全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

出演:ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ、デヴィッド・ストラザーン、レイチェル・ワイズ
   ナタリー・ポートマン

監督:ウォン・カーウァイ
原案:ウォン・カーウァイ
脚本:ローレンス・ブロック、ウォン・カーウァイ
音楽:ライ・クーダー

原題:MY BLUEBERRY NIGHTS
上映時間:95分
製作国 :香港/中国/フランス
公開情報:劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月:2008/03/22
ジャンル:ロマンス/ドラマ

《コピー》
ニューヨークから5.603マイル
あなたのブルーベリー・パイが恋しい

【解説とストーリー】
 「花様年華」「2046」のウォン・カーウァイ監督が、自身初の英語作品に挑んだラブ・ストーリー。これが映画デビューとなるノラ・ジョーンズを主演に迎え、愛に傷ついたヒロインの心の彷徨を優しく見つめる。
 ニューヨークのとあるカフェ。失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は、この店のオーナー、ジェレミー(ジュード・ロウ)が焼くブルーベリー・パイを食べ少しだけ心癒やされる。それでも、なかなか別れた恋人のことが忘れられない彼女は、ついに宛のない旅に出る。仕事をしながらメンフィス、ラスベガスとアメリカを横断していくエリザベス。彼女はその先々で、それぞれに愛を求め愛に傷つく人々と出会い、彼らと束の間の時間を共有していく中で新たな自分を見いだしていく。(allcinemaより)

昨日の日記に書かせていただいたとおり、この映画を観た後に「スルース」を観てしまったので、ちょっとこちらの映画の印象が薄れてしまったのが残念です。^^;
とは言っても、決して楽しめなかったわけではないし、元々このような自分探しの旅に出るという物語は嫌いではないので、ラストの予想はできるものの心地よく観ることが出来ました。何よりキャストが魅力的ですしね!(笑)

主人公のエリザベスの気持ちはわかりますよね〜失恋して、このまま流されるように生きていくことには抵抗があるので自分の身を違う環境に置きたくなるというのは理解できます。大体ロードムービーに描かれる人々は自分の人生をみつめなおし、新たな目標や夢を見つけたいと願って、いろいろな人との出会いを通して経験を積んで行きますよね。本当に旅というのは普段の自分を見つめなおすには一番の方法だなと自分も旅行をするといつも思います。

そんなエリザベスは、失恋の後で偶然知り合ったカフェのオーナーのジェレミーに旅先から手紙を書き続けます。おそらくそれは彼女がその時その時の自分をしっかりと捕らえておきたかったというのと、もちろんジェレミーだけが正直に自分を語れる唯一の人間だったからなのでしょうね。

旅先でめぐり合う二つの物語が彼女を大きく成長させることになるのですが、その二つのお話はどちらも傷ついた愛、失った愛の中から未来への希望への光が見えたところで、エリザベスは彼女らと別れています。このオムニバスドラマ風の展開もロードムービーならではで面白かったですね♪

そしてやっぱりラストはジェレミーのところへ戻ってくるわけですが、全体的に感覚で観る映画かなとも思いました。時折スロー風になるカメラワークもアートな感覚だし、音楽もある意味PV風。
旅先の景色は開放感があるし、エリザベスの衣装も可愛いです。そんな視覚的にも聴覚的にも心地よく見させてくれる映画だったな〜と後から感じてしまいました。(^^ゞ

ノラ・ジョーンズは初めての演技なのかな?でも自然でとてもよかったですね〜レイチェル・ワイズナタリー・ポートマンはさすが女優さんだけあって、非の打ち所のない美しさ(本当にそう思いました(笑))ですが、女優ではないノラは確かに美人というよりはキュートな感じ。でもそこが返って失恋して自分をどうしてよいかわからない悩める女性にはよく合っていたと思います。(^^ゞ
しかしレイチェルは「コンスタンティン」の頃に比べるとグッと大人っぽくなり本当に綺麗になりましたね〜ナタリーもこのところ立て続けにスクリーンでお目にかかりましたが、やはりすっかり大人の女優さんになり、今回の役もマゴリアムおじさんの時とは全く違う個性を上手く演じていましたね!

レイチェルふんするスー・リンの夫アーニー役のデヴィッド・ストラザーンも出て行った妻を諦めきれず精神的にもギリギリの状態の男のせつなさが哀しいほどよく出ていました。

エリザベスに、人々から選ばれない為に残ってしまうというブルーベリーパイを出すニューヨークのカフェのオーナー、ジェレミー役のジュード・ロウはここでもやっぱり二枚目です!ちょっぴり無精ひげを置いているところが、ジェレミーも又吹っ切れない過去があることを物語っているように思いましたが、何と優しい男性ですよね〜他でも目にしたのですが、こんなオーナーのいるカフェなら毎日通っちゃいますよね!(^^ゞあんなに空いていて喧嘩してるおじさんしかいないと言うのは信じられません!(笑)鍵がジェレミー自身を表す重要な小道具となっていたのが洒落ていました♪もちろんラストのキスシーンにもうっとり・・・(笑)

しかし題名にもあるパイがとっても美味しそう〜♪この映画を観たら誰もがブルーベリー・パイを食べたくなりますね!(^^)

カーウァイ監督の作品は「2046」しか観ていないのでその個性などよくわからないのですが、この映画、香港/中国/フランス の共同作品なんですね〜私はてっきりアメリカ映画かと思ったのでこれには驚きました!映画界も本当にグローバル化されてますね〜(笑)

最後に・・・ラストでノラ・ジョーンズが持っていたヴィトンのバッグ、素敵でしたね〜♪(見たことのないデザインでした)こういう映画でヴィトンを持つって珍しい?と思ったら、エンドロールでちゃんとスペシャルサンクスの文字があったので納得!先日の「ダージリン急行」と言い、最近劇場で時折みかけるCMから考えると、やはり【旅=ヴィトン】というイメージをインプットする広告でもあるのかしらね?(笑)

閉じる コメント(74)

アバター

どうもこの、エリザベスという彼女のことが、女性的にあまり好きではなかった私です。いわゆる恋愛体質?自分探しというより、次の男性(ジェレミー)を試しているようにしか見えなかったんですよねえ・・・。TBさせてください。

2008/6/16(月) 午後 11:49 Naomi

顔アイコン

★Naomiさん、なるほど、そういう見方もできるかも。。^^;
一度そう観ちゃうと???が続いちゃいますよね。
私はまんまの観賞でしたが(笑)全体にほんわかしたお洒落な映画でした。ジュードがステキだったので満足したんだと思います。(^O^;TBありがとうございました〜♪

2008/6/18(水) 午前 8:28 choro

こちらでは近くで公開がなくDVDになりましたが。ジュードの魅力にさらにメロメロですw
メイキングにそれぞれがどのように役を捉えていたかが語られていて、とても興味深かったし、物語りをより一層理解出来た気がします。
監督は本国以外で映画を撮るのは初めてなのかな?でも英語は普通にネイティブな喋りで驚きました。
TBさせてくださいね。

2008/7/9(水) 午前 4:05 pu-ko

顔アイコン

★pu-koさん、この映画のジュードにはホントにノックアウトされましたね〜(笑)
メイキングも面白そうですね。日本のレンタルには入らないかな〜^^;とてもお洒落な映像が印象的でした。
TBありがとうございます〜♪

2008/7/10(木) 午前 8:41 choro

二度目のコメです。
DVDが出ましたので、ようやく観ました。
ジュード・ロウはかっこよかったし、わき役もみな名優ばかりでしたね。
ラストのキスシーンは、映画史に残りそうですね^^

2008/9/18(木) 午前 0:10 なぎ

顔アイコン

★なぎさん、2度目のコメありがとうございます〜(笑)
本当にうっとりするようなキスシーンでしたよね〜♪
こんなマスターがいたら通っちゃいますね!^^;TBありがとうございます〜♪

2008/9/18(木) 午後 9:07 choro

確かに感覚的に見る映画なのかも知れませんね。その中から何かを感じとれるような・・・。遅ればせながらTBさせていただきます!

2008/12/7(日) 午後 5:23 takutaku!

顔アイコン

★たくたくさん、そうですね。感覚的に捉えて感じる映画ですよね。
どちらかと言うと女性好みかも(笑)。
TBありがとうございました〜♪

2008/12/8(月) 午後 8:52 choro

失恋してながされてしまうのは、いやだなって思う思いはすごくよくわかりますよね。そこできっぱりと旅にでた彼女がすきでした。TBさせてくださいね

2009/1/6(火) 午後 10:12 恋愛映画

カーウァイ監督の作品は、ストーリーよりも、映像重視ですよね。だからちょっと苦手っぽいのですが、この映画は、何しろジュード・ロウですから、映像的にも満足できました。いくつかのストーリーを取り込んでいるところも、見やすかったです。

2009/4/26(日) 午前 11:31 kuu

顔アイコン

★恋愛映画さん、レスが遅くなりすみません。そうですね。旅に出ることで自分を見直すというのは正解ですね。
TBありがとうございました〜♪

2009/4/28(火) 午後 11:09 choro

顔アイコン

★kuuさん、やはりジュード・ロウはビジュアル的に魅せてくれますよね〜(笑)感覚で観る映画でしょうか。映像が綺麗で楽しめました。(^^)
TBありがとうございます〜♪

2009/4/28(火) 午後 11:10 choro

見ようによっては不器用で、
ちょっとイライラしてしまう2人の恋でしたが、最後にハッピーエンドで良かった、良かった♪
脇の有名女優2人(レイチェル&ナタリー)が個人的には素敵だったな…^^

2010/3/1(月) 午後 10:44 やっくん

顔アイコン

★やっくんさん、雰囲気のある映画でしたよね。
キャストも豪華で見応えがありました♪
TBありがとうね〜

2010/3/6(土) 午前 8:56 choro

顔アイコン

カーウァイのテイストとアメリカと云うロケーションが意外とマッチして面白い感じの作品でした。
ロード・ムービーっぽい渇いたテイストを出そうとしたのかもしれませんが、どうにもこの監督は湿った感じなので(笑)そうならないところがかえって魅力になった作品だと思います。
ナタリー・ポートマンやレイチェル・ワイズはさすがの存在感でしたね。
TBさせてくださいね。

2010/5/5(水) 午後 11:48 [ miskatonic_mgs_b ]

顔アイコン

★miskaさん、何だかとても雰囲気のある映画でしたね〜
映像と音楽とストーリーとキャスト全てが洒落ていて不思議な感覚になる作品でした。
女優陣は個性豊かでしたね!
TBありがとうございます〜♪

2010/5/11(火) 午後 10:34 choro

私も美しい女性がいるカフェなら毎日通うでしょう・・・(笑)
ラストのキスシーンは女性の心を掴む、良いシーンでしたね。。

ノラの寝顔、唇が印象的でした。
あの唇に思わず・・・キスをしてしまったんでしょうね(*^_^*)

2010/6/13(日) 午前 0:11 sei

顔アイコン

★seiさん、ですよね〜(笑)こんなに素敵なマスターがいたら誰もが通っちゃいます!(^^)
ノラも自然な感じで素敵でしたね。男性ならそうなのでしょうね〜(笑)

2010/6/25(金) 午後 1:30 choro

アバター

カーウァイ作、実は『恋する惑星』しか見てない気もします(^_^;)
独特な雰囲気のある作風ですが、この作品も雰囲気ありましたね。
もうこんな綺麗なジュードには会えない気がします(^_^;)
簡単まとめ記事ですが、TBさせてくださいね。

2012/11/15(木) 午前 8:59 木蓮

顔アイコン

★もくれんさん、これはおっしゃるように雰囲気が好きでした。
とってもロマンティックで、ジュードは素敵だし!(笑)
TBありがとうございます♪

2012/11/28(水) 午後 11:55 choro

開く トラックバック(32)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事