全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
「ポニョ」以来2年ぶりのジブリ作品ですが、ストーリーがとても魅力的だったのでやはり劇場で鑑賞してしまいました。(^^ゞピクサーやドリームワークスのCGアニメも素晴らしいけれど、ジブリのセルアニメも温かでCGアニメとは違った味わいがありますよね。この夏は「トイ・ストーリー3」の感動に続き、和製の本作ではまた違った心の温かさを感じることができました♪(^^)

「トイ・ストーリー」のような派手なアクションはなく、とても静かでいかにも日本的なアニメ映画ですが、全体の雰囲気はトトロほどの純和風でもなく、英国製のドールハウスが出てきたり、原作が海外児童文学だけあって、ちょっとしたところが洒落たセンスの高い作品ですね。

舞台となる自然の中に立つ別荘風のおうちや周りの風景など 「西の魔女が死んだ」を思い出してしまいました。あのおばあちゃんのおうちにとても雰囲気が似てますよね。そう思って家に帰ってからパンフを開いたら、「西の魔女〜」の作者の梨木香歩さんが解説を書かれていたのでびっくり!やはり通ずるところがあったんだわと嬉しくなりました。(^^ゞ

ストーリーはどちらかと言うと女性向きで、主人公の少女の気持ちや、人間の男の子との淡い恋心、親子の愛情、女の子の大好きな小さなドールハウスと同じ大きさのアリエッティたちのおうちなど、惹かれる要素がたくさん!そして何より絵画的な絵の美しさにはうっとりです。特にそれを感じたのは、翔が寝転んで本を読んでいるお庭のポピーが揺れる様子を始めとするたくさんの植物。本当に緑が美しく、西の魔女もそうでしたが、今の夏休みという季節に観るには最高の癒しですよね。

何よりこの作品が立体的に感じたのは、人間と小人たちの目線でそれらの自然や音が描かれていること!ディズニーの「ミクロ・キッズ」などもそうですが、人間がもし10cmくらいの身長だったとしたら、ガリバーじゃないけどその周りの様子は全く違って見えて当然なわけで、物音だって我々が聴こえる音とは違ってきますよね。その対比がものすごく巧く描かれていて、同じシーンでもアリエッティの目線の時と翔の目線の時では、音の大きさも違うし、ちょっとした振動の伝わり方も大きく違っていて、それはそれはリアルでしたね〜♪

だからアリエッティたちが人間を異常に怖がるのもよく理解できるし、またこの家の住人だった翔の曾祖父のロマンや翔がアリエッティを見つけたときの感動などもよく伝わってきました。

また細かな描写も、アリエッティたちが人間の世界から借りて使っているいろいろな小物など楽しいですよね。よく観ると身近にあるものばかりで、なるほどな〜なんて感心してしまいました。(^^ゞ本当に隅々まで行き届いた映像ですね。

古いおうちだと、もしかしたらこんな昔からの住人がいるのかもしれないと思わせてくれるとてもロマンティックな物語ですが、主人公のアリエッティと翔の成長物語にもなっているところが、じんわりとした感動を与えてくれるんですよね。お互いの存在を知ってしまったけれど、共存はできないせつなさ・・・でも、それぞれが自分の今後の行く道をしっかりとみつめて未来に向う希望のあるラストは、温かな気持ちにさせてくれました。

今回は宮崎さんは企画、脚本に回り、優秀なアニメーターだったという米林監督に託されましたが、私はアニメーター出身の方らしいこだわりの映像がこの作品によく生きていたように思いました。確かに作品としてはトトロや初期のジブリ作品に比べるとあっさりした感じはしますが、個人的には好きな一作です。(^^)

音楽も今回は久石さんではありませんでしたが、ほどよく入っており、カラーが変わってこれも新しい試みとしてよかったのではないでしょうか。

声優陣も皆落ち着いた声で安心して聴けました。家政婦ハル役の樹木希林さんだけは、アニメのお顔もそっくりで(笑)どうしても樹木さんの顔が浮かんじゃいましたけどね(笑)。スピラーの藤原君は気づかなかったわ〜贅沢なキャストですよね。

先にも書きましたが、夏休みにはピッタリの作品で、ちょっと暑さで疲れてしまった時など、清涼剤のような役目をしてくれる作品として、ゆったりと楽しめる素敵なアニメだと思います♪
 
イメージ 2メディア 映画 Anime
上映時間 94分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2010/07/17
ジャンル ドラマ/ファンタジー
人間に見られてはいけいない。

監督: 米林宏昌
プロデューサー: 鈴木敏夫
企画: 宮崎駿
原作: メアリー・ノートン 『床下の小人たち』(岩波少年文庫刊)
脚本: 宮崎駿、丹羽圭子
音楽: セシル・コルベル
主題歌: セシル・コルベル 『Arrietty's Song』

声の出演: 志田未来 (アリエッティ)
神木隆之介 (翔)
大竹しのぶ (ホミリー)
竹下景子 (貞子)
藤原竜也 (スピラー)
三浦友和 (ポッド)
樹木希林 (ハル)

【解説とストーリー】
 とある古い家の床下に暮らす小人一家と人間の交流を描いたスタジオジブリ製作のファンタジー・アニメ。原作は1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンの傑作児童文学『床下の小人たち』。舞台をイギリスから日本に移し、小人の少女アリエッティと人間の少年のひと夏の触れ合いを綴る。監督は「千と千尋の神隠し」や「崖の上のポニョ」などで原画を担当し、本作で初メガホンに抜擢された米林宏昌。
 父ポッドと母ホミリーに囲まれ3人で静かな暮らしを営む14歳の少女アリエッティ。彼らは、郊外のある広大な古い屋敷の床下に住み、一家の生活に必要なモノを床上に住むふたりの老婦人に気づかれないようにこっそり借りてきて暮らす、“借りぐらし”の小人たち。彼らの日常には危険がいっぱい。とくに人間は要注意。もし見られたなら、そこから引っ越さなければならない。それが彼らの掟。そんなある夏の日、アリエッティは、病気療養のためにやって来た12歳の少年・翔にその姿を見られてしまう。しかし、好奇心旺盛なアリエッティは、父親の心配をよそに、次第に翔に近づこうとするのだが…。(allcinemaより)

閉じる コメント(30)

顔アイコン

★レジミさん、DVDでも細かなところがわかっていいかもしれません。気持ちよく観られる映画だと思いますよ〜♪

2010/7/25(日) 午前 9:46 choro

顔アイコン

★リリィ=ジョンさん、そうなんですよね〜
とにかく植物の絵が素晴らしいですよね。お花にうっとりしてしまいました。(^^ゞさすがにアニメーターの監督らしくこだわりを感じますね。
確かにストーリーは好みが分かれると思いますが、私は楽しめました♪

2010/7/25(日) 午前 9:47 choro

小人の目線から見る人間の世界観がうまく表現されていると思いました。

2010/7/25(日) 午後 7:51 ken

顔アイコン

起伏があまりないので、賛否両論のようですが、
私も同じくこの静かで、自然いっぱいのこの映画がかなり好き。
あ・そうそうおばあちゃんの家で・・というところが
『西の魔女〜』にも似てますね。
TBさせてくださいね。

2010/7/25(日) 午後 11:19 car*ou*he*ak

ここ最近のジブリ作品はDVD鑑賞が多かったのですが
アリエッティは劇場に観に行きたいですね〜☆
ハルの顔も気になるし♪(笑)

2010/7/25(日) 午後 11:34 ぴゃめろん♪

顔アイコン

★kenさん、そうなんですよね〜私もそこに感動しました!
そういう細かな描写が素晴らしいですよね。

2010/7/27(火) 午後 1:20 choro

顔アイコン

★カルちゃん、やっぱりこういう世界観が好きな女性向きなのかもしれませんね。^^;
とても気持ちよく観られる作品でした!
「もののけ〜」とか苦手だったので、最近の単純なジブリ作品は私にはちょうどいいみたいです(笑)。
TBありがとうございました〜♪

2010/7/27(火) 午後 1:21 choro

顔アイコン

★ぴゃめろんさん、好みは分かれているようですが、自然な素朴な感じが好きな方なら楽しめる映画ではないかと思います。
ハルさんの顔、というか表情、希林さんでした〜(笑)

2010/7/27(火) 午後 1:22 choro

私もハルさんが登場するたびに樹木希林さんのお顔を思い出したりして・・・^^;同じく、スピラーの声は、最後まで気付きませんでしたっ。
ドールハウス、きれいでしたね。ドールハウスの小物を持って行きたいと思っているのに、パパさんはダメだと。男性と女性の気持ちの差が出ていましたね(笑)TBさせてくださいね。

2010/7/29(木) 午前 0:43 [ - ]

顔アイコン

★SHIMAさん、女性好みの映画ですよね。
確かに男性と女性の趣向や考えの違いが出ていたわ。(^^ゞ
声優さんたちもよかったですよね!
TBありがとうございました〜♪

2010/7/30(金) 午前 9:55 choro

あ〜お好みだったんですね。それは何よりです。
私はやはりちょっと色々物足りなかったのとお手伝いのハルさんきりんさんのお顔思い出しちゃって・・・(汗)
とっても映像とかきれいで夏に涼しくなれた作品でした。
TBお願いします。

2010/8/3(火) 午後 0:25 ひかり

顔アイコン

★ひかりさん、これは賛否が分かれてますよね。
好みの問題もあると思いますが、ジブリファンの方にはイマイチなのかも。私は「もののけ」とか苦手だったので、返ってこういう単純な方が好みなのかもしれません。(^O^;
夏らしくて自然が綺麗に描かれた作品でした。
TBありがとうございます♪

2010/8/3(火) 午後 10:49 choro

顔アイコン

お庭のシーンとか素適でしたね
TBさせてください

2010/8/15(日) 午後 5:02 あく(ノ゜゜)ノびっくり!!

顔アイコン

★あくびさん、綺麗でしたね〜
癒されました。(^^)
TBありがとうございます♪

2010/8/16(月) 午前 10:22 choro

宮崎作品と比較されるのは辛いとこですがこれはこれでいいんじゃないかと思いました。
余韻の残るラストも良かったです。
TBさせて下さいね♪

2010/9/2(木) 午後 9:33 marr

顔アイコン

★marrさん、この作品はこれでいいですよね。
私もラストも好きだし、楽しめました。(^^)
TBありがとうございました〜♪

2010/9/6(月) 午後 9:01 choro

子供向き、女性向きと言われているようですが、私が見ても充分満足できましたよ!
素敵な世界観を見せてもらいました♪

2010/9/19(日) 午後 4:03 やっくん

顔アイコン

★やっくんさん、よかった!賛否が分かれているようなので、満足された方が一人でも多いと嬉しい感じがします。(^^ゞ
この世界観が好きかどうかで印象が変わるのかな?
TBありがとうございました♪

2010/9/19(日) 午後 10:11 choro

顔アイコン

おっしゃるように小人の生活ぶり、緑の美しさには惚れ惚れしました。どちらかというと女性向けですね。お父さんが外敵と戦うシーンとか入れるともっと小人の厳しさが際立ったかと思いますが、それでも好きな映画です。TBさせてくださいね。

2010/9/25(土) 午前 0:25 シーラカンス

顔アイコン

★シーラカンスさん、小人の世界は夢がありましたね〜
同時に厳しさも伝わってきて生ぬるくなりすぎていないところがよかったです。
私も好きな作品です。(^^)
TBありがとうございました♪

2010/9/26(日) 午後 9:15 choro

開く トラックバック(14)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事