「コッツプレイス」 の ブログ

どこか行きたいね。 どこがいいかな。

旅行記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
もうすぐ結婚30周年、
真珠婚のお祝いは、北海道旅行
銀婚のお祝いも北海道旅行でしたけどね・・・・

イメージ 1
銀婚のお祝いで行ったのは、秋の札幌でした。
イメージ 2
一通り、有名観光地を回ったのですが・・・・
イメージ 3
北海道大学に牛がいて驚いたり・・・
イメージ 4
余市もマッサンで盛り上がっていたな〜
イメージ 5
小樽観光もしたし・・・・
イメージ 6
登別温泉にも行きましたよ。
イメージ 7
川が足湯になっていて驚きました
イメージ 8
 
さて、今回も札幌旅なんですが、まだ、行ってないところを探さなきゃ・・・・・
 
今回はLCCで2泊3日のフリー旅です。
一日目のスケジュールを組み終えたところです。

7:05 中部国際空港(名古屋)搭乗手続締切
7:25 中部国際空港(名古屋)離陸
AirAsia DJ1便 
9:10 新千歳空港(札幌)到着
🍜 新千歳空港でラーメンを!!
10:30 新千歳空港駅
🚈 JRエアポートライナー 札幌行
10:37 千歳駅
10:43 千歳駅
🚃 JR普通 札幌行
10:49 サッポロビール庭園駅
徒歩10分
11:00 🍺 サッポロビール北海道工場 ガイドツアー60分
12:00 サッポロビール庭園レストラン「ヴァルハラ」 美しい庭園を眺めながらジンギスカンを・・・・
徒歩10分
13:16 サッポロビール庭園駅
🚃 JR普通 手稲行
13:19 恵庭駅
13:43 恵庭駅
🚈 JRエアポートライナー 小樽行
14:13 札幌駅
14:30 札幌駅
🚌 北海道中央バス・羊ケ丘線
15:08  羊ケ丘展望台
少年よ大志を抱け!!!
16:01 羊ケ丘展望台
🚌 北海道中央バス・福住駅行
16:17 福住駅
16:20 福住駅
🚃 地下鉄東豊線・栄町行
16:30 豊水すすきの
16:40 すすきの
🚎 札幌市電
17:04 ロープウェイ入口
徒歩1分
17:15 無料シャトルバス乗場 南19西15
🚌
17:20 もいわ山麓駅
17:30 もいわ山麓駅 ロープウエイ
🚎
17:35 もいわ中腹駅
17:40 もいわ中腹駅 モーリスカー
🚎
17:42 もいわ山頂駅
🍺
この後は成り行きで・・・・すすきので居酒屋
初日終了
だいたいこんな感じで観光したいと思います。
二日目と三日目は、またあとで計画します。

二日目は、レンタカーを借りて、定山渓の紅葉と温泉を楽しむつもりです。




 
LCC(格安航空会社)のジェットスタージャパンで、Super star sale をやっていました。
高知〜大阪の片道運賃が1,990円なのはメールを見て知っていましたが名古屋じゃないので無視していました。

ところが・・・・・
先日、何気なくJetstarのサイトを確認すると、名古屋発も安かったのです。
名古屋〜鹿児島が3,390円
名古屋〜福岡が3,990円
名古屋〜札幌が4,090円
名古屋〜沖縄が4,490円 なんですよね〜
 
イメージ 1
 
発売期間は8/9の18:00から、8/19日の18:00までなんです。
もう締め切りが迫っているので、売り切れちゃったかな〜
 
行先は、行ったことがない沖縄が希望です。
土日の休みを有効に使って計画することにしました。

飛行機の空席と値段と休みを勘案して、来年の1月に計画してみました。
行きは最安運賃の4,490円で、帰りは+500円の4,990円で予約できました。

これとは別に、
座席指定料590円(座席指定しなければ0円)
支払手数料600円(クレジット支払いの場合)
施設使用料430円かかりました。
つまり、1,620円の追加費用がかかるので、
行きは6,110円、帰りは6,610円となりました。
往復で12,720円ですね。

この価格なら、一般的な航空会社の早割運賃の名古屋〜福岡の片道運賃より安いです。

Jetstarは、5月の鹿児島旅で利用させてもらっていて勝手がわかっているし、旅費を節約した分は観光やグルメに回します。
とっても楽しい旅が出来そうです。

イメージ 2
 
先に沖縄旅した人の情報で「おきなわステーキ」の千円ランチがお値打ちらしい。
で、その時の写真をLINEしてもらいました。
 
イメージ 4
 
うるま市の「じゅうじゅう亭」のランチも300gで千円だとか。
 
イメージ 3
 
沖縄観光ももちろん楽しみだけど・・・・・
こちらの魅力もいいですね〜
 
来年が待ち遠しい・・・・

ちなみに、
Jetstar の Super star sale は、本日19日の18:00までですよ。
気になる方はお早めに。
 





旧開智学校校舎 国宝指定について



旧開智学校は、現存する日本で最古の小学校です。


 
旧開智学校校舎は、1961年から国の重要文化財として指定されておりますが、2019年に近代学校建築として初めて国宝指定される見込みです。


 
令和元年5月17日、国の文化審議会が文部科学大臣に旧開智学校校舎を国宝に指定するよう答申しました。

今後の官報告示をを経て正式な指定となるそうです。


 
二年前に見学させてもらいましたが、とても感銘を受けた建物でした。


 
二年前のブログの様子は、こちらになります

鈍行列車日帰り旅 松本編 Part.8 旧開智学校

鈍行列車日帰り旅 松本編 Part.9 旧開智学校Vol.2

鈍行列車日帰り旅 松本編 Part.10 旧開智学校Vol.3


松本へは、青春18きっぷを使って、愛知県からの日帰り旅でした。
その様子は、こちらです。(旧開智学校のところは上記と同じです)
松本は、国宝が二つもある観光地になりましたね。
 
 
永平寺の参拝後に「ひといき座禅を楽しみましょう。
 
こちらの建物は、何でしょうね〜

イメージ 1
  
浴室の入口でした、一般の人はここから先は入ることはできません
  
イメージ 2
 
浴室と東司(トイレ)は、三黙道場と言って、私語が禁じられた大切な修行道場なのだそうです。
 
イメージ 3
 
浴室の様子の写真パネルがありましたので撮ってみました。
 
イメージ 14
 
次にやってきたのは、大祠堂殿です。
 
イメージ 13
 
ここには、全国各地の信徒やその家族たちの、何千にもおよぶ位牌・遺骨が安置されています。
 
イメージ 4
 
この怖いお顔の方は・・・・・
閻魔大王も安置されていました。
 
イメージ 12
 
大祠堂殿(祠堂殿・舎利殿)は、1930年の建築のお堂です。
 
イメージ 5
 
周りに安置された、位牌・遺骨の数々は、毎朝の勤行で懇ろに供養されているそうです。
  
イメージ 6
  
信者が寄進した大数珠は、長さが18m、重さ250キロもあるようです。
  
イメージ 28
  
凄く大きな数珠ですね。
  
イメージ 11
 
永平寺に安置してある位牌の数々です。
 
イメージ 7
 
よく見ると、地域ごとに整理して安置してありますね。
 
イメージ 8
 
東日本大震災の被災物故者諸精霊位もありました。
 
イメージ 9
 
いや〜、埋もれてしまうような数の位牌は圧巻ですね。
 
イメージ 10
 
永平寺の参拝後に見かけた禅のお誘いです。
 
イメージ 15
 
壁には図解で禅のやり方が書かれています。
 
イメージ 16
 
いまは誰も体験してませんね〜
 
イメージ 17
  
ひといき座禅は、英語では 3minZAZENと紹介がありました。
 
イメージ 18
 
坐不を前に、自位に向かって合掌低頭します。
 
イメージ 19
 
次に右回りをして、向かいの方へ合掌低頭します。
 
イメージ 20
 
足を組みます。 
 
イメージ 21
 
手の平を上にして、膝に置き、だんだん小さくゆれる。
 
イメージ 22
  
手は法界定印を組み、舌の先を上の葉の内側の付け根につける。 
  
イメージ 23
 
視線は1mほど先の床に置く。
 
イメージ 24
 
姿勢・呼吸・心をゆったり調えて静かに座る。
 
イメージ 25
 
3分間このまま・・・・・
 
イメージ 27
 
なんとなく、心が落ち着いてきましたよ。
 
イメージ 26




禅の里、永平寺を七堂伽藍の廊下伝いにお堂巡りをしています。
 
イメージ 18

かなり広いのですが、七堂伽藍の渡り廊下があるので、たとえ雨が降っても平気ですし、暑い夏は日差しが遮られるので参拝しやすいです。

イメージ 1
  
大庫院は、 昭和5年の建築で、地上3階地下1階の近代木造建築で、台所兼事務所の役を果たしているそうです。
 
イメージ 2
 
建築当時のエレベーターが現存しており、これは稼動中のものとしては日本最古だといわれています。
  
イメージ 3
 
仏殿は、 明治35年の建築になります。
 
イメージ 4
 
本尊の久遠実成の釈迦・方便の釈迦・無量寿の釈迦(阿弥陀如来)の三世仏(過去・現在・未来を表す)の他、禅宗初祖の達磨像、道元の師である如浄禅師像などが安置されています。
 
イメージ 5
 
法堂と書いて、「はっとう」といいます。
  
イメージ 6
 
 天保14年(1843年)の建築で、聖観音像が安置されています。
 
イメージ 7
 
柱飾りは龍ですね。
 
イメージ 8
 
欄干飾りは、「キノコの里」のような飾りつけ。
 
イメージ 9
  
それがある場所は、承陽殿でした。 
 
イメージ 11
 
明治14年建築の開山道元の廟で、道元以下第5世までの住職の像を安置しているそうです。
 
イメージ 10
 
承陽の額は、明治天皇から贈られたものだとか。
 
イメージ 12
 
そんな所縁もあって、香炉には菊花紋が光り輝いてます。
 
イメージ 13
 
永平寺境内の新緑がとても鮮やかで奇麗でした。
 
イメージ 14
 
落ち葉一つ落ちてません、庭の隅々まで掃き清められていますね。
 
イメージ 15
  
毎日のように、雲水(修行僧)が清掃修行をしているのでしょうか。
 
イメージ 16
 
とても素晴らしく見ごたえのある永平寺でした。
 
イメージ 17
 
帰りに、少しだけ、禅をさせていただきましょうか。
 
その様子は、また明日。
 
つづく
 



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事