全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

予約開始 ケータイ投稿記事

イメージ 1

いよいよ発売が近づいてきました、約束と再戒。


ディスクユニオンにて秀逸なジャケ(アルカトライズわたるさん作)をプリントしたTシャツセットと音源のみをそれぞれ予約開始しました。


この音源のナーバスはお世辞抜きで個人的に今までの作品中一番好きです。
捨て曲一切無し。
複雑な展開なのになぜか聴きやすいという相反する要素を両立させるとこは流石というか唯一無二のセンスだと思います。
曲はさることながら亀谷と笠原のボーカルが更に進化&深化してます。
細部にこだわりを感じる小技を使ってて、凄い。
歌上手すぎだし。
メロディー良すぎだし。


一方自分達は歌詞が日本語になってから初の音源になってて、ステップアップのコンピに参加した曲もライブでお馴染みのイントロを加えて再録してたり、曲の作り方が今までと全く違う曲があったりとある意味ターニングポイント的作品になってます。
前作から4年間、妥協をせず、推敲に推敲を重ねて、ライブで磨き上げた自信作です。


何でも出来たてが旨いと思うので是非早いうちに手にして欲しいす。

よろしくお願いします。

フォト ケータイ投稿記事

先日のギブライフ企画@ナインスパイスの写真です。

チェックよろしくお願いします。

http://m.flickr.com/#/photos/44610395@N04/


撮影は名古屋のタケシ君す。

タケシ君あざす!

約束と再戒2 ケータイ投稿記事

イメージ 1

続き。
ちなみにその頃はまだナーバスはエンスローンという名前で歌詞も英詩でした。
そんで他のみんなとも話したら、なんと全員タメ!
あの当時、俺達はシーンでも年下中の年下で周りみんな年上だったからタメのバンドってだけで異常に親近感湧いた。
しかも話したらみんな面白いし、いいやつばっかで。
ナーバスに改名し無数の繋がりの一回目をウォールで企画した時も勿論遊びに行った。
逆に俺達がファミリーツリーを企画すればいつもみんなで遊びに来てくれた。
やがてお互いアルバムを出す事になって、それでもやっぱり互いにレコーディングに顔だした。
それが当たり前だった。
ライブに行けば仲いいからとかじゃなくてかっこいいと思うからこそ自然とシンガロングやダイブをした。
そんなバンドだからこそ一緒に何か作りたいと心底思った。
…続くかも

約束と再戒 ケータイ投稿記事

イメージ 1

ずっと前(多分ファースト出した前後)からずーっと言い続けた約束。
12月にナーバスライトオブサンデーとのスプリットCD「約束と再戒」をコズミックノートより発売します。
知らない人からしたら意外な組み合わせかもしれないけど、活動初期から競演し、同年代で刺激し合える数少ないバンドだったのがナーバスです。
初めて一緒にやったのが多分今から8年前今は無き小岩M7、チェンバー企画。
人見知りな俺にフレンドリーに話し掛けて来たのが亀谷で、リハの時、床に座って話込んだのを今でもはっきりと覚えて る。あの頃はまだ10 代だったと思うと時間が経つのは恐ろしい…続く

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事