「コッツプレイス」 の ブログ

どこか行きたいね。 どこがいいかな。

全体表示

[ リスト ]

永平寺、山門の四天王

禅の里、永平寺に来ています。
大きなお寺なので七堂伽藍の廊下伝いに次々とお堂を巡るだけで随分と時間がかかります。
 
イメージ 1
 
七堂伽藍の廊下から人だかりしている場所が見えました。
行ってみましょう。 

イメージ 2
 
そこは、永平寺の山門でした。
 
山門は、ケヤキ造りの楼門で、1749年に再建された永平寺最古の建物だそうです。
 
イメージ 3
 
山門の東側には持国天と多聞天、西側には広目天と増長天が祀られていて、仏様や仏教の教えを外敵から守っているのです。
 
イメージ 4


イメージ 5
 
山門に掲げられていたのは、永平寺の山号の由来である「吉祥の額」でした
 
イメージ 6
 
網目を避けるようにレンズを向けて、四天王を一体づつ撮ってみました。
 
イメージ 7
 
東方を守るのは、持国天(じこくてん)です。
持国天はインド神話の中で、インドラ(帝釈天のこと)の配下の方位の神でした。
仏教の世界では、仏に帰依し、仏様や仏教の教え(仏法)を守護する役割を担います。 
 
イメージ 8
   
北方を守るのは、多聞天です。
多聞天は、一般的には毘沙門天の名前で知られる四天王です。
仏教では北方が最も重要な要とされており、四天王最強の神様として北方を守護します。
  
イメージ 9
  
西方を守るのは、広目天です。
広目天はサンスクリット語の「様々な眼を持つもの」という言葉の漢訳で、インド神話の神が仏教に帰依して仏法の守護神となりました。
様々なものを見抜く力があると言われる神様で、他の四天王と違い武器を持たず筆を持っています。
 
イメージ 10
 
南方を守るのは、増長天です。
増長天は、仏教における天部の仏神です。
甲冑を身に着けた唐代の武将風の姿で赤い顔が印象的でした。
 
イメージ 11
 
この山門は、雲水(修行僧)が正式に入門する時、そして修行を終えて永平寺を出る時、その二回しか通ることが許されない門なのです。
 
イメージ 12
 
まだまだ広い永平寺、
明日も、もう少しだけ、永平寺をご紹介したいと思います。
 
つづく
 

閉じる コメント(4)

ド迫力です。

2019/7/25(木) 午後 10:22 チーフ

こんばんは\(^^)/

これは、見応えがありますね〜
こんなにカラフルな像見たことがないです。
続き、お待ちしてます!

ナイス☆

2019/7/25(木) 午後 10:35 [ bey230shin ]

> チーフさん、おはようございます
4体あって迫力がありました
(⌒ω⌒。)ニコ

2019/7/26(金) 午前 7:45 Cots Place

> bey230shinさん、お早うございます
思いつくままのアップなので
順番がめちゃくちゃなのはご容赦を
(^_^)ニコ

2019/7/26(金) 午前 7:47 Cots Place


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事