

89名が到着して数日後、そのうちの一人カルル・バウムが脱走した。報告を受けた松江に、部下が「徳島の62連隊に協力を頼みましょう」と進言した。松江は即座に答えた。
連隊はいかん。連隊を巻き込めば、面倒なことになる。周囲は海と山、どうせ逃げられない。怪我などしないうちに、われわれの手で保護したい。
2日ほどして、カルルが自ら戻ってきた。傷の手当てをされている。しかし、本人は、山の中を逃げ回っていた、と言い張っている。松江は彼は山中で道に迷ったそれで良かろうと済ませようとした
「そんなことでは、捕虜どもに対するしめしが」と反対する部下に松江は諭した。
傷の手当てをしてくれたのは、たぶんこの板東の人だろう。だとすれば決して口を割るまい。それを明かさないのは、恩義を感じているからだ、脱走犯を助けたことで、罪に問われることがないようにしたいんだ。目をつぶろう。武士の情けじゃないか。
カルルが所長室に呼ばれた。殴る蹴るの制裁を受けることを覚悟していた。しかし、松江は優しい声で言った。
カルル君だね。君に一つ頼みがある。君は以前、青島のビクトリア街で、パン職人をしておったそうだね。どうだろう。炊事棟の要員に加わって、パンを焼いてくれないかね。
カルルは高木副官に製パン所に連れて行かれた。懐かしいパンの焼ける匂いが充満していた。カレルの視線が台の上でパン生地をこねている一人の手元に止まった。カレルはその手からパン生地を奪い取ると、
もっとこねるんだ。もっと強く。生地は生きて、呼吸をしている。この手で、それを、それを…
カレルは何度も力任せにパン生地を叩きつけて見せた。しかし、その背中がすぐに動かなくなった。「どうした。カルル」と高木副官が覗き込むと、カルルの目には涙があふれそうになっていた

「彼らも、祖国のために戦ったのです」

陸軍省からの呼び出しで、松江は東京に赴いた。そこでは俘虜情報局の将校たちが待ちかまえていた。局長の多田少将が、苛立ったような声をあげた。
君は捕虜たちからの評判もいいようだが、甘やかせば評判のいいのは当たり前でね。あとで必ずしっぺ返しを食う。陸軍省からの通達だ。板東収容所については、来月から予算を削ることになった。
「なんですと!? 理由はなんですかッ!?」と松江は激昂した。
捕虜どもに、自由気ままに贅沢をさせる余裕など軍にはない。彼らは敵国の捕虜だ。それを忘れてはならん。
松江の興奮は収まらない。
片時も忘れたことはありません。彼らは敵国の捕虜、しかし犯罪者ではない。彼らも、祖国のために戦ったのです。しかも、わずか5,000人で数万の連合軍と互角以上に戦い抜いた勇士たちだ。決して、無礼な扱いをしてはならない。戦争が終わってドイツへ帰還できる日まで丁重に扱うべきだと思うております。

会津武士としての誇り

多田の目が、侮蔑の色を見せた。「松江中佐。君は、会津の出身だったな。いつまでたっても会津は会津だな」。言葉を飲み込んだ松江は、多田をぐっと睨みつけた。
帰りの汽車で、まっすぐに背筋を伸ばして、座席に腰をかけた松江は、ただ一点を見据えていた。「会津は会津だな」、そういう侮辱を、今まで何度受けてきたことか。
約50年前の明治維新の際会津藩は藩をあげて薩摩長州の官軍と戦った。敗れて生き残った藩士たちは「降伏人」と蔑まれ、本州最北端の下北半島の斗南(となみ)の地に押し込められた。
松江はそこで生を受けたのである。西南戦争で会津武士たちが活躍し、ある程度の名誉を回復したが、まだ松江のように将校にまで昇進した人物は少なかった。会津武士としての誇りが松江を支えそしてドイツ人俘虜たちへの同情となっていたのだろう。
予算削減への対策として、松江は山を買って、捕虜たちに木の伐採をさせた。それを薪として市価よりも安く買い上げ、収容所内の炊事や風呂炊きに使って、予算節約につなげようというのである。事情を知った捕虜たちから、志願者が自発的に集まり、ドイツ本国で営林署に勤めていたクリーマント軍曹の指揮のもと、熱心に働いた。

「諸君、新聞を出したまえ」

1918(大正7)年11月、ドイツが降伏し第一次大戦が終わった。戦勝を祝って、徳島の大通りも花山車や提灯の灯で光の洪水となった。沿道を埋め尽くした群衆は日の丸の小旗を振って、沸き立っていた。しかし、板東の町はひっそりとしていた。「ドイツさんが可哀想だ」と泣いている女性までいた。
収容所も静かだった。いつもなら活気のある印刷所は音もなく、皆ぼんやりと、雨にけぶる窓の外を眺めていた。そこに松江が現れて、「今まで出していた新聞をどうするんだ」と聞いた。ヘルマンたちは顔を見合わせて、「この状況では、とても手につきませんから」と答えると、松江は言った。
諸君の気持ちは判るが、どんな苦しみのなかでも、人は光を見つけ、将来に立ち向かう勇気を持つべきだ。
そういう松江は、酷寒の地・斗南での会津人たちの絶望的な生活を思い起こしていたのかも知れない。
諸君、新聞を出したまえ。そして、そのことを紙上で全員に呼びかけたまえ。

「板東俘虜収容所物語―日本人とドイツ人の国境を越えた友情」 
(棟田博/著・光人社NF文庫)

「板東俘虜収容所の全貌 所長松江豊寿のめざしたもの」
(田村一郎/著・朔北社)
◆平和の構築、最新情報はこちらでどうぞ!

◆速報、拡散! アンケートにご協力下さい
核兵器禁止条約、採択 122カ国が賛成。日本や5核保有国は不参加。国連加盟国の68%が賛成。
あなたは、日本国にとって、この条約の批准について、どう思うか?

◆速報、超大拡散願い
#報ステ

孫崎さん 「危険な愚者が世界に君臨するとき、世界は火の海になる。」 核兵器禁止条約、採択 122カ国が賛成。日本や5核保有国は不参加。米国は朝鮮戦争、ベトナム戦争で核兵器使用できなかった。世論の反発が強かったから。世論形勢の動きは重要

◆核兵器禁止条約制定交渉から日本離脱!20170402Sundaymorning

◆速報、超大拡散願い! 平和の勢力の皆様へ ビックニュース
「板東俘虜収容所関係資料」ユネスコ記憶遺産プロジェクト この史実を知ってください。

◆速報、拡散!
#慈愛 #友愛 #博愛 #憲法9条 #第九
9条を抱きしめて〜元米海兵隊員が語る戦争と平和〜
今度は、皆さんが第9条を

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

放射能に関することは全てを隠蔽しています。日本政府マスコミ。安倍首相は、2020年のオリンピック開催地が選ばれる前に、福島原発はコントロールされていると宣言した。しかし決定後、彼は科学界に対してストロンチウムの除去法を尋ねた。実際には世界のどこにもまだ科学的な解決策はないのだ。御用学者が使う典型的詭弁だね 実際には閾値なんてないのに 削除

2017/6/13(火) 午前 3:56 [ 江東寛子 ] 返信する

顔アイコン

両親と妹をバットで殴る=殺人未遂容疑で中3男子逮捕 ― 岩手県警(時事通信) この頃、おかしな事件が多い・これは精神が酷く侵されている。中枢神経系の抑制系の部分が侵されている。頻発する自動車事故とも同じ中枢神経系の障害を疑ってしまう。福島原発が爆発してそろそろ6年。被ばくの潜伏期間は約5年だ。これから被ばくが原因のありとあらゆる原因不明の病気が起きてくる。 削除

2017/6/13(火) 午前 3:58 [ 江東寛子 ] 返信する

顔アイコン

ありえないことが進行中だ。東京のアナウンサーは、放射能で言語中枢をやられて、言葉が出づらくなりつつあるようだ。放射能の脳への障害。最も酷い障害は中枢神経障害です。ほぼ 全員。被曝で最も多いのは知能障。全員に起きます。
チェルノブイリ事故の被曝者を診察してきた医師の記述 最も酷い障害は、中枢神経障害です。ほぼ全員です。調べていて、あるときから医師のカルテが用成さなくなっていくという、恐怖。 削除

2017/6/13(火) 午前 4:02 [ 江東寛子 ] 返信する

顔アイコン

最も酷い障害は中枢神経障害です。ほぼ全員です放射線障害というと、まず心配するのがガン・白血病です。でも一番多いのは、知能低下、性格崩壊、意欲の減退といった脳の障害なのです! 自覚がないまま徐々に知能と体力が失われていくのです。 削除

2017/6/13(火) 午前 4:05 [ 江東寛子 ] 返信する

顔アイコン

ドイツの医師が脳障害に警告しています。ベラルーシの人々が集中できないのは「放射能恐怖」ではなく脳障害だと言明しています。この軽度の障害は数%に起こるのではなく、ある程度体内に蓄積もしくは外部からの被曝で起き、ベラルーシではキエフより低いところでもほとんどに見られます。体の中に入った放射能の量が多いほど、脳の破壊がすすみ、やがて、脳の機能が失われていきます。脳のもっと も外側が破壊されると知的な作業ができなくなったり、記憶力が低下します 削除

2017/6/13(火) 午前 4:06 [ 江東寛子 ] 返信する

顔アイコン

何も気がつかなかったフリをして心配している人を放射脳といって馬鹿にしてそういう人間関係のすべてが集約されていく。私たち人類が放射能によって存亡の危機に立たされていることさえもわからない人たち。ガンマ線はもっと強い電磁波だから脳に強く影響を及ぼす事は当然考えられるはずである。なのに学者や批評家と称する人たちは何故、放射能の問題となると身体に影響のない量であるとか、放射線の影響として考えられない、あるいは風評被害だと叫んだり、馬鹿な発言をしたりするようになるのか。放射脳で脳がやられている。 削除

2017/6/13(火) 午前 4:14 [ 江東寛子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事