全体表示

[ リスト ]

「サロゲート」(2009)

イメージ 1

ブルース・ウィリスの映画って何気に面白いですよね(笑)。本作も彼が主演というだけの理由で、あまり期待もせずに観たのですが、最近SFを観るとがっくり来る事が多かった中、思ったより結構楽しんで観ることができました。軽く「映画でも観よう」と思ったときに観たい映画かも。(^^ゞ

おりしも「アバター」が成功をおさめ、興行収入歴代1位に輝いたと言うニュースを聴いたばかりでしたが、サロゲートも人間の意識を遠隔操作をして違う肉体(ここではロボット)に投影して行動させるという話は、チラっと「アバター」を思い浮かべました。もちろんアバターとはまた違う設定なのですが、今までに観た「アイランド」とか「アイ・ロボット」とか、人間がクローンやロボットを作る話は多いですよね。

ロボットが人間を助ける為に作られているというのはわかりますが、このサロゲートは身代わりロボットですから、人間は本当に怠惰になっていて、何もしないんですね。家から一歩も出ずに仕事から何から全部ロボットにさせるってどうなの〜〜って思いますが、もしこんな世界になったら、行く末は「ウォーリー」の世界ですよね(笑)。

しかもこのサロゲート、自分の好みのスタイルや顔や年齢の外見を持てるそうで、だからブルース・ウィリス演じるトムも顔は彼だけど髪はふさふさの金髪なんですよね。(^O^;もちろん女性も皆若くて綺麗で、トムの奥さんのマギー(ロザムンド・パイク)も全くトシはとっていなくてめちゃくちゃ綺麗。でもずっと寝て暮らしている本当の人間の方の彼女は子どもを亡くしたショックからか、身も心もボロボロなんですよね。

もっと凄いのは、太ったおじさん(?)が綺麗な女性だったり、性まで変えられるとなると、もうわけが分からない状態で、これじゃ、全く人を信用できなくなっちゃいますよね〜(ーー゛)

そんな世界を作ったのが、先日DVDで観た「ブッシュ」でパパブッシュになっていたジェームズ・クロムウェル。これまたこの博士のアバター・・もといサロゲートも複数いて(笑)、とっかえひっかえいろいろな人物になりすますわけです・・・

と、この辺にしておかないとネタバレになるのでやめますが、とにかくこの世界は異常で、もちろんそれに反対する人間は居住区を決めて隔離状態になって過ごしているわけですが、何だか荒れ果てた感じの街で、人間自体も余裕がなくそれもまた哀しい感じがしました。

SFは突っ込みどころは必ずあるのであえて挙げませんが(笑)、やっぱりブルース・ウィリスはこういう役なんですね(笑)。もちろん最後に活躍するのはサロゲートでない人間のトムで、彼はいつものブルースのスキンヘッドです。人間が活躍しなくちゃこういうSFは面白くないですから、この映画はブルースが人間を演じて危機を救う(それも人間の仲間と共に)というところが楽しめた理由になるのでしょうね。

人はどんなに平穏な世の中になっても、やっぱり悪いことを考える人がいなくなることはないでしょう。それも人間であり、やはり人は楽しようとせずに自分たちでその人間の悪の部分と戦っていかなくてはいけないということになるのかな。

ホッとできるラストもブルースらしい最後でよかったです♪

劇中、ラダ・ミッチェルもかなり活躍していますが、ロザムンド・パイクは独特の雰囲気があって素敵ですね。凄く派手な顔立ちではないけれど、英国女優らしい気品みたいなものがあるのかな。ラストのマギーの表情がとても印象に残りました。

しかしこの映画、ディズニーなんですね。エンドロールの最後に知って「なるほどね」なんて思ったのですが、時々ディズニーはこういうSFを作りますよね(「トロン」とか思い出しちゃう(笑))。ブルース・ウィリスとディズニーというのも意外な(?)組み合わせだけど、映画らしいSFでコンパクトに纏まっているのはらしいですよね。(^^ゞ

出演:ブルース・ウィリス、ラダ・ミッチェル、ロザムンド・パイク、ボリス・コジョー
   ジェームズ・フランシス・ギンティ、ヴィング・レイムス、ジェームズ・クロムウェル

監督:ジョナサン・モストウ
原作:ロバート・ヴェンディティ、ブレット・ウェルデル
脚本:マイケル・フェリス、ジョン・ブランカトー

原題:SURROGATES
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ディズニー)
初公開年月:2010/01/22
ジャンル:SF/サスペンス

《コピー》
ロボットがすべてを代行する社会。
それは、ユートピアのはずだった…。

【解説とストーリー】
 ブルース・ウィリス主演で放つSFサスペンス。人間が各々の身代わりロボット“サロゲート”に日常生活の一切を任せるようになった近未来社会を舞台に、FBI捜査官がある殺人事件を機に浮き彫りとなっていく巨大な陰謀へ迫るさまをスリリングに描く。共演は「サイレントヒル」のラダ・ミッチェル、「007/ダイ・アナザー・デイ」のロザムンド・パイク。監督は「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。
 人間の身代わりロボット“サロゲート”が普及し、その常用が不可欠となった近未来。人間は外出せず、サロゲートとの媒介となるスティムチェアーから遠隔操作することで、実生活の全てをサロゲートに委ねていた。一方でサロゲート排斥運動を指導する予言者ら反対派による独立区も生まれる中、サロゲートの採用で犯罪や伝染病、人種差別が激減し、人類は理想的な社会を実現したのだった。だがある時、ほぼ完璧に安全なはずのこの社会で殺人事件が発生する。2体のサロゲートが破壊されただけでなく、持ち主までが変死していたのだ。事件を担当するのは、FBI捜査官トム・グリアー(ブルース・ウィリス)とジェニファー・ピータース(ラダ・ミッチェル)。彼らもまた自分たちのサロゲートを駆使し、捜査にあたる。するとグリアーはやがて、犯人が隠し持っていた武器から、事件とサロゲートの最大手メーカー、VSI社との関連性を突き止めるのだが…。(allcinemaより)

閉じる コメント(42)

顔アイコン

★もくれんさん、それをニュースで見たのかも。何だかこの映画を観に行った朝のニュースでそれっぽい話題をやっていたのですが。。^^;
しかしあまりに怠慢になるのは人間社会を滅ぼしそうで怖いですね。
TBありがとうございました〜♪

2010/1/31(日) 午後 10:45 choro

顔アイコン

★kenさん、本来は人は人と実際に触れ合ってコミュニケーションをとるのが一番ですよね。
ネットのみならずサロゲートが出来たら、人間はダメになってしまいそうです。

2010/1/31(日) 午後 10:48 choro

顔アイコン

SFというより社会派の作品?とも思いました。
小粒でピリッというか、私も思ったより楽しめました。
ブルース・ウィリスの作品には必ずぞっとするくらいセクシーないい女が登場するんですが、今回はそこは残念でした。サロゲートだからそのあたりは控え目にしたんだと思いますが…(^^♪。

2010/1/31(日) 午後 11:15 shin

観てきました^^
大作ではないですが、意外と楽しめました♪
サロゲート少し憧れますが、全く自分が動かないのは嫌ですね(笑)

トラックバックお願いします!!

2010/2/3(水) 午前 4:38 れじみ

顔アイコン

★Shinchanさん、地味目ですが、それなりに楽しめる映画でしたね〜(笑)
ブルースの映画ってセクシーな女性がいつも出てましたっけ?^^;
サロゲートの女性はやっぱり少し無機質っぽい感じだったかな〜(笑)
TBありがとうございました♪

2010/2/4(木) 午後 8:51 choro

顔アイコン

★rejimiさん、あまり期待せずに見た分楽しめた感じですよね(笑)。
やっぱり人間ある程度は動かないとね〜^^;自分でやるから面白いということは多いですものね。
TBありがとうございました〜♪

2010/2/4(木) 午後 8:52 choro

choroさんってSF好きのイメージがなかったのですが、結構
こういうのご覧になってるんですね^^
期待はせずに観たのでそれなりに楽しめました。可もなく不可もなく普通と言う感じした(笑)
ジェームズクロムウェルが、アイロボットとかぶっていたオチもなんか可笑しかったです(笑)89分なので、気楽にサクッと観れましたよね(^_-)-☆

2010/2/6(土) 午前 0:40 [ pin*hyo* ]

顔アイコン

★pinkhyonさん、あっ、SFも観ますよ〜(笑)でも近未来の話って何だか暗いものが多いですよね〜夢がないというか・・(ーー゛)
これは地味な感じでしたが、まずまず普通に楽しめたかな。そそ89分というコンパクトさも気楽に観れていいですよね♪

2010/2/7(日) 午後 3:55 choro

意外にも、親子愛、夫婦愛がテーマで拾いものの映画でしたね!
ブルースの髪が“フサフサ”だったのが笑えます…^^

2010/2/15(月) 午後 11:02 やっくん

顔アイコン

★やっくんさん、結構面白かったですよね!
ブルースの髪の毛・・・笑えるけどこの設定も面白かったわ〜
TBありがとうございました〜♪

2010/2/20(土) 午後 11:19 choro

顔アイコン

こんばんは!私も、この映画を見て、「ブルース・ウィリスの映画って、おもしろいのが多いな」って密かに思ってました(笑)。サロゲートが普通な世の中になったら、相手の見かけが信用できないですよね。ああいうラストになって、本当に良かったです!トラバさせてくださいね(^o^)

2010/2/26(金) 午後 9:20 re_re

顔アイコン

★rereさん、ブルースの映画は面白いですよね。超ハズレということはないような・・(笑)
未来の話って怖いものが多いです。今後、人間はどんな世界を作って行くのでしょう。自分が生きているうちはあまりおかしなことにならないでほしいけど。。。^^;
TBありがとうございました♪

2010/3/3(水) 午後 11:07 choro

思った以上に楽しめました。
SFとはいえ、どこかリアリティを感じますよね・・・。
TBさせていただきます!

2010/7/8(木) 午前 11:51 takutaku!

自宅鑑賞したので二度目の登場です(^^)
自分ならどんなサロゲートを選ぶかしら、なんて思ったりけっこう楽しみました。
それにしても、こんな未来は歓迎しませんね〜。
TBさせてくださいね☆

2010/7/8(木) 午後 10:27 なぎ

顔アイコン

★たくたくさん、そうなんですよね〜
未来としてありがちかもとか、今後の人間社会を皮肉る内容が恐ろしさを増してますよね。
TBありがとうございました♪

2010/7/9(金) 午後 2:32 choro

顔アイコン

★なぎさん、2度目のコメ、ありがとうございます♪(^^)
あはは、自分ならどんなサロゲートかぁ。。確かに考えるとおかしくもあり、ちょっとせつなくもなりますね〜^^;
でもやっぱり人間はそのままがいいかなぁ。。(笑)
TBありがとうございました♪

2010/7/9(金) 午後 2:33 choro

ほんと〜ブルースの行動が良かったですね☆
興味はあるけど、ああいう未来は来てほしくないですね☆
TBさせてね☆

2010/7/19(月) 午前 8:56 ゴルバチョフ剛

顔アイコン

★ブーキーさん、本当にこんな未来にはなってほしくないですよね。^^;
映画としては面白かったですけど。。
TBありがとうございました♪

2010/7/20(火) 午後 6:26 choro

顔アイコン

たしかに『アバター』を思い出しました。^^;
軽く観るにはうってつけの作品でしょうか。 かる〜く楽しめた一本でした。
TB、お願いします。^^

2010/8/14(土) 午前 0:40 サムソン

顔アイコン

★サムソンさん、そうですね〜軽く観られるSFでしたね。
しかしこんな未来はいやだよね〜^^;
TBありがとうございました♪

2010/8/16(月) 午前 9:15 choro

開く トラックバック(14)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事