全体表示

[ リスト ]

「Hostile」

KBC シネマのスタンプカードが溜まったので、1SHOTシネマ(つまりその日しかやらない)で公開された「Hostile」観てきましたよ。なんかちょっと気になったのです。見終わった後に知ったのですが、おととい位からレンタル始まってるんですな……。まあ、レンタルで借りる習慣はないので……。

例によって気兼ねなくネタバレ。30行後くらいで。

-☆-

0!




























29!

-☆-

開幕、一発の銃声から始まります。

続いて、マッドマックス怒りのデス・ロードかよ、みたいな荒廃した光景が映し出されて、あーポストアポカリプスでゾンビつったらこうだよねー、みたいな。そして主人公・ジュリエットのナレーションで、人類がほぼ滅んでしまったという世界観の説明と、「私が生き残ったのが運がいいと思ってるのなら、それは間違っている」みたいなことをさらっと。ナレーションで流すなんて、「バイオハザード」かな? みたいに思ってしまっていたんですが、最後まで見ると「確かに『運が良くて』生き残ったのではなかった」という印象になりました(後述します)。


つうかですね、この映画、かなりいろんなところで「〇〇みたいだな」と思わせるのが多いのなんの。お話のつくりは面白いし、映像の見せ方も上手いと思うのですが、なんで……なんでなんでなん?


ま、「〇〇に似てる」というのはちょっと置いておいて。

この映画、ゾンビ映画や終末サバイバルアクション映画のような雰囲気を漂わせているのですが、実際のところは凄く静かな印象。派手なシーンはないのです。シーンも、怪我をして出ていけないひっくり返った車の中、でしかないのですが、見せ方がうまいのと、クリーチャー役があの「ハビエル・ボテット」なので、怖いシーンはきっちり怖い。血がドバー、とか、悲鳴がギャオー、とかではないのですが、あのクリーチャーの動きや、カメラの見せ方、ジュリエットの息遣い……そんなこんなで結構のめりこみます。

とはいえ、ひっくり返った車の中だけで話がもつでなく。恐怖パートの間に、カットインとして破滅前の物語が挟まれます。ジュリエットがイケメン画廊オーナー(金持ち)と出会って……と典型的なラブロマンスなんですが、ここでジュリエットがヤク中だと明かされ、イケメンに更生され、結婚・妊娠し──。

恐怖シーンと回想ラブロマンス、普通に考えたら振れ幅マックスですが、なぜかすんなりみられるんですよね。不思議。恐怖シーンからラブロマンスへの移行は、一応怖いのが一段落してからになるんですが、逆は幸せ絶頂からクリーチャーなんですけどね。この不思議な振れ幅のおかげか、ありきたりなストーリーなのにどうしてどうして。結構楽しめます。

また、ラブロマンスのほうが進むにつれ、終末世界でのジュリエットが醸し出す「強さ」が、過去、つまりラブロマンス側での何に基づいたものなのかがはっきりしてきます。すると前半の不自然な色々(写真が飛んで行ってしまっただけでなぜそんなに動揺するのか)が、スッとあるべき位置に収まってくるんですよな。

最終的にはラブロマンス世界で「謎の化学兵器」が使われたことが示唆され、物語の時間軸は一本に統一されますが、どうやって地球がマッドマックス的荒廃終末世界になったのかは一切明かされません。多分そこは大事なところではない、という事なんでしょう。唯一描かれるのは、その「謎の化学兵器」で喉を焼かれたイケメン画廊オーナーが、ジュリエットに「あきらめるな」という言葉を残して死んだ、という事。
アーなるほど、これで冒頭の「私は運が良かったと思っているなら、それは間違いだ」というナレーション、生き延びたのはイケメンの遺言にしたがったジュリエットの頑張りによるものでありってことなんですね!


とまあ。ここまではよろしい。

狭い車の中、乏しい物資、自由に動けない怪我をした身という絶望的な状況で、とうとうクリーチャーを倒したぞ!……と思ったらまだ生きてた!うごけないジュリエットにのしかかるクリーチャー!しかしその時、クリーチャーの苦手な太陽が昇る!これはてっきり「危険だから助けに行けない」と言っていた仲間が助けに来るのかァーッ!?!?


とおもったら。


のしかかったクリーチャーが、ジュリエットに、イケメン画廊オーナーが過去にやった思い出の仕草を。


おお……あなたは私の恋人のイケメンなの……??

いっしょに死にましょうね!(銃声)

-☆-

オウフ。
銃声に始まり銃声に終わるオシャレ決めるなら、せめてその、一晩中ドガンドガン襲ってきてめっちゃ怖かったクリーチャーがなぜ突然イケメンに目覚めたのかをですね……。いや、入院時に「命に別状はありません」て言われてたのが、次のお見舞いで死(んだとは言われてないが)んでたりしていたので、ああ、クリーチャーになったんだな、とはわかるけどよう……。


いやーホント、道中がかなり面白かった(どちらのパートも面白かった)ので、このオチは……このオチは……。アポカリプスサヴァイヴァルムーヴィーではなく、異形のロマンス映画としてみればこのオチはアリなのかもしれないですが(だとしたらシェイプ・オブ・ウォーターかよってなる)、すっかり口が終末映画の口だったので……。

オチはアレ(個人の感想です)ですが、ラストシーンまでは面白かったですよ。ホント。あ、あとハビエル・ボテッド。すげえな。CGかよ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事