「コッツプレイス」 の ブログ

どこか行きたいね。 どこがいいかな。

ハイキング

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2019年5月11日
 
四日市の萬古祭りに行ってきました。

さわやかウォーキングのコースになっていたので、寄り道しました。
 
イメージ 1
  
国の伝統工芸品に指定されている萬古焼の土鍋、急須、花器などの露店がずらりと並び、多くの人で賑わいます。 
  
イメージ 2
 
ばんこの里会館では、モザイクタイルでコースターを作ったり、萬古焼ねんど遊び体験や食器の絵付け体験もあって家族で楽しむことが出来ます。
 
イメージ 3
 
露店を廻って掘り出し物を探すのもいいですよね〜
 
イメージ 4
 
BANKO 300thプロジェクトとは、沼波弄山翁の生誕300年から、20年後に迎える開窯300年に向けて、萬古焼の魅力を発信しているプロジェクト。 
 
イメージ 5
 
あれっ、この姿は・・・・・
組織票を大量に持っている四日市市のマスコットキャラクター。
 
イメージ 6
 
全国のご当地キャラクターを競う「ゆるキャラグランプリ2018」で、組織票が有るとか無いとかで有名になってしまいましたが・・・・・

イメージ 7
 
そんなことは関係なしに頑張ってますよ〜。

こちらは、土鍋キャラの「ポッターくん」です。
  
イメージ 8
  
萬古焼のひとつである耐熱陶器土鍋をかたどった顔に炎のデザインの胴体です。

イメージ 9
 
萬古神社もありました。
昭和10年に萬古協同組合と萬古商工協同組合によって創建された神社で、
御祭神は火産霊、埴山彦神、埴山姫神、沼波弄山なのだとか。

イメージ 10
 
ウォーキングの最中なんですが・・・・・掘り出し物探しに夢中です。
いつもの事ですが、両手に買い物袋をぶら下げてウォーキングになっちゃいましたので、写真が撮れませんでした。


開く コメント(8)

2019年4月28日
東海道線の熱田駅がスタートのさわやかウォーキング、
「名古屋の和洋異なる二大庭園とてづくり朝市を訪ねて」
に参加しています。

東別院のてづくり朝市が激込みで、長蛇の列はお寺の外まで続いています。

イメージ 1
 
メーテレの前も行列が・・・・
 
イメージ 2
 
あっ、メーテレのゆるキャラちゃん!!
名前は・・・・・えっと・・・・・ウルフィだったかな。
 
イメージ 3
 
花屋さんの前に大きなボールが・・・・
 
イメージ 4
 
素敵なフラワーボールになってます。
 
イメージ 5
 
なんだかんだ言いながら・・・・もうすぐフラリエに到着です。
 
イメージ 6
 
旧ランの館として親しまれていた庭園を「フラリエ」という公園にしています。 
 
イメージ 7
 
『フラリエ』というのは、「ふらり」+「フラワー」+「アトリエ」による造語なのだそうです。
 
イメージ 8
 
緑がふわふわ、モフリッチです。
テントウムシも飾り物。
 
イメージ 9
 
買っちゃいました〜、
ブラささげてウォーキングです、あはっ!!
 
イメージ 10
 
きれいな薔薇も欲しいけど、棘があるのは御免です。
 
イメージ 11
 
さあ、クリスタルガーデンを一周しましょうか。
 
イメージ 12
 
元来、ここの建物はラン愛好家の欧州の外交官アジョナ・オーキッドの邸宅という設定で作られていました。
 
イメージ 13
 
中庭はスペインのパティオ、アトリウムの屋根はロンドン万国博覧会の水晶宮をイメージして造られていました。
 
イメージ 14

入園者の低迷から事業仕分けで2014年に廃止になり・・・・・・

イメージ 15
 
2014年に公園として再整備され、久屋大通庭園フラリエとして新たにスタートしたのです。
 
イメージ 16
 
「人々の憩いの場、交流・にぎわいの場」を基本コンセプトとした公園になっています。
 
イメージ 17
 
洋風の庭園ですが、和の雰囲気も感じられました。
 
イメージ 18
 
公園の一角では・・・・・
 
イメージ 19
  
花弁がたくさん散っているところがありました。
  
イメージ 20
 
フラワーシャワーをした後ですね。
 
イメージ 21
 
ハッピーウエディング、姿なきお二人さん、お幸せに!!
 
イメージ 22
 
ガーデンの片隅には、アジアチックな置物もあったりして・・・・
 
イメージ 23
 
多国籍の雰囲気がする庭園なのでした。
 
イメージ 24
 
あとは真っすぐ歩いてゴールです。
 
イメージ 25
 
ゴールのJR中央線、鶴舞駅に到着です。
 
鶴舞公園に隣接している駅なのですが・・・・読み方がややこしい。
JRも地下鉄も駅名は「つるまい」、
ところが、公園名は「つるま公園」、
近くの図書館は「つるま中央図書館」、
小学校も「つるま小学校」、
町名は「つるまい」・・・・・・

およよ〜


開く コメント(8)

青大悲寺〜東別院

2019年4月28日
東海道線の熱田駅がスタートのさわやかウォーキング、
「名古屋の和洋異なる二大庭園とてづくり朝市を訪ねて」
に参加しています。

きのうは、スタートから熱田神宮公園までをご紹介しましたが、
今日はその続きになります。

イメージ 1
 
青大悲寺(せいだいひじ)は、如来教という尼寺だそうな。
  
イメージ 2

門をくぐり境内に入ると、掃き清められた美しい庭がお出迎えしてくれます。

イメージ 3
 
楓や松などの木が植えられていて、日本庭園風の境内になっています。
 
イメージ 4
 
如来教というのは、宝暦6年(1756)、この地で生まれた「きの」という女性が、享和2年(1802)に開いた新興宗教たそうな。
 
イメージ 5
 
一時期キリシタンの嫌疑をうけ衰えたが、明治期に小寺大拙が中興し、曹洞宗に属していました。
 
イメージ 6
 
昭和27年(1952)宗教法人如来宗として独立し、昭和37年(1962)如来教に名称を改めたという。

イメージ 7
 
開祖「きの」の説法の記録は「御教様」と呼ばれ、名古屋弁そのままの語り方を特徴としているらしい。
 
イメージ 8
 
お寺の通りに面して地蔵堂があり、青大悲寺の鉄地蔵と呼ばれています。
 
イメージ 9
 
この鉄地蔵は、室町時代に作られたもので、正式には「鋳鉄地蔵菩薩立像」という愛知県の指定文化財なのだそうな。
 
イメージ 10
 
ほぼ等身大のお地蔵様だそうで、鋳鉄職人の拠点地がこの近くにあったようです。
 
イメージ 11
 
堀川を上流へ向けて上ります。
 
イメージ 12
 
名鉄とJRの鉄橋下をくぐり抜けます。
 
ちょうど、頭の上を電車が通り、少しだけ吃驚しました。
 
イメージ 13
 
闇之森八幡社にやってきました。
かつて神域には大木が鬱蒼と茂り、それは月の光も射さぬと句に詠まれるほどで、いつしか闇の森と呼ばれるようになったそうですが・・・・・
今はその面影はありません。
 
イメージ 14
 
「東別院」にやってきました。
真宗本廟(東本願寺)を本山と仰ぐ、真宗大谷派名古屋別院となっています。
 
イメージ 15
  
この日は東別院てづくり朝市が開催されていて、とても混雑していますね。   
イメージ 16
 
真宗大谷派の宗祖“親鸞聖人”のご命日(毎月28日)に境内で開催されます。
約150店舗もの、有機無農薬の野菜、手作りのパンやお菓子、家庭料理、雑貨などの出店があり人気を博しているようです。

イメージ 17

ゆるキャラも登場してのおもてなし・・・・

ここで、昼食をとるつもりでしたが、どの店も激込みで長蛇の列!!
諦めて、フラリエまで我慢することにしました。

つづく

開く コメント(14)

 
1週間ほど前から顔面麻痺で、ただでさえ侮男が・・・・ひどい顔になっちゃって・・・・
 
でも・・・・外出を控えようなんて気にはなりませんよ。
 
この日もさわやかウォーキングに参加しました。
 
イメージ 1
  
東海道線の熱田駅がスタートの、
「名古屋の和洋異なる二大庭園とてづくり朝市を訪ねて」
でした。
 
イメージ 2
 
約7.8kmの2時間20分のコースになっています。
 
イメージ 3
 
駅員さんに見送られてスタートです。
 
イメージ 4
 
途中の歩道に池がありました。
 
イメージ 5
 
えっ!!メダカですか〜
最近すっかり見なくなったけど・・・・・
 
イメージ 6
 
水源からは綺麗な水が流れ出ていますね。
 
イメージ 7
 
♪めだかの学校は 川のなか
そっとのぞいて みてごらん
そっとのぞいて みてごらん
みんなで おゆうぎ しているよ♪
 
イメージ 8
 
どれどれ〜、あっ、いるいる!!
ヒメダカでしょうか、オレンジ色のメダカがス〜イ、スイ。
 
イメージ 9
 
毎年4月に放流されているのですね。
 
イメージ 10
 
先に進みましょう。
 
イメージ 11
 
あつたウォーキングマップがありました。
堀川沿いに素敵な遊歩道が整備されているようです。
 
イメージ 12
  
堀川は、江戸時代初期に名古屋開府に際して、建築資材運搬用の運河として伊勢湾から名古屋城付近まで開削されました
  
イメージ 13
  
堀川は、良質な材木を運ぶための運河の役目をしており、貯木場も設けられていたのです。
その白鳥貯木場を埋め立てて整備した庭園が白鳥庭園です。
 
イメージ 14
 
平成元年の世界デザイン博覧会のパビリオン「日本庭園」として本格的に整備されたようです。
今日の白鳥庭園は凄い人になってますね、みんなウォーキングに参加した人たちでしょうね。
 
イメージ 15
  
貯木場も水を張った状態でちゃんと残されています。
でも、木曽檜の丸太は浮かんでませんでした。
  
イメージ 16
 
モニュメントがあったり、国際会議場が見えたり、・・・・
 
イメージ 17
 
この橋を渡ると、熱田神宮公園になります。
 
イメージ 18
 
川の上流側に見えるのは・・・・・もしかして名駅!!
 
イメージ 19
 
拡大してみましたよ。
名駅のビル群ですね。
(名駅=メイエキ 名古屋人は名古屋駅の事を何故か「メイエキ」と言うんですよ、不思議でしょ)
 
イメージ 20
  
本日のウォーキングコースのポスターが出ていました。
それによると・・・・まだ2kmに到達していない!!
残りは、6km弱あるようです。 頑張りましょう!!
 
イメージ 21
 
でも、頑張るためには、ご褒美も必要でして・・・・
 
イメージ 22
 
おじさん、みたらし団子頂戴な!!
 
イメージ 23
 
焼いても焼いても売れちゃうんだからね〜、おじさん大忙しです。
 
イメージ 24
  
あははっ、5本じゃなくて2本お買い上げ〜。
 
甘辛のたれが団子に良く合います。 まいう〜
 
イメージ 25
 
こちらは、昔ながらのお煎餅・・・・・
試食させていただいて、お買い上げ〜
 
イメージ 26
 
なかなか前に進めません。
 
大きな大根をぶら下げてウォーキングするわけにもいかず・・・・
さすがに八百屋はパスですわ〜
  
この後は、真宗大谷派東別院に向かいます。
 
つづく
 

開く コメント(14)

2019年4月13日
  
JR東海主催のさわやかウォーキング「桜花爛漫 飛騨萩原名桜めぐり」に参加しています。

イメージ 1
 
飛騨川を渡って萩原の商店街を抜けたら。ゴールの飛騨萩原駅なのですが・・・・・・
 
イメージ 2
 
ウォーキング参加者の姿が少ないんですよ〜
 
イメージ 3
  
いや、少なすぎです。  みんなはどこへ雲隠れしちゃったの・・・・
  
イメージ 4
 
なんだかんだと呟きながら、飛騨川を一人寂しく渡ります。
 
イメージ 5
 
対岸にも、桜がきれいに咲いてますね。
 
イメージ 6
 
でも・・・・・桜の木の下には人があまりいないんですよ。
 
イメージ 7
 
都会なら、シートを広げて宴会モードなんですけどね。
 
イメージ 8
 
飛騨川の河川敷が、見事な桜の園になってました。
 
イメージ 9
 
堤防道路を通って商店街に向かいます。
 
イメージ 10
  
このあたりの桜はほぼ満開のようですね。
 
イメージ 11
 
はぎわらの商店街に入っていきます。
 
イメージ 12
 
少し寂しく感じる街道筋の商店街ではありますが・・・・
 
イメージ 13
 
元気なお店もたくさんあります。

あははっ、今井醸造さんのトラップに引っかかっています。
試食の味噌をいただき・・・・・
朴葉味噌とお漬物セットをお買い上げ〜 

イメージ 14
 
ところで、お姉さん、今日のウォーキングのお客さんは多いですか〜
いや、今日は少ないね〜、ほとんど来てないよ・・・・・
  
イメージ 15
 
ならば、300円のクーポンに間に合うかも・・・・・
天領酒造さんは、ゴールしてクーポンをゲットしてから戻りましょう。
とりあえず・・・・駅へ急げ〜 
 
イメージ 16
 
やったぁ〜、300円クーポンをゲットです。
 
イメージ 17
 
駅の売店で、クーポンを使って「圧倒的人気の飛騨の肉みそ」をお買い上げ〜
お土産を三つも買えば、山の神も笑って迎えてくれるかな。
 
イメージ 18
 
お土産を買っていたら、アナウンスが・・・・
「臨時列車 美濃太田行きが発車します」
「停車駅は、下呂、美濃太田です。途中の駅には停車しません」
 
イメージ 20
 
これを逃すと、次の列車は、1時間後なんですよね〜
天領酒造が気になるけれど・・・・・えぇ〜いっ、ままょ〜、乗っちゃえ〜
 
イメージ 19
  
飛騨萩原名桜めぐりは、天気に恵まれた田舎道をのんびり巡れて、清々しかったな〜

疲れた体は天下の三名泉「下呂温泉」で癒していこう。 
 
イメージ 23
 
というわけで、下呂駅で途中下車しちゃいました。
青空フリーパスを買って使っているので乗り降り自由なのでした。
そして駅から歩いて下呂大橋へ・・・・・
 
イメージ 21
  
ここが、駅近くの飛騨川の河川敷にある噴泉池(ふんせんち)です。
ここは、24時間利用できて、しかも無料という嬉しい温泉なのです。
しかも、ここは混浴露天風呂なんですよね〜。
脱衣場や囲いが全くないので脱ぐときは度胸がいります。
でも脱いじゃえば一緒なんですがね・・・・
  
イメージ 22
 
ほとんどの人は、足湯代わりの利用のようですが・・・・・・
よく見ると・・・・・おじさん一人だけ裸ですね。
近年水着着用が義務付けられましたが・・・・、
入浴中のおじさんは!?!?!?
ご想像にお任せします。
 
ところで、私が癒された下呂温泉はここではありませんでした。
私も過去には噴泉池にも入ったことがあるのですが・・・・
  ↓

今回は、湯めぐり手形を使用して、クアガーデン露天風呂を利用させてもらいました。




開く コメント(10)

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事