全体表示

[ リスト ]

「RENT/レント」 (2005)

イメージ 1

出演: アダム・パスカル、ロサリオ・ドーソン、アンソニー・ラップ、ジェシー・L・マーティン
   ウィルソン・ジェレマン・へレディア、テイ・ディグス

監督: クリス・コロンバス 
製作: ジェーン・ローゼンタール、ロバート・デ・ニーロ、クリス・コロンバス、マイケル・バーナサンほか
原作: ジョナサン・ラーソン(ミュージカル版)
脚本: スティーヴン・チョボスキー 
振付: キース・ヤング 
作詞作曲: ジョナサン・ラーソン 

原題:RENT
上映時間: 135 分
製作国 :アメリカ
公開情報: ブエナビスタ
初公開年月: 2006/04/29
ジャンル: ミュージカル/ドラマ/青春

《公開時コピー》
歌うように、愛したかった。
踊るように、生きたかった。

――燃える尽きる、その瞬間まで。

【解説とストーリー】
 ピュリッツァー賞も獲得したブロードウェイの大ヒットミュージカルを映画化。80年代末のニューヨークを舞台に、家賃(RENT)さえも払えない貧しい生活の中、ドラッグやエイズといった様々な問題に直面しながらも夢に向かって生きるアーティストの卵たちの姿を綴る。
 1989年のクリスマス・イブの夜。イースト・ヴィレッジにある古いアパート。家賃を滞納し電気も暖房も止められた一室に暮らすルームメイトのロジャー(アダム・パスカル)とマーク(アンソニー・ラップ)。ミュージシャンのロジャーは恋人がエイズを苦に自殺して以来すっかり引きこもり状態。秘かに階下に住むヤク中のダンサー、ミミ(ロザリオ・ドーソン)に心惹かれる。一方、映像作家志望のマークはカメラを持ち歩きあらゆるものを記録する。マークの元彼女モーリーン(イディナ・メンゼル)は地域の再開発反対をパフォーマンスで訴える。彼女の現在の恋人は女性のジョアンヌ(トレイシー・トムズ)。ロジャーたちの親友トム・コリンズ(ジェシー・L・マーティン)はひょんなことからドラッグ・クイーンのエンジェル(ウィルソン・ジェレマイン・ヘレディア)と恋に落ちる。そんな彼らのかつての仲間で、家主の娘と結婚して以来すっかり変わってしまったベニー(テイ・ディグス)は、一帯の再開発を目論み住人の追い出しを図る。 (allcinemaより)

【52万5600分/52万5000の貴重な瞬間  52万5600分/1年を測る基準は何?・・・・・】

素晴らしかったです♪
エンドロールの後もしばらくは声を出すと又涙がこぼれそうで困りました。^^;

GW映画の中で最も楽しみにしていた「RENT」!私は舞台を観ていませんが今年に入ってから観た映画の中では3本指に入るくらいの感動を味わえました!映画としてと言うよりミュージカルとして好みだったのかな〜ちょうど過去の体験を思い起こすと、'70年代に「コーラスライン」に出会ったときのような感動かしら。「コーラス・ライン」は先に舞台を観ていたと思うのですが、とにかくあの時の衝撃と同じようなものを今日は感じました。(^^)
 
このミュージカルをよく知らなかった私はいつもお世話になっているミュージカル博士のひよこさんからいろいろと詳しいことを教えていただき、ブロードウェイ版のサントラもゲット!ストーリーの元にプッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」があることもお聴きして、これは早く観たい!と映画が公開されるのを楽しみにしておりました。(^^ゞ
 
とにかく音楽もダンスもストーリーも期待以上でした。
音楽は単純にロックだけでなく、いろいろなリズムのものが入っていて(タンゴとかサルサとかバラードとか・・)飽きさせませんし、スタイルとしてはやっぱり「コーラスライン」に近いものがあるかな〜「コーラスライン」の後でやはり私のお気に入りだった「レ・ミゼラブル」はかなりクラシックの現代曲のジャンルに近い音楽だったので、ちょっとそれとは趣は違いますし。
作者であるジョナサン・ラーソンがプレビュー上演前夜に急死されたのは有名な話ですが、素晴らしいミュージカルの創作者だけに惜しいですね。

まずはミュージカルと言うと耳に残る音楽から私は入ってしまうのですが、ストーリーは最も'80年代に注目されたエイズという病気を軸に若者達の人生観のようなものが綴られています。
この物語の舞台は'89年のクリスマスから'90年のクリスマスまでですが、ふとトム・ハンクスの「フィラデルフィア」も同じ頃の作品であったことを思い出しました。
エイズのライフ・サポートセンターの仲間たちが歌に乗せて次々といなくなってしまうシーンからは涙が止まらなくなり、エンジェルの死の場面では嗚咽をこらえるのが大変なくらい泣いてしまいました。(T_T)
エイズ問題を始め、同性愛に対する考えや他民族の集まる都市。いつもながらだけどアメリカの複雑な社会をあらためて感じました。

パンフの解説には今はもう当時とイースト・ヴィレッジの様子もエイズ・クライシスも違う状況だと書かれていますが、そのこと自体のことだけでなく、テーマとなっている「一日一日を大切に今を精一杯生きる」ということが胸に深くせまってくるので、時代のズレは私は全く感じませんでした。

そのことを歌ったテーマ曲「Seasons of Love」は予告でお聴きになった方も多いと思いますが凄い名曲ですね♪映画ではタイトル・ロールでこの曲がいきなり歌われますが(舞台のサントラだと2幕目の頭で歌われているみたいです)訳詞を読んでいると冒頭から「生きること」を考えてしまいます。

プッチーニのオペラが元になっていると先に書きましたが、主人公の名前もヒロインは『ミミ』で同じです。「レント」のロジャーは「ボエーム」ではロドルフォですし、ロジャーが最初にギターで奏でる曲は『ムゼッタのワルツ』という有名なアリアの一節がアレンジされたもので、他の曲でも使われているので「ボエーム」を知っている人には感激のシーンですね。(^^)
「ボエーム」が悲しいラストなのに対し、このミュージカルはせつない中にも希望のある終わり方なのでそれも又プッチーニの時代と違って現代のアメリカ的だしよかったように思います。(突っ込みどころがないとは言えませんが・・・^^;;)
 
キャストは映画界ではすごく有名な人はいないと思うのですが、ブロードウェイ・オリジナルキャストのメンバーがたくさん出ていて見応え十分!とっても満足でした。あえて顔を知っていたのはミミ役のロザリオ・ドーソン。「アレキサンダー」や「ニュースの天才」で私は観ていました。
歌唱で特に印象深かったのは予告の時から気になっていたジョアンヌ役のトレイシー・トムズの美声!この人の高音は一度聴いたら暫く耳に残ってしまうほど素晴らしい歌唱力ですね。
 
嬉しい事に個人的には昨年の「オペラ座〜」に続いてお気に入りミュージカルが加わりました!
これはやはり是非とも舞台で観たいです。秋に来日公演があるとのこと、何とかチケットが取れるといいんだけど・・・(^^ゞ
そして、映画の方もたぶんもう一回は観に行っちゃうだろうな〜(^O^;

********

この「RENT」を詳しくお知りになりたい方はひよこさんのブログをご訪問なさってくださいね。
ブロードウェイのことや、かなり深いところまでしっかりと説明してくださっています。(^^)


DVD特典の感想はこちらです。

閉じる コメント(70)

やっと観れました^^エイズという重いテーマにもかかわらず「生」に向かって懸命にもがく、若者のパワーを感じました。歌も良かったですし、私も涙がこぼれました・・・!TBさせてくださいね^^

2006/5/23(火) 午前 9:21 [ chii+ ]

顔アイコン

★MAYさん、ご覧になったんですね!これほど余韻に浸った映画も久々でした。今でもサントラ聴いては感動を思い出しています。(^^ゞ TBありがとうね〜♪

2006/5/23(火) 午後 8:39 choro

顔アイコン

時代のズレは感じましたが、それ以上にいい出来だったと思います。 オフブロードウェイ公演の時に観ていたら、かなりセンセーショナルだったのではないかと思います。

2006/5/29(月) 午前 2:51 [ pol*3*vw ]

顔アイコン

★polo31vwさん、はじめまして♪コメントありがとうございます。そうですね!あの時代に最初に観ていたらもっとインパクトが強かった事でしょう。ブロードウェイで舞台もご覧になっているんですね。今度の秋の日本公演が楽しみな私です。(^^)

2006/5/29(月) 午前 8:22 choro

顔アイコン

絶対、日本公演は観に行かないだろうと思っていた私だけど、ちょっと気になってきました(><) もしかして会場でお会いしてしまったり???

2006/5/29(月) 午後 0:57 [ pol*3*vw ]

顔アイコン

★polo31vwさん、やはり舞台を観てみたいと思っちゃいます。もちろんキャストも違うし、感じ方も違うだろうけど、できればミュージカルは生の舞台が一番だと思うし・・・楽しみです〜♪

2006/5/29(月) 午後 5:11 choro

顔アイコン

遅ればせながら観てきました。ミュージカルはなんとなく後回しになってしまうのですが、やっぱり大画面で見て良かったです。もう1ヶ月以上も経つのに文化村は2館で上映中でかなりの混雑ぶりでした。やはり口コミで広まっているのでしょうね。

2006/6/2(金) 午後 11:43 car*ou*he*ak

顔アイコン

★cartoucheさん、まだ混みあっているのですね。(笑)もう少し上映館があってもいいのにね。当時のNYにいらしたことのある方は又特別な思いがおありでしょうね。心に残る映画ですよね。TBありがとうございます〜♪

2006/6/3(土) 午前 6:50 choro

顔アイコン

トラバさせていただきましたo(^o^)o。実はこの映画、気にはなっていたのですが、観に行くかどうをちょっと迷ってたんです。でも、choroさんからいただいたコメントに背中を押されて、観に行きました。観てみて、本当に本当に良かったって、このミュージカルに出会えたことがとてもとても嬉しくなりました。choroさんからいただいたコメントのおかげです。ありがとうございます(^o^)!

2006/6/3(土) 午後 3:12 re_re

顔アイコン

★rereさんも感動されたんですね!ミュージカルはできることなら劇場で観た方がより楽しめますし、満足されたようで私も嬉しいです。(^^)言葉には上手く表せない響くものがありました。TBありがとうね〜♪

2006/6/3(土) 午後 10:52 choro

顔アイコン

結局DVD待ちになってしまったのですが、やっと観ることができまして、で、テーマ曲の素晴しさにやらてしまいました!!音響のいい映画館で観たかったです;;;TBさせてくださいね。

2006/10/9(月) 午後 6:40 kim

顔アイコン

★Kimさん、音楽映画は許されることならやはり劇場で観たいですよね。私ももう一度劇場観賞したいです。これから名画座などでやりそうなのですが、長い映画2本立てとかだと疲れちゃうので迷っちゃいます。かと言って一本で出てくるのももったいないしな〜^^;;TBありがとうです〜♪

2006/10/9(月) 午後 8:16 choro

顔アイコン

そうそう。この映画のことはひよこさんに聞け!ってくらいの映画ですよね。何しろ「レント」で書庫あるくらいだもんね。choroさんも絶賛!やっぱ良いんだね〜。こっちゃんももっとミュージカル慣れしなくっちゃ。

2006/10/25(水) 午後 9:23 koc**anni*uni*u

顔アイコン

★こっちゃん、そうそう、ひよこさんのおかげで知ったミュージカルでした。(^^)これは秀作だと思いますよ。DVDの特典を観たら益々入れ込んでしまいました。(^^ゞTBありがとうね〜♪

2006/10/26(木) 午前 10:04 choro

いつもなのですが、ミュージカルが苦手なので、なかなか見られませんでした。でも、さすがに歌とダンスの迫力は、すごい!とても完成度の高いミュージカルだと思いました(^^)

2007/7/28(土) 午前 11:49 kuu

顔アイコン

★kuuさん、ミュージカルが苦手な方にはこの全編歌で綴られているような作品は辛いようです。(^O^;これでも映画版は少し歌を減らしてセリフに替えたところがあるようですよ。でもkuuさんも楽しまれたようで、やはり素晴らしいミュージカルですよね。TBありがとうね〜♪

2007/7/29(日) 午前 7:13 choro

顔アイコン

コメントありがとうございました!素敵な音楽が流れてていい映画でしたね!!あの音楽は忘れられない!
トラバしますね〜♪

2007/8/9(木) 午後 9:45 marimo4649bow

顔アイコン

★OSUKAさん、やはり音楽がいい映画は印象に残りますよね。これはミュージカルなので当然なのですが。(笑)TBありがとうね〜♪

2007/8/10(金) 午前 6:25 choro

そのミミ役とジョアンヌ役の、ロザリオ・ドーソンとトレイシー・トムズだけが、オリジナル・キャストではないんだそうな…?2人とも十分迫力のある歌声でしたねぇ〜^^

2010/12/27(月) 午後 11:55 やっくん

顔アイコン

★やっくんさん、そうなんですよ〜他の方は皆さん、ブロードウェイの舞台俳優さんたちなので実力はさすがですよね〜
イディナさんは他の映画でも時々見かけます。(^^ゞ
これは大好きなミュージカルです♪
TBありがとうございました。

2011/1/1(土) 午後 8:57 choro

開く トラックバック(21)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事