choroねえさんの「シネマ・ノート」

ブログ引っ越し中で益々バタバタしております。スマホで見るとレイアウトが崩れている時がありますが、ご勘弁を。<(_ _)>

全体表示

[ リスト ]

「アントマン」(2015)

イメージ 1


人間が蟻より小さなサイズになって庭に降りると・・・という時点で「ミクロキッズ」を思い出しましたが、庭でのシーンはまさにそのものでしたね〜(笑)

新たなアメコミものということで劇場鑑賞は迷ったのですが(巨大な蟻が登場と言うし(笑))これを観ておかないと次の「アベンジャーズ」シリーズに繋がらないとか聞いたので、結局劇場に足を運びました。でもアメコミは好きなのでやっぱり楽しめたし観てよかったです。(^^)

ありえないSFだけど、思った以上にヒューマンドラマも入っていて、今回は父と娘の話でしたね。主人公のスコットは離婚して離れて暮らしている娘を溺愛していて、また娘もパパは大好き。クライマックスでは娘の為にパパが頑張る姿に思わず応援したくなりました。娘のキャシーの女の子、とっても可愛いし。(^^)

また、スコットを二代目アントマンに仕立て上げるハンクも、娘のホープや亡くなった妻への愛が強く伝わるキャラクターで、全体に家族への思いを感じさせるドラマですね。

そのハンク・ピム博士も含め、冒頭から懐かしい顔が出てきて、やはりアベンジャーズに繋がっていることを示唆しているのがわかります。今までのシリーズを観ていないと組織や流れがピンとこないかもしれないところもありますよね。途中、ファルコンが登場したり、スタークの会社も登場するし、もちろんお約束通りラストはシリーズの次回作キャプテン・アメリカへちゃんと流れが作られていました。(笑)

アントマンことスコットはさえないダメおやじなのですが、アメコミヒーローってメチャ優れている人(ブルース・ウェインやトニー・スタークとか)もいるけど、スパイダーマンもそうだったようにさえない一見ヒーローとは程遠いような人物がいきなり強くなるという夢物語も魅力の一つです。スコットはさえないけれど、やっぱりやさしさがあり娘への思いは素敵な父親そのものですよね。ポール・ラッドはすこぶる二枚目でもないし、特別マッチョでもないけれど、その普通さがよく合ってましたね。彼を取り巻く泥棒仲間の3人組もお茶目で笑わせてくれるし、警官である元妻の今の恋人パクストンも意外といい人で憎めないキャラクターでした。

敵役のダレン役のコリー・ストールもスキンヘッドがいかにも〜って感じですね。(笑)やっぱり最後はそうなるのかと言う敵役ですが、モンスターものは絶対に敵役も同じ仕様になるので先は読めます(笑)。

ハンクの娘であるホープ役のエヴァンジェリン・リリー「ホビット」のタウリエルの人なんですね。全くヘアスタイルやメイクが違うので気づきませんでしたが、落ち着いた雰囲気の女優さんですよね。ホビットの時より今回の方が少し老けて見えてしまった感があるけど(^^; アクションはさすがだし、ラストは「お〜」って感じで次回も出演決定ですね?(笑)

そしてハンク役のマイケル・ダグラスが素敵でした〜!(笑)すっかり病気も快復されて益々元気そうですが、存在感はもちろんのこと、やっぱりかっこいいですよね。こんなアメコミに出るとは驚きですが、老けた分、若い頃よりまなざしも柔らかくなり、白髪がよく似合う素敵な紳士なのはさすがです。

アメコミは細かいことは考えず楽しむのが一番なので、またアベンジャーズシリーズの次回作を楽しみにしたいと思います。ここまで来たら、PHASE3のシリーズも見届けたいですね〜(笑)とりあえず2019年まで続くそうですから。(^^;


原題:ANT-MAN
上映時間:117分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ディズニー)
初公開年月:2015/09/19
ジャンル:アクション/SF/ヒーロー
映倫:G

≪コピー≫
映画史上最小にして、最大のアクション誕生!
身長1.5cmになった男は、
ヒーローにんされるのか?

監督:ペイトン・リード
製作:ケヴィン・ファイギ
脚本:エドガー・ライ、ジョー・コーニッシュ、アダム・マッケイ、ポール・ラッド
撮影:ラッセル・カーペンター
視覚効果監修: ジェイク・モリソン
音楽:クリストフ・ベック
音楽監修:デイヴ・ジョーダン

出演:
ポール・ラッド・・・スコット・ラング
マイケル・ダグラス ・・・ハンク・ピム
エヴァンジェリン・リリー・・・ホープ・ヴァン・ダイン
コリー・ストール・・・ダレン・クロス
ボビー・カナヴェイル・・・パクストン
マイケル・ペーニャ・・・ルイス
ティップ・“T.I.”・ハリス・・・デイヴ
ウッド・ハリス・・・ゲイル
ジュディ・グリア・・・マギー・ラング
アビー・ライダー・フォートソン・・・キャシー・ラング
デヴィッド・ダストマルチャン・・・カート
ヘイリー・アトウェル・・・ペギー・カーター
ジョン・スラッテリー・・・ハワード・スターク
マーティン・ドノヴァン・・・ミッチ・カーソン
ギャレット・モリス
ダックス・グリフィン
アンソニー・マッキー・・・サム・ウィルソン/ファルコン
スタン・リー
ロッド・ハレット
ジョー・クレスト
クリス・エヴァンス・・・スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クレジットなし)
セバスチャン・スタン・・・バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー(クレジットなし)

【解説とストーリー】
 「アベンジャーズ」シリーズを手がけるマーベル・スタジオが贈る異色のヒーロー・アクション大作。特殊なスーツによって1.5cmに変身する“最小”ヒーロー、アントマンの活躍を、虫サイズならではのユニークなスケール感が生み出す迫力のアクションとともにコミカルに描く。主演は「40男のバージンロード」「40歳からの家族ケーカク」のポール・ラッド。共演はマイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ペーニャ。監督は「チアーズ!」「イエスマン “YES”は人生のパスワード」のペイトン・リード。
 バツイチ、無職のスコット・ラング。養育費も払えず、このままでは最愛の娘キャシーにも会えなくなってしまう。人生まさに崖っぷちのスコットは、ひょんな成り行きから天才科学者ハンク・ピム博士に頼まれ、彼が開発した特殊なスーツを着て、1.5cmのヒーロー“アントマン”になることに。こうして、ハンクとその娘ホープ・ヴァン・ダインの厳しい指導の下、正義のヒーローになるための猛特訓を開始するスコットだったが…。(allcinemaより)

閉じる コメント(6)

アバター

そうそう、私も最初はどうしようかと思ってましたけど、
同じような流れで観たら予想外に面白かったです。(^_^;)
父と娘の話になっているところも良かったですよね。
個人的には元嫁の彼氏が良い奴なのに和みました。( ̄▽ ̄)
TBさせてくださいね。

2015/10/5(月) 午後 10:58 木蓮 返信する

アベンジャーズと続くとなると、何が何でも観なくちゃ(笑)ドラマのエージェントオブシールドもシーズン3が楽しみです♪

2015/10/11(日) 午後 3:46 あくびまま 返信する

顔アイコン

★木蓮さん、面白かったですね。
そそ、元ヨメの彼氏はなかなかよい奴でした。(笑)
周りの人物たちのキャラも楽しませてくれますよね。
TBありがとうございました。

2015/10/11(日) 午後 5:26 choro 返信する

顔アイコン

★あくびままさん、アベンジャーズシリーズは一本でも見逃すと??なところが出てくるのではずせませんね。(笑)
「エージェントオブ〜」は録画したままでまだ観れません。早く観なくちゃ〜(^^;

2015/10/11(日) 午後 5:27 choro 返信する

顔アイコン

いや〜!?これに繋がる「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を見てないので…正直厳しい(>_<)
今度、見てミッシングリングを繋がなくては(~_~;)

2016/1/17(日) 午後 10:04 やっくん 返信する

顔アイコン

★やっくんさん、とにかくアベンジャーズワールドは全部繋がっているので、一作でも見逃すと??が出てきますよね(笑)。
しっかりと先々まで予定が決まっているようなので、たとえ一度観ていても順を追ってもう一度おさらいしていかないとダメそうです。(^^;
TBありがとうございました。

2016/1/18(月) 午後 0:23 choro 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事