全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全303ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ホタル狩り

去年・おととしの豪雨災害後の護岸工事の影響か、それとも今年の少雨のせいか、毎年行っていたホタルの生息地、今年はあんまりよろしくありませんで。上流の方に行くとまだましだったという話なのですが、民家の明かりが入ったりで撮影に不向き。

と言う訳で先日の日曜日、別の河川水系に連れられてまいりまして。マーそこがもう、俺様ちゃんが美人なら「まあファンタジックね!」というセリフが似合うくらいにホタルがピカピカピカピカ飛んでいたのですが、まあヒトもようけおりまして。スマホのライトがピカピカピカピカ。これはいけません。

てなわけで、時間をひねり出して平日にリベンジしてきたところ、まあヒトもそこそこおったのですが、この程度の光害はご愛敬でしょう(それくらい日曜がひどかった)。場所も、川向うに通路がないようなところを探せるくらいのゆとりの陣取りです。

ま、いい場所に陣取っても、フレームの中をホタルが飛ぶかは別問題。ぜいたくを言えばちょっと惜しかった……!(ホタルが右へ偏っていました)。


-☆-

CANON EOS5D markII | CarlZeiss Planar T* 1.4/85mm (Y/C)


イメージ 1
比較明合成で三枚重ねたもの。一枚でも十分だったのですが、重ねてみたらなかなかに良かったので。


イメージ 2
こちらは十枚ほど。あまりにホタルが右に寄るので、暗い中一か八かで少々右へ。

-☆-

日曜に行ったときは、随分と高い所から光り始めたので、今回縦位置で挑戦してみたのですが、なかなか難しいですねえ……。なんとなく撮り方は掴んできたのですが、構図とレンズ選択は通わないとダメかなあ。シーズン中にもう一度くらい行けるかしら。

開く コメント(0)

FC2 へのおためし移行、申請した当日中に「できましたよ!」とお返事が来る素早さ。移行手続きは簡単だったのですが、FC2 へのアカウント作成がちょっと厄介……といいますか、自分ルールで作成する、大文字小文字に記号も入ったパスワードが「規則的です」と言われてええー……てなったくらいですかね。辞書的単語なんかもちろん入っていないのですが……。


まあそれはさておき、このような形になりました。FC2 でのブログURL がどの様に記述されるのか詳しく把握せずにきめちゃったので、エライ冗長な感じのURLにw

一応ざっくりと記事を確認したのですが、本家では移行できないコメントまで残っていてなかなかいい感じなのでは……?ブログ投稿の使い勝手と、画面のカスタマイズについてはまだ試していないのですが、そこも問題なければこのままでもいいかも……?という気分になりつつあります。

うーん、悩むところですなあ……。

開く コメント(0)

お引越しツールが公開されましたね。

で、そろそろ決めなきゃなあと思う訳です。まぁ社長はアメーバブログへ行くようなので、現状第一候補に挙がってはいるのですが、アメーバブログってexport できないので、またブログ廃止とかなると困るなあ、と思ってまして。うーんどうするどうする。


とりあえず、どこに移行するにしても今までのYahoo ブログのデータをexport できる形で残しておきたいなあ、と思いまして、fc2 ブログにお引っ越し作業を依頼しています。これは「とりあえずセーブ」みたいなもので、fc2 ブログで続ける、と言う訳ではありませんよ

fc2 への移行はしばらくかかるようですが、もしうまくいったらまあどこに引っ越すにしても保険はあるので少しは気が楽かな……。


イメージ 1

開く コメント(0)

「プロメア」

グレンラガンだのキルラキルだの、なんだかもう熱量の数字が常人と二桁か三桁(乗数で)違うんじゃないかと思う、今石洋之&中島かずき作品「プロメア」観に行ってきましたよ。

結論としては、パンフにもある通り「集大成」で、お前らアホだろ(誉め言葉)と。やりすぎだよ!と言いたいですが、やりすぎを期待しているこちら側を上回るやりすぎで、いいぞもっとやれ!(混乱)


ではネタバレは六十行後



-☆-

0

























































59!

-☆-

まーカロリー高い。

大まかに分けて前半と後半があるように思うのですが(移民船の話が出てくるあたりから後半ではないかと)前半部分はとにかくはやい早い。はいこれ!次これ!ハイこれ伏線!ハイさっきの伏線回収!ハイハイどんどん持ってって!となり、観てる方もどんどん咀嚼して飲みこまないとついていけなくなるような気がしますが、まあその辺り整理されてるので(故に物語として薄くなっている感じもありますが、まあこの作品はアクションを取ったのでしょう)スイスイ来ます。むしろ逆に、ピザ屋のシーンとかでまるまる張った伏線(クレイが怪しげ、ワープエンジン、ピザ焼きの人がバーニッシュ)を即座に回収してきて、逆に「何かあるのか……?」て訝しむくらいですが。

一方後半はもう伏線も何もなくアクション。ロボの名前が「デウス・X・マキナ」て所からもう完全に「なんでもあり」のつもりでしょうなあ。ロボがカッコ悪ければカッコよくなる(あ、でもこれもバーニッシュのバイクとかで説明してますな)、移民船なので惑星に着いたときに開墾する用のビームがある、万が一バーニッシュが発生したときに備えて絶対零度の光線(たぶん)が出る砲がある。いいじゃないですか!それで!

ていうか、堺雅人が「開墾滅殺ビーム!」とか叫ぶ時点でもうアリでしょ。


そして最終幕。火消しなんだから炎を消すために絶対零度ナントカ砲を使うのかなあ、と思ってたりしたというか、とにかくなんかしらの手段で火を消すんだろう、と思ってたのですが、全く逆で「ハァーーー??!??!??!ステキ!!?!??!?!」てなりましたね……。まさかの完全燃焼させて消すとは。この辺り完全にグレンラガンを意識しているんでしょうねえ。

-☆-

熱量に押され気味の映画でしたが、映像表現としてもなかなかに面白うございました。パンフ読んで初めて気付いたのですが、体制側が四角、バーニッシュ側が三角をデザインコンセプトにしてるんですな。四角いレンズフレアが最初の方に結構出てて、「変なレンズフレアだなあ」とは思っていたのですが、バーニッシュ側のシーンだと三角になっていたとは。あんまり目立たないフレアだったので三角の方は気付きませんでした。

あと色遣い。「パンティ&ストッキングwith ガーターベルト」の色遣いを進化させたような感じで、キルラキルやグレンラガンのようなコントラストの高さは残しつつ、色合いのビビッドさのベクトルがやや変わったというか。ポスターなどのイメージカット見ると原色多いのに、映像見るとあまり原色が使われてない感じなんですよね。炎とか全く赤ではない(むしろピンクや緑がかってたりもする)ですし。

-☆-

それにしても、この映画では綺麗に終わりましたが、オープニングのバーニッシュの増殖とその根絶までの、三角を主体としたイメージ映像や、ピザ屋のシーンでの一般市民の態度をみるに、「この後」の世界の物語が見てみたいですよなあ。絶対スカっとならないヘビーな話になると思うけど。

開く コメント(0)

花菖蒲

どうしちゃったの……てくらいの暑さなんですが。

先週訪れて空振りだった菖蒲園に再訪してみました。中望遠を持っていくつもりが、なんとなくSonnar 2.8/18cm と、専用の接写リングを持ち出してしまって……。結論としては、エライことになりました。

以下備忘録的に。

まず、接写リング。レンズを抜いて接続してフレクトスコープへ再度つないで……となるのですが、レンズとつなぐ際に、最短(2m)まで伸ばさないとならず、そしてリングをつなぐとピントリングは回転角5度程度しか回らなくなります。ゆえに、ピント合わせにはマクロスライダー必須と思われまして……。

次点。これは純粋に俺が悪いんですが、ゾナー(の、フレクトスコープ)の三脚穴は太ネジです。これがカメラボディの穴よりは若干浅く、三脚と接続した際に1 程浮くんですよね……。なのでボディ側を三脚と接続したほうが安心です(マウントへの負担が気になるなら、何らかの手段で支えてください)。しかし昨日は、安定せんねえ? とグッと締めてしまった結果、「ふとネジアダプターが三脚側に固定される」という悲しい状況になり……。油断すると揺れる中でのフレーミング・ピント合わせですよ。トホー。

-☆-

ZeissIkon Contax III | CarlZeissJena Sonnar 2.8/18cm | FUJI 業務用カラーネガフィルム


イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3


-☆-

いやあ、さすがに大口径。いい感じにボケますな……。重いし三脚もしっかりしたのじゃないと耐荷重超えちゃうので、持ち運びはなかなかに辛いのですが、でもやっぱりいい写りですわ……。

ライフルストックとかあればもうちょっと出番も増える気がしますけどねw

開く コメント(0)

全303ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事