choroねえさんの「シネマ・ノート」

ブログ引っ越し中で益々バタバタしております。スマホで見るとレイアウトが崩れている時がありますが、ご勘弁を。<(_ _)>

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

連休明け、まずは「カムイ外伝」を観る予定にしていたのですが、どうも評判が芳しくないようでとりあえずはもう少し考えることにして(笑)、逆にDVDスルーにしようかと思っていた本作が面白いと聴き、こちらを観てまいりました。(^^ゞ

連休で疲れた心身を癒すには最適な映画でした!(笑)やはりこういうロマコメは難しい事は考えずに楽しめるのがいいですよね。ラストも想像がつくので安心して観られるし、下ネタが多い割に、カラっとした雰囲気がジェラルド・バトラーの力に加えて(笑)女性に人気の要因でしょうか。時間も95分とコンパクトなので、飽きることなく楽しめる映画でしたよ〜♪

キャサリン・ハイグル扮するアビーのような女性は結構いますよね。仕切りやで細かいことをすぐに指示したがる母親のような(笑)女性は確かに男性にとってはうっとおしい存在かもしれません。^^;そのことをアビーは自分でもよくわかっているのですが、お隣に越してきた理想の男性コリンと知り合ってから、何とか上手く彼とお近づきになろうと必死になってしまいます。それを見ていた恋愛カウンセラーのマイク(ジェラルド・バトラー)は仕事上では反発し合っていたアビーに助け舟を出す事に。

このマイクの役回りってちょっと「最後の恋のはじめ方」のウィルスミス扮するヒッチに似ている感じですが、マイクはヒッチよりもっと男のホンネで女性に迫るタイプ。ヒッチのようないい人キャラとはちょっと違います。^^;

しかしこのマイクの言うことも一理当たっているかもと思えるから不思議(笑)。これもジェリーが言うからでしょうか?(^O^;いわゆる心を伴う恋愛に臆病になっているマイクも実はそれなりのわけがあるというのも、一見肉食系男子に見えるようで、実は今どきの草食系男子に通ずるものもあるような気がするんですよね(笑)。

しかしロマコメだけあって笑いどころは満載!猫を追いかけて木の上に登ったアビーがお隣のコリンに気を取られているうちに木から落ちてしまったり、キャサリン・ハイグルが37回も撮り直すほど大変だったというバイブ・パンツのディナーシーンは爆笑ものでしたね!(^O^;知りながら傍観しているマイクの憎たらしいことったら(笑)。ラストの気球のシーンもありえな〜いと思いながらも声を出して笑って観てしまいました。(^^ゞ

ジェリーはちょっとお顔がふっくらしましたね〜次はどんな作品に出るのかな?
キャサリンは「幸せになるための27のドレス」に続き似た感じの役柄でしたが、大人っぽさとキュートさを両方持ち合わせた女優さんなのでよく合いますね。

この手の映画はたくさん作られているけれど、その度に楽しめるのは、やはり男女の隠された本音が語られているところが面白いのでしょうね。それほどセクシーなシーンはないのにせりふだけでR15という大人の映画ですが(笑)、始めにも書いたように疲れている時はこのような映画に限りますね!(~o~)

出演:キャサリン・ハイグル、ジェラルド・バトラー、エリック・ウィンター、ジョン・マイケル・ヒギンズ

監督:ロバート・ルケティック
脚本:ニコール・イーストマン、カレン・マックラー・ラッツ、キルステン・スミス

原題:THE UGLY TRUTH
上映時間:95分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月:2009/09/18
ジャンル:ロマンス/コメディ/エロティック
映倫:R15+

【解説とストーリー】
 「幸せになるための27のドレス」のキャサリン・ハイグルと「300」のジェラルド・バトラー共演によるロマンティック・コメディ。男女の恋愛観のズレや恋の本音をテーマに、才色兼備で理想が高いTVプロデューサーが、彼女の恋の指南役に名乗り出た過激で下品な恋愛カウンセラーに振り回されながらも、やがて本当の愛を見出していくまでを、あけすけな下ネタギャグを織り交ぜコミカルに綴る。監督は「キューティ・ブロンド」「ラスベガスをぶっつぶせ」のロバート・ルケティック。
 美人で仕事もできるTVプロデューサーのアビー(キャサリン・ハイグル)は、理想の男性を追い求めては失敗を繰り返す日々。そんなある時、隣に引っ越してきたイケメン医師コリン(エリック・ウィンター)と出会う。理想の相手に巡り逢えたと確信し、コリンに惹かれていくアビー。しかし、なかなか彼のハートを射止めることが出来ずに悪戦苦闘。いっぽう職場では、番組のテコ入れと称し恋愛カウンセラーのマイク(ジェラルド・バトラー)とコンビを組まされ困惑ぎみ。エッチなジョークと野卑な男の本音トークに反発するアビーだったが、視聴率は急上昇。そんな中、“コリンとうまくいきたければ俺の言うことを聞け”と自信満々なマイクに、自分の恋愛観を棚上げして渋々ながらも従ってみるアビーだったが…。(allcinemaより)

閉じる コメント(40)

やっと観てきました(*^_^*)
いや〜キャサリンはこんなシーンしてもそんな下品にならないところがきっといいんですよね。ジェリーもかなりきわどいセリフ行っても大丈夫なのはジェリーだから?ケラケラ笑って楽しかったです♪
TBお願いいたします。

2009/10/1(木) 午後 8:38 ひかり 返信する

顔アイコン

★ひかりさん、そそ、キャサリンはカラっとした印象なので、下品にはなりませんね〜そこが魅力ですね!ジェリーは笑い飛ばせる力を持ったるし(笑)。
楽しい映画でしたね!TBありがとうございます〜♪

2009/10/2(金) 午後 10:20 choro 返信する

この作品は本当に面白かった!とにかくツボでしたね。もう一度観たい作品ですが、そろそろ終わりそうなので無理ですね。

2009/10/7(水) 午後 10:16 麺達郎 返信する

顔アイコン

★麺達郎さん、お〜絶賛ですね!(笑)
楽しい映画でしたね〜私もDVDやTVで又是非再見したいと思います。(^^ゞ
TBありがとうございました〜♪

2009/10/8(木) 午後 8:07 choro 返信する

ああ、ほんとだ!『最後の恋のはじめ方』のヒッチとちょっとだけ似てますね。あれもとっても好きな作品でした。主役のウィル・スミスのカップルより、もう一つのカップルエピソードにウルウルでしたが(笑)
私、過激すぎるのは引いちゃいがちなんですけど、この二人は不思議と下品にならずに楽しめました♪TBさせてくださいね!

2009/10/14(水) 午後 2:24 + kuroneko + 返信する

顔アイコン

★くろねこさん、楽しい映画でしたよね。
カラっとあっけらかんと感じるのはやはりキャスト二人のおかげかな(笑)。
TBありがとうございました〜

2009/10/16(金) 午後 10:10 choro 返信する

アバター

やっと観ました☆思った以上に面白くって、もう一度DVDで見直したいと思えました。世代的にはアビーにすごく共感できるし、すごく自分と似てる部分があって、笑えるだけじゃなく、いろいろ考えさせられました。「幸せになるための・・・」よりこっちの役のほうが、彼女のキュートさや魅力がよく出ていた気がしました!TBさせてください(*^o^*)

2009/10/19(月) 午前 10:26 りりぃ 返信する

顔アイコン

★りりぃさん、面白かったですよね!
私もキャサリンは「幸せになるための〜」よりこちらの方が魅力的だと思いました。(^^)
TBありがとうございます〜♪

2009/10/19(月) 午後 11:02 choro 返信する

最近、気軽に見ることの出来るラブコメをよく見るようになりました。結局ラストは、予想通りなんだけど、途中で、ちょっとハラハラしたりして、楽しいですよね〜。
キャサリン・ハイグルは、新たなるラブコメの女王でしょうか(^^)

2009/11/2(月) 午後 2:44 kuu 返信する

顔アイコン

★kuuさん、疲れていてもラブコメだと楽しめますよね〜
安心して観れる所が返っていいですよね。
この映画は主演の二人がとってもよかったです♪
TBありがとうございました〜

2009/11/3(火) 午後 6:34 choro 返信する

ロマンティック路線とは程遠い作品でしたが、バトラーが何とも美味しい役で、上手くまとめていました!
TBさせていただきます。

2010/2/21(日) 午前 1:04 takutaku! 返信する

顔アイコン

★たくたくさん、面白い映画でしたね〜
ジェリーはこういう役にピッタりですね!
TBありがとうございました〜♪

2010/2/26(金) 午前 10:59 choro 返信する

気楽に楽しめるラブコメですね♪
キャサリンの体当たりの演技、とても好感が持てました^^
下品だけど、楽しめる作品でした(*´∀`)

トラバお願いします!!

2010/4/5(月) 午前 6:39 れじみ 返信する

顔アイコン

★rejimiさん、面白かったですよね。
この二人だからこそ下品さも和らいで楽しむことができました。(^^)
TBありがとうございます〜♪

2010/4/13(火) 午後 11:33 choro 返信する

顔アイコン

もちろんジェリー目当てで観ました^^;
ほんとお下品な台詞が多かった割には後味さらっと爽やかな作品でしたね^^
TBさせて下さいませ♪

2010/6/7(月) 午前 9:27 M 返信する

顔アイコン

★Mさん、ジェリーはカラっとした感じなので、いやらしさを感じませんよね。(^^)
楽しく見られるラブコメでした。
TBありがとうございます♪

2010/6/23(水) 午後 10:05 choro 返信する

顔アイコン

やっぱりジェリーはかっこいいですね〜!とっても楽しめました♪マイクの男の本音も、アビーの奮闘ぶりも面白かったです!

2011/12/6(火) 午後 3:05 あくびまま 返信する

顔アイコン

★あくびまmさん、こういうロマコメは気楽に観れていいですよね。
そそ、ジェリーはかっこよかったです♪

2011/12/6(火) 午後 10:57 choro 返信する

おっしゃる通り、「最後の恋・・」のウィル・スミスのようでした。。
二人とも、人の恋愛にはアドバイス出来るのに、自分の恋愛は不器用でしたよね。。

エロネタ満載で、笑ってしまいました。。。
お約束の展開ですが、期待以上に楽しめました。。。

2011/12/13(火) 午後 11:57 sei 返信する

顔アイコン

★seiさん、お下品さもこの二人だとなんだかカラっとしていてあまり感じませんね(笑)。
おっしゃるように期待以上に楽しめる映画でした!

2011/12/25(日) 午後 10:27 choro 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事