全体表示

[ リスト ]

「2ガンズ」(2013)

イメージ 1

「42」とどちらを観るか迷ったのですが、これを観た日は何となくスカっとしたい気分だったので、あえてこちらを。。。(笑)

解説によるとジャンルはアクションコメディなんですね。個性の強い二人のバディものとして、期待通り面白く観れました。(^^) なんだか二人とも楽しんで演じているように見えるのもいいですよね。

麻薬取締官で潜入捜査中のボビーと海軍情報部からやはり潜入して組織に入っていたマイケルは、互いにその正体を知らずに知り合い、組んで麻薬ディーラーのボスから大金を押収しようと銀行を襲いますが、予想をはるかに上回る額の現金にびっくり。互いにそれぞれの正体はすぐにわかってしまいますが、一度は裏切りあい分かれたものの、組織からの裏切りにもあった二人は、その大金の真の持ち主を相手に再びタッグを組んで立ち向かうことに。

真面目に観てしまうと、「アメリカの社会って本当にいい加減でひどい!」なんて眉をひそめてしまいそうですが、そこはアクションコメディですから(笑)、笑って楽しめばいいのかなと思います。

とにかくデンゼルマークはやはり惹きつけますね。何があっても落ち着きのあるデンゼルは、先日観た「トレーニング・デイ」のような暗く怪しいキャラではなく、あくまで潜入捜査官然としているし、マークは射撃の腕が超一流ということで、キャラ的には違うけれど「ザ・シューター/極大射程」を思い出しました。

身内に裏切られボロボロになっても立ち向かうヒーローはやっぱりラストにはスカっとさせてくれるし、娯楽アクション映画にはピッタリですよね。二人のデコボココンビがハラハラさせたり笑わせたり、緩急自在なノリで楽しませてくれます。

ヒロイン役のポーラ・パットンもセクシーで綺麗だけど、ちょっとかわいそうなキャラですよね〜まぁ仕方ないと言えばそれまでですが。^^;憎まれ役となる軍の少佐役のジェームズ・マースデンにもびっくり。最初どこかで観た事あるなぁと言った感じですぐにはマースデンとわからなかったくらいいつもと雰囲気が違いましたが、久々のスクリーンでのご対面でした。(笑)

しかし、地続きのアメリカとメキシコ・・・・犯罪が横行しているのはいたし方ないのでしょうか。映画とは関係ないけれど、河を渡るシーンを観ながら、島国である日本は海に守られているというのをあらためて感じたりした次第です。^^; やっぱりメキシコって麻薬栽培のイメージが強いですよね〜アメリカが隣りだからなんでしょうね。

気楽に観れるアクション映画で、いかにも男性好みの作品ですね。劇場でも男性客が多かったです。(笑)



原題:2 GUNS
上映時間:109分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月:2013/11/01
ジャンル:アクション/サスペンス/犯罪
映倫:G

《コピー》
汚れた40億円、誰のモノ!?!?
DEA vs 海軍 vs CIA vs マフィア

監督:バルタザール・コルマウクル
原作:スティーヴン・グラント 『2ガンズ』(小学館集英社プロダクション刊)
脚本:ブレイク・マスターズ
撮影:オリヴァー・ウッド
音楽:クリントン・ショーター
音楽監修:スコット・ヴェナー

出演:
デンゼル・ワシントン・・・ボビー・トレンチ
マーク・ウォールバーグ・・・マイケル・スティグマン
ポーラ・パットン・・・デビィ
ビル・パクストン
ジェームズ・マースデン
フレッド・ウォード
エドワード・ジェームズ・オルモス

【解説とストーリー】
 デンゼル・ワシントンとマーク・ウォールバーグの共演で放つクライム・アクション。原作はスティーヴン・グラントのグラフィック・ノベル。裏切りと陰謀渦巻く麻薬捜査の最前線を舞台に、それぞれに窮地に追い込まれ、互いに手を組むハメになった2人の潜入捜査官の運命をアクションとユーモアを織り交ぜ描く。監督は「ハード・ラッシュ」「ザ・ディープ」のバルタザール・コルマウクル。
 ボビー・トレンチは、麻薬組織に潜入中のDEA(麻薬取締局)捜査官。ところが、彼がコンビを組むマイケルも正体を隠して組織に潜り込んだ海軍情報部の将校だった。ボビーはマイケルと共に証拠となるボスの金=300万ドルを押収すべく銀行を襲う。しかし、強奪した金はなんと4000万ドル(約40億円)もあった。しかもその大金はマイケルの裏切りで忽然と消えてしまう。一方マイケルもまた裏切りに遭い、お尋ね者となってしまう。実は、その金はCIAの裏金だったのだ。そこでボビーとマイケルは再び手を組み、消えた4000万ドルの行方を追って捜査を開始するが…。(allcinemaより)

閉じる コメント(12)

顔アイコン

CIAは何処まで悪なんじゃ?!と思いつつ楽しみました!こんな映画を作れちゃうところが凄い。
主役2人、デンゼルは勿論、マークの悪ガキぶりも嵌ってましたね!
TBさせてくださいね。

2013/11/14(木) 午後 7:30 アンダンテ

顔アイコン

うちもザ・シューターを思い出しました

2013/11/14(木) 午後 9:16 あく(ノ゜゜)ノびっくり!!

顔アイコン

★andanteさん、ホント、そうですね〜あれじゃ何も信じられなくなりますよね。(^O^;
しかし、主役の二人を観るための娯楽映画と思えばいいかな。(笑)
TB調子悪かったようですみません。

2013/11/15(金) 午後 8:42 choro

顔アイコン

★あくびさん、ザ・シューターのマークはかっこよかったですものね〜(笑)

2013/11/15(金) 午後 8:42 choro

顔アイコン

おはようございます!スミマセン、再挑戦しました。今度はOK?

2013/11/16(土) 午前 9:33 アンダンテ

アバター

この2人ならまずハズレは無いだろうと思いましたが、
予想以上に楽しめました♪
なかなかこのコンビ相性良い様に思います。
TBさせてくださいね。

2013/11/17(日) 午後 1:10 木蓮

あっちとこっちの駆け引きが大げさでばかばかしくて、
楽しかったですね〜。
最強のバディかと思われます(^^)
【悪の法則】でもやっぱりメキシコの麻薬が絡んでました。
そういう関係にあるんでしょうね。
TBさせてくださいね☆

2013/11/17(日) 午後 8:25 なぎ

顔アイコン

★andanteさん、再度いらしていただきありがとうございます。
ちゃんと入ってました〜(^O^)v

2013/11/18(月) 午前 9:49 choro

顔アイコン

★もくれんさん、やはりこの二人だし楽しめましたね。
こういうバディものは面白いです!
TBありがとうございます。

2013/11/18(月) 午前 9:50 choro

顔アイコン

★なぎさん、気楽に観れる娯楽作品ですよね。
ベテラン二人のコンビが楽しませてくれました。
「悪の法則」早く観たいわ〜いつになったら観れるかな。
TBありがとうございます。

2013/11/18(月) 午前 9:51 choro

CIA、映画やドラマでは悪役にされることが多いですね(^▽^;)
それほどアメリカでは嫌われているのかな?
でも麻薬王はもちろん、海軍内にも嫌なヤツはいるんですね。
ベテランの2人は安定したコンビでした♪

2018/10/29(月) 午後 10:04 やっくん

顔アイコン

★やっくんさん、これは何かすっかり忘れています。。。(^^;
いかにもアメリカらしい題材だけど、コメディなのと、この二人というのがいいですよね。
さすがに安定だったというのも納得です。
TBありがとうございました。

2018/11/7(水) 午前 11:20 choro

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事