choroねえさんの「シネマ・ノート」

ブログ引っ越し中で益々バタバタしております。スマホで見るとレイアウトが崩れている時がありますが、ご勘弁を。<(_ _)>

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

出演: メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ

監督:デヴィッド・フランケル
製作:ウェンディ・フィネルマン
原作:ローレン・ワイズバーガー 『プラダを着た悪魔』(早川書房刊)
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ
衣装デザイン:パトリシア・フィールド
音楽:セオドア・シャピロ

原題:THE DEVIL WEARS PRADA
上映時間:110分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開 (FOX)
初公開年月:2006/11/18
ジャンル:コメディ/ドラマ/ロマンス

《コピー》
こんな最高の職場なら、死んでもいい!
こんな最悪の上司の下で、死にたくない!

恋に仕事にがんばるあなたの物語。

【ストーリー】
 大学を卒業し、ジャーナリストを目指してニューヨークへとやって来たアンディ(アン・ハサウェイ)が就いた職業は、一流ファッション誌“RUNWAY”の編集長ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)のアシスタント。オシャレにとことん疎い彼女は、それが次へのステップになればという程度に考えていた。だから、ミランダが何者かもまるで分かっていなかった。彼女こそは、その絶大な影響力に誰もが恐れおののくファッション界のカリスマだった。朝も夜もなく四六時中浴びせられるミランダの理不尽な命令に、いつしかアンディの私生活はめちゃくちゃに。恋人ネイト(エイドリアン・グレニアー)ともすれ違いが続いてしまう。こうして、早くもくじけそうになるアンディだったが…。(allcinemaより)

久々に目の保養をさせてくれる映画に出会いました!(^^)明るくてとても楽しい素敵な作品。女性なら誰でもうっとりしながらスクリーンに釘付けになりそうです♪

ファッション界のお話と聴いただけでワクワクしてしまいますが、舞台は超第一線のモードな世界。私などは普段美容院で見る雑誌でしかお目にかからないような雑誌(自分では買わない^^;)の編集となるとさすがに凄いですね〜

しかしその華やかな世界で活躍するには、実力はもちろんの事、やはりそれ相当の努力なしではやっていけないわけで、主人公アンディの奮闘ぶりには思わず拍手を送りたくなります。
そのアンディの仇のような上司ミランダがまたタダの意地悪ばあさんではない!(笑)キャリアウーマンなら誰もがかかえていそうな個人的な問題も含め、見えない彼女の苦悩も見え隠れするところがバランスよく描かれていていいですね。

いつもこのような女性の仕事の話を観たり聴いたりすると、本当に女性が社会の中で男性並に活躍していくのは、まだまだ容易でないということがよくわかります。
「男性なら『仕事のできる男』と称されるであろう、多少強引な仕事のやり方も、女性だと『女傑』とか『悪魔』なんて言われてしまう」
と言ったくだりは、思わず乗り出して「うんうん」と頷きそうになりました。(笑)

ミランダは家庭の事で悩んでいますが、結局それも仕事との板ばさみで起きること。時限は違うけれど、私も独身時代、猛烈に仕事が忙しかった頃、「ダンナさんでなく奥さんが欲しい」と友達と言いあった事がありました。^^;それって本音のような気がするのですが・・・^^;;

でも、頑張っている女性がたくさんいる、というのはとても元気をもらえますよね。アンディも自分の夢の実現を目指して先に進む事になるラストは爽快です。そしてあのミランダのアンディを遠くからみつめる視線も素敵!

やっぱりメリル・ストリープはいいですね〜!本当にどんな作品で観ても上手いな〜と思います。今回もバリっと高級ブランドを着こなしたキャリアウーマン姿がうっとりするくらい素敵なのに対し、疲れてスッピンのローブ姿でアンディと会話をするシーンでは、ミランダの弱さが前面に出てそのギャップに驚かさせられます。ふと我に戻ったようなあのミランダは悪魔ではなく普通の一人の女性なんだ、と認識させられますよね。決して外では隙を見せることのできない地位ある者の哀しみのように思います。

対するアン・ハサウェイもよかったですね。「プリティ・プリンセス」の頃よりすっかり大人っぽくなって、「ブロークバック・マウンテン」の時とは又違う人生に希望のある年代を素敵に演じていました。変身した姿で現れたときは「お〜〜!」って感じでしたよね!太めと言われているけど背が高いので全く感じないのですが、ファッション業界はやはりスレンダーが第一条件なんですね〜世の女性はだからダイエットに走るんだな・・・・うんうん・・(^^ゞ

ファッション・ディレクター役のスタンリー・トゥッチがここでもいい感じでした。いつも個性的で印象深い演技を見せてくれる俳優さんですね。

ミランダの第一秘書役のエミリー・ブラントは初めて観た女優さんだけど、編集部の中間管理職的存在の大変さがよく伝わってきて、可愛い部分もたくさんある女性で好演でしたね。風邪をひいたり、交通事故にあったりとさんざんなのに、自分の目標を見失うことなく夢に向かって仕事をするチャーミングな女性でしたよね。

しかし、当たり前とは言え、高級ブランドにはやはりそれなりの魅力があるな〜と改めて思ったり・・・たかがファッション誌などとは言えるはずもなく、一つの芸術としてみんな一生懸命作っているんだな〜と驚いてしましました。

自分も一生懸命外で働いていた20代に観たかったかも。きっと元気がいっぱいもらえたでしょうね!
ストーリー展開としては目新しくないけれどとても気持ちよく楽しめる映画でした♪



【オマケ】
パンフレットを買ったら、先着プレゼントでストラップのおまけがついてきました。
赤いハイヒールが可愛いです♪
でも、すぐに娘にとられました・・・"^_^"
パンフも結構立派なのに600円とは嬉しい!
http://cinema-note.hp.infoseek.co.jp/image/prada.JPG

閉じる コメント(87)

アン・ハサウェイは、元々が美人だから、こういうシンデレラっぽい役は、合いますね〜。それに、メリルが、さすがの貫禄!なんだか近寄りがたい風格がありましたね。

2007/1/18(木) 午前 10:38 kuu 返信する

顔アイコン

★kuuさん、アンは可愛いですね〜ホント、シンデレラ役が似合います。メイルはどんどん貫禄がついて凄いですね!二人のでこぼこコンビが面白かったです。TBありがとうね〜♪

2007/1/19(金) 午前 8:40 choro 返信する

顔アイコン

この映画大好きなので。リズム感あって、気持ちよくみることが出来ました。先輩秘書の一生懸命さがすごくかわいかったし、全体にどの役柄も人の描き方がよかったと思いました。最初と最後の面接シーンも印象的でした。女性必見ですね(^^♪。

2007/2/20(火) 午後 0:46 shin 返信する

顔アイコン

★Shinchanさん、本当に楽しい映画でしたね!おっしゃるとおり登場人物それぞれの個性がよく描かれていたと思います。このような明るく楽しませてくれる映画は私も大好きです♪

2007/2/21(水) 午前 8:47 choro 返信する

顔アイコン

この映画恥ずかしながらDVDで漸く観ました、キャスト、ファッション、音楽、映像、皆、ナイスでしたね。記事書きましたのでTBさせてもらいます。

2007/4/21(土) 午後 9:07 かかし 返信する

顔アイコン

★かかしさん、楽しい映画ですよね〜夢と現実がほどよく混ざり合って楽しませてくれました!キャストもよかったですよね。TBありがとうです〜♪

2007/4/21(土) 午後 11:02 choro 返信する

顔アイコン

近場で観てきました。すごく評判がよかったので期待しつつ行ったのですが、ほんとに良かった!これだから映画を観るのってやめられませんな、的な満足感でいっぱいです。メリルやアンはもちろん、どのキャラもすごく魅力的で素敵。中でもエミリーは、大風邪引いても足を折ってもパリに行けなくても、健気に頑張りますね〜(笑)。目の保養もいっぱいできて楽しかった!映画終了後、自分の格好を見るのが嫌になりましたが(爆)

2007/4/23(月) 午後 2:03 [ ode*_h*hu ] 返信する

顔アイコン

★odenさん、とっても明るくて素敵な映画でしたよね〜女性には大うけして当然と言った感じの作品でした。エミリーは健気でアンと共に応援したくなりましたね。メリルはさすがの貫禄で、最後まで洒落ていて素敵でした!自分の格好?こういう映画の後は絶対に鏡を観てはいけません!(爆)

2007/4/23(月) 午後 5:24 choro 返信する

顔アイコン

choroさん。トラバありがとうございました。この映画、テンポもいいし、ほんとおもしろかったですね。上のかたと同じ感想になるけれど、これだから映画みるのはやめられません、と私も感じました。見終わった後に勇気とか元気をもらった気になれます。私も自分の好きなことをがんばろう、と思いました。

2007/4/28(土) 午前 8:30 poeko 返信する

顔アイコン

★ぽえこさん、これは本当に楽しめる映画ですよね。ホント、だから映画はやめられない!って感じです。(笑)綺麗で元気がもらえてハッピーな気分になれますものね♪TBありがとうです〜(^^)

2007/4/28(土) 午後 10:08 choro 返信する

顔アイコン

やっと見れましたー★最初から最後まで気分よく見れ、見た後自分もがんばるぞーと思える素敵な映画でした。ミランダは尊敬できる面もありますが、自分の上司だと思うと・・・・。恐ろしい。

2007/8/4(土) 午後 6:39 [ - ] 返信する

顔アイコン

★こまってぇいさん、楽しめる映画ですよね!そうそう自分も頑張ろうって元気ももらえるし、とても気持ちよく観られる作品でした!しかしメリル、怖かったよね〜確かにあんな上司だったら一日で逃げ出したくなりそう・・(笑)TBありがとうございました♪

2007/8/5(日) 午前 9:20 choro 返信する

私も“ナイジェル=スタンリー・トゥッチ”気になりましたねぇ〜!
憎めないキャラで、アンディの精神的支柱でした。あの後、いい目見れるといいんだけど…。

2008/7/9(水) 午後 10:45 やっくん 返信する

お目目ぱっちりのアン・ハサウェイが可愛いなあ、とプリティープリンセスだっけ!?そのシリーズを見ています。トップ秘書みたいなお仕事はマシーンのような働き蜂になることを要求される感じですね。大変です。ついていけるか!!とお仕事をポイしたアンディの気持ちはもっともです。人生ゲームのゴールも道程も様々。生き方は無限通りあるのですから。アンディの好きな生き方をすればいいんですよね。アンディGO!MY HAPPY!!・・・こんなお話でしたっけ!?

2008/7/10(木) 午前 9:38 ドリームゆめのすけ(ゆめのゆめの 返信する

顔アイコン

★やっくんさん、スタンリー・トゥッチはいつもインパクトのある役をしますよね〜ここではとっても素敵なキャラでした!
とにかく綺麗で楽しめる映画でしたね♪TBありがとうございます〜

2008/7/10(木) 午後 8:32 choro 返信する

顔アイコン

★ゆめのすけさん、そそ私も最初にアンを見たのはプリティ・プリンセスでした。大人になりましたよね〜(笑)
この映画は楽しかったですね〜大好きな一本です♪

2008/7/10(木) 午後 8:35 choro 返信する

顔アイコン

厳しさの中に優しさを秘めた上司をメリル・ストリープは見事に演じきってました。アン・ハサウェイもそれによく応えてましたね。

2008/11/28(金) 午前 0:57 mossan 返信する

顔アイコン

★もっさんさん、メリルはこういう役にはあまりにピッタリですよね!(笑)
アンも可愛くてとってもステキでしたね〜
これは何度観ても楽しめる映画です。(^^)
TBありがとうございました〜♪

2008/11/30(日) 午後 6:17 choro 返信する

本当に「プリティ・プリンセス」の頃より断然、良いアン・ハサフェイでした。
スタイル抜群で、着ていた服が本当に似合ってましたよね。。
彼女の為の作品とも思えるほどです。。
メリル・ストリープ、強烈なキャラでしたね。
でも、どこか微笑ましい部分がありましたね。。。

2012/1/14(土) 午前 1:37 sei 返信する

顔アイコン

★seiさん、ホント、アンも大人になりましたよね〜(笑)
メリルとのバランスがよくてとても楽しめる映画でした!

2012/1/23(月) 午後 9:12 choro 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(27)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事