全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

面白かったです〜♪(~o~)
実は映画館までの行きの電車の中で、原作の外伝として出された海堂さんの新刊『ジェネラル・ルージュの伝説』を読了して、本編に引き続き益々速水先生に魅せられてしまい、気分もハイになったところで映画を鑑賞したものですから(笑)、もうしっかりと入り込んで楽しんでしまいました。(^^ゞ

小説は「チーム・バチスタ〜」もこの「ジェネラル・ルージュ〜」も共にとても面白く満足できましたが、映画の「バチスタ」はいろいろな意味で今一つだったので、今回はどうかな〜とちょっと不安だったんですよね。でも原作を読んだ時点で、こちらの方が映画向きのシーンも多いし、堺雅人が速水と聞いて、もしかしたら面白いかも〜とちょっぴり期待しつつ鑑賞しました。(^^)

このシリーズは登場人物や時系列があちこち被っているところが一つの面白さなのですが、本作の原作も「バチスタ」との間の2作(「ナイチンゲールの沈黙」「螺鈿迷宮」)とたくさん登場人物が被り、「あ〜あの人がここで・・」と頷きながら読書できるような作りになっています。

しかし、この映画も上手く脚色されてましたね〜原作を読んでいなくても楽しめるように、ちゃんと独立した作品としてまとめてあり、バッサリとカットされた登場人物も何人かいるのですが、それでよかったと思います。

ミステリーとしての部分も新たに作ったり、話がわかりやすく、かつスピーディーに展開するので飽きさせませんよね。基本的にはラストも原作と同じなので、ジェネラル・ルージュの意味や結びがどうなるかは知って観ていた私でしたが、それでも充分に楽しめました。

しかし、大病院(特に大学病院?)の裏側って大変ですよね〜「白い巨塔」とは又違った経営面の視点からも本作では描かれ、これもよくニュースにはなりますが、現場と経営のバランスって難しいなと思います。その辺を速水というキャラクターを使って、片面ではシビアに、又片面ではエンタメ性たっぷりに描かれているのも観易い理由の一つでしょうか。

元々海堂さんの小説はコメディタッチなのですが、今回も田口や白鳥には笑わさせられるし、実際は重い医療現場の話だけに、そんな軽い笑いが入っているだけでホッとしますよね。阿部ちゃんのガリバーのシーンは楽しかった〜♪(^^)

現役の勤務医の作品ならではの臨場感溢れる病院内部の話は、我々一般人にとってはとても興味深く、又考えさせられます。現代の医療現場がかかえるたくさんの問題を提議しているのも注目すべきところですね。

ストーリー展開では、原作でも読み応えのあった速水先生の疑惑に関する『倫理委員会』のシーンは、ちょっとした法廷劇のようで、本と同様緊迫感があり面白かったし、ここで明かされる真実が事故シーンの現場にしっかりと結びつくところは感動ですよね!そしてそのクライマックスの高速道路での事故による救命救急のシーンも、映画ならではのエキストラの数で大掛かりでしたね〜

キャストでは、やはり今回は速水役の堺雅人がキャラクターと共にインパクトの強い演技で持っていっちゃいましたよね(笑)。ちょっとくせのある役が続く堺さんですが、そのたびにいろいろな顔を見せてくれて最近は次はどんな役をやってくれるのか毎回楽しみです。小道具のチュッパチャップスはポイントとわかってはいても楽しいです。しかし撮影中ずっと舐めているのは辛かっただろうな〜(笑)

阿部ちゃんはずっと車椅子のせいもありますが、ちょっとバチスタの時よりおとなし目かな。最初に本を読んだ時はどちらかと言うと阿部ちゃんが速水でもいいな〜などと思ったんですよ〜ホントは白鳥ってもっと小さくてずんぐりしたかっこ悪いおっさんなんですよね〜(^O^;

そしてやっぱり田口も本当は男性の方がいいと思いますが、まぁまぁ竹内結子も天然キャラで可愛かったですね。でもTVの時みたいに白鳥から「グッチ〜〜」とからかわれる田口が好きなんですけど。。。(^^ゞ

沼田が高嶋政伸というのが最初意外だったのですが、ラストの屋上のシーンなど上手いですね〜中井貴一もそうですが、40代になると昔はいい人キャラだった人も悪役をするようになるというのは、やはりそれだけ演技の幅が拡がるんですね。笑わないキャラの高嶋さんって久々でしたが、よく合っていたと思います。速水を見守る花房師長役の羽田美智子もベテラン看護師らしい落ち着きがあってよかったですね。

「容疑者X〜」のような涙が溢れる感動があるわけではありませんが、バックステージものとしてもミステリーとしても楽しめるし、娯楽性もあり原作のイメージを壊すことなく個人的には満足できました。(^^)

この映画とは離れますが、こうなると今回は登場しなかった「ナイチンゲール〜」や「螺鈿迷宮」に関係のある、水落冴子や姫宮、猫田師長の出てくる話をTVドラマあたりで観たいですね。
そうそう最初にチラっと書いた本『ジェネラル・ルージュの伝説』でも城東デパート火災事件と共に、その水落冴子の若き日の事も出てきたし、やはりそれでも一本スペシャルドラマが作れそうですよね〜(笑)

上映時間:123分
初公開年月:2009/03/07
ジャンル:サスペンス/ミステリー

《コピー》
シロか、クロか。

監督:中村義洋
原作:海堂尊
脚本:斉藤ひろし、中村義洋
音楽:佐藤直紀
主題歌: EXILE 『僕へ』

出演:竹内結子(田口公子)、阿部寛(白鳥圭輔)、堺雅人 (速水晃一センター長)
    羽田美智子(花房看美和護師長)、山本太郎(佐藤拓馬)、高嶋政伸(沼田利博)
    貫地谷しほり(如月翔子)、尾美としのり(三船啓二)野際陽子(藤原看護師)
    平泉成(黒崎誠一郎)、國村隼(高階院長)

【解説とストーリー】
 現役医師の作家・海堂尊によるベストセラー小説を基に、窓際女性医師・田口とキレモノ役人・白鳥の活躍を描いた「チーム・バチスタの栄光」の続編。原作シリーズ第3作目を映画化。再びコンビを組むハメになった田口と白鳥が、“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を持つ救急救命センター長・速水に浮上した黒い疑惑の真相に迫る。
 東城大学付属病院の不定愁訴外来医師・田口はある日、院内の諸問題を扱う倫理委員会の委員長に任命されてしまう。そんな彼女のもとに一通の告発文書が届く。その内容は、“救命救急の速水晃一センター長は医療メーカーと癒着しており、花房看護師長は共犯だ”という衝撃的なものだった。速水は“ジェネラル・ルージュ”の異名を持ち、優秀だが冷徹で非情な性格から悪い噂が絶えない人物。すると間もなくして、告発された医療メーカーの支店長が院内で自殺する事件が起こる。院長からまたしても院内を探る密命を受けてしまう田口。さらには骨折で運び込まれてきた厚生労働省のキレモノ役人・白鳥と再会し、彼にも同じ告発文書が届いていたことを知る。こうして2人は再びコンビを組み、この一件を独自に調査することとなるのだが…。
(allcinemaより)

閉じる コメント(36)

顔アイコン

★つららさん、これは単独でも楽しめる作品になってましたね〜(^^)
堺さんは本当にいろいろな役をしますよね。それぞれに個性を出せる人なので毎回楽しみです。
そうそう、白鳥と田口が笑わせてくれたり、緊迫感のある救命救急のシーンがあったり、いろいろと楽しませてくれる要素が盛りだくさんでした。
TBありがとうございます〜♪

2009/3/15(日) 午後 8:33 choro

顔アイコン

★カルちゃん、ですよね。私も「バチスタ」は今一つだったので、今回の映画はどうかな〜と心配でしたが、断然こちらの方が楽しめました!
そうそう、医療の基本を思い出させてくれて感動がありましたね。
TBありがとうございます〜♪

2009/3/15(日) 午後 8:35 choro

原作を読んでいませんが、前作よりも圧倒的に面白かったのは、堺雅人の起用ではないでしょうか?彼の存在が大きかったのでこの作品が成功したのだと思います。まだまだ作れそうなこのシリーズ、1年に1本ずつ作りませんかね?

2009/3/17(火) 午前 0:09 麺達郎

顔アイコン

★麺達郎さん、そうですね。これは堺さんの魅力が大きいですよね。
今回、とても評判がよさそうなので、また次も映画化されるかもしれませんね〜(^^ゞ
TBありがとうございました〜♪

2009/3/18(水) 午後 9:10 choro

緊迫の委員会から、緊急病棟へと クライマクスの盛り上がりあって、前作をふっとばす映画に!
そして、公子さん。
ここだけの話。一度でいいのです。公子さんの診察を受けたいです。
あそこ、いつも暇そうだし・・。(笑)

2009/3/19(木) 午後 3:26 たんたん

顔アイコン

★たんたんさん、面白かったですね!
実際の病院に公子先生のような綺麗な先生がいたら、もう予約を取るだけでも大変そう〜(笑)
前作よりぐんとパワーアップして楽しい作品になっていました。
TBありがとうございます〜♪

2009/3/20(金) 午後 9:10 choro

前作とは段違い(m(__)m)に面白かったですね(*^_^*)
Choroさんのおっしゃるとおり、映像化向きの話でもあるし、見どころいっぱいでした。
何よりジェネラルの堺さんが秀逸でしたよね♪
私も原作の時点で阿部ちゃんのジェネラルをイメージしていましたが、堺さん本当に素晴らしかったです!
トラバさせていただきますね♪

2009/3/21(土) 午後 8:05 メロディ

顔アイコン

★メロディさん、ですよね〜「チームバチスタ」でのイマイチ印象が払拭されました!(笑)
堺さんのジェネラル、よかったですよね!雰囲気がバッチリでした〜♪
TBありがとうございます〜(^^)

2009/3/22(日) 午後 10:37 choro

顔アイコン

花房に速水が「寒い所は平気か〜?」と言う所が好きです〜(笑)
堺さんのルージュ・・・やっと意味が判った時、
やられた〜!と思いました〜本当に面白かったですね♪

2009/4/8(水) 午後 11:34 brucewi35

顔アイコン

★Friendさん、あのラストはいいですよね〜私も好きなシーンです。(^^)
これは展開も面白かったし、気持ちよく観られる映画でしたね!

2009/4/11(土) 午前 7:43 choro

今更観てきました(笑)本を読んで映画みたのですがよくまとまっていましたね。
前回の作品はみてないので本では男性の田口さんが竹内裕子さんがするって言うのも楽しみだったのですがありでしたね。
なかなか見ごたえあって楽しかったです。
そうそう羽田さん結構好きな女優さんなんですよね〜

2009/5/6(水) 午後 1:41 ひかり

顔アイコン

★ひかりさん、これは面白かったですね〜とてもよくまとまってましたよね。
あっ、私も羽田美智子は結構好きですよ〜落ち着いた素敵な女優さんですよね!

2009/5/7(木) 午後 9:59 choro

第1作目よりも良く出来た作品だなと感じました。全ての要素が良い感じでまとまってました。遅ればせながらTBさせていただきます!

2009/10/26(月) 午後 11:17 takutaku!

これは、良かったです!見終わったあとすっきりしました。

2009/10/28(水) 午後 3:44 hide813

顔アイコン

★たくたくさん、そそ、これは1作目より面白かったですね〜
上手くまとまったエンタメ映画でしたよね。
TBありがとうございました〜♪

2009/10/30(金) 午後 10:02 choro

顔アイコン

★hideさんも楽しまれたんですね。後味のいい映画はいいですよね〜♪

2009/10/30(金) 午後 10:03 choro

これは面白かったです(≧▽≦)
キャストも良かったし、ストーリーも最高でした♪
堺さんはハマり役でしたね^^

トラバお願いします!!

2010/5/17(月) 午前 6:04 れじみ

顔アイコン

★rejimiさん、ホント、面白かったですね〜♪
キャストは皆さすがでしたよね!
堺さんの速水先生、かっこよかったです。(^^)
TBありがとうございました〜♪

2010/5/24(月) 午後 9:33 choro

顔アイコン

「チーム・バチスタ〜」は原作を読んでから映画を観たのですが、
本作は、公開当時、原作を読まずに観ました(今も読んでません)。
一概には言えないかも知れませんが、1度目の鑑賞は、やはり原作を読まないで観た方が、
楽しめるところが多いですね。
主演の2人の掛け合い、救急医療の問題、ミステリー、恋愛。
いろいろな意味でバランスのとれた良い作品だったと思います。
TBさせてください。

2010/9/5(日) 午前 9:39 ■Doobie■

顔アイコン

★Doobieさん、そうですね〜これはバランスのよい映画でしたよね。
いろいろな要素が楽しめてよかったです♪
TBありがとうございました♪

2010/9/7(火) 午後 10:13 choro

開く トラックバック(12)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事