choroねえさんの「シネマ・ノート」

ブログ引っ越し中で益々バタバタしております。スマホで見るとレイアウトが崩れている時がありますが、ご勘弁を。<(_ _)>

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

出演:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー、ダコタ・ファニング
   マイケル・シーン、ジェイミー・キャンベル・バウアー

監督:クリス・ワイツ
原作:ステファニー・メイヤー
脚本:メリッサ・ローゼンバーグ

原題:THE TWILIGHT SAGA: NEW MOON
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(アスミック・エース=角川エンタテインメント)
初公開年月:2009/11/28
ジャンル:青春/ロマンス/ホラー

《コピー》
この愛を貫く。

【解説】
 10代の少女たちを中心に世界中で熱狂的な支持を集めるステファニー・メイヤーのYA小説“トワイライト・シリーズ”を、クリステン・スチュワートとロバート・パティンソン主演で映画化するファンタジー・ロマンスの第2弾。今回はヴァンパイアの宿敵である狼族が登場、人間の少女ベラとヴァンパイアの青年エドワードの禁断の恋にもさらなる試練と危機が待ち受ける。
 18歳の誕生日を迎えたベラ(クリステン・スチュワート)。しかし、永遠に17歳のままでいる恋人のヴァンパイア、エドワード(ロバート・パティンソン)より年上になってしまう現実を受け入れられず、絶望感に浸っていた。そんな中、誕生パーティの席で事件が起こる。指を切ったベラの血に引き寄せられたエドワードの家族が彼女に襲いかかり大混乱となってしまったのだ。エドワードたちカレン一家はベラの身を案じ、この町を去ることを決意する。愛するエドワードから突然別れを告げられたベラはますます打ちひしがれる。そんな彼女を励まそうと寄り添う幼馴染みのジェイコブ(テイラー・ロートナー)。ところが、やがて彼にある異変が起こり始める。彼は、ヴァンパイアと敵対する狼族の末裔だったのだ。そしていま、狼族としての遺伝子が覚醒を始めたのだ。一方、次第に元気を取り戻していくベラは、自分の身を危険にさらすとエドワードの幻影が見えることに気付く。そして、その幻影を追い求めるあまり自らを窮地に追い込むようになるベラだったが…。(allcinemaより)

「トワイライト〜初恋〜」が全米より遅れて公開された日本では、その後約半年で2作目を観ることができました。おかげで前作の記憶もまだ新しいので、1作目が遅れて公開されたのは返ってよかったかもしれませんね。(^^ゞ

主演で大ブレイク中(らしい)のロバート・パティンソンに個人的にはそれほど魅力を感じなかったため、1作目は全く期待せずに観たのですが、これがなかなか面白く、今までのヴァンパイアものとは違うティーン特有の初々しさや純愛物語が心地よくとても楽しめたので、この2作目も心待ちにしておりました。さすがに1作目の時のような「ヴァンパイアということがバレてしまってどうするのか」とかそういう未知の世界へのドキドキ感は薄れましたが、新たに登場する狼族のこともちゃんと1作目で伏線があったんですよね〜

今までも西洋ではヴァンパイアや狼男の作品は繰り返し発表されてきましたが、考えてみると究極のファンタジーですよね。日本の「雪女」や「夕鶴」などに代表されるものと同じで、昔から人は遭遇した事はないにもかかわらずこのような妖怪もの(笑)にある種の憧れやロマンを求めているのかもしれません。^^;

ヴァンパイア対狼男というと「アンダーワールド」を思い出しますが、あのダークさに比べると、こちらは本当にロマンティックですね〜♪人を襲わないヴァンパイアが主役ですから当然ですが、この作品が女性に人気なのは、女性なら誰もがこんな風に守ってもらいたいという願望があるからでしょうね(笑)。しかも今回はエドワードたちヴァンパイアのみならず、狼男にも愛され守られるヒロイン!ひゃ〜羨ましい〜〜〜なんて声が聴こえそう〜(~o~)

ストーリー的にはもちろん突っ込みどころも多いのですが、辛い選択を迫られるベラの気持ちもわかるし、エドワードやジェイコブの温かな愛もラブストーリーには欠かせない胸キュンものです。(^^ゞでもベラのジェイコブに対する行動は彼にとっては残酷でもありますよね。これも仕方のないことなんだけどちょっぴりおばちゃんはジェイコブに同情・・・・(笑)

それでも、ピュアな愛の物語として(前半はかなり大味ではありますが)まさにロマンティックストーリーの王道と言える作品だと思いました。(^^)シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」がモチーフとして使われているのも面白かったです♪

ところで、今回、ロバート君ファンの方はちょっともの足りなかったのでは?彼の出演時間って半分にも満たないのではと思いましたが、ストーリーはベラが主人公なので、それをわかって観ていないとがっくり来る方もいると思います。あまりに突然ベラの元を去っちゃいましたものね〜^^;その分ネイティヴのジェイコブが大活躍だったので、二人のヒーローの間に翻弄されるベラの様子はよくわかりました。ちょっと中だるみもあったけれど、後半のイタリアのシーンは映画的で映像も見応えがありましたね。

個人的にはロバート・パティンソンには惹かれないのですが(ファンの方すみません^^;)、クリステン・スチュアートは可愛いですね。この作品の主人公としてよく合っていると思います。今回大活躍だったジェイコブ役のテイラー・ロートナーも1作目の後かなり鍛えたそうで、狼族としての存在感たっぷりでしたね。

イメージ 2内容からは逸れますが、ヴァンパイア族はなかなかの美形揃いで、私は前作からエドワードより彼の義父のドクター・カレンのファンです。今回も「人間を助ける」という使命をしっかりと持ち、ベラを救うお父ちゃん!かっこよかったわ〜(笑)

イメージ 3カレン一族の中ではベラのよき理解者であるアリスも可愛いですね〜黒髪のボブヘアがとても素敵!

イメージ 4イタリアのヴォルトゥーリ族のマイケル・シーンはフロストとは似ても似つかないヴァンパイアの長を妖しく演じ、

イメージ 5冷酷な女性ヴァンパイア、ジェーン役のダコタ・ファニングは益々大人っぽく綺麗になっていてびっくり!ダコタちゃん、なんてもう言わせないって感じで、出番は少なかったけれどさすがの存在感ですね。次回作にも登場らしいので楽しみです。

イメージ 6同じヴォルトゥーリ族のカイウスというプラチナブロンドのヴァンパイアがどこかで見た事あると思ったら「スウィーニー・トッド」の時のアンソニーでした!ジェイミー君今回は歌ってなかったけどいよいよ他の映画作品にも出演ですね。なかなかヴァンパイア役は嵌っていたと思います。(^^ゞ

3部作のラストは来年公開だそうですが、ベラの行く末はやはり気になりますね〜原作は全く読んでいないのですが、映画ではわかりにくかった心理描写などが本ではもっとよくわかるでしょうか。いつか時間のある時に読んでみたいですね。

閉じる コメント(30)

顔アイコン

★rejimiさん、突っ込みどころが多くても許せるのはやはりファンタジーぽいからでしょうか。ヴァンパイアって不思議な魅力がありますよね〜(^O^;
ダコタちゃん、もう女優さんって感じになりましたね!

2009/12/7(月) 午後 3:35 choro 返信する

顔アイコン

★Shinchanさん、これってファンタジーが受け入れられる人なら楽しめるんじゃないかしら。ヴァンパイアって何となくロマンがありますよね〜(^^)
ドクターはかっこよかったです♪やっぱり大人だし・・・(笑)
TBありがとうございました♪

2009/12/7(月) 午後 3:39 choro 返信する

アバター

僕、ついさっき気がつきました、ベラが主人公なんだと…(遅っ)。
僕、アリスが今回随分素敵に見えました。
ダコタちゃんは、(あ、ちゃんって言っちゃった)ちょい役で残念でしたが、次回作で活躍してくれるのですね。それは楽しみです。
ああ、どっかで見た顔だと思ってたら、フロストでしたか。なるほど。
書店へ行ったら、少なくとも4作目まであるようですね。映画も4作は作っちゃいそうですね。

2009/12/7(月) 午後 11:41 出木杉のびた 返信する

顔アイコン

★のびたさん、そそ、これはベラが主人公ですよね。
キャストも多彩な人材で面白いです。次回作が今から楽しみですね!
原作も人気のようだし、読んでみたくなりますよね〜(笑)
TBありがとうございました♪

2009/12/8(火) 午後 11:00 choro 返信する

そそ!ベラが主人公でした(笑)choroさんおっしゃるように私はかなり物足りない感じになってしまいました。
これいいですね〜バンパイア一族提示ありがとうございます(笑)
確かにドクターカレン刃人格者でありまた美しくていいですよね。
アリスも綺麗で聡明で・・・
ダゴダちゃんあっという間で最初気がつきませんでした。
気がついた時にはすぐいなくなってました(汗)
とってもベラの気持ちがわかったのですが後半がちょっと引っ張りすぐでもう少し短くまとめて良かったのでは?と思ってしまいました。
TBお願いいたします。

2009/12/11(金) 午後 1:12 ひかり 返信する

顔アイコン

★ひかりさん、ロブ様ファンの方は、あの出番の少なさはちょっとがっかりですよね〜
しかし次が楽しみですね。ヴァンパイア一族の行く末も気になるし、ベラはどうなるのかな〜
確かにもう少しコンパクトにしてもよかったのかも。原作はどうなっているのか気になります。
TBありがとうございました〜♪

2009/12/11(金) 午後 8:25 choro 返信する

顔アイコン

わたしもWOWOWで「〜初恋」を見るまで、全然興味はなかったのですが、いやぁ、すっかり嵌まっちゃったんですよね。キャラクターはみなそれぞれ魅力的ですが、私はロブ君にやられちゃいましたわ。もともと不健康そうなのがすきなんでしょうねぇ。ああ、お父さん素敵ですか、、めがねかけずに観たらデイヴ・スペクターに見えちゃったんですけど・・・あわてて、めがねかけてみました^_^;
TBお願いします。

2009/12/12(土) 午後 10:04 オネム 返信する

顔アイコン

★オネムさん、これは意外と(笑)おもしろいですよね〜
前作を観て、原作ともども嵌ってしまったという人が結構いるようですね。
あはは、カーライルはデイヴ・スペクターに似てるってどこかでも見たけど、う〜ん、比べるのはちょっとなぁ・・・(爆)
TBありがとうございました〜♪

2009/12/15(火) 午後 9:41 choro 返信する

顔アイコン

このシリーズ、一作目は「純愛映画でしょ」とパスしたのが大間違い^^。WOWOWでみてびっくり。ヴァンパイア映画と青春映画を見事に合体させた作りに完全にはまりました。ニュー・ムーンは劇場で堪能。次のエクリプスも楽しみ^^。個人的にはカーライルとアリスがいいです。TBさせてくださいませ。

2009/12/22(火) 午前 8:01 [ dan*e*_l*an ] 返信する

顔アイコン

★ダニエルさん、そうそう、私も一作目はほとんど期待せずにティーン向け映画だろうくらいの気持ちで観たのですが、これが意外や面白くて楽しめたので、今回も待ち遠しかったくらいです。(^^)
やぱりカーライルとアリスがいいですよね。私も登場人物の中ではこの二人が好きなんですよ〜(笑)
TBありがとうございました〜♪

2009/12/26(土) 午後 10:00 choro 返信する

こんばんわ
通りすがりだったんですが、けっこうブログ内容が濃いので、つい読み込んでしまいました。
トワイライト・サーガは面白かったですが、
なぜアメリカであんなに受けているのか興味しんしんです。
3作目もみたいと思います。
また来させて下さい。

2010/1/23(土) 午前 1:05 chiggoland 返信する

顔アイコン

★MASAさん、はじめまして♪ご来訪&コメントありがとうございます♪(^^)
アメリカでは本当に凄い人気ですよね。やっぱりヴァンパイアものと青春ラブストーリーが上手くマッチされた内容がティーンにウケたのでしょうね。
拙い映画感想ばかりのブログですが、どうぞまたお寄りいただけたら嬉しいです♪(^^)

2010/1/26(火) 午後 10:03 choro 返信する

前作は、何度も繰り返して観たほどハマっちゃったんですが、
今回はちょっと物足りなさもありました(^^ゞ
でも次回は劇場鑑賞したいと思いました♪
TBさせてくださいね☆

2010/5/2(日) 午後 7:13 なぎ 返信する

顔アイコン

★なぎさん、どうしても2作目は1作目ほどの衝撃もないし(笑)もの足りない場合が多いですよね。
でもこれは次が完結編になるようなので楽しみです♪
TBありがとうございました〜

2010/5/9(日) 午前 11:10 choro 返信する

顔アイコン

やっぱりどの作品も1作目が1番面白いものなのかな〜?と、また考えてしまいました〜笑。次の作品を観ればニュームーンの良さがわかるかしら?イマイチ内容がつかめなかったのですが、原作を読んでいないからなのでしょうね〜。ダコタちゃん、とっても綺麗でした〜♪アリス役の子も可愛いですね♪MTVアワードでカレンパパの素顔を見たのですが、かっこよかったです〜笑!

2010/6/21(月) 午後 7:25 あくびまま 返信する

顔アイコン

★あくびままさん、どうしても続編は期待し過ぎるので難しいですよね。
特にこの作品はつなぎ的なので仕方ないかも。^^;
原作読んでいなくても3作目も楽しみに観ちゃいそうです〜(笑)

2010/6/25(金) 午後 1:50 choro 返信する

前作ほどの胸キュンを感じられなかったのですが、監督も変わったようだし、3部作の中間ということでしかたないかな。
そうそう、『ロミオとジュリエット』だなぁと感じたところあったけど、意識的なものだったんでしょうね。
どういう結末になるのか気になります。TBさせてくださいね。

2010/7/10(土) 午前 11:35 pu-ko 返信する

顔アイコン

★pu-koさん、そうですね〜どうしても中間の作品はだれますよね。^^;
いろいろ突っ込みどころはあっても、やっぱり結末が気になるので、次も観ちゃいますよね(笑)。
TBありがとうございました♪

2010/7/12(月) 午後 10:56 choro 返信する

ベラとエドワード、どちらにも感情移入出来ず…。
ただただジェイコブが可哀想と^^;
残念ながら前作の方が面白かったですねぇ(´0`i||)
ダコタちゃんが綺麗な女性に成長したのには驚きました♪

トラバお願いします!!

2010/11/18(木) 午前 6:10 れじみ 返信する

顔アイコン

★れじみさん、やはり1作目にはかないませんね。
でも原作があるものなので、この展開は仕方ないのでしょうね。
早くラストが知りたいです(笑)。
ダコタちゃんは綺麗になりましたね〜
TBありがとうございました♪

2010/11/22(月) 午後 11:07 choro 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(13)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事