choroねえさんの「シネマ・ノート」

ブログ引っ越し中で益々バタバタしております。スマホで見るとレイアウトが崩れている時がありますが、ご勘弁を。<(_ _)>

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、大倉孝二、岡田義徳
   鈴木一真、高橋一生、宮崎美子、松雪泰子、ジーン・シモンズ

監督:李闘士男
原作:若杉公徳 (白泉社『ヤングアニマル』連載)
脚本:大森美香
音楽:服部隆之

上映時間:104分
公開情報:劇場公開(東宝)
初公開年月:2008/08/23
ジャンル:コメディ/音楽/青春

《コピー》
僕がしたかったのは…
こんなバンドじゃない!!

【解説とストーリー】
 若杉公徳の人気ギャグマンガを「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で映画化した痛快音楽コメディ。オシャレなポップミュージシャンを目指す心優しき青年が、なぜか悪魔系デスメタルバンドとして大活躍してしまい、憧れのヒロインに正体を隠しての二重生活、そして本来やりたい音楽とのあまりのギャップに苦悩と混乱を深める姿をパワフルかつコミカルに描く。
 オシャレな渋谷系ミュージシャンを夢見て大分の田舎から上京してきた純情青年、根岸崇一(松山ケンイチ)。ところがふと気づくと、事務所の豪腕女社長(松雪泰子)によって悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ(DMC)”のギターボーカル“ヨハネ・クラウザーII世”としてデビューさせられていた。根岸は、オシャレとポップソングが好きな憧れの女性・相川さん(加藤ローサ)にバレないようひた隠すが、DMCのデビュー・シングル『SATSUGAI』は予想外の大ヒットとなり、根岸の思いとは裏腹にクラウザーさんはどんどんカリスマへの道を突き進んでしまい…。(allcinemaより)
イメージ 2


春頃初めて予告を観た時に松山君だし面白そう〜と思っていたのですが、クレジットにジーン・シモンズの名前を見て俄然興味が沸きました(笑)。

イメージ 3私はちょうどオリジナルメンバーのKISS世代なのですが、特別ファンだったわけではありません(ヘビメタならパープルやレインボウが好きだったので)。でも周りでファンも結構いたし、ビジュアル系なんて言葉はなかった時代でしたが、何しろ話題になりましたからね〜もちろんメンバーも知っていたし、確か弟がアルバムも持っていたので曲も聴いていたと思います。とりわけジーン・シモンズはこの歌舞伎のような隈取メイクに、口から火を吹くパフォーマンスが印象的で後にも先にもこんなミュージシャンはいませんね。^^;まさに別名の文字通りDEMON(悪魔)そのもののスタイル!(笑)女性には★を目の周りにかたどったポール・スタンレーが人気でしたが。。。(笑)

さて、前置きが長くなりました。そんな私にとっては懐かしいジーン・シモンズも登場するというので楽しみに観たのですが、いや〜面白かったです〜!!
この原作は全く知らなかったので、夏休みにレンタルコミックで読んで嵌った話は日記に書かせていただきました。(^^ゞ漫画も面白かったけど、松山君のクラウザーさんはまるでそこから抜け出したようにそっくりでしたね〜!(笑)根岸君の時と声まで変えていて歌も自前だし、さすがに上手いですね!なかなかここまで演じきれる人は少ないと思うので、やはりこれは彼ナシでは成功しなかったかもしれませんね。

ストーリーは予想したとおり、クラウザーがジャックからギターを託されるところまでにまとめてありましたが、原作より下品度もやわらかで観やすかったです(笑)。原作では重要な役のM男こと資本主義の豚さんは映画に出演させて大丈夫なのかと心配だったのですが(笑)カットされてました〜(^O^;考えてみたら、この映画R指定になってないし、言葉も「F●CK」は連発されるものの、過激さはほとんどないので小学生でも観られるようになっている感じでしょうか。。(まぁあまり見せたくはないと思いますが^^;)

大筋も笑いどころも原作とほぼ同じ。喫茶店で待つ相川さんのところとCDショップのプロモライヴとを根岸とクラウザーを交互に演じながら行き来するシーンや、実家に帰って弟に説教する為にクラウザーになって振舞うシーン(牛や鎌の扱いが上手い!)、遊園地のレンジャーショーに紛れ込むシーンなど、爆笑シーンもそのままで、本当に笑いました!(~o~)

映画となると、ただダラダラと可笑しな話を綴るだけではまとまりがなくなるのですが、クライマックスへのもって行き方とか、ホロリとさせるエピソードやテーマなどもしっかり織り込まれ、脚本も悪くなかったと思います。

宮崎美子が全てをわかっている上で崇一を見守っている温かな母親を好演してました。神社に行くエピソードは原作にはないのですが、崇一が自分のやるべきことに気付いて決心する重要なシーンになっていましたね。

人は誰かの役にたつことで生きていく意味をみつけるのだと思いますが、崇一にとっては不本意だったDMCも多くの人に夢を与えているという結びは、ありきたりだけどやっぱり納得できるテーマでした。

他のキャストでは社長役の松雪泰子も熱演?ですね(笑)。何だか楽しんで演じているように見えたのですが、実際はいろいろと恥ずかしかったこともあったようで、確かにそうだろうな〜と思います。(~_~;)
相川さん役の加藤ローサは原作に確か名前が出てきますよね?作者の方がファンなのかしら?(笑)可愛かったですね〜♪
そして楽しみだったジーン・シモンズですが、まさかあんな風に歌ってくれるとは思わなかったのでちょっと感激!いつぞやメイクを落とした顔を初めて観た時、「ん〜〜こんな人だったのか」と思ったのを思い出しましたが、デビュー当時に比べるとグンと幅が出たものの(笑)、その貫禄はさすがですね〜60歳になってもロックミュージシャンの人たちって本当に元気!(笑)元々凄く大柄な人のイメージでしたが、やっぱり大きいですよね。松山君も日本の俳優さんの中では背が高いほうだと思いますが、もう一回りジーンの方が上回ってました。^^;

原作の過激さが好きな方にはちょっともの足りなさを感じられるかもしれませんが、映画としてはよくまとまっていてよかったのではないでしょうか。音楽もイメージどおりでよかったですね〜♪とにかく期待通りの面白さだったので個人的には大満足でした!(さすがに客層は若かったです。おばさんはほとんどいなかったような・・・^^;)
でも、新幹線まで使って帰ってきて、どうして駅から会場までは車じゃないの〜?(笑)

【余談】
プロデューサーさんは「この役には松山ケンイチかジョニー・デップしか思い浮かばなかった」そうな。。やっぱりね〜(~o~)

閉じる コメント(65)

私も原作をちょっと見ましたが、相当お下品な漫画のようですね〜。でも、それを、みんなが見られる映画にしたところがすごい!(^^)。歌詞や、セリフに拒否反応を示した人もいるようですが、私はむしろ、根岸君のクネクネの方が気持ち悪くていやでした〜(^^)。松ケンのクラウザーさんは、ぴったりでしたね〜(^^)

2008/9/14(日) 午前 10:50 kuu 返信する

顔アイコン

★kuuさん、漫画も面白かったけど、やっぱり大人の漫画なのでかなり過激でしたよね。だけど、映画では緩和されながらも面白さは損なわなかったところが凄いと思います。DMCたちの曲の歌詞などはあそこまでになると笑っちゃいますよね。私もクネクネの方が気持ち悪かったです(笑)。とにかく深く考えずに楽しめばいい映画ですよね!(^O^)TBありがとうございます〜♪

2008/9/15(月) 午後 3:03 choro 返信する

顔アイコン

TBありがとうございました〜♪
ほんと面白かったです。松山さん素晴らしかったです(^^)
私もクラウザーさんが帰ってきてなんでライブ会場まで走るんだ??って思いました(笑)
遊園地のトイレでのシーン、最高でした!!
私もTBさせていただきます(^^)

2008/9/21(日) 午前 0:04 レミ 返信する

顔アイコン

★レミさん、突っ込みどころはあっても楽しめる映画でしたよね〜(笑)これは早くDVDが観たいと思うくらい面白くてとても満足できたのが不思議でしたが、やっぱり松ケンの力が強いのかな〜♪
TBありがとうございます〜

2008/9/21(日) 午後 5:13 choro 返信する

アバター

原作も読んでみたくなりました。松山クンはホント、多才ですねー。これからのドラマ、映画も楽しみです♪
TBさせてくださいね。

2009/1/20(火) 午前 0:57 Naomi 返信する

顔アイコン

★Naomiさん、またTVドラマ「銭ゲバ」でも変わった役やってますね〜ホント、まだ若いのに上手いですよね!今後がとっても楽しみな俳優ですね〜
TBありがとうございました〜♪

2009/1/21(水) 午後 8:35 choro 返信する

社長役の松雪泰子が良かったです。
デスメタルの世界も深いですね。

2009/2/14(土) 午後 10:30 taka-9 返信する

顔アイコン

★takaさん、松雪さん、今公開中の「余命」とあまりに違いますよね〜(笑)女優として幅が拡がった感じがします。
デスメタルも確かに深いかも。(笑)
TBありがとうございました〜♪

2009/2/15(日) 午前 11:02 choro 返信する

顔アイコン

見ましたよぉ〜 トラバありがとう!
面白かったですよね! 田舎の実家で あの格好をする場面とか 好きですねぇ〜 あの母親が とってもいい味出してました。

2009/2/18(水) 午後 9:21 ジョン主 返信する

顔アイコン

★ジョンさん、これはツボでした〜!(笑)私も実家のエピソードは大好き!べぇべぇも面白かったよね〜お母さんが又いい味だしててホロっとくるし、映画としても上手く纏まってましたね!
TBありがとうございます〜♪

2009/2/19(木) 午後 8:22 choro 返信する

ジーン・シモンズって?と思ってたら、そんな大御所さんだったのか。よく出てくれましたね〜。
さすがに資本主義の豚の人は出せないですよね。
不本意な役どころだけど、人々に夢を与えるという大テーマは達成してるって、
い〜い話になってました。
追っかけのリーダーは、やっぱり大倉くんだったのか!

2009/3/9(月) 午後 2:10 ちいず 返信する

顔アイコン

★ちいずさん、そうなんですよね〜よくぞこの映画に出てくれましたよね(笑)。
でもデスメタの教祖(?)的な人だと思うし、やはり自分に敬意を表してくれたような気になったのかも。(^^ゞ
映画ではテーマもわかりやすかったですね。R指定があるわけでもないし、一般的向け作品としてはこれでいいのかなと思います。
大倉さんの追っかけはマンガそっくりでしたね〜(笑)とにかく面白かったわ〜(~o~)
TBありがとうございました〜♪

2009/3/9(月) 午後 2:25 choro 返信する

あっ!私も松雪泰子は楽しんで演じているように思いました!
松ケンは、生真面目なんだか?神がかりなんだか?でも、それが彼の良い所ですね^^

2009/7/11(土) 午前 11:56 やっくん 返信する

顔アイコン

★やっくんさん、松雪さんも芸の幅が広いですよね〜
マツケンはやっぱり凄い役者ですよね。
ベエベエがツボでした!(笑)
TBありがとうございます♪

2009/7/13(月) 午後 1:28 choro 返信する

アバター

私はエンドロール見るまでジーン・シモンズだって知らなかったんですよ。
まぁKISSがいたからデーモン小暮が出てきたし・・・
“デスメタル”の元祖が出演というのは製作側もがんばりましたね。
松山ケンイチはほんとうに芸達者ですね。大笑いさせてもらいました。
簡単な記事ですがTBさせてもらいますね。

2009/8/24(月) 午後 7:19 くみょん 返信する

顔アイコン

★くみょんさん、ジーン・シモンズはあまりに昔と変わっちゃいましたものね〜幅が・・(^O^;言われないと気づかないと言うのもわかるわ〜(笑)
しかしKISSは凄いインパクトでしたね〜観ていて面白いバンドでした(笑)。
この映画も漫画が原作なのでハチャラケぶりが面白かったですね!
TBありがとうございます〜♪

2009/8/27(木) 午前 11:11 choro 返信する

楽しく鑑賞出来ました♪
松ケンと松雪さんの演技、凄かったです^^
たくさん笑わせて貰いました♬

トラバお願いします!!

2010/5/7(金) 午前 6:10 れじみ 返信する

顔アイコン

★rejimiさん、ホント、松ケンと松雪さんはさすがに化けますね〜(笑)
私も爆笑して楽しめた映画でした。(^^)
TBありがとうございます〜♪

2010/5/12(水) 午後 9:49 choro 返信する

おー、KISS世代でしたか??私もこの映画を見ようとおもったのは
ジーン・シモンズさんが出てると知ってだったので^^
この映画はおもしろかったですね。ケンイチくんこんなこともできちゃうのね。。。とビックリしました
TBさせてくださいね

2010/6/11(金) 午前 5:38 恋愛映画 返信する

顔アイコン

★恋愛映画さん、KISSを一番聴いていたのは私よりちょい下世代だと思いますが、弟がレコードも持っていたしライヴも行っていたので私も聴いてました。(^^ゞ
しかし面白い映画でしたね〜ジーン・シモンズはすっかりオッサンになったけど、クラウザーはかっこよかったね!(笑)
TBありがとうございました♪

2010/6/25(金) 午後 1:07 choro 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(27)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事