「コッツプレイス」 の ブログ

どこか行きたいね。 どこがいいかな。

旅行記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全145ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

2019年5月25日
 
朝一番の飛行機で名古屋から鹿児島へ観光に来ています。
 
ランチを済ませたら、鹿児島中央駅からカゴシマシティビューに乗って観光地巡りをしましょうか。

イメージ 1
 
最初に下車したのは、城山です。
 
イメージ 4
 
緑に囲まれた展望台からは鹿児島の市街地と、錦江湾、桜島が一枚のフレームにきっちり収まります。

ズームアップしてみました、少しもやっているのが残念ですが、晴天に恵まれたので良しとしましょう。
 
イメージ 2
 
売店と西郷さんの顔出しパネルです。
  
イメージ 3
 
おぉ〜っ、桜島から噴煙が・・・・・・
 
イメージ 5
  
あははっ、嘘でした。
噴煙を上げた時の写真が展示してあったので、それを撮ったんです。 
  
イメージ 6
 
今でも活動している桜島へは、翌日に観光する予定です。
 
イメージ 7
 
城山自然遊歩道を歩いて下山します。
なぜならば、カゴシマシティビューの運行が30分間隔だから。
 
イメージ 8
 
バスを待つよりも歩いて下山した方がいろいろ楽しめると思いました。
 
イメージ 9
  
島津家第22代当主継豊が、水圧を利用して城山の北端、冷水町の水源がら城下まで水をひく水道施設を建設したので城下で皆が自由に水を使うことができたそうです。
 
イメージ 10
 
この水は、慶長年間に鹿児島を訪れた関白近衛信輔がすずりの水に使用したとか。
名水は「近衛の水」と称えられました。
 
イメージ 11
 
城山の下まで降りてきました。
 
イメージ 12
 
鹿児島城跡の門は工事中でした。
 
イメージ 13
 
柵がしてあり、こちらからは入ることが出来ません。
 
イメージ 14
 
残念ですが、次回のお楽しみにしておきましょう。
 
イメージ 15
 
西南戦争の縦断跡があるのだとか。
 
イメージ 16
 
案内鞄よりも右側の塀にあるそうです。
 
イメージ 17
  
よく見てみると、窪んだ跡がたくさんあります。 
  
イメージ 18
 
鉄砲の威力って凄いですね。
 
イメージ 19
 
西南戦争で城山において西郷隆盛が自決したのでしたね。
 
あっ、カゴシマシティビューが来ました。
次は、仙巖園で下車したいと思います。

つづく 
 
2019年5月25日
 
朝一番の飛行機で鹿児島へやってきました。
鹿児島市の玄関口、鹿児島中央駅の観光案内所で「市電・市バス・桜島フェリー共通乗車券〜キュート〜」の二日券を手に入れました。

イメージ 3
 
聞くところによると、土日限定で観光レトロ電車「かごでん」が運行されているのだとか、

運行ルートは、「鹿児島中央駅前」(発)〜「天文館通(上り)」〜「いづろ通」〜「鹿児島駅前」(約10分間の休憩)〜「水族館口」〜「天文館通」〜「高見馬場」〜「武之橋」〜「騎射場」〜「郡元」〜「純心学園前」〜「神田(交通局前)」〜「市立病院前」〜「鹿児島中央駅前」(着)です。

イメージ 1
 
さっそく乗車させていただき、路面電車の中から観光地を把握しましょう。
 
イメージ 2
  
乗車したのは、鹿児島中央駅前の電停です。
JR鹿児島中央駅の東口側(桜島が見える方)になります。 
  
イメージ 5
 
鹿児島中央駅前には、江戸時代の末期に国禁を犯して海外留学を果たし、新生日本を建設する原動力となった薩摩藩英国留学生をモチーフにした銅像『若き薩摩の群像』が建てられています。 
 
イメージ 4
 
かごでんには、観光ガイドとして市民ボランティアの方が二名乗車され、観光案内説明をしながら鹿児島市内を巡ります。
 
イメージ 6
 
いろんなところに銅像があって、それぞれ説明を聞きますが・・・・・
電車の中からだとあまり実感がわきません。
実際に徒歩で行ってみたいと思いました。
 
イメージ 7
 
アーケードのある場所は「天文館」というところです。
昔は天文台があったので名付けられたようですが、今は南九州最大の繁華街となっています。
下車できないのが残念です、後で遊びに行きましょう。
 イメージ 8
 
トコトコ走った路面電車が到着したのは、鹿児島駅でした。
なんとなくひっそりしている鹿児島駅の電停です。
 
イメージ 9
 
ホームが三つあって、路面電車はここで折り返しとなっています。
 
イメージ 10
 
暫く休憩した後、かごでんに乗り込んで、再出発です。
 
イメージ 11
  
観光レトロ電車「かごでん」は、鹿児島市電車運行100周年を記念し、大正時代から昭和30年代まで運行していた木製電車をイメージしてを製作されました。
  
イメージ 12
 
なので、レトロ電車といっても比較的新しい電車なんですね。
 
イメージ 13
 
高見馬場付近に石畳の坂道がありました。
高見馬場はこの周辺の通称で、江戸時代にこの付近の高台に馬場があったことから呼ばれるようになったとか、
現在では高台も削られビルが林立している状態ですが、この石畳ある場所だけが面影を残しているようです
 
イメージ 14
 
車窓から桜島を眺めながら、鹿児島中央駅に戻ってきました。
 
イメージ 15
 
レトロ電車も趣がありますが、最新型のトラムも素敵です。
 
イメージ 16
 
低床電車になっていて、お年寄りにも優しい電車です。
 
イメージ 17
 
運転席の眺めもいいですね〜
 
イメージ 18
 
さて、初日のランチは何を頂きましょうかねぇ〜
 



2019年5月25日
 
朝一番の飛行機で鹿児島へやってきました。
空港にも観光案内所がありましたが・・・・・・
鹿児島中央駅の観光案内所を利用しましょう。

イメージ 1
 
鹿児島空港に、砂で作った竜馬とお龍が・・・・・
 
イメージ 2
 
竜馬とお龍の新婚旅行の地なのだとか、
 
イメージ 3
 
1866年寺田屋事件で傷を負った龍馬が、西郷隆盛や小松帯刀の薦めにより、妻のお龍とともに霧島に湯治療養に訪れたのです。
これが日本で最初の新婚旅行なのだそうです。
 
イメージ 4
 
2019吹上浜砂の祭典は、5/1〜5/26まででした、
祭典の砂像テーマは 『 リトルモンスター 〜Change The World〜 』
残念ながら今回の旅の予定には入ってないんです。
 
イメージ 5
  
鹿児島空港にあった足湯には、「おやっとさぁ」と書かれていますね。
「おやっとさぁ」は鹿児島弁で、「お疲れ様」の意味だそうです。 
 
イメージ 6
 
足湯を錦江湾に見立てているのか、石で作った桜島のオブジェもありました。
桜島のパネルも飾られてますよ〜、ここには旅する予定です。
 
イメージ 7
 
石で作ったこちらの山は・・・・・ほほ〜っ、霧島山ですか。
 
イメージ 8
 
こちらは、残念ながら今回の旅の予定には入ってないんです。
 
イメージ 9
 
鹿児島中央駅行きのリムジンバスがやってきました。
乗り込んで約40分で鹿児島中央駅に到着しました。
  
イメージ 10
  
この駅の旧称は西鹿児島駅でした。
日本最南端の新幹線停車駅として公募により鹿児島中央駅に改名されました。
  
イメージ 11
 
駅舎内にある鹿児島の総合観光案内所で旅の情報をゲットします。
 
イメージ 12
  
観光案内所で購入したのは、とってもお得なチケットの「〜キュート〜」です。 
  
イメージ 15
 
なんと、この券を使えば、市バス、市電、桜島フェリー、鹿児島シティービュー(観光地周遊バス)、桜島アイランドビュー(観光地周遊バス)、観光レトロ電車「かごでん」、カゴシマシティビュー夜景コース、よりみちクルーズなどが乗り放題になるのです。
 
イメージ 13
  
二日券がとってもお得なので、これを買っちゃいました。
 
こんなに沢山乗れちゃうので、鹿児島市内観光の強い味方です。
 
イメージ 16
 
観光案内所で買った「〜キュート〜」は、自分で利用日に相当する箇所をコインで削ります。
  
えっと、この日は2019年5月25日なので・・・・・
2019年の所と・・・・・5月の所・・・・・
25日の所と・・・・・26日の所を削るのです。
 
イメージ 14
 
えっ、26日の所が削ってないって・・・・・・ちゃんと明日削りますからご心配なく。
 
それでは、観光レトロ電車「かごでん」に乗って、ベテランガイドの説明を聞きながら市内を電車で一周しましょう。
 
つづく
 



2019年5月25日
 
今回は、ジェットスタージャパンの飛行機で旅します。
その理由は・・・・・・格安で飛行機旅が出来るから・・・・・
 
今回支払った一人当たりの運賃は、
名古屋から鹿児島までの片道運賃が3580円
座席指定料金が550円
支払手数料が600円
施設使用料が310円
ディスカウントで-110円
計4930円で名古屋から鹿児島までの空の旅が楽しめます。
バーゲンセールが始まる前に予約しましたが、バーゲンセールならもっと安く乗れるかも!!
 
Web予約して、自宅でオンラインチェックインをしてあるので、保安検査場を通って直接搭乗口まで行けるのです。

イメージ 1
  
中部国際空港(名古屋)を7時50分発のJETSTAR GK691便です。
鹿児島到着は、9時15分の予定です。
LCCは運賃が安いので、この日も満席になっていました。
 
イメージ 2
 
機内のドリンクサービスは、事前にバウチャーを購入しているか、料金を支払えば利用できます。
私は・・・・・・、
バウチャーを買っていないので、空港の売店で買ってきたものを頂きます。
(持込品の飲酒は禁止されており、機内で購入する必要があります)
お〜いお茶は、アルコールじゃないのでOKなのよ〜
 
イメージ 3
 
博多明太子のおにぎりに、名古屋名物のみそかつサンド!!
最強の組み合わせなのだ〜
 
イメージ 4
 
やっぱり名古屋の味噌カツは・・・・・・まいう〜
 
おぃおぃ、まてよ・・・・・
そういえば、鹿児島で黒豚を食べるんだった・・・・
 
あちゃ〜
 
気ままな、珍道中旅の始まりです。

つづく


2019年5月4日
 
北陸おでかけパスを利用して、あわら温泉を楽しむ旅の帰りは、福井駅で途中下車しました。

イメージ 1
  
なぜならば、行きに福井駅に立ち寄った時、
「幸-FULL TICKET」
のパンフレットを貰っていたからです。 
  
イメージ 2
 
千円で「幸-FULL TICKET」を買うと、3枚のクーポンが付いています。
 
イメージ 3
  
そのクーポンを利用して、銘店で美味しいものがゲット出来ちゃいます。
 イメージ 4
  
クーポンは「えきちか」や「えきにし」やそのまわりにあるお店で使えるのです。 
 
イメージ 5
  
さて、どこのお店で何と引き換えようかな〜
   
イメージ 6
 
千円で3枚のクーポンが付いているので、クーポン1枚当たり333円になりますが・・・・・・
クーポン1枚で500円以上の品と引き換え出来るお店もいくつかありますね。
 
イメージ 7
 
福井での滞在時間が90分程なので、あまり遠くへは行けません。
 
イメージ 8
  
とりあえず、今回は「えきちか」マップで選ぶことにします。
   
イメージ 9
 
どの店を選んだと思いますか〜
 
気になる人は、明日のブログでね。

つづく

  














全145ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事