心のサプリメント

家族関係カウンセラーが日々のアレコレを綴っています。

20年振りに、、、。

カウンセリングルームbloom の 原島です。いつもご訪問、ありがとうございます。

ブログも久々の更新となります アセアセ
夏休み、子供のペースに巻き込まれて、日々があっという間に過ぎ去りました。

今週からスクールが始まり、ようやく自分の時間を作り出せています。

みなさんの今年の夏はいかがですか?
まだ、残り1週間程、夏休みあるとは思いますが

私は10年振りに海に入り、20年振りに クラゲ に刺されました

ピリリとしたと思ったら、赤く腫れ上がっていて、数日後から痒みが出ています。

この歳になって胸まで海に入るとは20年前の私は想像もしていませんでした。これも子供からもらえた経験です。

年齢を重ねると人は固定観念や慣れ親しんだ価値観から離れるのが難しくなったりします。

それに比べて、子供はいつも直感や好き、嫌いというシンプルな動機で行動を起こしています。

それは恐れがないく、負の経験のイメージの蓄積が少ないとも言えます。

負の経験のイメージは新たなよいイメージで上書きすることもできますし、もちろん、その経験をじっくり味わうまで、手元に置いておくこともできます。

泳げない私は海に入ることは、あまり好きではなかったのですが、子供の笑顔のためや子供を守るためなら、入れる自分がいます。

イメージ 1


新たな経験やイメージの上書きをさせてくれる存在に感謝です。

もちろん、イライラすることも多々ありますが、子供から「もらえてるもの」に目を向けて、残りの夏休みを過ごしてみるのもいいかもです。

いつでも価値観を変えられる、そんな柔軟さを身につけたい、今日この頃の私です

この記事に

開く コメント(0)

光り輝く蓮

気づいたらブログ更新から1カ月が経っていました。ムシムシ&日差しの強い夏の始まりです。

子供の習い事やれ、なんやかんやで自分の時間は歯医者へ行った位ですが、先週末は以前、知人に教えてもらった、蓮の咲く公園へ行って来ました。

イメージ 1


きっと、数週間 早く行くことができたなら、もっと咲き誇っていたのかな。

イメージ 2


それでも十分に光を放っていて、強い浄化のエネルギーを胸いっぱいに頂いて来ました。

イメージ 4


高野山へ行った後に心に留めている法話がをありますので、下記にご紹介しますね。

イメージ 3


ハスは蓮華の三徳と申し、仏さまにお供えする花の中で最も尊ばれています。

 第一の徳は「汚泥不染」(おでいふせん)の徳です。蓮華は泥沼の中で泥に染まずに美しい花を咲かせます。真言宗の『理趣経』の中に「如蓮体本染 不為垢所染」(じょれんていほんぜん ふいこうそぜん)と、蓮の花にたとえて人間は本来清浄な仏であり、その仏心の自覚と精進によって濁世に美しい蓮華の開花が誓願されております。

 第二の徳は「花果同時」(かかどうじ)の徳です。蓮華は花が咲いた時はすでに実ができているのです。お大師さまは「迷悟我にあれば発心すれば即ち到る」との「即身成仏」の教えを説かれています。蓮華は如実にお大師さまのみ教えをあらわしています。

 第三の徳は「種子不失」(しゅしふしつ)の徳です。施しあい、愛語を語りあい、相手の心になってつくしあう、善根の種まきをハスは教えてくれます。

これみよと示すはちすの一もとの 汚れにしまぬ心ともがな

ハスの沈黙の説法に心を傾けながら、この夏、心の深い所にもこの光が届くことをお祈りしています ☆

この記事に

開く コメント(0)

我が家のかめさま

以前から私がずーっと置きたいと思っていたのが神棚。

我が家も高野山からの流れで、簡易のものですが設置することができました。

イメージ 1


神聖なる存在が「そこ」に在るのは、こちらの気も引き締まりますし、会話もしやすくなります。

娘は少し前まで「かめさま」と言って話しかけていましたが (^^;

そんな娘に お願いすることや祈ることを通して、信じる力を身につけて欲しいという思いもあります。

何かしら見護ってもらえると思えるだけで、人の心は平安へと導かれていくのではないでしょうか。

願うこと、会話することは自身の考えを明確にもしてくれますし、統計でも家の中にサンクチュアリ(仏壇や神棚)があることは、感謝の心が育つとも言われています。

ということで、皆さんも まずは胸の内側が緩むくらいに、今日という1日に感謝してみてはいかがでしょうか (^^)

この記事に

開く コメント(0)

GW終了から間もなく2週間経ってしまいますが、今年は様々なご縁から、家族で高野山へ行ってきました。

名古屋へ前泊して向かったのですが、思ってたよりアクセスがよく、スムーズに到着しました。

イメージ 1


女人堂に到着し、まず感じたのは空気の良さ。
子連れでヘトヘトかと思いきやこの空気を吸い込んだ瞬間、頭がクリアになり、自然のエネルギーに包まれた感じがしました。

イメージ 2


イメージ 3


宿坊まで歩いて向かい、お部屋でひと段落した後は、少し散策。

高くそびえ立つ木や八重桜を見るたびに、乳児連れで迷ったけど、参加できてよかった〜と心から感じていました。

イメージ 4


立ち寄ったカフェでは、初の卵珈琲を頂きました。
カフェオレのようなマイルドな味わいで、気持ちまで緩ませてもらいました。

イメージ 5


夜は宿坊にて、美味しい精進料理と、これまた初の写経をしました。

主人に子供を預けていたこともあり、ゆったりと自分と向き合って一字一句を味わって書くということへの集中は欠いてしまったものの、何かに集中する脳と心の心地良さは実感してきました。

宿坊や金剛峰寺の石庭にも心癒され、穏やかな気持ちにさせて頂きました。

イメージ 9


イメージ 6


そして、一番の出来事は胎蔵界結縁灌頂という儀式に予定外に参加する流れになったこと。

イメージ 7


年に2度、いずれも3日間だけ行われ、大日如来様とのご縁を結ぶものです。「投花得仏」という儀式で曼荼羅の仏様にお花を投じました。何が何だか、分からないまま、身を委ねて、旅の当初では思いもしないご縁を家族で受けられたことは感謝でしかありません。

親愛なるヨガの先生からの贈り物でもあり、また、ご一緒させて頂いた皆様からも私含め子供達もたくさんの慈愛を頂きました。

そして、時代をタイムスリップしたかの3日間。
1200年余り、高野山に魅了されたことも、パワーを頂く場所であったことも少しですが肌で感じられた気がします。

また、子供達が歴史を理解するようになったときに、私もさらに学んで共に再確認の旅へ再び訪れたい、そんな場所ができました。

最後に娘がとっても気に入った、こうやくん。

イメージ 8



とにかく、朝晩のヨガで疲れ知らずの旅でした。
まさに、リトリート!

感謝です。合掌。

この記事に

開く コメント(0)

新緑の眩いこの時期、毎年恒例、田無なおきち 主催のイベントが今週末に田無神社で開催されます❣

イメージ 1



境内にて、なおきちに係わっているアーティストさん達が各々のブースを持って出店します。

他にも焼き菓子、ベビーや小物の雑貨店、アロマや色彩ワークショップなどなど、楽しめるお店がいっぱいです

今年は産休中もあり、来年にはカウンセリングルーム Bloomとしてフラワーエッセンスのブースで復活出店できそうかなぁ〜といったところです

お野菜も新鮮なものが買えますよ!
お近くの方は、散歩がてらふら〜っと神社へ足を運んでみてください。

やおよろずのさんぽ市
https://tanashi-naokichi.com/sanpoichi/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事