choroねえさんの「シネマ・ノート」

ブログ引っ越し中で益々バタバタしております。スマホで見るとレイアウトが崩れている時がありますが、ご勘弁を。<(_ _)>

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
第2作目から11年ぶりに作られた続編ですが、やっぱりこれはアニメ史上でも名作中の名作ですよね!この映画と共に育ったような娘たちと一緒に、今回は気合を入れて(笑)10日以上前にIMAXの予約をして、楽しみに公開を待ちました♪(^^)

実は昨年のピクサー作品の「カールじいさんの空飛ぶ家」を普通の3Dで観て、とてもがっかりしたんですよね〜感想記事にも書きましたが、メガネをかけて画面が暗くなってしまったせいで、せっかくのピクサーのCGアニメの細かいところや色彩の豊かさが伝わってこなくて、お話は楽しめたのですが、それまでにピクサー作品を観た時のような感動が得られなかったのが、とても残念でした。

「アバター」も今思うとIMAXで観ていたら、きっともっと感動できたかもと思うし、他の3D作品もそうですが、とにかくアニメ作品は実写以上に色が暗くなると魅力が半減してしまうので、次に観る時は2Dかもしくは3Dなら絶対にIMAXで観ようと決めていたんですよね。料金が多少高くても、感動が減ってしまうのはあまりにもったいないですもの。

ということで、大好きな本作は待望のIMAXデジタル3Dで観たのですが、期待どおり映像が本当に綺麗!デジタルなのでより鮮明だし、色もほとんどあせることなく、メガネの違和感も忘れて惹きこまれてみることができました。(^^ゞ「アリス・イン・ワンダーランド」の時はそれほどIMAXの威力を感じなかったのですが、これは大正解でした〜(笑)

ただ、3Dはそれほど驚くほどのモノではなく、IMAXは上映館も限られているので、もしあの暗くなるメガネで観るなら、こちらも「カールじいさん〜」や「アリス〜」と同じく普通の2Dで観た方がいいかも〜と思いました。何でもかんでも3Dにする必要はないと思うんだけど、時代の流れだから仕方ないのかな〜(-"-)やはり本当の3Dの魅力を感じるには「アバター」や予告でやった「トロン」のような最初から3Dでしっかりと撮られた作品でないとダメなのかもしれませんね。

映像の話が先になってしまいましたが、もちろんストーリーは予想通り、笑いあり涙ありで飽きさせることのない素晴らしい完成度ですね!今回の話はアンディが17歳になり、いよいよおもちゃたちとの別れを描いているということが解かっていたので、ハンカチは必携で鑑賞に望みました(笑)。案の定、冒頭の遊んでもらえなくなったウッディたちがアンディに遊んでもらうためにいろいろと試みるところからちょっとウルウル・・・;;自分が子どもの頃の事や、娘たちが子どもの頃の時などを思い出しては、胸が詰まるような感じになってしまうんですよね。^^;

しかし、相変わらず笑いもたくさんで、とにかくおもちゃたちのキャラが面白い!今回はウッディやバズだけでなくそれぞれが大活躍でしたね〜特にミスター・ポテトヘッドはパーツがバラバラになる利点を生かして頑張ることったら!(笑)

そんなおもちゃたちのアンディに対する一途な気持ちがよく伝わってくると同時に、新しく出てくる悪役のロッツォらにもちゃんと過去のストーリーがあるところなどが、緻密に作られてますよね。まるで人間と同じように性格がしっかりと描かれているおもちゃたちのキャラクターが、とても面白く魅力的なのがこの作品のポイントですね。

ストーリー展開もクライマックスのゴミ処理場のシーン(このシーンだけで製作に1年半くらいかかったとか)の細部にわたる行き届いた映像は圧巻ですよね。エイリアンちゃん、いつ再登場するのかな〜と思ったら「なるほどね〜」って感じで笑わせてもらいました。(^^)

笑いどころはたくさんあったのですが一番笑ったのは、バズがスパニッシュ仕様になっちゃうところかな(笑)。言葉もだけど、とにかく表情が可笑しくて、皆声を出して笑ってましたよね。(^O^)いや〜バズは役者だわ〜(笑)

新キャラの中ではバービーの恋人ケンのキャラが「・・・・」でしたね〜私はバービー世代なのですが、実はケンは買ってもらえませんでした。母に理由を聴くと「髪の毛がペイントだったから」だそうで・・・^^;余計な話になりましたが、今も変わらずバービーの恋人はやっぱりケンなんですね。でも今回のケンは三枚目的な役回りで、ちょっとイメージが壊れるのではと心配してしまったのですが大丈夫なのかなぁ。。。(^O^;

そんな楽しいシーンも満載なのですが、やっぱりラストはハンカチなしでは観られませんね。
 
反転します
 
アンディがボニーと一緒に最後にウッディたちと遊ぶシーンはもう涙が止まらなくて、今思い出しても目頭が熱くなってきます。。;;;;昔人形遊びをしたことのある人なら誰もが涙したくなるシーンですよね。アンディにとっても、大好きだったウッディたちと別れるのはとても辛いことだけど、次の世代の子どもに彼らを託すことで、自分は大人に旅立つという素敵なラストでしたね〜♪

イメージ 2この作品はおもちゃによって語られる、友情や成長、そして海外バージョンのポスターにある通りおもちゃの「大脱走」(The great escape)物語なんですよね。(^^ゞ山あり谷ありの危険な脱走劇が本当に楽しく、またハラハラドキドキ感もたっぷりと描かれていて、アニメと言えど脚本の素晴らしさが光りますね。やはりこれはピクサーの中でも1,2を争う名作ですね!

今回は吹き替えで観ましたが、この作品に関しては最初から吹き替えで観ているので全く違和感はありません。でも、オリジナル版の声優陣も魅力的ですね〜
ティモシー・ダルトンやウーピー・G、そしてあのケンがマイケル・キートンというのも興味深いので、DVDになったら是非字幕で鑑賞したいと思います♪
 
 
*****
 
 
ミニアニメ『デイ&ナイト』もものすごい秀作ですね!いつもピクサー映画の最初に上映されるミニアニメは素晴らしいと思うけれど、今回は今までの中でも一番というくらい惹きこまれました。ストーリーものではなく、感覚に訴える言ってみれば「ファンタジア」みたいなタイプの作品でしょうか。昼と夜の対比とその色彩や性格など、お見事でした!アカデミー賞短編アニメ映画賞でも獲ってほしいような作品ですね!
 
 
*****
 
【追記】(7/12)
 
allcinemaの声優のキャスト表を見た時、シドの名前があったので「あれ?どこに出てたのかな?昔の回想場面とかってあったっけ?」などとボケたことを考えていたのですが、なんとちゃんと成長したシドが出ているんですね〜
今日娘に教えて貰ったのですが、あのゴミ収集車のヘッドホンをつけた職員がシドなんだとか。そういえばドクロのTシャツを着ていたのを思い出しました。
そしてラストにも大きく関係してくるというのが、なんとも凄いトリビアですね〜
 
どうもこの作品、他にもたくさんトリビアがあるようです。
もう一度再見する時は、そんなトリビアを探しながら観るのも楽しいかも。(^O^)
 
原題:TOY STORY 3
メディア:映画 Anime
上映時間:103分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ディズニー)
初公開年月:2010/07/10
ジャンル:アドベンチャー/ファミリー/コメディ

《コピー》
「さよならなんて、言えないよ…」

監督: リー・アンクリッチ
脚本: マイケル・アーント、ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン、 リー・アンクリッチ
音楽: ランディ・ニューマン

声の出演:
トム・ハンクス/唐沢寿明(ウッディ)
ティム・アレン/所ジョージ (バズ・ライトイヤー)
ジョーン・キューザック /日下由美(ジェシー)
ネッド・ビーティ (ロッツォ)
ドン・リックルズ (ミスター・ポテトヘッド)
マイケル・キートン (ケン)
ウォーレス・ショーン (レックス)
ジョン・ラッツェンバーガー (ハム)
エステル・ハリス (ミセス・ポテトヘッド)
ジョン・モリス (アンディ)
ジョディ・ベンソン (バービー)
ブレイク・クラーク (スリンキー・ドッグ)
テディ・ニュートン (チャターフォン)
ティモシー・ダルトン (ミスター・プリックルパンツ)
クリステン・シャール (トリクシー)
ジェフ・ガーリン (バターカップ)
ボニー・ハント( ドーリー)
ジョン・サイガン( トゥイッチ)
ジェフ・ピジョン (エイリアンたち)
ウーピー・ゴールドバーグ (ストレッチ)
ジャック・エンジェル (チャンク)
R・リー・アーメイ (軍曹) 
ジャン・ラブソン (スパークス)
リチャード・カインド (ブックワーム)
エリック・フォン・デットン( シド)
チャーリー・ブライト (お豆3兄妹)
アンバー・クローナー (お豆3兄妹)
ブリアンナ・メイワンド( お豆3兄妹)

【解説とストーリー】
 CGアニメの先駆けとなったディズニー/ピクサーの人気ファミリー・アドベンチャーのシリーズ第3弾。成長しておもちゃを卒業した主人アンディの手を離れ、ひょんなことから託児施設へ寄付されたおもちゃたちを待ち受ける絶体絶命の危機と心温まる絆の物語を、手に汗握るアクションと感動のストーリー展開で描き出す。声の出演は引き続きトム・ハンクス。監督は前作や「ファインディング・ニモ」などで共同監督を務め、これが長編単独初メガホンとなるリー・アンクリッチ。
 ご主人様のアンディと楽しい時間を過ごしてきたおもちゃたち。しかし、17歳になったアンディは、すでにおもちゃで遊ぶこともなくなり、また大学へ進学するため引っ越しの準備をしていた。そして、アンディの一番のお気に入りだったウッディだけが彼の引っ越し先へ持って行かれることとなり、バズや他のおもちゃたちは屋根裏部屋行きに。だが、ある手違いで危うくゴミに出されるところだった彼らは、ウッディの説得もむなしく、サニーサイドと呼ばれる託児施設行きを決断する。ロッツォというクマのヌイグルミに迎えられ、新たな遊び相手が出来たことを喜ぶ一同。ところがそこは、おもちゃを破壊する凶暴な幼児ばかりの、おもちゃにとってまさに地獄といえる場所だった。ひとりその難を逃れていたウッディは、仲間たちの危機を知り、急いで彼らのもとへと向かうのだったが…。(allcinemaより)

閉じる コメント(33)

顔アイコン

1.2はあまり印象に残ってなかったのですがこれは面白かったです
TBさせてくださいね

2010/7/17(土) 午後 9:55 あく(ノ゜゜)ノびっくり!! 返信する

顔アイコン

お久しぶりです。いや〜〜なんともまぁ素晴らしい作品でした。
脚本の巧さに脱帽ですわ。 削除

2010/7/19(月) 午後 7:02 [ おさむ ] 返信する

顔アイコン

★あくびさん、3作目も面白いって凄いですよね。
「シュレック」だってさすがに3は今一つだったのに、やはり「トイ・ストーリー」は別物かしら(笑)。
感動の一作でした!
TBありがとうございます〜♪

2010/7/19(月) 午後 10:00 choro 返信する

顔アイコン

★おさむさん、お久しぶりです♪
これだけ絶賛されるアニメも珍しいですよね!
本当に素晴らしかったです。(^^)
そそ、アニメとしてのクオリティの高さだけでなく、「ウォーリー」もそうでしたが、脚本がいいですよね〜♪

2010/7/19(月) 午後 10:02 choro 返信する

こちらの3Dは観やすいのですけど、メガネをかけた方には、「やっぱりどうにかならないの?」って言われてしまいます。。^^;
『デイ&ナイト』は素晴らしかったですね〜♪あれからすっかり世界に入り込んでしまって、気づいたら泣いて終わってしまっていました。
なんだか一緒に過ごしてきた時間を思い、より切なくなりました。
やっぱりこのシリーズ、素晴らしいです♪
トラバさせて下さいませ。

2010/7/22(木) 午前 8:12 恋 返信する

アバター

こちらの劇場では3D吹替版だけしか上映してない上、3Dメガネがずり落ちてしまうので、本当に残念です。この作品は3Dじゃなくていいと思いました。
何せストーリーが素晴らしいですからね。それだけでも、十分堪能できました。
ゴミ処理場のシーンが凄かったですね。危機脱出方法も、お見事です。
スパニッシュ・バズには笑いましたね。
そして何度も泣かされてしまいました。

2010/7/22(木) 午後 10:57 出木杉のびた 返信する

3D観るなら、絶対にIMAXですよね(^_-)-☆私は実はそんなにトイストーリーのファンでもなく、前作もTVでたまたま鑑賞した程度だったのですが、この作品はIMAXでと思って観に行きましたが
やはり正解でした(^_-)-☆メガネが軽く、画面が暗くならないから
IMAX3D好きです。とは言え、ピクサーの作品は、2Dでも十分
ですけどね^^喜怒哀楽のストーリー、そして、ラストは号泣、
確かにピクサーの中でも1,2を争う名作ですよね(^_-)-☆

2010/7/24(土) 午後 9:46 [ pin*hyo* ] 返信する

顔アイコン

★恋さん、3Dはとにかく色落ちが一番気になるんですよね〜あれさえ何とかしてくれれば多少めがねが重いのは我慢できるのですが。。^^;
ピクサーはいつも小品も素晴らしいですよね!
とにかくこの「トイ・ストーリー3」は久々にアニメでバッチリと泣かされました。^^;
TBありがとうございます〜♪

2010/7/24(土) 午後 10:56 choro 返信する

顔アイコン

★のびたさん、最近こちらのシネコン(IMAXではない)の3Dメガネは後ろにアジャスターがついてようやくメガネのズリ落ちがなくなりました。そういうのも全国統一に一番よい状態のものを使用してほしいですよね〜
しかしこの映画は素晴らしかったですね〜
私もとにかく笑ったり泣いたり、感動できて、とても満足でした。
男性でも泣かされたという方、多いですよね!
TBありがとうございます〜♪

2010/7/24(土) 午後 10:58 choro 返信する

顔アイコン

★pinkhyonさん、やっぱり色がね〜^^;これははずしたくなかったので、贅沢してIMAXで観てしまいました。これでレディースデーの割引とかが出来たら最高なんだけどな〜(笑)
しかし面白かったですね〜
ラストは思い出しても泣けますよね。おもちゃを大切にしたくなるよね〜♪

2010/7/24(土) 午後 11:04 choro 返信する

ピクサーのアニメーションを信じて、そして節約のために2D吹き替え近所にシネコンで観賞してきました(笑)
やっぱりイマックスま凄いみたいですね。近所にないのでまだ未体験です(笑)
私も映画を見ながら自分の息子の成長とかも考えちゃいました。
TBお願いいたします。

2010/8/3(火) 午後 0:20 ひかり 返信する

顔アイコン

★ひかりさん、これは2Dで正解だと思いますよ〜何たって色が綺麗だものね!IMAXはいいけれど料金が高いのでそうそうは観れません。(ーー゛)映画もあまりお高くなってしまうと行きにくくなるので困りますね〜^^;
これは自分達の子どものことを考えると、またウルウルきちゃいますよね(笑)。
とにかく素敵な映画でした!
TBありがとうございます〜♪

2010/8/3(火) 午後 10:42 choro 返信する

また絶対観たいと思います。トリビアもcheckしたいですし♪
完成度高いですよね、大満足でした!
ラストは、号泣ですよね〜!!
そそ、正直2Dでも全然かまわないんですよね。
私が行ったところは、日本語吹き替え3Dのみ、公開だったんで、
選ぶ余地がありませんでした。
それもどうかと思います・・・−−;
というわけで、絶対レンタルして観ます!(笑)
TB,お返しさせてください☆

2010/8/14(土) 午後 10:55 A☆co 返信する

顔アイコン

★Acoさん、本当に楽しい映画ですよね。
最近3Dが増えてきて、選べない劇場も多くあるみたいで、それってずいぶんだな〜と思います。
やはり2Dで観たい人、吹き替えで観たい人、字幕で観たい人、いろいろといるわけで、せめて時間で変えるとかできないのかしら。
そういう意味では不親切ですよね〜今後の課題のような気がします。
私もまたDVD化されたら2Dで観たいと思います。(^^)
TBありがとうございました♪

2010/8/16(月) 午前 9:46 choro 返信する

顔アイコン

まさに最高の着地点だと思いました!
凄く良くて本当に感動しました!!
ただ続編を作るらしいけど、やめてほしい(笑)
TBさせてください!

2010/10/15(金) 午後 10:49 かず 返信する

顔アイコン

★かずさん、もう続編はないのではと思っていましたが作るんですか?おもちゃ達がアンディを離れたので無理のような気がしますけどどうなのでしょうねぇ。。
今回のがとてもよかったので、これで終わりの方がいいですよね。
TBありがとうございました♪

2010/10/16(土) 午後 0:59 choro 返信する

急遽復習をして鑑賞に望んだ甲斐がありました♪
前2作を上回るストーリーと感動、素晴らしかったです^^
僕は2D・吹替えだったんですけど、IMAXの3D上映も観てみたいです(*´∀`)

トラバお願いします!!

2010/11/1(月) 午前 5:43 れじみ 返信する

顔アイコン

★れじみさん、劇場鑑賞されたんですね!やはりできたら大画面で観たい映画ですよね。
本当によくできたアニメですね。
これは2Dでも充分だと思いますが、IMAX自体は一度は体験してもいいかも。(^^ゞ
TBありがとうございました♪

2010/11/1(月) 午前 9:13 choro 返信する

昨日DVDで観て大泣きしてました。劇場で観たらヤバかったです。笑いあり涙ありの良い映画でした。やはり最後のお別れのアンディが遊ぶシーンはもうダメでしたね...涙がとまらない(笑)バービーとケンは、今回美味しい役でしたね(笑)トラバさせて下さい(ぺこり)

2010/11/7(日) 午後 3:09 ちょび 返信する

顔アイコン

★ちょびさん、私も劇場で観たのにやっぱりこれはDVDを買ってしまいました。まだちゃんと観てないけど。^^;
本当に笑いと涙と感動の映画でしたよね。
大人が存分に満足できるアニメですね!
Tbありがとうございました。
リコメ、TB遅くなってごめんなさい。<(_ _)>

2010/11/14(日) 午後 8:49 choro 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(18)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事