ここから本文です
choroねえさんの「シネマ・ノート」
ご訪問やお返事が遅れていてすみません。<(_ _)>

書庫全体表示

イメージ 1

作家の方って本当に上手く題名をつけますよね〜この本も題名を見ただけでは全く内容の想像がつかなかったのですが、最後にわかるんですよね。『容疑者Xの献身』もそうでしたが、なるほど〜と感心していまう題名だと思います。

まだ発売されて間もないのでネタばれはなしで、感想も簡単に。。。(^^ゞ

今回は「ガリレオの苦悩」に出てきた内海薫刑事と草薙刑事が先頭に立って捜査を請け負い、途中から湯川が加わります。特に活躍するのが内海刑事。ドラマより約1年前から連載が始まっていたようですから、やはり小説の方で薫は先に活躍していたわけですね!(^^ゞそして草薙刑事もいろいろな意味で今回は主役級です。容疑者が女性なので、Xの時と違い、男性の影が薄いのですが、そんな中、湯川以上に物語に絡むのが草薙で彼の素の姿も見られるのが面白いです。

しかし、この物語は女性の方が共感しやすいかもしれませんね。東野作品特有の人間ドラマとせつなさが女性にとっては結構胸にせまるものがあると思います。私は涙するところまでは行きませんでしたが、女性の登場人物の心理を考えると、その辛さがとても伝わってきて、なんともやるせない気持ちになりました。東野さんは男性なのに、なかなか女性の心理も上手く捉えていてさすがですね〜

ただ被害者の男性も、自分勝手なひどい男性とは描かれておらず、彼には彼の過去や思いがあるわけです。考えてみると、東野作品っていわゆる根っからの悪人が犯人であることは少ないし(全作品読んでいるわけではないからわからないのですが)又、今回のように犯人が殺すほど憎いはずの相手にも事情があるというところに、人間としての救いがあり、人の心のとても難しくデリケートなところを表しているんですね。そこが人気の秘密なんでしょうね〜

とにかくこの本も一気に読めるというか読みたくなるお話です。登場人物それぞれの心理描写の上手さは相変わらずなので読み応えもありますね。ただ、「容疑者X」には及ばないかな。もし映画化を考えるとしても、Xのような深みは出ないかもしれないので、長編ドラマでいいかな〜と個人的には思います。(気が早いですけど(^O^;)ただXの時はなかった科学が又出てくるし、ガリレオの検証もあるので、そこは楽しめました!(^^)謎解きも読み終わるまで全くわからなかったのはいつもの通りです。(^O^;

ところで連載の途中からTVドラマが始まったためなのか、後半に福山君の名前が実名で出てくるところは思わず笑ってしまいました〜(笑)。それにセリフの部分はどうしてもキャストの顔が思い浮かんじゃいますね〜(笑)

出版社名:文芸春秋
発行年月:2008年10月
サイズ:378P 20cm
価格 :1,700円(税込)

【本の内容】
男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相は-虚数解。理論的には考えられても、現実的にはありえない。(7&Yサイトより)

この記事に

  • 顔アイコン

    この本買おうか悩み中
    先に伊坂さん買っちゃった

    あく(ノ゜゜)ノびっくり!!

    2008/11/17(月) 午後 9:07

    返信する
  • 顔アイコン

    この本は買いですね!!!「容疑者X」も本当に題名では内容がわからなかったけど読み終わったあとくーっときました。今回も期待して読んでみようと思います

    恋愛映画

    2008/11/17(月) 午後 9:43

    返信する
  • 文庫になるまでどれくらいかかるでしょうか…(^^ゞ
    忘れないようにしなくちゃ。

    なぎ

    2008/11/17(月) 午後 10:04

    返信する
  • アバター

    読み応えがありそうですね。
    ランキングでも上位なので気になってます(^。^;;

    木蓮

    2008/11/18(火) 午前 9:27

    返信する
  • 顔アイコン

    謎解きというか、心理がゾクッとさせられましたね。東野圭吾は人間心理の裏側を描かせたら天下一品だよね?

    mossan

    2008/11/18(火) 午後 9:34

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    昨日は、ありがとうございます。
    本日も、こちらにトラックバックさせていただきました(汗)。
    まだ反映されてないようですが、届きましたでしょうか?。
    巧みな叙述トリックでしたね。全くわかりませんでした。

    トラックバックお待ちしていますね。 削除

    [ 藍色 ]

    2008/11/19(水) 午前 3:45

    返信する
  • 顔アイコン

    ★あくびさん、伊坂さんの新作も面白そうですね〜でも単行本はそうそう買えないので文庫待ちになるかな〜なかなか本をチョイスするのも悩みますね(笑)。

    choro

    2008/11/19(水) 午後 8:02

    返信する
  • 顔アイコン

    ★恋愛映画さん、最後はどんな風に解決するのか、又それぞれの心は?といつもドキドキしながら読んでしまいます。東野作品はただの謎解きだけでないところがいいですよね♪

    choro

    2008/11/19(水) 午後 8:03

    返信する
  • 顔アイコン

    ★なぎさん、昔はよく3年と言われたけれど、最近は映像化される時になる場合が多いですよね。これもきっとスペシャルドラマか何かでやりそうな気が・・(~o~)

    choro

    2008/11/19(水) 午後 8:04

    返信する
  • 顔アイコン

    ★もくれんさん、はい、一気読みできるのですが、読み応えがあって楽しめました。映画公開にあわせた感じだったので人気ありますよね〜^^;

    choro

    2008/11/19(水) 午後 8:06

    返信する
  • 顔アイコン

    ★もっさんさん、そうなんですよね〜東野作品は謎解きだけじゃなくて心理が凄いですよね。いや〜上手いです!
    TBありがとうございます〜♪

    choro

    2008/11/19(水) 午後 8:07

    返信する
  • 顔アイコン

    ★藍色さん、コメントありがとうございます。
    どうもヤフブロと他のブログで相性が悪い事があるようで、TB上手くいきませんね。後程お伺いしますね。
    これも面白いミステリーでしたね。ガリレオならではですよね。

    choro

    2008/11/19(水) 午後 8:08

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    TBありがとうございます。
    ほかのヤフブロでもありましたが、
    どうも、いただいたら折り返しで届けられるみたいです(汗)。
    届いてよかったです。
    これからも、よろしくお願い致します(ぺこり)。 削除

    [ 藍色 ]

    2008/11/20(木) 午前 0:59

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちわ。はじめましてカイと申します。
    シリーズ物が少ない東野さんの中で、ここまで進化するシリーズになるとは10年前には考えもつかなっただけに嬉しい誤算でした。
    TBさせていただきました。

    [ ケスラー ]

    2008/11/20(木) 午前 8:47

    返信する
  • これ息子に買ってせがまれてます。まあまあだったのですね。
    どうしよう(笑)
    しかしchoroさん東野さんにすっかりはまりましたね(笑)

    ひかり

    2008/11/21(金) 午後 3:51

    返信する
  • 顔アイコン

    ★藍色さん、他のブログとは相性があるようで、TBも上手くいったりいかなかったりですよね。こちらこそこれからもよろしくお願い致します。ご丁寧にありがとうございました〜♪

    choro

    2008/11/22(土) 午後 11:23

    返信する
  • 顔アイコン

    ★カイさん、はじめまして♪コメント&TBありがとうございました。
    TVの影響も大きいのでしょうが、このシリーズは普通の人が考えられないような科学が謎解きに加わるので面白いですよね。
    この長編もとても楽しめました♪まだ続くのかな〜(^^)

    choro

    2008/11/22(土) 午後 11:27

    返信する
  • 顔アイコン

    ★ひかりさん、書店の店頭に山積されてますものね〜(笑)私もめったに単行本の新刊は買わないのですが、これは待ちきれずに買ってしまいました。^^;この時期に出すなんて上手いですよね〜(笑)
    東野作品は読みやすいのがいいですね。

    choro

    2008/11/22(土) 午後 11:30

    返信する
  • 湯川の推理の冴はピカイチですが、草薙の恋の行方は…
    私は、殺された旦那の義孝にはちょっと、同情出来ない(><)
    彩音には、少し“救済”があってもよかったような気がします。

    やっくん

    2010/3/30(火) 午後 10:47

    返信する
  • 顔アイコン

    ★やっくんさん、やっぱりこの小説もせつなかったですね〜
    それぞれの登場人物の心理が本当に上手く描かれてますよね。
    彩音の気持ちを思うとせつなくなりました。
    TBありがとうございました〜♪

    choro

    2010/4/5(月) 午後 9:09

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(6)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事