全体表示

[ リスト ]

保釈はされない


元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士らがゴーン被告人の弁護人を引き受けていましたが、2回にわたって保釈請求したものの保釈されませんでしたので、堪忍袋の緒が切れたとみえてゴーンは新たに弘中惇一郎弁護士らに弁護人を変えました。
2月中旬に弁護人となった弘中氏はすぐさま3回目となる保釈請求をしましたが、これも却下されるでしょう。
これまで裏でやりたい放題してきたあなたですから、釈放はできるはずもありません。
弁護人のせいではなく、あなたが隠蔽、逃亡しそうなので保釈されないのですよ。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事