全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

日本でも毎年のように上演されている舞台ですが、なぜか縁がなく未見です。(^^;
1982年版のアルバート・フィニーの映画はDVDで観ましたが、こちらが舞台の物語に沿っているのでしょうね。しかし、今回は21世紀版としていろいろなアレンジが加えられているようなので楽しみに初日鑑賞してきました。(^^)

ファミリー・ミュージカルですから誰もが楽しめる内容ですが、孤児を主人公にしたお話ですから、背景は重いですよね。でも、アニーの前向きで明るい性格に、観ている大人は可哀想というよりむしろ元気がもらえるのではないでしょうか。ここ数年、ウェストエンドでもブロードウェイでも子どもを中心とした作品が賞を獲ったりロングランされていますが、子どもたちからは元気がもらえますよね。

'82年版では後半かなりスペクタクルなクライマックスで、いかにもハリウッド映画〜〜という感じでしたが(笑)今回はスタックスがIT長者という設定なのと、いかにも今どきの子どもたちらしくTwitterなどスマホを駆使したシーンなど、面白く観れますね〜スタックスのペントハウスの夢のようなお部屋も、21世紀のセレブならそうだろうな〜と思わせるし、上手く現代にマッチした内容になっていたのは面白い試みだったと思います。

演出や設定は変わっていても、音楽は有名どころのオリジナルを含め楽しい楽曲ばかりで、とにかく主役アニーのクヮヴェンジャネちゃんをはじめ、スタックス役のジェイミー、ハニガン役のキャメロン、スタックスの秘書グレー役のローズ・バーン共々、楽しそうに歌って踊っての演技は観客も心がはずみますね。

今回のアニーは'82年版よりちょっと大人っぽいかな。とてもしっかりした少女ですが、その分、冷めたところもあるように見えます。友人たちを思う心情などはオリジナルの方が深く描かれていたように思いますが、何といってもクヮヴェンジャネちゃんは歌やダンスもですが、やはり演技が上手いですね〜残念ながらオスカー主演女優賞候補となった「ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜」は未見ですが、名曲“Tomorrow”を歌うシーンは歌が上手いというよりアニーの気持ちの表現に感動してしまいました。とても自然だしやはり「ハッシュパピー」を観なくては。

ジェイミーはいつもの器用さで安心して観てられますね。かつらがばれるシーンは面白かった〜〜(笑)ヘリの中で歌う“ザ・シティーズ・ユアーズ”もいいですね。クヮヴェンジャネとの息もぴったりでした。

キャメロンは歌が苦手だそうですが、どうして、私は彼女らしくてよかったと思います。何よりあの抜群のプロポーションは素晴らしいですね〜オリジナルのオールドミス(死語?)で欲深いおばさんとは違う、落ちぶれた元アイドルというキャラが、キャメロンに合っていて可笑しかったです。元々コメディの才はバッチリですからね。

「トロイ」の時に可愛い女優さんだなと思ったローズ・バーンは相変わらず上品な感じで綺麗。彼女まで歌って踊ったのにはびっくり。頑張ってましたね〜

重い背景であっても、ファミリー作品は本作のようにあくまで明るくハッピーエンドでいいと思います。
“トゥモロー”の歌詞と同様、子どもたちの未来はもちろん我々の未来も希望を持てるものでありたいと誰もが思いますものね。ラストの全員でのダンスはミュージカル映画の王道ですよね!

観た後、気持ちが温かく優しい気持ちになれる素敵な映画でした。

調べたら1999年にTV版をロブ・マーシャル監督がキャシー・ベイツ(当然ハニガンですよね?)で撮っているのでこちらも観てみたくなりました。DVDとか出てないのかな?

原題:ANNIE
上映時間:118分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月:2015/01/24
ジャンル:ミュージカル/ドラマ
映倫:G

≪コピー≫
明日は、
きっと笑う。

監督:ウィル・グラック
製作:ジェームズ・ラシター、ウィル・グラック、ジェイダ・ピンケット=スミス、ウィル・スミス、ケイレブ・ピンケット、ショーン・“ジェイ・Z”・カーター 、ローレンス・“ジェイ”・ブラウン、ティラン・“ティ・ティ”・スミス 、
製作総指揮: セリア・コスタス、アリシア・エメリッヒ
原作戯曲:トーマス・ミーハン
脚本:ウィル・グラック、アライン・ブロッシュ・マッケンナ
作詞:マーティン・チャーニン
作曲: チャールズ・ストラウス
エグゼクティブ音楽スーパーバイザー:マット・サリヴァン
エグゼクティブ音楽プロデューサー: グレッグ・カースティン

出演:
ジェイミー・フォックス・・・ウィル・スタックス
クヮヴェンジャネ・ウォレス・・・アニー
ローズ・バーン・・・グレース
ボビー・カナヴェイル・・・ガイ
アドウェール・アキノエ=アグバエ・・・ナッシュ
デヴィッド・ザヤス・・・ルー
キャメロン・ディアス・・・ハニガン

【解説とストーリー】
1977年の初演以来、世界中で愛され続ける大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカルを、「ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜」でアカデミー賞の主演女優賞に最年少ノミネートされ話題を集めたクヮヴェンジャネ・ウォレスの主演で映画化。現代のニューヨークを舞台に、両親を探しつづける少女と彼女を選挙戦に利用しようと企む富豪の男の奇妙な心の交流を、心はずむ歌と踊りで綴る。共演は「Ray/レイ」のジェイミー・フォックスと「メリーに首ったけ」のキャメロン・ディアス。監督は「小悪魔はなぜモテる?!」「ステイ・フレンズ」のウィル・グラック。
ニューヨークのマンハッタン。携帯電話会社のCEOで市長選当選を目指してキャンペーン中のスタックスは、車にはねられそうになった10歳の少女アニーを偶然助ける。彼女は、4歳の頃にレストランで両親に置き去りにされてしまい、今は養育費目当ての強欲な里親ハニガンが営む施設で暮らしていた。そして金曜日の夜には、レストランの前でいつかきっと迎えに来てくれると信じて両親を待ち続けていた。元来が子ども嫌いのスタックスだったが、そんなアニーを利用すればイメージアップにつながると考え、彼女を引き取ることに。一方しっかり者のアニーも、有名になれば両親が見つかるかも知れないと、スタックスの姑息な計画に便乗し、選挙キャンペーンに協力するのだったが…。(allcinemaより)

閉じる コメント(10)

顔アイコン

「ハッシュパピー」はちょっと退屈でした(;´д`)
アニー一度も見たことないけどこの映画は気になってます

2015/1/26(月) 午後 7:40 あく(ノ゜゜)ノびっくり!!

顔アイコン

おお、ローズ・バーンが出ているのですか、それも歌って踊って。ハッシュパピーの子なんてどうでもいいのですが、ローズ・バーンが結構出番あるのなら、俄然観たくなりました。彼女いいですよね、シリアスからコメディまで何でもこなす女優さんで。ノーマークだったのですが、これは優先順位あがってきました。

2015/1/27(火) 午前 2:17 [ einhorn2233 ]

アニー ってこういう話なんだと 初アニー体験を。
クヮヴェンジャネさん?ちゃん?なんか ちょっと引いてしまいそうな達者っぷり、可愛いのかふけちゃってるのか ビミョウ。
82年版 本屋さんにあったので購入、これから楽しみに観ようかなぁと。

2015/1/30(金) 午後 11:10 たんたん

顔アイコン

★あくびさん、あっ、そうなんですか。あまり動きのある映画ではなさそうですものね。
私もアニーは子供向けのイメージがあったので、舞台も観ていません。
でも、この映画は楽しめました。(^^)

2015/2/3(火) 午前 11:51 choro

顔アイコン

★einhornさん、ローズ・バーン、相変わらず綺麗で可愛かったですよ。まsか歌って踊るとは私も驚きました。
ファミリー向けミュージカルですが、今回は現代に置き換えてあるし面白く観れました。

2015/2/3(火) 午前 11:52 choro

顔アイコン

★たんたんさん、クヮヴェンジャネちゃんは本当に達者ですね。ダコタ・ファニングもそうだったけど、どんな大人になっていくのか楽しみです。
'82年版も面白かったですよ。ちょっとラストの展開は凄いことになりますが。(笑)
TBありがとうございました。

2015/2/3(火) 午前 11:54 choro

顔アイコン

ローズ・バーン目当てで劇場で観てきましたが、お話のテンポがよいのとしんみりするシーンがないので、お気楽に楽しめる娯楽映画で楽しめました。キャメロン・ディアズはコメディがうまいなって確認できたのと、こういう役もやれるローズ・バーンもあって、面白かったです。TBさせてください。

2015/2/9(月) 午後 9:05 [ einhorn2233 ]

顔アイコン

★einhorn2233さん、お〜ご覧になったんですね。ローズ・バーンよかったですね〜
キャメロンは嵌り役ですよね。ピッタリでした。
現代風でとても楽しいミュージカル映画でした。
TBありがとうございます。

2015/2/10(火) 午後 9:09 choro

顔アイコン

ミュージカルはいつ見ても元気になるようでいいですね。

キャメロン・ディアスは「メリーに首ったけ」などでコメディエンヌブリも発揮していますが、「アニー」では、思い切ってケバケバメイクで、表情もすっかり崩して体当たりでしたね。過剰演技にも思えましたが、アクセントにはなっていたような。

ローズ・バーンはあまり知りませんでしたが、スタックスにとっては頼りがいのあるパートナーでしたし、魅力的でした。

アニーのクヮヴェンジャネ・ウォレスは名前は多分覚えられないと思いますが、劇中、マイクで歌い始めると、鳥肌ものでした。堂々としていましたね。

TBさせてください。

2015/2/11(水) 午後 7:31 fpd

顔アイコン

★fpdさん、こういうブロードウェイミュージカルは本当に元気がもらえますよね。
キャメロンもこういう役をするトシになったんだな〜と思いましたが、よく合っていたと思います。
しかし、ハリウッドの子役たちはみんな達者ですね〜歌って踊ってと驚くばかりです。
TBありがとうございました。

2015/2/12(木) 午後 3:24 choro

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事