全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

出演:エヴァン・レイチェル・ウッド、ジム・スタージェス、ジョー・アンダーソン
   デイナ・ヒュークス、マーティン・ルーサー・マッコイ、ジョー・コッカー、 ボノ
   エディ・イザード、サルマ・ハエック

監督:ジュリー・テイモア
原案:ジュリー・テイモア、ディック・クレメント、イアン・ラ・フレネ
脚本:ディック・クレメント、イアン・ラ・フレネ

原題:ACROSS THE UNIVERSE
上映時間:131分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(東北新社)
初公開年月:2008/08/09
ジャンル:青春/ドラマ/ミュージカル

《コピー》
All You Need Is Love
愛こそすべて

【解説とストーリー】
 舞台、映画と幅広く活躍する鬼才ジュリー・テイモア監督が、全編ビートルズのヒットナンバーで綴る異色のミュージカル青春ストーリー。ベトナム戦争が影を落とす60年代のニューヨークを舞台に、イギリスからやって来た青年が、ヒッピー・カルチャーと反戦運動で熱気にあふれたアメリカの若者たちと繰り広げる恋と友情を、出演者が歌うビートルズの名曲の数々と独創的なヴィジュアル表現で描き出す。
 1960年代、イギリス・リバプールの造船所で働くジュード(ジム・スタージェス)は、米兵だったというまだ見ぬ父に会うためアメリカへと渡る。しかし、東海岸のプリンストン大学で管理人として働く父親は存在すら知らなかった息子の訪問に戸惑うばかり。すっかり失望したジュードだったが、ひょんなことから学生のマックス(ジョー・アンダーソン)と知合う。その後、彼の妹ルーシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)と出会い、心惹かれるジュード。しかしやがて、ジュードはマックスと共にニューヨークへと向かい、歌手のセディが住むグリニッジ・ビレッジのアパートに転がり込み、様々な若者たちとの刺激的な共同生活をスタートさせる。そんなある日、ベトナム戦争で恋人を亡くしたルーシーが、兄の召集令状を携え、アパートへとやって来た。(allcinemaより)

リアルなビートルズ世代からはちょっとずれている私ですが、まだまだ当時の中高生は「洋楽はビートルズから」というのが定番で、少ないおこづかいを溜めては一枚ずつレコードを買ったのを思い出します。(^^ゞ

しかし、この映画を観てあらためてビートルズの凄さを再発見した、なんて言うのはあまりにありきたりな感想でしょうか(笑)。
どの曲ももちろん知っているのですが、英語が聴き取れない私はメロディこそよく覚えているものの、今まで歌詞はほとんど理解せずに聴いてたというのが正直なところです。^^;もちろんレノンの詩は読んだこともあるし、素晴らしいのは知っていましたが、こうして字幕付きで映像と共に聴くと、レノンとマッカートニーのコンビは互いの感性を高めあって優れた楽曲を残してきたことを強く感じました。

しかし、既成の歌詞のある曲をそのまま使って物語に乗せるのって大変だったでしょうね。もちろん歌詞が先にあって後からストーリーを考えたわけですが、ビートルズと同じ60年代のイギリスの労働者階級とアメリカの若者達の苦悩などを上手く描き出していました。

私はまだ子どもだったのでジョン・レノンやオノ・ヨーコが戦争に抗議して1週間ベッドインした話とか当時は意味がわからなかったのですが、こうして彼らの音楽をじっくりとあらためて聴いてみると、【LOVE&PEACE】がテーマになっていたというのがよく理解できますね。

思わずビートルズ讃歌から入ってしまいましたが、映画としても全てが60年代風で、ビートルズへのオマージュもたくさん含まれているし面白かったです。ただストーリーは当時のベトナム戦争を主軸にした若者達の物語としては目新しさはなく、途中中だるみを感じなかったわけではありません。これは楽曲を中心としたミュージカルになっているので仕方ないですね。

最近になってまた湾岸戦争ではなく、ベトナム戦争を舞台にした映画もよく観るのですが、もしかしたらアメリカ人にとっては20世紀になってからの戦争の中では、この【ベトナム戦争】が最も痛い戦争だったのかな、などと個人的には思います。本土を攻撃されたことがほとんどないアメリカだから【9・11】はそれこそ国民にとってものすごいショックだったそうです。でも、一番たくさんの犠牲者とその不幸な家族を生み出したのはベトナム戦争なのかな?アメリカの事情に詳しくはないので何とも言えませんが、日本が太平洋戦争にまつわるドラマや映画を毎年のように必ず作り続けているのと同じく、アメリカ人にとっては、ベトナム戦争こそ忘れることのできない、また忘れてはいけない戦争なのかもと思います。反戦運動も半端でなかった感じですものね。

しかし、映像は面白いですね〜いわゆる【サイケデリック】(当時流行りましたね〜)なデザインや色調が今風のCGで描かれ凄いインパクトです。最近はあまり見ない映像感覚ですよね。でも当時の感じは凄くよくわかります。(イエロー・サブマリンとかね(^^ゞ)

インパクトと言えば、【イチゴ】の赤の使い方も凄かったですね。あの赤ってやはり血を連想させますよね。ちょっと「父親たちの星条旗」の時のストロベリーソースを思い出してしまったのですが、この映画でイチゴの赤はいろいろな意味を持っているように思いました。最後に出てくるレコード会社のロゴはビートルズのアップルレコードと重なるようですけど。(^^)

重なることとしては、登場人物の名前も可笑しいですね。ジュードにルーシー。なるほどね、って感じです(笑)。映画『レット・イット・ビー』を思い出すビル屋上のシーンも素敵!

キャストはとにかく皆歌が巧いので納得でした!あまりにカバーの多いビートルズの楽曲ですから、今更オリジナル以外の人の歌で聴いたとしてももちろん違和感はないのですが、実際のシンガーの人や、歌える俳優を使っているので、聴き応えもバッチリでした!主演の3人(エヴァン・レイチェル・ウッド、ジム・スタージェス、ジョー・アンダーソン)はもちろんよかったけど(ジョー・アンダーソンって「敬愛なるベートーヴェン」でベートーヴェンの養子の役の人だったんですね〜驚きました!)、U2のボノが出てきたり、踊る看護師役でサルマ・ハウェックの顔が見えたのには驚きました。考えてみたら監督と「フリーダ」で一緒にお仕事してたんですね。
彼らの友達のセディ役のデイナ・ヒュークスも本当に素晴らしいシンガーで感動!共にバンドをやる黒人のギタリスト、ジョジュ役のマーティン・ルーサー・マッコイとの『オー!ダーリン』は鳥肌ものでした。
そして楽曲として圧巻だったのは、ルーシーの恋人の葬儀で歌われるゴスペルの『レット・イット・ビー』。名曲はどんなアレンジでも素晴らしいけれど、これはゴスペルというこもあり本当に魂をゆさぶられるようでした♪

もちろん他の曲も皆よかったですよ〜どれもアレンジが素敵なんですよね!そのシーン、シーンによく合っていて、本当に上手くマッチさせてあったと思います。

家に帰ってからやっぱりすぐにビートルズのCDを聴いてしまいました。この映画を観た後は、そういう人が多いかもしれませんね。(^O^;
ビートルズファンの方だけでなく、幅広い人が「ビートルズの音楽っていいな」と思えるような素敵な映画ですね♪

閉じる コメント(52)

こんばんは〜〜♪観ました!
イチゴのイメージが覆されました。。。
ミュージカル、ミュージカルしてなくて入りやすかったです。
ジムくん、歌うまいね〜。びっくりしました。そのうえ、だんだんステキに見えてくるし・・・(歌が上手いと評価アップ 笑)
メッセージ性も強いようで、そうでもなくて〜幻想的なシーンが多かったですね。ラストもよかったです。泣いちゃった・・・

2008/9/22(月) 午後 9:56 [ myp*nk*5jp ]

顔アイコン

★マリーさん、ジム君は歌も歌えるし芸の幅が拡がったので、又今後が楽しみですね。
しかしこの映画はお馴染みのビートルズナンバーで上手くストーリーが綴られていたのには驚きました。面白いミュージカルでしたよね!

2008/9/23(火) 午後 3:29 choro

ミュージカル苦手ですが(笑)、やはりビートルズはサイコー!
スクリーンで観て良かったです^^また、字幕で歌詞がよく
わかって、それも嬉しかったです♪キャストの皆さん、歌お上手
でしたね^^ゴスペルのレットイットビーに涙、セディとジョジョの
オーマイダーリンにゾクゾクしました(*^_^*)
ラストたたみかけるように流れるビートルズの曲に、またまた涙
してしまいました(T.T)

2008/9/25(木) 午前 11:15 [ pin*hyo* ]

顔アイコン

★pinkhyonさん、やはり洋楽も歌詞がわかると当然ながら全く印象が新たになりますよね。これはビートルズの曲を本当に上手くドラマ化してあるミュージカルでしたね!アレンジもよく、歌い手も皆上手くて聴き応えがあり満足な作品でした♪

2008/9/27(土) 午後 0:02 choro

アバター

はい、僕も帰ってから、ビートルズ聴きっぱなしです。時代を越えてもその楽曲の素晴らしさは色褪せません。
映画もビートルズにまつわるお遊び一杯で、飽きさせません。
映像も素晴らしくて、出演者はみんな歌うまいですね。とても楽しめました。
TBいたします。

2008/10/9(木) 午後 0:23 出木杉のびた

顔アイコン

こんにちは!コメント&TBありがとうございます!
この映画を見るとついついビートルズ讃歌になっちゃいますよね(笑)実際ビートルズ楽曲の魅力が前提にあっての作品ですし。でも歌の上手な俳優さんを起用しているあたりなどに作り手がビートルズ楽曲を尊重していることが感じられて、とても気持ちがよかったです。
アメリカ人にとって20Cの戦争といえばベトナム戦争、というのは納得できる気がします。イラク戦争が泥沼に入りはじめたときも、比較されたのは湾岸ではなくてベトナム戦争でしたね。国論をまっぷたつにした大義なきベトナム戦争はアメリカ人にとっていまだに心の傷なのでしょうか。負けちゃいましたしね

2008/10/10(金) 午前 4:34 [ たいやき ]

顔アイコン

★のびたさん、サントラを聴いていても違和感がないのが不思議なんですよね〜冒頭の「ガール」なんてポールの歌かと思うほど雰囲気も似ていて・・それぞれのアレンジや歌い手がとてもよいからなのでしょうね。
しかしよく出来た作品でしたね。ビートルズの楽曲が素晴らしいからできるのでしょうけど、物語まで歌詞から作ると言うのはすごいです。
TBありがとうございました〜♪

2008/10/10(金) 午後 4:13 choro

顔アイコン

★ミリアムさん、そうそうやっぱり「ビートルズって凄い!」ってことになっちゃいますね(笑)。
ストーリーもわかりやすく、当時をよく表していたし、上手くまとめてあったと思います。今に通ずるところもなきにしもあらずなのも気になるところですね。
TBありがとうございました〜♪

2008/10/10(金) 午後 4:14 choro

個性的な演出は、当初戸惑いもありましたが、慣れると後半は結構楽しく見られました。もう少しビートルズになじんでいたら、より楽しめただろうけれど…^_^;
TBお返しさせてくださいね。

2008/12/17(水) 午後 11:56 [ つっぱり太郎 ]

顔アイコン

★つっぱり太郎さん、そうですね〜ビートルズの曲を知っているかどうかで楽しみ方も違ってきますよね。しかし上手く繋げてありましたよね。(^^ゞ
TBありがとうございました〜♪

2008/12/21(日) 午後 6:00 choro

顔アイコン

たしかにちょっと中だるみというか退屈も感じましたが、ジュリー・ティモア監督はすごい人ですなー!というのが一番の感想でした。
TBさせてくださいね。

2009/1/10(土) 午後 8:36 オネム

顔アイコン

★オネムさん、映画全体が一つのアートでしたね。ビートルズの曲とその時代を堪能できる作品でした。
TBありがとうございます〜♪

2009/1/12(月) 午前 10:35 choro

アバター

詳しくない私でも半分くらいの曲は知ってましたから、流石ビートルズです。
ミュージカルって能天気に明るいイメージでしたけど、これはなかなかハードな背景でしたね。
自分としてはこういうのの方が入りやすくて面白かったです。

2009/3/13(金) 午前 8:59 木蓮

顔アイコン

★もくれんさん、本当にビートルズは凄いですよね。若い世代でも知っている曲がたくさんあるみたいだし、やはり特別な存在のアーティストだとあらためて思わさせられます。(^^)
映画としても上手く作られていて楽しめましたね!
TBありがとうございました〜♪

2009/3/13(金) 午前 11:33 choro

アバター

ほんとビートルズはすごいですね!!こんなに多種多様な名曲を残してやっぱり凄いとしか言えません。で、映画の方もストーリーがばっちり素晴らしくって映像もぶっ飛んでるし、みんな歌もうまくて言う事無しです。えっ、サラマ・ハエック出てたんですか。見逃しました(ToT)TBさせて下さいね^^)

2009/6/7(日) 午後 9:00 りーめい

顔アイコン

★りーめいさん、ですよね〜これだけ名曲ばかり残しているバンドもやはりそうはありませんよね。
作品全体の雰囲気もあって上手く作られてましたね〜キャストも歌は巧いし嵌っていて驚きました。
サルマ・ハエック気づきませんでしたか?セクシーな看護師さんでした〜(笑)
TBありがとうございます〜♪

2009/6/9(火) 午前 11:50 choro

公開時から気になってて、やっと観れました^^
いやいや、私も改めてビートルズの曲の素晴らしさを実感しましたよ〜^^
彼らの曲の多くが愛と平和をテーマにしているのが、この作品で更にわかったような気がします。
歌詞がそのままストーリーになっているのも、映像も斬新でしたね。
キャストの歌声もみんな素晴らしかったですね〜
スタージェスくんの声いいわ〜〜(^ー^)
彼が歌う「Across the Universe」の自作動画記事ですが、トラバさせてくださいね♪

2009/6/11(木) 午後 7:51 じゅり

顔アイコン

★じゅりさん、ホント、この映画を観てあらためてビートルズの歌のテーマとかがよくわかりましたよね。
そのままの歌詞で物語を作るって凄いですよね〜
役者も揃って(笑)よくまとまった作品になっていました。ジム君の歌、いいよね〜♪
TBありがとうございます〜♪

2009/6/13(土) 午前 6:24 choro

ビートルズの曲を聴いて育った世代だけではなく、私たちでも彼らのすごさを感じることが出来る作品でした。
役者さんが歌っていらっしゃるなんて・・凄すぎる。。^^;
歌詞で物語、というのは他の歌手では出来るかしらん。。
感動しました。トラバさせて下さいませ〜

2010/10/15(金) 午後 11:05 恋

顔アイコン

★恋さん、そうですね〜どの世代をもビートルズの偉大さを納得させることのできる作品ですよね。
このキャストたちは本当に素晴らしかったです。名曲を違和感なく自分たちのものにしていましたものね。
私も好きな映画です♪
TBありがとうございました。

2010/10/16(土) 午後 1:08 choro

開く トラックバック(22)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事