全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ピクサーのアニメはいつも期待を裏切らない素晴らしい作品ばかりですが、今回は初の3D作品でもあるんですね。

しかし先日観た「クリスマス・キャロル」も映像は凄いし3Dの楽しさもあるものの、どうしてもメガネによる画面の暗さが気になって、この「カールじいさん」は2Dで観ようと思っていました。ところが、いつも行くシネコンの一番大きなスクリーンでの上映は3Dのみ。結局不本意ながら3Dで鑑賞することに・・・^^;

う〜ん、やっぱり2Dで観ればよかったかな〜と思ってしまったんですよね。「クリスマス・キャロル」の時と同様に「アバター」の3D予告があったのですが、どうも今回のスクリーンでの映像が今一つ前回より綺麗に立体に見えません。私の目がおかしかったのかな〜と思うくらいでした。そんなことあるのかしら?

何だかイマイチだなぁと思っているうちに本編が始まりましたが、いつもなら綺麗なCGアニメに目を惹かれるのに、とにかく3Dの違和感が気になってなかなか集中できなかったのがとても残念でした。

時折「あ〜やっぱり3Dだな」と思う箇所はあるものの、結論から言ってこれは2Dで観るべきでした。私だけかもしれないけれど、初めてピクサーの作品を観て映像に感動できなかったのはどうにも惜しかったです。

しかしながら、お話の内容は温かで楽しめました。おじいさんが主人公というのも何だかほんわかした感じですね。そして一緒に冒険をすることになる男の子や動物との交流。ディズニーお得意の分野です。

冒頭のカールじいさんと奥さんの歴史がセリフもなく素敵なピアノ音楽に載せて綴られるのは本当に素晴らしい!センスを感じますね。ちょっとオスカーの短編アニメ賞を受賞した「つみきの家」を思い出しました。愛するパートナーに先立たれ、二人の軌跡を振り返るのは同じですね。

家ってある意味自分の分身でもあるのかもしれません。一人になったカールじいさんが住む家はまるでバージニア・リー・バートンの「小さな家」の運命のようでもありました。立ち退きを迫られ、あやうく老人ホームに入れられそうになったカールじいさんの決断は、なんともファンタスティック!

ここからはファンタジーになりますから、理屈抜きにおとぎ話を楽しめばいいんですよね!
カールのよきパートナーとなるラッセル少年も、子どもながらに問題をかかえているようですが、純真なこのラッセルにも癒されました。

途中、ちょっと中だるみっぽい感じもありましたが、後半のアドベンチャーアクションシーンは楽しくて思わず笑ってしまいます。悪者のじいさん(マンツ)登場で、役者は揃うわけですが、正直爺さんと意地悪爺さんのおとぎみたいですね〜(笑)

映像のせいもあってか「ウォーリー」には届きませんでしたが、温かな気持ちになれて家族で観られる上質のアニメには変わりませんね。

しかし風船で空を飛べたらいいな〜夢がありますよね。
お約束の冒頭の短編アニメもとっても素敵でした♪
それにしても原題は「UP」というシンプルさに対して邦題はまた長いですね〜ただ子どもにはこの方がわかりやすいかな(笑)。

課題はメガネをかけても鮮やかなカラーが見られるようになることだけですね。^^;

原題:UP
上映時間:103分
製作国 アメリカ
公開情報:劇場公開(ディズニー)
初公開年月:2009/12/05
ジャンル:アドベンチャー/ファミリー/コメディ

《コピー》
愛する妻が死にました──
だから私は旅に出ます。

監督:ピート・ドクター
声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー

【解説とストーリー】
 「ウォーリー」のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメーション。偏屈で孤独なガンコ老人が、亡き妻との約束を果たすべく2人の思い出が詰まった我が家に大量の風船をつけ、偶然乗り合わせた少年をお供に大冒険に繰り出す姿を、アクションとユーモアを織り交ぜエモーショナルに綴る。監督は「モンスターズ・インク」のピート・ドクター、共同監督にこれがデビューのボブ・ピーターソン。
 古いけれど手入れの行き届いた一軒家に暮らす老人カール・フレドリクセン。開発の波が押し寄せる中、頑なに家を守り抜いてきた。そこは、いまは亡き最愛の妻エリーとの素敵な思い出に満たされた、かけがえのない場所だった。しかし、ついにカールは家を立ち退き、施設に入らなければならなくなる。そして迎えた立ち退きの日の朝、なんとカールは無数の風船を使って家ごと大空へと舞いあがるのだった。それは、エリーと約束した伝説の場所“パラダイス・フォール”への大冒険の始まり。ところがその時、少年ラッセルが空飛ぶ家の玄関に。驚いたカールは渋々ながらもラッセルを招き入れ、一緒に旅をするハメになるのだが…。(allcinemaより)

閉じる コメント(54)

後半は予想以上の冒険劇でびっくりしましたw
「つみきの家」を思い出されたんですね〜
そちらも見たいと思っています♪
先に上映された短編といい、楽しめました♪
TB,させて下さい☆

2010/1/11(月) 午後 11:55 A☆co

アバター

観てきました!私は吹き替えがいやだったので2Dでみたんですが、正解でしたかね(^-^;最初のシーンすごくよく出来てますよね。そして、結局、子供のころに夢見た冒険以上の冒険をすでにじいさんは自分の人生をかけて現実社会のなかでしてきていて、また、まだまだこれからも続く・・というお話に感動しました。TBさせていただきます。

2010/1/13(水) 午後 6:09 りりぃ

顔アイコン

昨年、10月だったかな?TIFFの招待作品として3Dで観ていました。
とっても気に入りましたし、あの色彩・前半のエリ―との歳月、後半の大冒険と、楽しかったです〜♫
老いへのメッセージも込められていて、なかなかの映画だと思いました‼
ザックリ記事ですがTBさせて下さいね〜(^−^)

2010/1/13(水) 午後 8:35 ふぇい

私は、時間の関係で泣く泣く2Dだったのですが、この記事を読んでほっとしました(笑)確かにアバターのときも観終わってからひどく疲れてましたもん。ここら辺が改善点ですよね〜。
作品自体は、さすがピクサーといった作品でしたね。笑えて泣けて、暖かい気持ちになれる作品。あの二人の歴史には涙涙でした。
確かに冒険部分、少し中だるみで、私ももっと感動を期待してたので少し残念でしたが、素敵な作品でしたね!TBさせてくださいね!

2010/1/14(木) 午前 10:11 + kuroneko +

顔アイコン

★Acoさん、カールじいさんはアクションまでこなして(笑)元気でしたね〜♪
温かな素敵な映画でした。短編もいいですよね!
TBありがとうございました♪

2010/1/16(土) 午前 10:46 choro

顔アイコン

★りりぃさん、これは2Dの方が正解だと思います。私も2Dで観ればよかった・・(泣)
でも映画としてはさすがに素敵な作品でしたよね。ピクサーは期待を裏切りませんね〜
TBありがとうございました♪

2010/1/16(土) 午前 11:04 choro

顔アイコン

★フェイさん、早々にご覧になっていたんですね。
いい映画でしたよね〜メッセージがしっかりと伝わる温かなお話でした。
TBありがとうございました〜♪

2010/1/16(土) 午前 11:05 choro

顔アイコン

★くろねこさん、2Dで正解だったと思いますよ(笑)。とにかくピクサーは2Dでも充分素晴らしい映像ですものね。
「ウォーリー」ほどの感動には至りませんでしたが、それでも温かさの伝わる素敵な映画でしたよね!
TBありがとうございました〜♪

2010/1/16(土) 午前 11:08 choro

顔アイコン

ご無沙汰しております、syusendohですお元気にしてらっしゃいましたでしょうか?
さて今回の「カールじいさんの空飛ぶ家」でありますが私としては作画・デザイン・3D技術など満点を付けておりますし、さらにストーリー展開においても同様に満点を付けれる作品であると思います。 しかしそういう作品に限って共通して言えることは何故か作品全体のバランスが悪いというイメージがどこか強い物を感じるもので、残念ながらこの作品も例外ではなかったという「残念な物を感じざる得ない」物でした。
作品自体部分部分においてのクォリティ面では評価が非常に高いのですが、それが総合面になるとどこかそれらが調和が取れ切れきれていないのが原状であり、その点ではアニメ映画においては特に強いです。
やはり部門的に良くても調和が取れていなければどこかしっくり来ないものになっているというのがこの作品の評価です。
その代わり部門的については評価が高い点については非常に評価できる点があり私の評価としては全体5の4といったところですね。

2010/1/24(日) 午前 10:43 [ syusendoh ]

顔アイコン

★syusendohさん、こちらこそご無沙汰してすみません。お越しいただきありがとうございます♪
たしかにバランスと言う点で今一つしっくりとこないというのはわかるような気がします。
私はとにかく3Dのメガネをかけたが為に、画面が暗くなり、いつものピクサーの鮮明で美しい映像が損なわれてしまったのが一番残念でした。
3D自体もいまひとつピンとこなくておそらく2Dで観た方が感動できたのではないかと思います。
もう一度DVDになったらじっくりと2Dのハイビジョンで観てみるつもりです。(^^ゞ

2010/1/27(水) 午後 6:17 choro

顔アイコン

先日、映画館の招待券があったので(3Dだと使えないそうです)、2Dで鑑賞しました。予告編を観てから期待していましたが、冒頭部分でウルウルです。久しぶりに良いアニメ映画でした(モンスターインク以来)。

2010/1/27(水) 午後 6:56 [ toshi ]

顔アイコン

★tim*_*o_*untさん、はじめまして♪(^^)
冒頭部分はウルウルですよね。2Dでもかなり映像が綺麗だと思います。ピクサー作品は映像もストーリーも一級品ですよね!

2010/1/30(土) 午後 8:55 choro

アバター

そうそう、最初「つみきの家」思い出しました!
小さいけれど思い出が一杯詰まった暖かい家
その家のまま旅立つのが素敵ですね。
泣かされました!
TBさせてくださいね

2010/1/31(日) 午前 10:52 木蓮

3Dに関してはchoroさんのような意見が多かったので、ノーマルで見ました。(感謝!)
そうそう、つみきの家かと思いましたよね!
昨日のNHKの「無縁社会」という放送で、離婚で天涯孤独になってしまった男性が、近所の女の子の訪問に救われた話には、この映画を思い出しました。

2010/2/1(月) 午後 0:42 ちいず

顔アイコン

★もくれんさん、人生を長く過ごした家に執着があるのは当然で、そこから旅立つカールじいさんは希望を与えてくれますね。
TBありがとうございました♪

2010/2/2(火) 午後 2:55 choro

顔アイコン

★ちいずさん、2Dの方がきっと綺麗だったと思いますよ〜^^;
「つみきのいえ」と似てますよね。幸せな熟年夫婦は多かれ少なかれ同じような人生を辿ってきているということかな。
これから益々高齢化社会になりますが、若い人たちとの交流はお互いのプラスになりますよね。
TBありがとうございました〜♪

2010/2/2(火) 午後 2:58 choro

顔アイコン

5歳の息子と見に行ったのですが、3Dのメガネに当惑して着けたり外したりしてました。子供にとっては慣れてないので戸惑う部分があったかもしれません。

2010/2/24(水) 午前 0:16 [ syamon ]

顔アイコン

★kik*bru**sさん、お久しぶりです♪
確かに小さいお子さんがメガネをかけて観るのはちょっと辛いかもしれませんね〜
この映画は2Dでもよかったかなと私は思いました。
もう一度DVDになったらじっくりと2Dで観てみたいです。(^^ゞ

2010/2/26(金) 午後 0:06 choro

3Dで感動したのは【クリスマスキャロル】【アバター】ですね。
今回は自宅鑑賞だったんですけど、映像の鮮やかさは2Dでしょうね。
思った以上にアクションにがんばるフレドリクセンさんに、拍手でした(^^)
TBお返しさせてくださいね☆

2011/2/14(月) 午後 10:25 なぎ

顔アイコン

★なぎさん、ですよね〜やはりまだまだ映像の色彩の鮮やかさは2Dの方がずっと綺麗だと思います。
カールじいさんの元気なアクションは楽しめますね!
TBありがとうございました♪

2011/2/16(水) 午後 8:53 choro

開く トラックバック(18)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事