全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

出演:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、スーザン・サランドン、ジェームズ・マースデン
    レイチェル・カヴィ、ティモシー・スポール、イディナ・メンゼル、サマンサ・アイヴァース
声の出演:ジェフ・ベネット、ケヴィン・リマ
ナレーション:ジュリー・アンドリュース

監督:ケヴィン・リマ
脚本:ビル・ケリー
作詞作曲:アラン・メンケン、スティーヴン・シュワルツ
音楽:アラン・メンケン

原題:ENCHANTED
上映時間:108分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ディズニー)
初公開年月:2008/03/14
ジャンル:コメディ/ファンタジー

【解説とストーリー】
 ディズニーが伝統のアニメと実写を融合させ、さらにセルフ・パロディやミュージカルなど様々な要素も随所にちりばめて描いたファンタジック・コメディ。魔女に騙され、おとぎの国(アニメーション)から現実世界(実写)に追放されたプリンセスが大騒動を繰り広げる。
 魔法の王国“アンダレーシア”に暮らす心優しいプリンセス、ジゼル(エイミー・アダムス)。彼女はある日、エドワード王子(ジェームズ・マースデン)と運命的な出会いを果たし、晴れて結婚することに。だがその一方、彼らの結婚によって王位を手放すことになるナリッサ女王(スーザン・サランドン)は一計を案じる。実は彼女の正体は魔女だったのだ。そして結婚式当日、老婆に化けたナリッサはジゼルに接近し、彼女を井戸に突き落としてしまう。やがて、ジゼルが辿り着いた場所は、現実の世界、現代のニューヨークだった。しかし、周囲に助けを求めるものの誰も手を差し伸べてはくれず、途方に暮れるジゼル。そんな中、彼女はバツイチの離婚弁護士ロバート(パトリック・デンプシー)とその娘モーガン(レイチェル・カヴィ)に救われるのだが…。
(allcinemaより)

子どもの頃からディズニーのプリンセス映画を観て育った人には嬉しい作品ですね〜♪

「白雪姫」は昭和一桁に出来た長編アニメーション映画の第一作目ということで、私などの母たちが戦後日本で上映されてその美しさに驚いたと聴かされましたが、その後の「シンデレラ」「眠りの森の美女」はちょうど私世代の人が絵本やアニメで観た作品。私は「シンデレラ」は劇場で観た記憶があり、パンフもまだ残っています。(^^ゞそして娘たちの世代になってその「シンデレラ」をリバイバルで観たり、「美女と野獣」「リトル・マーメイド」と新しいプリンセスが生まれました。この5作品に対するオマージュがたっぷり入った本作は、ディズニーらしさが溢れていて「やっぱりディズニーのプリンセスものはこうでなくちゃ!」と思わせてくれる楽しい映画でしたね〜♪(^^)

まず冒頭の飛び出す絵本をめくりながら入るナレーションの声がジュリー・アンドリュースでにんまり。もしこの物語によい王妃様が出てくるなら間違えなく彼女がやったでしょうね(笑)。「シュレック」や「プリティ・プリンセス」とも被りますが、やっぱりこの人の声はプリンセス・ファンタジーによく合います。(^^)
そしてたまらないアラン・メンケンの音楽♪ディズニー節というのかな〜(笑)もう空気がディズニーワールドにしっかりと浸ってしまうんですよね。

久々に観るアニメーションのお姫様。動物たちとおしゃべりして戯れる姿は白雪姫やオーロラ姫、シンデレラと同じですね〜そのアニメーションは最初の10分くらいで、舞台はいきなり魔女の魔法で現代のニューヨークに追いやられたジゼルと彼女を追いかけてくるおとぎの国の人たちの一大騒動記が始まります!

そんなアンダレーシア国の人々と現代人の弁護士ロバート&モーガン親子とのやりとりがとっても面白く、無理やりおとぎの国の人々を現代に持ってきてしまったわけなのに(笑)そこはディズニー、違和感なくというかしっかりとはまり込んでいます。

ジゼルを助けるロバートには苦い経験があることで、娘のモーガンに夢を見させないという設定や、離婚訴訟中の夫婦を仕事で担当しているなど、その周りの話もとても上手くできていて楽しめました。

もちろん今までのディズニー映画と同じくミュージカル仕立てですので、あのアカデミー賞ノミネートの3曲も含め、ミュージカルナンバーがどれも素敵です。ディズニーの曲って覚えやすいんですよね〜先日のアカデミー賞授賞式で聴いただけなのに、親しみやすく前から知っているような感じがしました。まぁメンケンの曲なので時には「美女と野獣」風、時には「人魚姫」風と曲想はお馴染みの雰囲気ですから当然かもしれませんね。(^^ゞ
特にジゼルが街の人たちと一緒に歌う【想いを伝えて♪】は「メリー・ポピンズ」の1シーンを思い出すし、又ラテン系の音楽が「リトル・マーメイド」の【アンダー・ザ・シー】を彷彿させます。ダンスをする黄色のジャケットの男性たちは煙突掃除を意識しているとか。

今までのディズニー映画を思い出すコネタは山のようにあるのですが、ジゼルがロバートのマンションの掃除をする時のシャボン玉や小鳥たちがエプロンを結ぶシーンなどは「シンデレラ」そのもの。もちろん毒りんごや12時のタイムリミット、ガラスの靴などすぐにわかるものもあるし、それらをみつけるのも楽しい映画でした♪今までのアニメ映画での声優を担当したスターもたくさん登場するんですよね〜(^O^)

ちょっとネタバレの含まれる感想になるので反転しますね。
この物語はプリンセスの集大成と言われていますが、結末ではジゼルはプリンセスにはなれないんですよね(笑)。なんと子持ちのおじさんと一緒になるわけで、今までのディズニープリンセスのラストとは違います。これって、もしTDLでパレードなどにこの「魔法にかけられて」が登場するとなると、どうなるのかな〜?などと早々と思ってしまいました。^^;でもこの結末は現代風で好きなんですけどね!
もう一つ、ラストのドラゴンとの戦いですが、ロバート(イコール一応ここでは王子役ですね)が闘うのかと思いきや、なんと今までのおとぎ話とは逆で、お姫様のジゼルが闘って王子を助ける展開にはびっくり!これも現代風ですよね。ありきたりじゃなくて面白かったです♪
キャストは皆はまり役!エイミー・アダムス、歴代のアニメのプリンセスのイメージからするとちょっとトウが立っているかな?とも思わなくもないのですが(笑)、キュートでジゼルにピッタリでしたね〜監督が彼女しかいない、と最初に決めただけあってよかったです♪

ロバート役のパトリック・デンプシーは初めて観たかも。舞踏会では華麗に踊ってましたね〜なんと、この方「雨に唄えば」の故ジーン・ケリーにダンスを習っていたとか。どおりで上手なわけですね。過去のトラウマ?から夢を見ることができなくなってしまった子持ちの男性の複雑なところもよく出てましたね。

楽しみにしていたエドワード王子役のジェームズ・マースデンですが、うふふ、ちょっぴりオバカキャラで笑っちゃいました。(^O^;あの大きなちょうちん袖の王子服をずっと身にまとい、なりきっている姿は、誰がサイクロプスと同一人物と思うでしょう?(笑)でも相変わらずいい声ですよね〜♪

ナリッサ女王=魔女のスーザン・サランドンは、怖い!!(笑)メイクも凄いのですが、本当に白雪姫の魔女そのものでしたね〜ドラゴンに変身するのはマレフィセントだし、魔女の中でもかなりのツワモノ!しっかりとこれでディズニー悪役キャラの仲間入りです!(^^ゞ

その女王に憧れる気持ちから手先として現代にやってくるナサニエルはなかなか美味しいキャラかも。ティモシー・スポールはもうこういう役には欠かせない?人ですね。アニメのナサニエルも彼そっくりで可笑しかったです。ラストがまた笑えました!

ロバートの娘モーガン役のレイチェル・カヴィも可愛かったです。ちょっとアビゲイルちゃんに似た雰囲気もあり、これからこの子も活躍するかな〜ロバートの恋人ナンシー役のイディナ・メンゼル「レント」でお馴染みの女優さん。今回歌はありませんでしたが、このナンシー、ちょっぴり可哀相だな〜と思いきや、安心のラストになってましたね。(^^)

そしてリスのピップ!実写になってからはCGだそうですが、まるで本当のリスが演技をしているみたいに自然で驚きました!しかし可愛いキャラでしたね。現代での声は監督の吹き替えだそうで・・・(笑)

しかし、あのジゼルのドレス!小さな女の子なら誰もが憧れるウェディングドレスですよね〜雨に濡れてもったいな〜い!なんて思ってしまいました。(^^ゞカーテンで作っちゃう(「サウンド・オブ・ミュージック」みたい(笑))他のドレスも皆素敵でした!

本当に夢と魔法の国に入り込むような楽しい映画だったのですが、一つだけ苦手なものが〜〜〜〜!
ジゼルがマンションの掃除の手伝いをして貰う為に、歌で動物達に呼びかけると来るわ来るわ!ニューヨークの鳩やネズミや・・なんとゴキブリまでが〜〜!!ドブネズミも「レミー〜」の時と同様ちょっと退いたのですが、何と言ってもゴキブリには参りました。(涙)だってお風呂の排水口からゾワゾワといっぱい・・・>_< CGなんだけど、これだけはちょっといただけなかったな〜すみません。本当にゴキブリに弱いもので・・・・都会を表す為だったのかな、と思いますが、いや〜残念。一つだけ個人的にNGがあったのは惜しかったです。(^O^;

でも、トータルではとっても楽しめて満足できましたからいいんですけどね!(笑)

閉じる コメント(72)

顔アイコン

★かずさん、本当にそうですね!ディズニーはやっぱりこの手の作品になると裏切りませんね〜♪TBありがとうございます。

2008/4/13(日) 午前 10:13 choro

顔アイコン

★kuuさん、俳優さんだけでなく、いろいろなシーンの再現が面白かった出ウ書ね!本当に上手くできているな〜と思います。
あはは、ああいうドレスは現代では厄介ですよね〜(笑)しかし小さいころ憧れましたよね!(~o~)TBありがとうございます〜♪

2008/4/13(日) 午前 10:15 choro

ジェームズ・マースデンが本当にツボでした!面白かったですね〜!アニメの世界であのテンションは違和感なくてもリアルでは!!(笑)また近いうちに彼の映画来ますよね。
しかし夢があってとても素敵な映画でした!ラストは意外ながらもやっぱり素敵でした!すいません!
TBお返ししてなかったみたいで・・・。
遅くなりましたがTBお返ししますね〜!

2008/4/21(月) 午後 4:59 MINA

顔アイコン

★MINAさん、ホント、面白かったですね〜ジェームズ・マースデンは芸達者ですよね。やっぱりディズニーは楽しいですね!
お忙しいのにTB&コメントありがとうございます〜♪感謝!

2008/4/22(火) 午後 1:20 choro

顔アイコン

とても楽しい映画でしたね!セントラルパークでのミュージカルのようなシーンが
華やかさにあふれていて、特に印象的でした。Choroさんの反転部分の感想に、
なるほど、そうだったなあ…と、あらためて思いました(^^)。 遅くなりましたが
TBさせてください♪

2008/4/26(土) 午後 5:22 swing(スウィング)

顔アイコン

★the swing of musicさん、やはりディズニーのこの手の映画は楽しいですよね!単なる昔のおとぎ話でなく、今風にアレンジされていたところも面白かったです。TBありがとうございました〜♪

2008/4/28(月) 午前 8:20 choro

顔アイコン

ジェームズ・マースデンの王子さまがなんたって素適でした。
彼は、ほんとまあ、テレビドラマ(アリーマイラブ)で見て以来、いろんな役柄をこなしていますよ。でもってどこでも歌っている。唯一X−メンは歌ったなかったけど。こんな楽しい映画、一年に一回は、作って欲しいです、ディズニーさ〜〜ん。
TBありがとうございました。お返ししますね。

2008/5/10(土) 午後 5:47 にげら

顔アイコン

★にげらさん、マースデンはとっても面白いキャラで人気ですね!(笑)X-MENの時とあまりの違いにびっくりですよね。しかし楽しい映画でした♪TBありがとうございます〜

2008/5/11(日) 午後 2:42 choro

アバター

これは楽しい映画でした〜♪ディズニー映画を観てる人は、もっと楽しめたでしょうね。私はあまり観てないのでちょっと残念でした。
エドワード王子、好きだわー(^^;

2008/6/16(月) 午後 11:57 Naomi

顔アイコン

★Naomiさん、楽しかったですよね〜ディズニーの王道のような映画でしたが、大人も子どもも楽しめる作りはさすがですね!
エドワード王子はツボでした!(笑)TBありがとうございます〜♪

2008/6/18(水) 午前 8:35 choro

やっとDVDで観られました!面白かったー。ゴキブリはゾワゾワ〜としましたが 鳩が・・・で なんてブラックなんだ(笑)私も、イディナ・メンゼルが歌わなくて残念だったなーと思いました!こういうハッピーエンドな映画はやっぱりいいなぁ♪

2008/7/19(土) 午前 1:00 キノ

顔アイコン

★kinoさん、私も今日DVDで再見しましたが、やっぱり面白かったです〜♪ゴキちゃんも劇場で観た時ほどは気持ち悪くなかったわ(笑)。そそ、あの鳩が・・・のシーンはブラックですよね〜^^;
やっぱりディズニーはいいですよね〜気持ちよく観れて楽しめるのはさすがです!

2008/7/19(土) 午後 8:34 choro

DVD待ちになっていたので、ようやく観ました。
そっか〜。ハッピーエンドだと思っていたけど、お姫様にはなれなかったんですよね〜。
でも全然大丈夫です。大満足でした^^
TBさせてくださいね☆

2008/8/15(金) 午後 9:27 なぎ

顔アイコン

★なぎさん、これは面白かったですね〜
うちはディズニー大好き人間ばかりなので(笑)DVDを買ってリピートしています♪^^;やっぱりこういう映画は楽しいですよね!
TBありがとうございます〜♪

2008/8/17(日) 午後 11:11 choro

顔アイコン

この映画、実は劇場で見たんですが(^_^;もうそれって春ですよね。
内容はほんと楽しかったですね。
アラン・メイケンの曲は本当にいいですよね!
パトリック・デンプシーもなかなか素敵な感じで(まぁ、確かにバツイチ・子もちですが)。
そうそう、一緒に見た友達が「アメリカ人の衛生観念って・・・」と云って嘆いておりました(笑)。
でも、シマリスのヒップなど、いろいろ楽しい作品ではありましたよね。
TBさせてくださいね。

2008/12/8(月) 午後 10:07 [ miskatonic_mgs_b ]

顔アイコン

★miskatonicさん、やっぱりディズニーですよね〜
お話も映像もそして音楽も、ディズニーならではの作品で、ファンにはたまりません!(笑)
しかしあのシーンだけは「きゃ〜〜」でした。^^;結構アメリカのアニメとかではリアルに出てきますよね。デフォルメしてあればまだしも、あまりにリアルでゾゾっとしちゃいますよね〜
でも楽しいミュージカルなのでこれはお気に入りです。(~o~)
TBありがとうございました〜♪

2008/12/11(木) 午後 8:55 choro

顔アイコン

さすがはディズニー。決して哀しい終わり方をしないところがいいですね。単純明快に楽しめる映画でした。

2009/1/8(木) 午後 9:29 mossan

顔アイコン

★もっさんさん、そそ、ディズニーはハッピーエンドがお決まりですものね!(笑)単純に楽しめるファミリー映画ですよね♪
TBありがとうございます〜♪

2009/1/12(月) 午前 9:43 choro

顔アイコン

ディズニーてんこ盛りな凄い作品でしたね〜!笑いあり涙ありで楽しめました!アニメの時点で、ティモシー・スポールさんに似ているなぁと思っていたら、やっぱりそうでした!笑!モーガン役の女の子もとても可愛かった〜♪

2009/3/18(水) 午後 1:27 あくびまま

顔アイコン

★あくびままさん、ディズニー好きにはたまらない魅力の映画ですよね!ニコニコと笑って観られるディズニープリンセスそのもののファミリー映画でした。
モーガンの子、可愛かったですよね!

2009/3/20(金) 午前 7:47 choro

開く トラックバック(27)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事