「コッツプレイス」 の ブログ

どこか行きたいね。 どこがいいかな。

全体表示

[ リスト ]


禅の里、永平寺を七堂伽藍の廊下伝いにお堂巡りをしています。
 
イメージ 18

かなり広いのですが、七堂伽藍の渡り廊下があるので、たとえ雨が降っても平気ですし、暑い夏は日差しが遮られるので参拝しやすいです。

イメージ 1
  
大庫院は、 昭和5年の建築で、地上3階地下1階の近代木造建築で、台所兼事務所の役を果たしているそうです。
 
イメージ 2
 
建築当時のエレベーターが現存しており、これは稼動中のものとしては日本最古だといわれています。
  
イメージ 3
 
仏殿は、 明治35年の建築になります。
 
イメージ 4
 
本尊の久遠実成の釈迦・方便の釈迦・無量寿の釈迦(阿弥陀如来)の三世仏(過去・現在・未来を表す)の他、禅宗初祖の達磨像、道元の師である如浄禅師像などが安置されています。
 
イメージ 5
 
法堂と書いて、「はっとう」といいます。
  
イメージ 6
 
 天保14年(1843年)の建築で、聖観音像が安置されています。
 
イメージ 7
 
柱飾りは龍ですね。
 
イメージ 8
 
欄干飾りは、「キノコの里」のような飾りつけ。
 
イメージ 9
  
それがある場所は、承陽殿でした。 
 
イメージ 11
 
明治14年建築の開山道元の廟で、道元以下第5世までの住職の像を安置しているそうです。
 
イメージ 10
 
承陽の額は、明治天皇から贈られたものだとか。
 
イメージ 12
 
そんな所縁もあって、香炉には菊花紋が光り輝いてます。
 
イメージ 13
 
永平寺境内の新緑がとても鮮やかで奇麗でした。
 
イメージ 14
 
落ち葉一つ落ちてません、庭の隅々まで掃き清められていますね。
 
イメージ 15
  
毎日のように、雲水(修行僧)が清掃修行をしているのでしょうか。
 
イメージ 16
 
とても素晴らしく見ごたえのある永平寺でした。
 
イメージ 17
 
帰りに、少しだけ、禅をさせていただきましょうか。
 
その様子は、また明日。
 
つづく
 


閉じる コメント(2)

見事な装飾?の数々、すごいです。

2019/7/27(土) 午前 8:45 チーフ

> チーフさん、こんばんは〜
とても広い敷地なので珍しいものがたくさんあるようです
(⌒ω⌒。)ニコ

2019/7/28(日) 午後 11:17 Cots Place


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事