コスタリカ共和村 ◆テラスマイル・サナトリウム◆

平和の風。転載自由、情報拡散、歓迎 http://twilog.org/costarica0012

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全339ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

⭕四国村コミュニティ通貨イニシアティブの制度設計のプランニングに関して、アドバイスいただける方はいらっしゃいませんか?
https://youtu.be/72Zm1aNzVj4



new
⭕四国村コミュニティ通貨イニシアティブ。エコマネー憲章⭕


1、四国村の発展を第一に考えて運営を行いこと。

2、#SDGs の目標全てを達成し、国際社会で名誉ある地位を獲得する。

3、信用創造の独立と共に、世界の法貨との光の調和(レイワ)をはかる。

4、国連憲章と日本国憲法を遵守し、社会倫理に反した活動は一切しない。

5、新しい平和社会の仕組み作りに関しては、独創的に、かつ、積極的なイノベーションに果敢に挑む。

6、オープンマインドで他のコミュニティとも協議の場を設ける。

7、日本社会、国際社会の利益の増進に貢献することを目標とする。

8、個人への貸付限度枠は、2,200,000レイワ。企業経営体へは、22,000,000レイワ。

9、この公共貨幣の通貨発行主体は、地方自治体と愛用者組合厳選ふるさと市場と四国村中央銀行にある。

10、円との両替は、ふるさと市場が行い、四国村中央銀行は、海外の法廷通貨との両替の役割を果たす。

以上の事項に関し、主体的に約束事(ルール)を定め、自己抑制、相互抑制、相互支援、相互扶助、自由と正義の友愛によって、これらの契約を守ることを宣言する。
     ◆四国村コミュニティ通貨協議会◆

※いかん。四国村中央銀行には、膨大な権力と外貨が集まる。これを制御する仕組みが必要不可欠!

 ※また、地方自治体とふるさと市場は、地域通貨の発行業務しかしないので、かまわないが、四国村中央銀行は、銀行法に則った資格を取る必要がある。

-----
債務貨幣システムから、公共貨幣システムへのワールドシフトは、世界で初めての試みなので、システム構築が難しい。全て無利息で、年10%減価する通貨をいかに循環させるか?


地方自治体は、ベーシックインカム支給分のみ信用創造する。それ以外の助成金は信用創造しないで、円との交換リングで行う。貸付決定は、地方自治体が行うが、貸付分の信用創造は、愛用者組合厳選ふるさと市場が行う。

※このベーシックインカム支給分の商品券通貨レイワは、愛用者組合にとっては、交換できない場合、負債として積みあがる形になるので、四国村中央銀行が、愛用者組合に、円と交換する形にならないといけない。だから、四国村中央銀行には、多額の法廷通貨円の準備金が必要になる。

つまり、愛用者組合厳選ふるさと市場のみ、四国村中央銀行に法貨円とエコマネーを交換してもらえる仕組みが必要不可欠だと気がついた。ふるさと市場に、信用創造したエコマネーが集まり、支払いを超える可能性が高いから。

地方自治体が、助成金をレイワで、支払う場合、愛用者組合に円を支払い交換してもらってから交付する。

四県の愛用者組合厳選ふるさと市場は、四国村中央銀行の通貨発行権の支配に従う。そうでないと、通貨供給量をコントロールできない。四国村中央銀行の通貨発行は、ふるさと市場に対してのみトークンだけど、愛用者組合が信用創造したエコマネーは、トークンではない信用創造。

四国村生産者さんに、支援金を支給したり、貸付した時に、愛用者組合厳選ふるさと市場は信用創造する。四県とマーケットイン四県とをつなぐプラットフォームをつくり、ブロックチェーンで、その債権、債務の通牒をつないでいく。

つまり、四国村コミュニティ通貨は、発行が、地方自治体と、愛用者組合厳選ふるさと市場の両者でないといけないと気がついた。

年末に持っているレイワ商品券と通牒残高は、10%減価するので、四国村コミュニティへの通貨供給量を抑えられる。回収したレイワを中央銀行に返し、集約していくので、インフレ率2%の範囲内になるように、コントロールできる。この銀行会計システムの中身を学び取らなければならない。
ーーーーーーー?????


⭕⭕「地方創生☆政策アイデアコンテスト2019」に提出予定を構築中! ※地方でなく地域だよ! 

日本政府からの交付金15億円。その配分内訳は、

①四国村コミュニティ通貨システム構築に二億円。
四国村中央銀行準備金に5億円。
中身は、中央銀行と地方銀行の仕組みをそのまま、四国四県に導入し、四国村内では、この地方自治体通貨で生活できるネットワークの構築費用。


⭕山口薫博士の【国家戦略特区構想】のブロックチェーンソフトと、岩田清さんの暗号セキュリティシステムとで構築したい。 
ブロックチェーンのプラットフォームをつなぐことができるコスモスソフト。
コスモスソフトとの互換性を確保するプラットフォームの構築!
このプラットフォームは、他の生協システムともブロックチェーンでつなぐことができるので、相互間のやりとりを構築することも可能!


この公共貨幣システムイニシアティブを地球のあらゆる地域にもたらしていくことが、真の目的。

つまり、#SDGs 国連の2030年を持続可能な社会へワールドシフトさせるエネルギーとお金の循環をもたらす地球革命です。15億円の投資は、安すぎるでしよう?
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1288369918004008&id=100004930356786


②四国四県に、プロダクトアウトのとりまとめ拠点、【愛用者組合厳選ふるさと市場】を構築する費用。各県に1億円づつ。

③各県のふるさと市場は、大阪、福岡、名古屋、東京に、マーケットインの拠点店舗を作り、四国村の製品を、この四店舗から売り出すに、各県づつに1億円。

⭕四国村コミュニティ通貨(エコマネー)イニシアティブ構想にご協力ください

◆レートは、全て1:1。円からこれらのエコマネーのみ交換可能。その逆は認めない。
しかし、個人間や企業間の交換リングは自由開放! 

⭕⭕以下は、地方自治体が直接、信用創造する範囲。自治体は、一方的に地域通貨を発行して給付するのみ。

①ベーシックインカム月10万レイワ支給。無職 
※これにより、自治体はこれまでの生活保護費、法定通貨円での経費支出がなくなるのでこの分収入になる。


②新規事業開拓者 には100万レイワ支給。

💮◆③事業実績のある四国村内企業家には、貸出。貸出に関しては、望みのままに無限大に貸し出すことも可能。なぜなら、このエコマネーは、年末に所有していたら10%減価する通貨なので、借りすぎても損になるから。
30-5000万レイワ貸出を原則とする。貸出の決定は、地方自治体が行うが、貸出の発行通貨は、地方自治体ではなく、愛用者組合厳選ふるさと市場が行い管理する。💮


④移住者の住宅購入には、100万レイワ支給。
その他必要費用も貸出に応じる。


⑤年金生活者にも、12万に足らない分をレイワで支給。

⑥農業者や働く者の所得保障もこのようにレイワで支給。

※つまり、
 年金2000万円問題も解決可能になる。

を年10%減価するエコマネーとして、
   通貨券方式と通牒式の併用で。


⭕通貨発行権限や管理と、集まった円は、【愛用者組合厳選ふるさと市場】の所有となり、


【愛用者組合まちづくり政策】の運用に当てる。


◆四国村通貨は、レイワ(光の調和を意味する)
◆高知県通貨は、カム
◆愛媛県は、カタ
◆香川県は、カイ
◆徳島県は、コスタ


⭕イノベーション人材を四国に呼び込み、投資を呼び込む地域創成計画 

⭕⭕四国四県とマーケットイン店舗四県に
愛用者組合厳選ふるさと市場を開く。
生産者さんは、この市場に納入。

店舗管理手数料は無料で参画できる。
売上の受け取りはこのエコマネーのみ。


◆⭕四国の水と食料を全国に、友産友消の仲間と交換リングの関係性の構築でブロックチェーン。価値と価値との交換リング
物の価値と価値との交換レートは、全て合意の形成による。


⭕並びに、売れる価値を持たない人は、法貨円で四国村通貨レイワなどを購入していただき、参画できる仕組み。

⭕沖縄県地域通貨との互換性を契約すれば、経済圏は、さらに広がるというブロックチェーンで、
円と四国村通貨の2本の輪で、貧困解決と経済成長を目指したい。


速報、拡散希望!
⭕コミュニティ通貨イニシアティブを四国の #国家戦略特区 として実現したい!
#国家再興戦略 #骨太の方針2019 山口薫博士の公共貨幣イニシアティブは、MMT理論を踏襲しており、消費税廃止法案を実現する理論
https://youtu.be/0D1BwSi_7Eg


以下は、愛用者組合厳選ふるさと市場のみが行える。、、、、、、システム設計は、まだまだ完成していません。アドバイスを御願いします。
経済成長率を確保しないと、税収も財政も、そのお金を確保できません。 
30年のデフレで失ったのは8000兆円。ここに答えがあります。
税収の範囲内は毎年50兆円程度。その中で取り合いしても、経済成長は見込めません。
経済成長率をもたらすのは、消費税廃止と、赤字国債ではなく、地方自治体通貨発行22兆円、政府通貨2兆円、レイワ公債2兆円の日本国が、直接発行する通貨。信用創造(moneyクリエーション)で、作り出すお金。この公共貨幣システムへの移行こそ、日本再建計画 の大きな本旨
イメージ 1


速報、超大拡散希望!


山本太郎の財政政策にガチンコ勝負を挑みます。9月末がタイムリミット。

消費税廃止法案と、22兆円地方自治体通貨、2兆円政府通貨、2兆円レイワ公債での財政出動を、議決権を持つ議員さんにご理解を乞う
ーーー
これが答え

#日本再建計画

ーーーー

大西つねきさんも、山本太郎の秘書だった、安部芳裕さんも、山本太郎に、通貨発行システムの問題点と解決方法をレクチャーできていない。

◆消費税は五%減税でなく廃止


速報、超大拡散希望! 議決権を持つ国会議員と憲法制定権を持つ主権者の皆様へ ◆消費税廃止法案成立に向けて、1つの心となれるように力を貸してください。10月まで時間がありません。
- コスタリカ共和村

⭕消費税廃止法案を準備して、議決権を持つ国会議員の過半数の賛成を得るように、ご理解をいただけるように議員さん一人と向き合い、説得することが、急務である根拠。

⭕それは、参議院調査情報担当室シュミレーションです。デフレ脱却のリフレーションには、減税では不十分であることを、この資料が、証明しています。

自民党が、増税法案を提出する10月までに、議員さんたちを説得して回る人材が必要です。

⭕福島瑞穂さん、山本太郎さんへ、消費税廃止法案とこの資料の2つを準備して、議員さんたちを説得に回ってください。時間がありません。

経済成長率を確保しないと、税収も財政も、そのお金を確保できません。 
30年のデフレで失ったのは8000兆円。ここに答えがあります。
税収の範囲内は毎年50兆円程度。その中で取り合いしても、経済成長は見込めません。
経済成長率をもたらすのは、消費税廃止と、赤字国債ではなく、地方自治体通貨発行22兆円、政府通貨2兆円、レイワ公債2兆円の日本国が、直接発行する通貨。信用創造(moneyクリエーション)で、作り出すお金。この公共貨幣システムへの移行こそ、日本再建計画 の大きな本旨

イメージ 1

速報、超大拡散希望!


⭕消費税廃止法案を準備して、議決権を持つ国会議員の過半数の賛成を得るように、ご理解をいただけるように議員さん一人と向き合い、説得することが、急務である根拠。

⭕それは、参議院調査情報担当室シュミレーションです。デフレ脱却のリフレーションには、減税では不十分であることを、この資料が、証明しています。

自民党が、増税法案を提出する10月までに、議員さんたちを説得して回る人材が必要です。

⭕福島瑞穂さん、山本太郎さんへ、消費税廃止法案とこの資料の2つを準備して、議員さんたちを説得に回ってください。時間がありません。
イメージ 2

山本太郎議員の「反緊縮」はなぜ正しいか


◆消費税を廃止するとハイパーインフレは起こるか : 


彼の公約の目玉は「消費税の廃止」だが、その効果を参議院調査情報担当室のシミュレーションで示しているのがおもしろい。これはMMTのような「どマクロ」ではなく、主流派マクロ経済学(DSGE)のモデルを使ったものと思われる。同じような結果は、Galiの減税シミュレーションでも出ている。
ーーー
速報、超大拡散希望! 

議決権を持つ国会議員と、憲法制定権を持つ有権者の皆様へ 

◆消費税廃止法案成立に向けて、1つの心となれるように力を貸してください。10月のタイムリミットまで、時間がありません。 - コスタリカ共和村 https://blogs.yahoo.co.jp/costarica0012/29958166.html

マスコミ各社に、この資料を報道するように、働きかけてください!!!!!!!!


⭕議決権を持つ国会議員と、⭕憲法制定権を持つ主権者の皆様へ 
◆消費税廃止法案成立に向けて、1つの心となれるように力を貸してください。9月末まで時間がありません。 - コスタリカ共和村 

速報、超大拡散希望! 参議院の試算シユミレーシヨン インフレ率2%目標の場合、消費税廃止でインフレ率は、3年で1.67%。つまり、健全なデフレ脱却。 これには、26兆円の財政出動が必要不可欠! 

マレーシア:消費税6→0%に マハティール首相、公約実施 
カナダは消費税を減税しているが税収は上がってる - https://blogs.yahoo.co.jp/letgooutgo/65538229.html



イメージ 3




ーーーーーー


宮城県と仙台市には、#不正選挙 の病巣が巣くっているようだ。
朝日新聞より
宮城県選挙管理委員会は22日、参院選の宮城選挙区で候補者の得票数に誤りがあったとして、訂正した。落選した自民現職の愛知治郎氏の222票分を、当選した立憲新顔の石垣のりこ氏の票として数えていた。当落には影響がなかった。
 票を取り違えていたのは仙台市若林区の開票所。同区選管によると、集計した票の束の数を記録用紙に記入する際、1束分を誤って石垣氏に加えたという。
 宮城選挙区は、愛知氏と野党統一候補の石垣氏による事実上の一騎打ちとなり、約9900票差で石垣氏が当選。今回の訂正で、約9500票差となった。
 仙台市では、2011年の仙台市議選で投票者数を実際より多く集計していたのに数年間公表しなかったり、14年の衆院選では投票者数と投票数のずれを取り繕うために白票などを水増ししたりする不祥事が相次いでいる。

new 基本コンセプトは、
https://blogs.yahoo.co.jp/costarica0012/29957797.html
①分散型台帳システム、ブロックチェーンを活用して、四国村商品と四国村通貨などの資産を取引することによって、従来にないシェアリングサービスなどを創出する。

②四国村にイノベーションを起こす人材と未来投資を呼び集める。
③円と四国村通貨の2本の輪で、貧困解決と経済成長を目指したい。
④この公共貨幣システムイニシアティブを地球のあらゆる地域にもたらしていくことが、真の目的。
つまり、#SDGs 国連の2030年を持続可能な社会へワールドシフトさせるエネルギーとお金の循環をもたらす地球革命です。

new
⭕四国村コミュニティ通貨イニシアティブ。エコマネー憲章⭕

1、四国村の発展を第一に考えて運営を行いこと。
2、#SDGs の目標全てを達成し、国際社会で名誉ある地位を獲得する。
3、信用創造の独立と共に、世界の法貨との光の調和(レイワ)をはかる。
4、国連憲章と日本国憲法を遵守し、社会倫理に反した活動は一切しない。
5、新しい平和社会の仕組み作りに関しては、独創的に、かつ、積極的なイノベーションに果敢に挑む。
6、オープンマインドで他のコミュニティとも協議の場を設ける。
7、日本社会、国際社会の利益の増進に貢献することを目標とする。
8、個人への貸付限度枠は、220,000レイワ。企業経営体へは、2,200,000レイワ。
9、この公共貨幣の通貨発行主体は、地方自治体と愛用者組合厳選ふるさと市場と四国村中央銀行にある。
10、円との両替は、ふるさと市場が行い、四国村中央銀行は、海外の法廷通貨との両替の役割を果たす。

以上の事項に関し、主体的に約束事(ルール)を定め、自己抑制、相互抑制、相互支援、相互扶助、自由と正義の友愛によって、これらの契約を守ること
を宣言する。

      ◆四国村コミュニティ通貨協議会◆

※いかん。四国村中央銀行には、膨大な権力と外貨が集まる。これを制御する仕組みが必要不可欠!

 ※また、地方自治体とふるさと市場は、地域通貨の発行業務しかしないので、かまわないが、四国村中央銀行は、銀行法に則った資格を取る必要がある。

-----
債務貨幣システムから、公共貨幣システムへのワールドシフトは、世界で初めての試みなので、システム構築が難しい。全て無利息で、年10%減価する通貨をいかに循環させるか?


地方自治体は、ベーシックインカム支給分のみ信用創造する。それ以外の助成金は信用創造しないで、円との交換リングで行う。貸付決定は、地方自治体が行うが、貸付分の信用創造は、愛用者組合厳選ふるさと市場が行う。

※このベーシックインカム支給分などの商品券通貨レイワは、愛用者組合にとっては、交換できない場合、負債として積みあがる形になるので、四国村中央銀行が、愛用者組合に、円と交換する形にならないといけない。だから、四国村中央銀行には、多額の法廷通貨円の準備金が必要になると気づいた。

四県の愛用者組合厳選ふるさと市場は、四国村中央銀行の通貨発行権の支配に従う。そうでないと、通貨供給量をコントロールできない。ふるさと市場のみ四国村中央銀行に円と交換してもらえる。

四国村生産者さんに、支援金を支給したり、貸付した時に、愛用者組合厳選ふるさと市場は信用創造する。四県プロダクトアウトとマーケットイン県外四県とをつなぐプラットフォームをつくり、ブロックチェーンで、その債権、債務の通牒をつないでいく。

年末に持っているレイワ商品券と通牒残高は、10%減価するので、四国村コミュニティの通貨供給量を抑えられる。回収したレイワを中央銀行に返し、集約していくので、インフレ率2%の範囲内になるように、コントロールできる。この銀行会計システムの中身を学び取らなければならない。
ーーーーーーー?????


⭕⭕「地方創生☆政策アイデアコンテスト2019」に提出予定を構築中! ※地方でなく地域だよ! 
日本政府からの交付金15億円。その配分内訳は、

①四国村コミュニティ通貨システム構築に二億円。
四国村中央銀行準備金に5億円。
中身は、中央銀行と地方銀行の仕組みをそのまま、四国四県に導入し、四国村内では、この地方自治体通貨でも生活できるネットワークの構築費用。


⭕山口薫博士の【国家戦略特区構想】のブロックチェーンソフトと、暗号セキュリティシステム(岩田清さんの暗号プログラムが使えないか相談中)とで構築したい。 
ブロックチェーンのプラットフォームをつなぐことができるコスモスソフトが開発されている。
将来的には、他のプラットフォームとの互換性を確保できるように、コスモスを意識して構築!
このプラットフォームは、他の生協システムともブロックチェーンでつなぐことができるので、相互間のやりとりを構築することも可能!
従兄弟の山下貴之がNECのシステムエンジニアをしていたので相談する。彼は、競馬予想を確率論ではじき出すソフトを作った。

この公共貨幣システムイニシアティブを地球のあらゆる地域にもたらしていくことが、真の目的。

つまり、#SDGs 国連の2030年を持続可能な社会へワールドシフトさせるエネルギーとお金の循環をもたらす地球革命です。15億円の投資は、安すぎるでしよう?
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1288369918004008&id=100004930356786


②四国四県に、プロダクトアウトのとりまとめ拠点、【愛用者組合厳選ふるさと市場】を構築する費用。各県に1億円づつ。

③各県のふるさと市場は、大阪、福岡、名古屋、東京に、マーケットインの拠点店舗を作り、四国村の製品を、この四店舗から売り出すに、各県づつに1億円。

⭕四国村コミュニティ通貨(エコマネー)イニシアティブ構想にご協力ください

◆レートは、全て1:1。円からこれらのエコマネーのみ交換可能。その逆は認めない。
しかし、個人間や企業間の交換リングは自由開放! 

⭕⭕以下は、地方自治体が直接、信用創造する範囲。自治体は、一方的に地域通貨を発行して給付するもののみ扱う。貸付は、ふるさと市場が行う。

①ベーシックインカム月12万レイワ支給。無職 
※これにより、自治体はこれまでの生活保護費、法定通貨円での経費支出がなくなるのでこの分収入になる。

②新規事業開拓者 には100万レイワ支給。

💮◆③事業実績のある四国村内企業家には、貸出。貸出に関しては、希望額を叶え、年末に所有の10%減価した後、貸付限度枠220万になればいい。貸付限度を超えていた場合、原則、円での償還を義務づける。
しかし、状況によって、貸付超過も認め、企業経営の発展を優先する。

30-5000万レイワ貸出を原則とする。貸出の決定は、地方自治体が行うが、貸出の発行通貨は、地方自治体ではなく、愛用者組合厳選ふるさと市場が行い管理する。💮

④移住者の住宅購入には、100万レイワ支給。
その他必要費用も貸出に応じる。


⑤年金生活者にも、16万に足らない分をレイワで支給。

⑥農業者や働く者の所得保障もこのようにレイワで支給。

※つまり、
 年金2000万円問題も解決可能になる。


を年10%減価する四国村通貨として、
   エコマネー商品券方式(千、五千、一万レイワ)と通牒式の併用でシステム化。

⑦四国村コミュニティ内の事業体とこのエコマネー商品券の取引を契約する。

⭕通貨発行権限や管理と、集まった円は、【愛用者組合厳選ふるさと市場】の所有となり、

⭕⭕【愛用者組合まちづくり政策】の運用に当てる。

◆四国村通貨は、レイワ(光の調和を意味する)
◆高知県通貨は、カム
◆愛媛県は、カタ
◆香川県は、カイ
◆徳島県は、コスタ


⭕イノベーション人材を四国に呼び込み、未来投資の支援金を呼び込む地域創成計画 

⭕⭕四国四県とマーケットイン店舗四県に
愛用者組合厳選ふるさと市場を開く。
生産者さんは、この市場に納入。

店舗管理手数料は無料で参画できる。
売上の受け取りはこのエコマネーのみ。


◆⭕四国の水と食料を全国に、友産友消の仲間と交換リングの関係性の構築でブロックチェーン。価値と価値との交換リング
物の価値と価値との交換レートは、全て合意の形成による。


⭕並びに、売れる価値を持たない人は、法貨円で四国村通貨レイワなどを購入していただき、参画できる仕組み。

⭕沖縄県地域通貨との互換性を契約すれば、経済圏は、さらに広がる

速報、拡散希望!
⭕コミュニティ通貨イニシアティブを四国の #国家戦略特区 として実現したい!
#国家再興戦略 #骨太の方針2019 山口薫博士の公共貨幣イニシアティブは、MMT理論を踏襲しており、消費税廃止法案を実現する理論
https://youtu.be/0D1BwSi_7Eg


以下は、愛用者組合厳選ふるさと市場のみが行える。

⭕⭕まだまだ、システム構築中!
新しいアイデア募集




https://www.fujitsu.com/jp/solutions/industry/contents/trends/07/04/index.html

ブロックチェーン(英語: Blockchain、ブロックチェインとも[1][2])とは、分散型台帳技術[3]、または、分散型ネットワークである
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3

ーーーーーー
内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局です。
RESAS関連イベントにご内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局です。
RESAS関連イベントにご登録いただいた方に、RESASの新着情報をお伝えします。
既にご案内をさせていただいております、「地方創生☆政策アイデアコンテスト2019」の
応募受付を、本日、7月16日(火)より開始いたしました!
募集期間は、7月16日(火)〜10月9日(水)までの約3ヶ月間です。
詳しくは、以下のコンテスト公式サイトよりご確認ください。
▼「地方創生☆政策アイデアコンテスト2019」公式サイト
  https://contest.resas-portal.go.jp/2019/
今年度も、皆様からのご応募を心よりお待ちしております!
(以下参考)
▼「地方創生☆政策アイデアコンテスト2019」スケジュール(予定)
 応募受付期間         : 2019年7月16日(火)〜10月9日(水)
 地方審査期間         : 2019年10月上旬〜11月上旬
 全国第一次審査期間      : 2019年11月上旬〜11月下旬
 最終審査会          : 2019年12月14日(土)
                          中央合同庁舎第8号館 講堂(内閣府)
                         (東京都千代田区永田町1 丁目6−1)
▼「地方創生☆政策アイデアコンテスト2018」(昨年度のコンテスト公式サイト)
  https://contest.resas-portal.go.jp/2018/
--------------------------------------------------------
内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局
内閣府 地方創生推進室
ビッグデータチーム
担当:宇野、佐々木、西郷、河西、島村
電話:03-3581-4541 メール:j.resas.j9j@cas.go.jp




イメージ 1




 「地方創生☆政策アイデアコンテスト2019」に提出予定を構築中! ※地方でなく地域だよ! 





速報、超大拡散希望!

山本太郎の財政政策にガチンコ勝負を挑みます。9月末がタイムリミット。

消費税廃止法案と、22兆円地方自治体通貨、2兆円政府通貨、2兆円レイワ公債での財政出動を、議決権を持つ議員さんにご理解を乞う
ーーー
これが答え

#日本再建計画

ーーーー

大西つねきさんも、山本太郎の秘書だった、安部芳裕さんも、山本太郎に、通貨発行システムの問題点と解決方法をレクチャーできていない。

◆消費税は五%減税でなく廃止

ブロックチェーンを活用した地域通貨で地域振興

富山県の企業や投資家を中心に発足した「Yell TOYAMAプロジェクト」では、2018年11月、ブロックチェーンを活用した地域振興の取り組みを開始しました(図1)。ブロックチェーンを活用した地域通貨「Yell」を発行し、これと連携したスマートフォンのアプリを活用して、観光客の誘致、地域消費の促進、中小企業の資金調達に役立てることを目指したものです。

ブロックチェーン英語Blockchainブロックチェインとも[1][2])とは、分散型台帳技術[3]、または、分散型ネットワークである

                          



速報、拡散希望!

主権者、国会議員の皆様へ 日本再建の重要な情報。
山口薫博士に、#日本再興戦略 通貨発行権限を民間銀行から政府に移行するシステム設計案あり。
MMT理論の不完全性を踏襲。救世主!メッセージに注目ください!

MMT理論を批判的に、#日本再興戦略
を考える
公共貨幣イニシアティブ 山口薫

なんと、七年前に、アメリカで、MMT理論の人と公共通貨のグループが壇上でとつくみあいのけんかをしたんですつて!

⭕一時的財政出動は経済効果なし

⭕⭕日本銀行を政府が統合して、公共通貨省をつくると、437兆円(44%)の国債がチャラになる。
日本の国債所有者
171兆円(銀行所有17%)、205兆円(保険会社21%)、社会保障基金GPIF 60兆円(5%)、
海外48兆円(3%)

⭕郵貯民営化で、年金積立金など 2001年で、46兆円が、現在推定63兆円あまりが、海外へ投資されている。

⭕102兆円が、財投資財政融資資金 として、一般政府の債務から分離されている。官僚の裏金となつて運用されている。

#日本再建計画
⭕日本銀行の正体 
民間銀行になぜ、政府は、通貨発行権限を明け渡すのですか?

シカゴプラン
アメリカの経済学者が連名で民間銀行に通貨発行権限を明け渡す制度をやめましようとのプランを発表!
日本の経済学者と政治家は、通貨発行権の問題点に気がつかないのか?

アメリカに200兆円も金を貸している日本政府(亀井静香)
ーーーー
山口薫 公共通貨イニシアティブ


日本経済の成長率を取り戻す政治体制は?

◆⭕日本は世界のno1の地位を独占するものづくりの国だった。プラザ合意で急激な円高。その結果、製造業が海外へ移転。今も、日産は中国工場、トヨタはアメリカに工場。雇用の空洞化を産む。
この打撃が、日本経済の成長率を頭打ちにした。

愚かな政治による堕落がなければ。
日本人を食い潰しているのは政治家と官僚の汚職
中央政権の愚かな選択を切り替えれば、国民の生活は豊かになる
ーーー
5Gは、日本人の健康を破壊します。
ーーーー

#日本再建計画 地方自治体の再興戦略 NPO発行 地球通貨(年10%減価する通貨)を自治体が買い取り、ベーシックインカム10万円を収入のない住民に提供する。

すると、ものづくりを生業とする、喜びとする人材が移住

結果、優れたイノベーションが起こり、町は栄える!
#日本再建計画 地方自治体の再興戦略 NPO発行 地球通貨(年10%減価する通貨)を自治体が買い取り、ベーシックインカム10万円を収入のない住民に提供する。

すると、ものづくりを生業とする、喜びとする人材が移住してくる。その結果、優れたイノベーションが起こり、町は栄える!

山本太郎の政治秘書の安部芳裕さん

沖縄と淡路で公共通貨の
国家戦略特区構想

⭕⭕具体的には、山口薫さんの公共貨幣の道筋

ーーーー
FRBの株主は、JPモルガン
出資者は12の地銀

日本政府が経営破綻を日本国民の税金で救済するの?
利益相反は?
ーーーー

年金基金130兆円を株式投資することで、アベノミクスは、株価が安定しているように見せかけている。

年金基金から、クラスター爆弾製造会社の株を購入して、損失を出している。

郵貯銀行63兆円を海外投資へ回して、日本国内にお金を供給していない。
ーーーー

速報、拡散希望!
加計学園が、今治市に請求した 坪単価150万円と異様に高い見積もり
の支出明細が文書開示決定。
愛媛県と今治市が、半額支出した建設費用

高知市は、三菱JVと談合の違約金契約を交わしていました。それを行使して11億円の返金を訴訟で実現しています。

また、訴訟告知という手続きが民事訴訟にはあります。あなたも当事者ですよと告知をする仕組みです。
行政訴訟にも似たような手続きがあるはずですから、裁判所へ、国、愛媛県と今治市を呼び出してください。

速報、拡散希望!
⭕コミュニティ通貨イニシアティブを四国の #国家戦略特区 として実現したい!

#国家再興戦略 #骨太の方針2019 山口薫博士の公共貨幣イニシアティブは、MMT理論を踏襲しており、消費税廃止法案を実現する理論
https://youtu.be/0D1BwSi_7Eg

#選挙で変える
#選挙に行くか戦争に行くか

地方自治体通貨発行で、ベーシックインカム十万円を保障する。イノベーション人材を四国に呼び込む

内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局です。
RESAS関連イベントにご内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局です。
RESAS関連イベントにご登録いただいた方に、RESASの新着情報をお伝えします。

既にご案内をさせていただいております、「地方創生☆政策アイデアコンテスト2019」の
応募受付を、本日、7月16日(火)より開始いたしました!
募集期間は、7月16日(火)〜10月9日(水)までの約3ヶ月間です。
詳しくは、以下のコンテスト公式サイトよりご確認ください。

▼「地方創生☆政策アイデアコンテスト2019」公式サイト
  https://contest.resas-portal.go.jp/2019/

今年度も、皆様からのご応募を心よりお待ちしております!

(以下参考)
▼「地方創生☆政策アイデアコンテスト2019」スケジュール(予定)
 応募受付期間         : 2019年7月16日(火)〜10月9日(水)
 地方審査期間         : 2019年10月上旬〜11月上旬
 全国第一次審査期間      : 2019年11月上旬〜11月下旬
 最終審査会          : 2019年12月14日(土)
                          中央合同庁舎第8号館 講堂(内閣府)
                         (東京都千代田区永田町1 丁目6−1)
▼「地方創生☆政策アイデアコンテスト2018」(昨年度のコンテスト公式サイト)
  https://contest.resas-portal.go.jp/2018/

--------------------------------------------------------
内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局
内閣府 地方創生推進室
ビッグデータチーム
担当:宇野、佐々木、西郷、河西、島村
電話:03-3581-4541 メール:j.resas.j9j@cas.go.jp
--------------------------------------------------------登録いただいた方に、RESASの新着情報をお伝えします。

既にご案内をさせていただいております、「地方創生☆政策アイデアコンテスト2019」の
応募受付を、本日、7月16日(火)より開始いたしました!
募集期間は、7月16日(火)〜10月9日(水)までの約3ヶ月間です。
詳しくは、以下のコンテスト公式サイトよりご確認ください。

▼「地方創生☆政策アイデアコンテスト2019」公式サイト
  https://contest.resas-portal.go.jp/2019/

今年度も、皆様からのご応募を心よりお待ちしております!

(以下参考)
▼「地方創生☆政策アイデアコンテスト2019」スケジュール(予定)
 応募受付期間         : 2019年7月16日(火)〜10月9日(水)
 地方審査期間         : 2019年10月上旬〜11月上旬
 全国第一次審査期間      : 2019年11月上旬〜11月下旬
 最終審査会          : 2019年12月14日(土)
                          中央合同庁舎第8号館 講堂(内閣府)
                         (東京都千代田区永田町1 丁目6−1)
▼「地方創生☆政策アイデアコンテスト2018」(昨年度のコンテスト公式サイト)
  https://contest.resas-portal.go.jp/2018/

--------------------------------------------------------
内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局
内閣府 地方創生推進室
ビッグデータチーム
担当:宇野、佐々木、西郷、河西、島村
電話:03-3581-4541 メール:j.resas.j9j@cas.go.jp

--------------------------------------------------------

全339ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事